お通夜とお葬式に関するマナーを全て解説します!香典や喪服も解説!

お通夜やお葬式というものは、厳粛な場ですしマナーを知らないと恥ずかしい思いをしてしまいますよね。人に聞きにくい話題ですので、マナーを知らないままになっている方もいるのではありませんか?そこでお通夜とお葬式に関するマナーを解説しますので、ぜひ参考にしてください。

目次

  1. お通夜とお葬式のマナーについて
  2. お通夜とお葬式の違いとは?
  3. お通夜に関するマナー
  4. お葬式に関するマナー
  5. お通夜とお葬式の服装についてのマナー
  6. お通夜・お葬式に参加できないときは
  7. お通夜とお葬式のマナーについてまとめ

お通夜とお葬式のマナーについて

葬儀

お通夜やお葬式の連絡は突然入ることが多く、ちょっと慌ててしまいますよね。
普段の生活の中でお通夜やお葬式のことを考えている方は少ないのではないでしょうか?

急にお通夜やお葬式に行くことになっても、マナーがわからないので不安を覚えるという方もいるかもしれません。

そこで今回、終活ねっとでは、お通夜とお葬式のマナーについて以下のことを中心に解説します。

  • お通夜とお葬式の違いとは?

    お通夜とは何か、お葬式とは何かということを解説します。

  • お通夜・お葬式のマナー

    お通夜やお葬式に参列する時に覚えておきたいマナーを解説します。

  • お通夜・お葬式に参列する時の服装のマナー

    お通夜・お葬式に参列する時はどの様な服装が良いかを解説します。

  • お通夜・お葬式に参加できない時は?

    お通夜・お葬式の連絡を受けてもどうしても参加できない時はどうすればよいか解説します。

お通夜やお葬式などの弔事のマナーというものは、なかなか人には聞きにくい事柄です。
またマナーというものは、間違っていても気付きにくいものでもあります。

お通夜・お葬式のマナーというものは知っていても損はありません。
これを機会に覚えておくと何かと役に立ちます。

この記事を最後まで目を通していただきぜひ参考にしてください。

お通夜とお葬式の違いとは?

困った人々

まずはお通夜とお葬式の違いについてみていきましょう。

お通夜について

お通夜とは、遺族や親族、知人などが集まって故人との最後の夜を過ごすことです。
元々は寝ないで一晩中、お線香を焚き続けながら故人の死を確認するというのが始まりのようです。

一説にはお通夜は故人の蘇りを願った儀式であるというものもあります。
現在では形式化され、告別式の前の日の夜に行うというのが一般的です。

通夜式では僧侶による読経と弔問客の焼香が行われることもありますが、家族葬など小規模なお葬式では、宗教者は呼ばず、身内だけで静かに最後の夜を過ごす場合もあります。

お葬式について

お葬式とは、火葬前後に行われるお別れの儀式のことです。

一般的には宗教者によって故人をあの世に送る宗教儀式のことを「葬儀」、参列者と故人とのお別れの儀式のことを「告別式」ということが多いです。

「葬儀」は僧侶による読経、「告別式」は参列者による焼香や弔辞などを指すことが多いです。
葬儀・告別式・火葬など、お通夜の次の日に行われるお別れの儀式全体を「お葬式」と呼ぶことが多いです。

お通夜に関するマナー

葬儀

ここではお通夜に関するマナーについて解説します。
お通夜は告別式の前日の夜に行われることが多いので、告別式に参列できない方などはできるだけ出席するようにしましょう。

仕事帰りに駆けつけることもありますので、服装のマナーなどはそれほど厳しくありません。
まずはとりあえず駆けつけるということを優先しましょう。

お通夜の持ち物

基本的にはお通夜には香典は持って行かないことが多いです。
訃報を聞いてとりあえず駆けつけて故人を偲ぶというのがお通夜です。
しかし次の日に行う葬儀・告別式に行くことができない方は、お通夜に香典を持って行きましょう。

その他の持ち物は仏教の場合は数珠を持って行くようにします。

祭壇を見れば宗教がわかりますので、仏教以外の宗教の場合はたとえ自分が仏教徒であったとしても、数珠は使わないようにしましょう。

香典袋について

お通夜でも香典を持って行く場合は、きちんと香典袋に入れましょう。
白黒あるいは双銀のあわび結びか結び切りの水引の付いたのし袋を使います。

表書きは仏教の場合は「御香典」「御霊前」、神道は「御玉串料」「御榊料」、キリスト教では「御花料」「おミサ料」と書くことが多いです。

宗教がわからない場合は「御霊前」と書くのが無難です。

下には贈る側のフルネームを入れるようにしましょう。
お通夜・葬儀の際の香典の表書きは、薄墨で書くのがマナーとされています。

袱紗について

冠婚葬祭でお金を渡す時には袱紗に包んで持参するのがマナーとされています。
袱紗で包むことで汚れなどから守ることができますし、相手側に敬意を示していることにもなります。

袱紗の色や包み方などは弔事と慶事では違いますので、間違えないようにきちんと学んでおきましょう。

香典の本来の意味や表書きの書き方、渡し方などのマナーについては以下の記事で詳しく解説しています。
あわせてご覧いただき、ぜひ参考にしてください。

こちらも読まれています

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーから金額相場についても解説

日本では葬儀のときに香典として現金を香典袋に包んで渡す習慣があり、今では当たり前のことになっています。ですが、そもそも香典とは何なのでしょうか?葬儀のときに渡す香典について、また香典袋の書き方や香典を渡すときのマナーについても解説します。

通夜開始の10分前には会場へ

通夜式に参列する時は、開始時間の10分前ぐらいには会場に到着しておきましょう。
受付で芳名帳に名前を書いて空いている席や誘導された席に行き、静かに僧侶の入場を待ちます。

焼香の順番などは係の人が教えてくれます。
お通夜での読経の時間は30分程度です。

お通夜の場合は通夜式に間に合わなくても構いません
遅くなっても故人の供養のために駆けつけるようにしましょう。

お通夜での挨拶について

お通夜に行った時にご遺族様にご挨拶する時はどうすればいいのでしょう?
お通夜の連絡は突然入ることが多いので、驚いてしまいます。

ご遺族も悲しみで気持ちが沈んでいます。
あまり多く語る必要はありませんので「この度は…」「御愁傷さまです」と小さな声でお声をかけてあげましょう。

ご遺族様が話したそうにしていたなら故人の思い出話などを聞いてあげましょう。

お葬式に関するマナー

葬儀

次にお葬式に関するマナーについて解説します。
お葬式に参列する場合は、開始の30分前までに会場に到着しておきましょう。

故人をお見送りする大事な儀式ですので、故人やご遺族様に失礼のないようにきちんとマナーを守りましょう。

お葬式の持ち物

お葬式の持ち物は一般的には以下のものです。

  • 香典

    あわび結びか結び切りの白・黒か双銀の水引の付いたのし袋に入れましょう。

  • 数珠

    宗教によっては数珠は使わない場合があります。

  • 袱紗

    弔辞の場合は、濃い紫色の袱紗を使います。

  • ハンカチ

    白か黒のハンカチが望ましいです。柄物や派手な色のハンカチはできるだけ避けましょう。

  • バッグ

    黒色一色が望ましいです。留め具が金色のものはできるだけ避けましょう。

  • アクセサリー・時計

    アクセサリーは真珠以外はNGです。結婚指輪は大丈夫です。ブレスレット・ネクタイピン・カフスは付けません。キラキラした派手な時計や遊び心のある時計はNGです。

  • 手袋・替えのストッキング・エプロン

    手袋は急な連絡で派手なネイルをしている時に隠すのにあると便利です。
    替えのストッキングは伝線した時にあると安心です。
    エプロンはお手伝いをする時に持って行くと便利です。色は黒が望ましいです。

焼香・献花の作法

お葬式では一般弔問客も焼香をすることが多いです。
また葬儀形式によっては献花というものもあります。

焼香・献花共に作法というものがありますが、なかなか前もって練習することは難しいです。
初めての方は前の人に習って行うようにすればいいでしょう。

少しぐらい間違っていても大丈夫ですから、故人のために心を込めて祈ることを優先しましょう。

焼香の作法が心配だという方は、下の記事で詳しく解説していますので、目を通しておきましょう。

こちらも読まれています

必要な時に困らないように…お焼香のマナーを解説します

葬儀や法事に欠かせないお焼香。心を込めた丁寧なお焼香は、亡くなった方へのよい供養になりますね。お焼香には正しいマナーがあります。今回は必要な場面で急に慌てることのないように、お焼香のマナーを解説します。

お通夜とお葬式の服装についてのマナー

葬儀

次にお通夜やお葬式に参列する時の服装のマナーについて解説します。

以前はお通夜に喪服を着ていくのは「まるで準備をしていたかのよう」と思われることから、避ける傾向でした。
しかし現在ではお通夜・お葬式ともに喪服を着ていくのがマナーとされているところが多いです。

喪服には正式喪服(和装・モーニング)と略式喪服(ブラックスーツ・ブラックフォーマル)がありますが、一般参列者は遺族・親族より格が上にならないように略式喪服を着用するようにしましょう。

男性の服装

男性はお通夜の時は、ブラックスーツか濃紺・ダークグレーなどのダークスーツを着用しましょう。
ネクタイ・靴下は黒にします。
緊急の場合は平服でも構いませんが、なるべく地味目の服装を心がけましょう。

葬儀・告別式に参列する時はブラックスーツを着用します。
ネクタイは黒無地、靴やベルトは金の金具をついていないものを使います。
わに革など生き物の革製のものは、殺生を連想させるので使用しないようにしましょう。

派手な時計や結婚指輪以外のアクセサリーは外すようにしましょう
ネクタイピンやカフスは付けないのが通例となっています。

女性の服装

女性はお通夜の時は、ブラックフォーマルか紺・グレーなどの地味目のスーツかワンピースを着用しましょう。
パンツスーツでもブラックフォーマル用なら大丈夫です。

お通夜の場合は黒無地のブラウスとスカートでも良いでしょう。
ストッキングは黒か肌色、靴はなるべく黒のパンプスが望ましいです。

葬儀・告別式は黒のワンピースかアンサンブル・スーツを着用します。
肌はなるべく露出しない事がマナーですので、たとえ色が黒で夏場であったとしてもミニスカート・ノースリーブはNGです。

ストッキングと靴は黒を着用します。
よほどの極寒地以外はタイツは履かないようにしましょう。

派手なヘアアクセサリー・ネイル・メイクは避けるようにします。
アクセサリーは結婚指輪・真珠のネックレス以外は身につけないようにしましょう。

毛皮のコートや光沢のあるバッグなどは避けるようにしましょう。

子供の服装

子供の服装は、学校の制服があればそれが一番です。
正式な制服ならば、半そで・半ズボンでも問題ありません。
子供の場合は、靴下や靴は黒にこだわる必要はありませんが清潔なものを履くようにしましょう。

制服がない場合は、地味目でフォーマルな服装を心掛けるようにしましょう。

乳児・幼児は服装の色や形は気にする必要はありません。
キャラクターがプリントされている服や、カジュアルすぎる服は出来るだけ避けるようにしましょう。

お通夜・お葬式に参加できないときは

困った人々

訃報を受けたけれど、どうしてもお通夜・お葬式に参加できない時はどうすればいいのでしょう?
ここでは参加できない時の対処の仕方について解説します。

欠席の連絡をする

弔事は他の何よりも優先すべき事柄ですが、急に連絡が入ることが多く、どうしても都合がつけられないこともあるでしょう。

少々遅くなってもお通夜には駆け付けたいものですが、お通夜・葬儀共に出席するのが難しい時もあります。
そのような時はご遺族様に連絡を入れましょう。

メールでも構いませんが、できれば電話でお悔やみの言葉とともに参列できないということを伝えましょう。

ご遺族様は大変忙しくしていますので、簡潔な言葉で出席できないことを詫びて早めに電話を切るようにしましょう。
欠席する理由を細かく説明する必要はありません。

弔電を送る

お通夜にもお葬式にも出席できない時は、お悔やみの気持ちを伝えるために弔電を送るのが望ましいです。
「115」をダイヤルするとNTTの電報サービスにつながります。
最近ではインターネット上でも申し込みが出来るところがあります。

24時間受け付けてくれるところもありますので利用してもいいでしょう。

葬儀会場の住所と葬儀社の名前、届けて欲しい日にちが必要ですので、申し込みをする前に調べておきましょう。

文章はオリジナルでも構いませんが、失礼があってはいけないので用意されている例文から選んだ方が無難です。

料金は台紙や文字数で変わりますが、一般的には3000円~5000円ほどです。
花や線香を一緒に送る事ができる弔電というものもあります。

弔問する

お通夜・お葬式に参加できなかった場合は、葬儀後、なるべく早くに自宅に弔問するのが望ましいです。
自宅に弔問するタイミングは、葬儀直後はご遺族様も疲れていますので葬儀後3日以上~四十九日までの間が良いでしょう。

ご遺族様も弔問客を迎える準備があるため、事前に連絡を取ってからうかがうようにしましょう。

服装は平服で構いませんが、カジュアルすぎたり派手な服、露出の多い服装は避けるようにしましょう。

香典袋の表書きは四十九日前なら「御霊前」あるいは「御香典」、四十九日以降なら「御仏前」となります。
お供え物を用意している場合は、のし紙を付けてご遺族様に差し出すようにします。

ご遺族様の負担になりますので長居はせずに引き上げるのがマナーです。
故人の思い出話などを2~3分程度するのが一般的です。
ご遺族様が話したそうにしていたのなら、話を聞いてあげましょう。

お通夜とお葬式のマナーについてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
お通夜・お葬式のマナーについて解説しましたが参考になりましたでしょうか?

この記事では以下のようなことを掲載しています。

  • お通夜とは一般的には葬儀の前日の夜に行われる故人を偲んでお別れをする日のことです。葬儀・告別式とは宗教者の元で故人との最後のお別れをする日です。
  • お通夜に香典を持って行く場合は、きちんとのし袋に入れて袱紗で包むのがマナーとされています。葬儀・告別式に持って行くのは数珠やハンカチなどです。香典を持って行く場合は、お通夜同様のし袋に入れて袱紗で包むようにしましょう。
  • お通夜・お葬式に参列する時の服装は、略式喪服を着用するのが望ましいです。
    子供は制服か落ち着いた色のフォーマルな服を着せるようにします。
    乳児・幼児の服装はあまりこだわる必要はありません。
  • お通夜・お葬式を欠席する場合は、電話などでご遺族様にお悔やみの言葉と参加できないことを詫びましょう。
    お通夜・お葬式に参加できない時は弔電を送ったり、葬儀後に自宅に弔問するのが望ましいです。

お通夜やお葬式のマナーは知っているようで知らないことも多いです。
弔事のマナーは人には聞きにくい事柄ではありますが、故人やご遺族様に失礼が無いように一般的なマナーは覚えておきましょう。

終活ねっとでは、お通夜やお葬式のマナーのほか、お墓参りや法事の時のマナーについても多数掲載しています。
他の記事もあわせてご覧いただき、参考にしてくださるとうれしく思います。

「通夜・お葬式・マナー」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「通夜・お葬式・マナー」についてさらに知りたい方へ

通夜の時、遺族は何をすべき?どう対応するか解説します。のサムネイル画像

通夜の時、遺族は何をすべき?どう対応するか解説します。

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!のサムネイル画像

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!

最後のお別れだからこそ、丁寧に。お葬式のマナーについてのサムネイル画像

最後のお別れだからこそ、丁寧に。お葬式のマナーについて

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!のサムネイル画像

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!

お通夜のお手伝いを頼まれた場合の心がまえについて解説のサムネイル画像

お通夜のお手伝いを頼まれた場合の心がまえについて解説

突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?のサムネイル画像

突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?

お葬式に参列する時などに知っておきたいことのサムネイル画像

お葬式に参列する時などに知っておきたいこと

お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!のサムネイル画像

お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物までのサムネイル画像

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物まで

家族葬にかかる時間ってどれくらい?開始時間や流れについても解説のサムネイル画像

家族葬にかかる時間ってどれくらい?開始時間や流れについても解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「通夜・お葬式・マナー」についてさらに知りたい方へ

通夜の時、遺族は何をすべき?どう対応するか解説します。のサムネイル画像

通夜の時、遺族は何をすべき?どう対応するか解説します。

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!のサムネイル画像

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!

最後のお別れだからこそ、丁寧に。お葬式のマナーについてのサムネイル画像

最後のお別れだからこそ、丁寧に。お葬式のマナーについて

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!のサムネイル画像

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!

お通夜のお手伝いを頼まれた場合の心がまえについて解説のサムネイル画像

お通夜のお手伝いを頼まれた場合の心がまえについて解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと