葬儀用ネックレスの選び方とは?真珠の理由や選ぶ時の注意点も解説!

葬儀用ネックレスの選び方とは?真珠の理由や選ぶ時の注意点も解説!

葬儀には喪服を着ていきます。お葬式やお通夜などで喪服を着ている女性は、真珠のネックレスを着用している人が多いですよね。葬儀用のネックレスはなぜ真珠が多いのでしょうか。今回は、喪服にネックレスは必要かどうか、葬儀用のネックレスの選び方や注意点を詳しく解説します。

2020-02-09

葬儀用のネックレスについて

葬儀

葬儀に参列する際、喪服を着て行きますよね。
お通夜やお葬式で喪服を着用するとき、ほとんどの方が真珠のネックレスを付けていらっしゃるかと思います。

ではなぜ葬儀用のネックレスは真珠なのでしょうか。
そもそも、喪服にネックレスを合わせる必要はあるのかと不安になったことはありませんか?

今回終活ねっとでは、以下の項目を中心に葬儀用のネックレスについて詳しく解説します。

  • 喪服にネックレスをつける必要があるのか

  • なぜ葬儀用のネックレスは真珠なのか

  • 葬儀用のネックレスを選ぶ時の注意点

葬儀用のネックレスの購入をお考えの方から、葬儀用のアクセサリーのマナーに少し自信が無い…という方まで、きっとお役に立てると思います。
ぜひ最後までご覧ください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

喪服にネックレスは必要?

pearl

そもそも、喪服にネックレスなどのアクセサリーを付ける必要はあるのでしょうか?
人によって意見が違う場合があるので、不安な方も多いのではと思います。

それでは、喪服でのネックレスの必要性について和装と洋装の場合で見ていきましょう。

和装の場合

和装の喪服を着用する場合、ネックレスなどのアクセサリーの着用は不可です。

唯一身に付けることができるのは、結婚指輪と婚約指輪のみとなっています。
ネックレスやイヤリング、ピアスなどを付けるのはNGです。

洋装の場合

洋装の喪服を着用する場合、ネックレスは必ずしも必要ではないという説と、ネックレスは必ず必要であるという説の2つの考え方があります。

従来の日本では和装の喪服を着用していたため、アクセサリーを付ける習慣がありませんでした。
そのため、アクセサリーは付けない、またはこだわらないという考え方があります。

一方で、必ずアクセサリーが必要であるという考え方は、欧米から来たものです。
喪服はフォーマルな服なので、アクセサリーを付けるのは男性がネクタイを着用するのと同等のドレスコードであるという考え方に由来しています。
つまり、喪服に葬儀用のネックレスを付けるのは葬儀に必要なマナーであるという考えもあるのですね。

ただ、日本では地域による考え方の違いがあります。

馴染みのない地域のお葬式に参列するときは、地元の方やお葬式を扱う会社の方にお尋ねになると安心です。

ネックレスはつけなくて大丈夫?

では、洋装の際にネックレスをつけないことは失礼にあたるのでしょうか。

基本的には、ネックレスをつけないことはマナー違反ではありません
日本はもともとアクセサリーはつけない和装の文化でしたし、葬儀の場は故人を偲ぶ場で、自身の装飾は不要であるため、身につけなくても問題ありません。

しかしご年配の方の中には、ネックレスをつけることは当然のマナーと捉える方もいます。
また先述した通り、地域によっても違いがあります。
そのため、洋装の場合はネックレスをつけることが無難とされています。

なぜパールのネックレスなのか

涙

洋装の喪服を着用する場合、ネックレスを付けるのはドレスコードであるという考え方があることがわかりました。
それでは、なぜ真珠のネックレスが葬儀用のアクセサリーとして使用されるのでしょうか?

葬儀用のアクセサリーは、真珠の他にも流木が化石と化したジェット・オニキス・黒サンゴがあります。
そのうち、真珠は昔から「月の涙」「神の涙」など涙の象徴であると言われています。
その意味から、喪に服し共に悲しんで亡くなった方を弔う場に適した宝石であると言えます。

さらに、1965年にチャーチル元首相が無くなり、国葬に参列された英王室のエリザベス女王が真珠のネックレスを着用していたことが注目されました。
以後、喪服のアクセサリーは真珠ということが周知されていったと言われています。

また、ネックレスの他にイヤリングを付けている方もよく見かけますが、葬儀でイヤリングを着用することについて以下のリンクで詳しく解説していますので、こちらも合わせてお読みください。

葬儀用のネックレスで注意すべき点

葬儀

葬儀用のアクセサリーは、真珠のネックレスが広く知られているということがわかりましたね。
それでは、葬儀用のネックレスを選ぶときの注意点をご紹介します。

真珠の大きさ

まずは、真珠の大きさについて見ていきましょう。

葬儀用の真珠のネックレスには、理想の大きさがあります。
何より真珠が大きすぎるものはNGです。
真珠が大きすぎると華やかな印象になってしまい、弔事用には不向きなアクセサリーになります。

葬儀用に適した真珠の大きさは7ミリから9ミリ前後ですが、できれば7ミリから8ミリ前後の大きさの真珠のネックレスを選ぶのが理想です。

真珠の色や形

では、葬儀用の真珠のネックレスはどんな色や形の物がいいのでしょうか?

先に述べたように、エリザベス女王が着用されたネックレスは白い真珠であったため、葬儀用のネックレスは白いものが主流になっています。
白い真珠のネックレスは、慶弔問わず使う事ができるという点でも便利なので、多くの方に支持されています。

また、喪服に着けられるネックレスの色は、白の他にも黒とグレーがOKとされています。
真珠以外に着用できるジェット・オニキス・黒サンゴはいずれも黒い石が使われています。
ですから、黒やグレーのネックレスを葬儀用に準備しておくという考え方もあるでしょう。

さらに真珠の形は、丸いものがフォーマルにふさわしいネックレスです。

形が不揃いな真珠を集めたバロックパールや淡水パールが最近流行していますが、これらはカジュアルなアクセサリーに該当します。
形が丸い真珠のネックレス以外は喪服に付けられませんので注意しましょう。

また、黒真珠のネックレスについてさらに詳しく知りたい方は、以下のリンクを参考にしてみてください。

喪服にはNGなネックレス

葬儀用のネックレスは、派手なものやカジュアルなものはNGであるいうことがわかりました。
その他にも、喪服には合わせられないネックレスがあります。

ここでは、喪服にNGなネックレスについて紹介します。

二連以上のネックレス

葬儀用のネックレスは、一連のもののみです。
真珠のネックレスには、二連以上の造りになっているものがあります。
このタイプのネックレスは華美である点と、重なっているような見た目が不幸を重ねるという意味に捉えられる点がNGであるため、喪服で着用してはいけません。

もちろん、一連のネックレスを重ね付けするのも「不幸を重ねる」という意味になります。
どちらもお葬式ではマナー違反となりますのでご注意ください。

ロングのネックレス

真珠のネックレスにはロングのものも販売されていますが、華美な印象になるので葬儀用としては不可です。
さらに、ロングのネックレスは悲しみを長びかせるという意味合いも含まれるためにNGです。

では、葬儀用のネックレスはどのくらいの長さがベストなのでしょうか?

喪服に合わせることができるネックレスの長さは、40センチから42センチ前後になります。
これは鎖骨にかかるくらいの長さで、プリンセスサイズとも言われる一般的な長さです。

二連以上のネックレスやロングネックレスはファッション用と考え、急な訃報であっても絶対に使わ
ないようにしましょう。

葬儀用のネックレスについてのまとめ

葬儀

いかがでしたか?

今回終活ねっとでは、葬儀用のネックレスについて解説してまいりました。
葬儀用のネックレスについてよく疑問に思われる点をまとめると、以下のようになります。

  • 和装の喪服には結婚指輪以外のアクセサリーを付けません。

  • 洋装の喪服の場合、和装の考え方からネックレスをしないという考え方と、欧米の影響からドレスコードとしてネックレスが必要という考え方があります。

  • 葬儀用に真珠のネックレスが多く使われるのは、「月の涙」と言われていることと、英女王が国葬の際に使われて周知されたことによります。

  • 葬儀用の真珠のネックレスは、大きさが7~8ミリで丸いのものを使った40センチ~42センチメートルのものがベストです。色は白・黒・グレーが葬儀用として使われます。

  • 葬儀用のネックレスとしてNGなのは、真珠が大き過ぎるもの、形が不揃いのものです。さらに二連以上や重ねづけは「不幸を重ねる」のでNG、ロングネックレスは「不幸を長引かせる」という意味合いがあるのでNGです。

白い真珠のネックレスなら、お葬式だけでなく結婚式などの場面にも使えます。
訃報は突然訪れるので、いざという時に慌てないように真珠のネックレスを用意しておくことをおすすめします。

どうかお気に入りのネックレスを見つけてくださいね。

終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
以下の記事では、葬儀費用について内訳や安くする方法を紹介しています。
今回の記事と合わせてお読みください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「葬儀用・ネックレス」に関連する記事

  • 葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介のサムネイル画像
    葬儀でのアクセサリーのマナーとは?服装や髪型に沿ってご紹介

    故人とのお別れの時間を過ごすご葬儀の場で、故人を偲び、ご遺族と悲しみを分かち合う時。その場に合う装いはとても大切です。しかし、大切だからとアクセサリーで身を飾るのは相応しくない場です。今回は、ご葬儀の場で失礼にならないアクセサリーの身に着け方をご紹介します。

  • 葬儀にふさわしいネックレスの色や形とは?NGなアクセサリーも解説のサムネイル画像
    葬儀にふさわしいネックレスの色や形とは?NGなアクセサリーも解説

    葬儀に参列するとき、女性は喪服に真珠のネックレスをつけている印象がありませんか?一口に真珠のネックレスと言っても、色や長さなどいろいろな種類があります。今回は、葬儀にふさわしいネックレスがどんなものなのか、ご説明したいと思います。

  • 喪服時のアクセサリーの選び方|ネックレス・リング・ピアスのサムネイル画像
    喪服時のアクセサリーの選び方|ネックレス・リング・ピアス

    葬儀は喪服を着て参列するものですが、それに合わせるアクセサリーはどのようなものを身に付ければよいか知っていますか。知らない方が多いのが事実です。そこで今回は、喪服に合わせるアクセサリーごとのマナーや適したもの、バッグについても解説します。

  • 葬儀でイヤリングは必要?葬儀でのアクセサリーや服装マナーを解説のサムネイル画像
    葬儀でイヤリングは必要?葬儀でのアクセサリーや服装マナーを解説

    葬儀でイヤリングをつけるのは、マナー違反なのでしょうか?女性は、葬儀時にどのようなアクセサリーを選んだらよいのか悩みますよね。そこで、今回は葬儀におけるアクセサリーのマナーについて解説します。一緒に、葬儀にふさわしいアクセサリー選びについて学びましょう。

  • 葬儀の際に真珠のアクセサリーはNG?真珠の選び方やマナーをご紹介のサムネイル画像
    葬儀の際に真珠のアクセサリーはNG?真珠の選び方やマナーをご紹介

    葬儀のとき、アクセサリーは付けたほうが良いものなのか悩んだ経験はありませんか?アクセサリーは全般的に付けないという説と真珠なら付けたほうが良いという説があり、判断に迷うかもしれません。そこで今回は、葬儀の際にふさわしい真珠のアクセサリーについて徹底解説します。

  • 葬儀に適したアクセサリーって?避けるべき素材や服装マナーもご紹介のサムネイル画像
    葬儀に適したアクセサリーって?避けるべき素材や服装マナーもご紹介

    葬儀には、どのようなアクセサリーがふさわしいのでしょうか?葬儀の場のアクセサリーには適したものとそうでないものがあります。マナー違反とならないためにも、正しい知識を身につけておくと安心です。この記事では、葬儀に適したアクセサリーについて解説していきます。

  • 葬儀でつける指輪の色は?適切な素材やその他のアクセサリーも解説!のサムネイル画像
    葬儀でつける指輪の色は?適切な素材やその他のアクセサリーも解説!

    葬儀に適切な指輪の色や素材をご存知ですか?厳かに行われる葬儀で非常識な人と思われないためにも葬儀での指輪やアクセサリのマナーを理解しておきましょう。こちらでは、葬儀のときの指輪の色、素材の他にアクセサリー、バッグ、服装についても詳しく説明します。

  • 葬儀で着る喪服のマナーは?喪服がない場合や子供の服装について解説のサムネイル画像
    葬儀で着る喪服のマナーは?喪服がない場合や子供の服装について解説

    葬儀では喪服を着ますよね。様々な種類がある喪服ですが、喪服とはどんな服なのか、男性・女性の違い、子供には何を着せたら良いのかなど、喪服についての疑問は多いでしょう。今回は、葬儀での喪服のマナーについて、喪服がない場合や夏の喪服などについてもあわせて解説します。

  • 葬儀に結婚指輪は付けてもいいの?注意点やNGな指輪を解説しますのサムネイル画像
    葬儀に結婚指輪は付けてもいいの?注意点やNGな指輪を解説します

    葬儀では喪服を着てアクセサリーなど派手なものは控えるのが普通ですが、結婚指輪はどうなのでしょうか?自分の結婚指輪はデザインが派手だけど、葬儀につけて行ってもいいの?という方もいますよね?今回は葬儀の結婚指輪について、注意点や良くない指輪について解説します。

  • 葬儀用の真珠の大きさ・色のルールは?NGアクセサリーも解説しますのサムネイル画像
    葬儀用の真珠の大きさ・色のルールは?NGアクセサリーも解説します

    葬儀の準備をするときに、葬儀用のネックレスとして真珠を選ぶという方が大半ではないでしょうか。しかし真珠であってもものによっては葬儀の場に適さないネックレスもあるのです。今回はそんな葬儀用の真珠の大きさ・色のルールについて、またNGアクセサリーも解説します。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料