家族葬のお通夜は行うべき?参列すべき?お通夜の流れも解説します!

家族葬のお通夜は行うべき?参列すべき?お通夜の流れも解説します!

近年では、親族とごく親しい知人のみで済ませる家族葬も増えてきました。お通夜も時代に合わせた形式となっていますが、初めての方は対応に困る事が多いです。今回の記事では、家族葬のお通夜について、開くべきか参列すべきか、そして実際の流れに至ついても要点をまとめました。

最終更新日: 2020年02月09日

複雑な家族葬のお通夜事情

葬儀

昨今は家制度の希薄化や価値観の多様化によって、葬儀の形も変化しています。

家族葬はそのうちのひとつですが、遺族の価値観を尊重できる反面、これまでに経験がないために参列する際や主催する際にあたふたした方も多いのではないでしょうか?
故人が亡くなられてからすぐに行われる、お通夜となるとなおさらです。

今回「終活ねっと」では、満足できない葬儀にならないよう、家族葬の際の通夜について以下の点を解説します。

  • そもそも家族葬とは?

  • 家族葬でお通夜は行うべきか?
    また、あるとしたらお通夜の立ち位置はどんなものなのか?

  • 家族葬のお通夜・告別式に参加すべきか否か、その判断基準について。

  • 家族葬のお通夜の、具体的な流れについて。

  • 家族葬のお通夜の所要時間について

  • 家族葬のお通夜での、服装やマナーは?

いざというときに困ったことにならないよう、家族葬のお通夜において必要なことを覚えておきましょう。
重要な終活の知識として、参考にしていただければ幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

家族葬とは?

困った人々

まず、家族葬について概要を把握しておきましょう。
家族葬は密葬と混同されやすいのですが、これらは全く別の葬儀です。

密葬は、葬儀・火葬を親族やごく親しい知人でのみで行い、後日改めて骨葬やお別れ会などの本葬を行います。
対して、家族葬は親族やごく親しい知人でのみ葬儀・火葬を行うのは同じですが、その1回で葬儀として完結します。

家族葬は極力知られないように小規模で行う葬儀なので、細かい形式についても自由の利くことが多いです。

以下の記事では家族葬のメリット・デメリットについて詳しく解説しております。
あわせてご覧ください。

家族葬は通夜なしでも良いのか

葬儀

家族葬では通夜を執り行わなくてもいいのでしょうか。
家族葬でお通夜を行うべきかどうか、ポイントとなる点を考えていきましょう。

そもそもお通夜は関係の薄い人のためのもの

一番重要な点として、お通夜の意味が挙げられます。
お通夜は、釈迦が亡くなったときに弟子が7日間遺体を囲んで説法を語らった故事が起源です。
日本では故人を守る慣習として根付いており、時代を経て他の意味も見出されてきました。

  • 昔は死亡確認が難しかったため、親族や関係者たち全員で確認する意図があった。

  • 故人がよみがえることを願って集まった。

  • 故人との最後の時間を過ごすため。

参列者にとっては、いずれも妥当な理由です。
地方の習俗にもよりますが、現在では各々の事情を鑑みて、夜通しではなく2~3時間で行う「半通夜」が一般化しています。

お通夜の意義がなくなったわけではありませんが、親族やごく近しい知人のみで家族葬を行う場合は、まず葬儀に参列することになります。
上のリストで挙げられた理由は、医療技術の発達によって省かれるものか、葬儀の場においてもあてはまるものしかありません。

つまり実際のところ、時間の都合が合うなら家族葬で必ずしもお通夜を行う必要はないのです。
お通夜はどんな形であれ行わなければ成仏できない、というような考え方もありません。

費用・身体的負担を抑えたい

家族葬でお通夜を簡略化、もしくは省略したい理由は他にもあります。

通常の形式でお通夜を行うなら、必ず誰かが起きていて、灯を絶やすことなく故人を見守っていなければなりません。
寝ずに番をするとなると、故人を失った遺族に軽くはない身体的・精神的負担がのしかかります。

また、間髪入れずに葬儀に移行するので、連日式が行われることとなります。
斎場を借りる費用も、その分だけ多くなります。
人が亡くなると様々な費用が必要ですので、費用を抑えるために通夜を行わないというのも一つの手段です。
ただし、後々後悔しないように慎重に判断するようにしましょう



葬儀に参列できない人もいる

では、なぜ家族葬でお通夜を検討する必要があるのかというと、日中の葬儀に参列できない人のことを考慮するからです。

故人に近しい友人も、生活リズムは様々です。
家族葬に呼びたい人が、職場の状況が落ち着かず忙しかったり、近所に住居を構えていなかったということはいくらでも起こります。

一般的に、日中に自由に時間をとれる人は多くありません
家族葬で小さく済ませたいなら、参列者のスケジュールをしっかり確認しておきましょう。

自由に動ける夜に弔問に伺い、最後の時を過ごしたい人もいます。
家族葬における通夜参列は、そういった事情の受け皿となることができます。

どこまでの範囲の人を呼ぶべきか

家族葬という名前だけあって家族だけで行わなければいけないのでしょうか。
親族の方は必ず案内しなければいけないのでしょうか。
反対に、親しかった友人などは呼んではいけないのでしょうか。

そんなことはありません。
実は、家族葬に呼ぶ人の範囲は明確に決まっていません
つまり誰を呼ぶかはご遺族の方に委ねられています。

しかし家族葬に案内するかで悩んでいる場合には案内する方が無難かもしれません
葬儀後にトラブルになるケースがあるそうです。

また、呼ばなかった人には葬儀後に故人の意志により葬儀を身内だけで行ったことなどを手紙などで伝えることが一般的です。
また、先に訃報を知らせる場合にも必ず参列を辞退することを丁寧に伝えましょう

家族葬のお通夜・告別式に参列すべき?

困った人々

では、家族葬のお通夜・告別式に行くべきかどうか、判断基準を詳しく見ていきましょう。

招待された場合

はっきり招待された場合は、もちろん参列しましょう
家族葬はなるべく知られずに少ない人数で行いたい葬儀ですから、その招待に感謝しつつ、他の方を巻き込まないように準備を始めましょう。

家族葬にお呼ばれするということは、故人や遺族に深く信用されていることのあらわれです。
その信用を裏切らないように行動し、丁重にお通夜を行いたいものです。
参列する方は限られるので、わからないことがあれば直接連絡をつけて、よく確認してから参りましょう。

友人・会社関係者の場合

もっとも迷いやすいのが、故人との関係が友人・会社関係者である場合です。
参列したい気持ちはやまやまですが、ここは落ち着いて故人と遺族のご意向を尊重すべきです。

訃報を受け取っても、家族葬への招待がない場合は参列すべきではありません
お越しくださいと明言されない限りは、慎重になっておきましょう。
上司や同僚といった社会的立場が伴う間柄であると、家族葬には行かないのが大半です。

残念ではありますが、招待されないことは悪いことばかりではありません。
こちらの負担を慮っていたり、何らかの事情で故人のご遺体を見せたくない場合なども考えられます。
どの道ご遺族に理由がございますので、怒ったり無神経に尋ねたりして困らせないのがマナーです。

向こうから連絡がない限り、無暗な詮索はしないでおきましょう。
どうしても弔いたいのであれば1か月程度は空け、落ち着いた頃合いを見計らって連絡を入れ、可能であれば伺いましょう

日・時間・場所だけ知らされた場合

日・時間・場所だけ知らされた場合も、明確な招待の文言がなければ参列すべきではありません

意外かもしれませんが、この日程で家族葬を行うのでご心配なさらずという連絡に留まっていることもあるからです。
実際判断が難しいので、直接連絡をとって確認しておくのが確実です。

家族葬は、本来参列者以外には事後報告でもかまわないものです。
先に連絡をいただいた場合は、参列を断ってはいるものの、故人の葬儀においてご遺族から丁寧な報告を受けているといえます。

迷惑にならない範囲での弔いとして、弔電を送ることは可能です。
ご香典のお返しなどご遺族の迷惑になる要素なしで、弔意を示すことができます。
直接的に何もできないことに堪えられない方は、考えてみるといいでしょう。

以下の記事では家族葬参列の判断基準について詳しく解説しております。
行かない場合の対応も紹介していますのでぜひあわせてご覧ください。

家族葬のお通夜の流れ

葬儀

次に、具体的な家族葬のお通夜の流れを解説します。
お呼ばれされることは珍しいので、粗相のないようにしておきたいところです。

家族葬とはいえ、お通夜はお通夜なので一般的なものと流れは大きく変わりません
お通夜の基本を抑えておけば、無難に事を進めることができます。
現在のところ主流となっている、2~3時間で行う「半通夜」を基準に説明していきます。

参列者を迎え、着席する

お通夜は夕方6時~7時の間に開式することがほとんどです。
ご遺族は開式の1時間前くらいから集まっておき、参列者や僧の方をお迎えしていきます。

大抵の場合斎場の受付を通しますので、参列するときは受付係の案内に従ってください。
受付係もほぼご遺族が行われていますから、お悔やみの一言を申し上げておきましょう
早く到着しすぎるのは失礼にあたります、開式から少し後のくらいの時間になっても大丈夫です。

開式の前は自由ですが、故人が亡くなられて直後なので大声や談笑は慎み、静かにしておきましょう。
席次が決められている場合はそこに、決められていない場合は前から順に詰めていきます。

家族葬の場合は融通が利きますので、ご遺族から誘導があれば素直に従っておきましょう。

僧侶の読経

お通夜の開式が宣言されると、僧侶の読経が始まります。
これを機に、故人に近い立場の人から順に焼香していくこととなります。

家族葬では先に示した理由から、お通夜を行わない場合もあります。
省略されることもある法事なので、読経も絶対に必要なわけではなく、僧の方を呼ばないこともあります

多少形が変わっても、お通夜は訃報に触れて駆け付け、故人との最後の時間を過ごすことがお通夜の意義となっています。
僧の方から焼香などの案内がある場合は、その指示に従いましょう。

焼香

案内に従って、故人に近しい遺族、親族から順に焼香していきます

基本的には席順なので、厳格にされる場合は関係性の深い人から順に座るよう指定されます。
来た人順など比較的自由な場合は、お通夜の進行の指示を待ちます。
自分が遺族・親族でないなら、焦らず後になるように待機しているほうが安全です。

実際の焼香の手順は以下となります。

  • 遺族・親族に一礼する。

  • 祭壇に一礼し、合掌する。

  • 香炉の右側にある抹香を、親指・人差し指・中指でつまみ、手を返しながら目の高さまで持ち上げる。(この動作をおしいただくといいます)

  • 香炉の左側の上まで手を下ろし、指をこすりながら抹香を落とす。

  • 3.4の動作を1~3回行う、回数は宗派によって異なる。

  • 遺族・親族に一礼し、席に戻る。

遺族と親族が別々に待機している場合は、施主や故人と近い関係性の方から順に一礼していきましょう。
おしいただく回数の詳細は、以下の表の通りです。

宗派 回数
浄土宗 回数指定は特にない。
浄土真宗 おしいただかず、1回のみ。
真言宗 おしいただいて、3回行う。
天台宗 規定は特にない、おしいただくかも自由。
曹洞宗 2回行うが、おしいただくのは1回目のみ。
臨済宗 1回のみ、おしいただくかは自由。
日蓮宗 おしいただいて、1回か3回。
1回が多い。
日蓮正宗 おしいただいて、1回か3回。
3回が多い。

それぞれの宗派により作法が異なりますが、僧の方でも故人を想って焼香出来たらそれでいいとよくおっしゃいます。
時間の関係で指定がある場合などもありますし、焼香の前に直接伺っておき、その指示に従っても問題はないでしょう。

喪主の挨拶

読経や焼香が一通り終わると、喪主の挨拶へと移行します。
参列者は静かに聞いておくだけで問題ないですが、喪主となって挨拶をするときのために、挨拶の概要を解説しておきます。

喪主としてお通夜の挨拶をする場合は、長く時間をとらないように3分程度に収めるのが望ましいです。
内容は大体決まっていますので、そこから故人や遺族に合わせたものにしていきます。

  • まず、弔問に伺っていただいたことについてのお礼を述べる。

  • 故人の生前の出来事や、それにまつわる関係者への感謝を述べる。

  • 通夜振る舞いの案内を行う。

  • 葬儀・告別式の案内を行う。

  • 全てに対してのお礼で締めくくる。

通夜振る舞いや葬儀・告別式は各々の事情で簡略または省略されることもあるので、それに合わせて文章を変えましょう。
例文も示しておきます。

例文:お通夜の喪主の挨拶

「本日は急なことにも関わらず、〇〇の通夜に参列してくださいまして、ありがとうございました。
 最後に皆様方と会うことができて、〇〇もさぞ喜んでいることと存じます。

 〇〇は××として長年活躍し、皆様にも大きく支えていただきました。
 〇年〇月に××病が発覚し、以来闘病生活を続けておりましたが、〇日に永眠いたしました。
 体調の優れない中でも、皆様方のことを気にかけておりました。
 〇〇が最後まで病と闘い続けることができたのは、皆様方のお力添え・励ましと〇〇の感謝の念があったからこそであったと存じます。

 心ばかりではありますが、別室に簡単な食事の席を用意させていただきました。
 〇〇の供養として、召し上がっていただければと存じます。

 なお、明日の葬儀・告別式は当斎場、〇時からの予定となっております。
 ご都合がよろしければ、ご参集いただければと存じます。

 本日は、誠にありがとうございました。
 亡き〇〇にかわり、心よりお礼を申し上げます」

準備で忙しい中、これらの文章を全て覚えるのは困難なので、メモを見ながらでかまいません。
繰り返しを連想させる忌み言葉などを避けた文章を考えましょう。

通夜振る舞い(食事)

喪主の挨拶の後に、通夜振る舞いという食事の場が設けられることがあります。

通夜振る舞いは供養につながるものですので、案内がなされた場合はできる限り出席しましょう
割と地域性が出るもので、関東では大人数で行うことが多いのですが、関西では親族のみに留めることが多いです。

家族葬はそれ自体が規模を小さくするものですので、親族以外が出席しても大人数になることはまずないでしょう。
食事も合わせて組まれていますので、お呼ばれしたら失礼にならないように参加しましょう。

実際の通夜振る舞いは、30分程度の会食となります。
ご遺族は慌ただしい中悲しみに直面しておられるので、大声を出したり談笑はせずに、故人の思い出話に留めて偲びつつ、食事をいただきましょう。

通夜振る舞いが終わると、お通夜の閉式の挨拶がなされます。
これでお通夜は正式に終了となります。

以下のリンクでは家族葬での香典・弔問の自体を伝える方法について紹介しています。
あわせてご覧ください。

家族葬の通夜の所要時間

葬儀

次に家族葬の通夜の所要時間について解説していきます。
家族葬では参列者の人数が一般葬に比べて少ないため、所要時間も変わってきます。

一般葬 家族葬
お通夜 約1時間〜1時間半 約40分
葬儀・告別式 約1時間 約50分
火葬 約1時間〜1時間半 約1時間〜1時間半

火葬の時間は変わりませんが、お通夜や葬儀・告別式の時間は家族葬の方が短くなっています。
これは、参列者の焼香の時間や受付にかかる時間が一般葬に比べて短いからです。

また、一般葬の参列者の人数は不特定であり、式の時間がさらに伸びたり、逆に短くなることもあります。
しかし家族葬ではご遺族の方が参列してもらいたい人に葬儀の案内をするため、人数の把握ができて所要時間の検討もつきやすいかもしれません。

大勢の人がいて気の休まらない一般葬に比べて、時間的にも気持ち的にも余裕ができることが家族葬の魅力の一つとも言えます。

家族葬のお通夜に参列する際のマナー

葬儀

家族葬のお通夜に参列するときのマナーについても把握しておきましょう。
急なことなので準備は難しいですが、最低限の配慮を欠かしてはいけません。

服装について

お通夜は取り急ぎ行うものなので、本来は喪服でなく平服でかまわないとされています。
家族葬の場合でもその前提は変わりません。

しかし、家族葬は葬儀自体が短縮されるものでもあり、通夜には出席するが葬儀には出席しないという人も出てきます。
後日改めてということがありませんので、適度に身を正せる略喪服で出席するのが一般的となっています。

男性の場合

スーツの色は黒がもっとも適していますが、紺やダークグレーなどの落ち着いた色でもOKです。
ダークスーツと呼ばれる、喪服の中では格下に属する略喪服が販売されているので、これを一着もっておくと困りません。

ブラックフォーマルは準喪服として使われることが多く、ダークスーツはそれよりもやや黒が控えめな傾向にあります。
平服でと指定があった場合は、無地の落ち着いた色を選択しましょう。

アクセサリー類は結婚指輪以外、外しておくようにしましょう。
時計・ネクタイピンなども不必要なので外しておきます。
平服指定の場合でもこの対処は同じです。

女性の場合

女性の場合も、黒・紺・グレーなどの地味な色を選びます。
スーツやワンピースで問題ないです。
和服は準備が難しく、格が高い服装とみなされがちなので、お通夜の参列では避けましょう。

ストッキングは黒か肌色を使いましょう。
いうまでもないですが、露出の高い服装はしません。

アクセサリー類はつけていかないのが好ましいです。
落ち着いたイヤリングや真珠のネックレスなどには寛容な葬儀もあります。
しかし、お通夜な急なことであり、家族葬という背景もふまえるなら、着飾る要素はなるべく控えるべきです。

子供の場合

他の法事でもそうですが、子供の服装は制服がもっとも適しています。
明るい色や目立つ装飾があるなら、外せる場合は外しておきましょう。

子供が未就学児で制服がないときは、地味な色の服装にしておけば大丈夫です。
学校に行っていない年齢だと喪服を準備することがあまりありませんし、お通夜でもそこまでの格を求められることはないでしょう。

お孫さんなど、あまりに幼い場合はお葬式の意味自体よく理解できないこともあります。
やむを得ない場合は、お通夜の間だけ預かってもらうなどの措置が必要です。

香典・供花はご遺族の意志に従って

ご香典と供花は、ご遺族の意向に従うようにしましょう。

そもそも家族葬をするのには、先に記した通り、費用を抑えたり葬儀自体を大仰にしたくないという理由がよく挙げられます。
参列者が弔意を示したくとも、その行為によって家族葬が普通の葬儀と変わらなくなるようであれば、本末転倒です。

家族葬のお通夜では、ご香典を事前に断られることが多いです。
供花についても、ご遺族の意向の他に、斎場がお花を受け付けていない場合もあります。
家族葬への案内があったときに、詳細を確認しておきましょう。

家族葬のお通夜についてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
普段通りとはいかず、不安になりがちな家族葬のお通夜について、以下にまとめました。

  • 家族葬は火葬を含めた1回で完了する葬儀のことで、家族葬のお通夜もそれに含まれる。

  • 家族葬のお通夜は、直接的な関係性の薄い人や時間の都合が合わない人、ご遺族が負担を抑えたい時の選択肢として選ばれやすいものである。

  • 基本的に、はっきりと招待された場合以外は行かない。
    小さく行うのが家族葬なので、そうなるように配慮を怠らないこと。

  • お通夜の流れ自体は通常のお通夜と同じ。
    2~3時間で行う半通夜にするのが一般的。
    所要時間は一般葬に比べてそれぞれ約20分ほど短い。

  • 服装は本来は平服でいいが、現在では規模と機会を考えて略喪服にすることが多い。
    急な法事であることと、喪主より格上にしないことをふまえた服装にする。

  • ご香典や供花は自己判断せず、お通夜の招待や案内に従うこと。

家族葬は通常より狭い範囲での葬儀となりますので、相互確認や認識の正確さが大事です。
喪主を務める場合も、参列しない場合も、トラブルとなる誤解のないようにしておきましょう。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

「終活ねっと」では他にも、家族葬について詳しく紹介しております。
以下の記事では、費用についてご紹介していますので、ぜひご覧ください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事