家族葬に呼ぶ人数とは?参列者の範囲や連絡、弔問についても解説!

家族葬に呼ぶ人数とは?参列者の範囲や連絡、弔問についても解説!

家族葬は家族や近しい人のみで行う葬儀で、手軽に執り行うことができるイメージがあります。手軽な葬儀として人気ですが、一般の葬儀と違い喪主側で人数や呼ぶ範囲を決めるので、今後の付き合いを考えると難しいところがあります。今回は家族葬の参列者の人数について紹介します。

最終更新日: 2020年09月08日

家族葬での参列者の人数について

葬儀

最近は、「家族葬で見送りました」「家族のみで見送るので参列はご遠慮ください」などと訃報と共に案内を貰うことが多くなりました。

家族葬は家族や親族、近しい人のみで故人を見送る葬儀です。
一般の葬儀と違い手軽にできますが、家族葬での参列者についてわからないことが多くあると思います。

今回、「終活ねっと」では家族葬での参列者の人数について、

  • 家族葬での参列者の人数について

  • 家族葬とは?

  • 家族葬のお葬式に参列する人数の平均

  • 家族葬に呼ぶ参列者の範囲はどこまで?

  • 家族葬で予定の参列人数を超えた場合の対応

  • 家族葬に参列しない場合のマナーとは?

  • 家族葬ほ費用を抑えるポイント

以上のことを紹介していきます。
家族葬を考えている人や家族葬に参列する予定のある方など、ぜひ最後までお読みいただき、お役に立ててください。

「終活ねっとのお葬式」では、必要なものを厳選した低価格かつ高品質なセットプラン5つの葬儀形式からお選びいただけます。

「終活ねっとのお葬式」ついて詳しくはこちらをご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、全国の斎場葬儀/家族葬を執り行うことが可能です。
お近くの葬儀場・斎場をお探しの方はぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

家族葬とは?

葬儀

家族葬とは家族や親族などの、故人近しい人だけで行う葬儀のことを言います。
密葬と似ているように感じますが、密葬は家族葬とは違い本葬を行います。
しかし、家族葬は身内で送って終わりになります。

家族葬は自宅で行う場合と、葬儀場などの会場を借りることがあります。
一般的な葬儀と違い故人と縁があった人が誰でも参列できるのではなく、ご遺族が招いた人のみの葬儀となります。

そのため、葬儀が終わってから、参列できなかった人にお詫びを兼ねた挨拶状を送る必要があります。

家族葬は近しい人だけの葬儀なので、精神的に疲労しているご遺族にとって負担の少ない葬儀と言えます。

また、家族葬は費用負担が少ないと考えられていますが、香典を辞退することが多く、収入が見込めないため考えていたよりも負担が増えることがあります。

「終活ねっとのお葬式」では、必要なものを厳選した高品質かつ低価格の家族葬プランを455,000円(税抜)よりご用意しています。
また、事前の資料請求で通常価格から5,000円割引、終活ねっとの早割のお申し込みで最大71,000円割引もご利用いただけます。

家族葬のプランの特徴・内容・流れなどの詳細はこちらからご覧ください。



家族葬のお葬式に参列する人数の平均

葬儀

家族葬は近親者のみで行う葬儀なので、誰を招待するかを決めるのは故人の遺志や家族の考えになります。

しかし、実際には何人くらいが家族葬に参列するのでしょうか。
ここからは、家族葬に参列する人数の平均やここ最近の家族葬の参列人数の変化について紹介していきたいと思います。

全国の平均

家族葬に参列する人数の全国平均は10人~30人程度とされています。
これには、会場の広さも関係します。

自宅で行う場合は、10人程度が一般的で、故人の配偶者や子供、孫などの血縁者が葬儀に参列します。
10人以上になると自宅よりも斎場などを借りることが多く、この場合は故人の配偶者や子供、孫に加えて親族や故人と特に親しかった友人も参列します。

家族葬の参列人数が減ってきている?

以前は、斎場などで葬儀を行わずに自宅で行う自宅葬が一般的でした。
自宅葬の場合は近隣の人が参列に訪れていましたが、最近はご近所付き合いが希薄になっている地域も増えていることから、葬儀に参列しない人が増えてきました。

また、核家族化や少子化の影響で親戚付き合いも希薄になったことから、家族葬の参列者減少に関係しています。

家族葬に親戚を呼ばないことや、高齢化に伴い葬儀の参列が困難になったことも参列者減少の理由に挙げられます。

他にも、故人やご遺族の意志によって、「静かに見送りたい」「金銭的に余裕がない」「付き合いが煩わしい」などの理由から参列を断ることもあるので、家族葬の参列者が減少しています。

家族葬に呼ぶ参列者の範囲はどこまで?

家族葬は、「静かに見送りたい」「故人の友達も参列してもらいたい」など故人やご遺族の考えで参列者の範囲を選べます。

家族葬は故人の意思とご遺族の考えを尊重して参列者に案内をしますが、会場の広さなども考慮に入れます。
家族葬で参列者の範囲に悩んだ場合は、会場の広さよりも、「故人が誰に見送ってもらいたいか」を考えて故人の気持ちに寄り添うことが大切です。

しかし、本当に家族だけで送る場合以外は今後の付き合いも勘案して、参列者の範囲を決めます。
特に、近隣の人や故人の友人などに声をかける場合は、周囲との兼ね合いや友人関係を考慮して後に角が立たないようにしましょう。

家族葬の参列者への対応

葬儀

上記のように家族葬では故人やご遺族の考えで呼ばれた数名~数十名が参列しますが、参列者への招待などの対応はどのようにすれば良いのでしょうか。

家族葬の案内について

家族葬の場合、葬儀の連絡方法は通常の葬儀と同じく、電話や速達、メールなどで通知します。
しかし、家族葬では参列していただく方と参列を控えていただく方で対応が変わります。

  • 参列していただく方

    故人やご遺族の希望で参列していただきたい方には、日程が決まり次第できるだけ早く連絡します。
    この際、家族葬で葬儀を行う旨に加え、香典・供花・供物の受け取り可否の意思をはっきりと示しておきましょう。

  • 参列を控えていただく方

    家族葬への参列をしていただかない方には葬儀が終わった後に連絡しますが、その際に家族葬で葬儀を行ったため招待できなかったことを陳謝しましょう。
    故人やご遺族の意思で家族葬を行ったという旨を書き加えれば失礼にはなりません。
    また、香典や弔問を受けるかどうかについてもはっきりと意思を示しましょう

家族葬で予定の参列人数を超えた場合の対応

家族葬を行う場合は、近隣の人や予定の参加人数を超え、葬儀に呼ばなかった人への配慮が必要になります。
特に近隣の人へは「故人の遺志により家族葬で見送ることになった」など事前に知らせておきます。

また、葬儀に呼ばなかった方へも同じように案内をして参列を丁重にお断りしますが、それでも葬儀に来る人がいます。

その場合は、参列者の人数が増えて通夜振る舞いの食事や会葬御礼品が足りなくなりますが、もともと想定していなかったことなので、特に渡さなくても失礼に当たりません。
香典は辞退するべきですが、渡された場合は日を改めてお礼の品を送るようにします。

予定してない人数が参列するのはご遺族にとって困りますが、故人を見送りたいという意思を尊重して、喪主の方は家族葬に呼ばなかったことの理由とお詫びを伝えることがマナーです。

家族葬の参列しない場合のマナー

葬儀

家族葬に参列しなかった場合はどう対応すればよいのでしょうか。
家族葬の場合、招待されず参列できないことと招待されていたけど参列できなかった場合で対応が異なります。

招待されていない場合、香典やお悔やみの手紙などの対応は必要ありませんが、弔意を示したい方もおられると思います。
そのような場合は、香典や手紙だけでなく弔問という方法もあります。

ここでは後日弔問する際のマナーと、招待されていたけれど参列できなかった場合について解説します。

後日弔問する場合について

先ほどご説明した通り、葬儀が終わると、ご遺族は家族葬で行ったことや無事に終わったことを、はがきなどで知らせます。
連絡を貰ってから、慌てて弔問に行こうと考える人もいますが、家族葬を終えたご遺族の気持ちを考えて行動することが大切です。

家族葬に参列しなかった場合の弔問に行くタイミングやマナーは以下の通りです。

  • 弔問したいと考えたら、まずご遺族に連絡して訪問してよいか確認する。

  • ご遺族から香典を辞退されたら、無理に渡さない

  • どうしても弔意を示したいのであれば、供花やお供えを持参してよいか確認する。

  • 弔問では平服を心掛ける

  • はがきなどで知った場合は、すぐに連絡しても構わない

  • 弔問は亡くなってから四十九日以内にするのが良い

  • 弔問に訪れた場合は、家の中に招かれない限り上がらずに挨拶をする

  • 家の中に招かれた場合は、お線香をあげてお悔やみの言葉とご遺族にねぎらいの言葉を述べて長居しない

以上が後日、弔問に訪れるときのマナーになります。
ご遺族から連絡がなくても事前に訃報を知ることもありますが、参列を依頼されない限りは葬儀に参加することを控えます。

故人やご遺族の考えによって、葬儀を行わないこともありますが、参列を控える場合も弔電を送って弔意を示すことはできます。

家族葬の弔電についてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

家族葬に招待されたが参列できなかった場合

家族葬に招待してもらったが、外せない予定があったり、遠方だったりして参列できない場合はどのようにすれば良いのでしょうか。

招待されたときの案内状に香典は辞退しない旨が書いてあった場合、香典を送る際にお悔やみの手紙を同封し、そこに参列できなかったことに対するお詫びを添えます。

ただし、香典を辞退されている場合はお悔やみの手紙のみ送りましょう。

また、弔電を送ることもできますが、事前に辞退していないかご遺族に確認する必要があります。
供花・供物についても事前にご遺族に確認をしましょう。

家族葬の費用を抑えるには

葬儀

先ほど説明した通り、家族葬は一般葬よりの費用の負担が少なくなることがほとんどですが、それでも葬儀費用はご遺族にとってはそれなりの負担となります。

では、家族葬の費用を抑えるにはどうすれば良いのでしょうか?

通夜振る舞いなどの会食を省略する

家族葬では葬儀の形式が比較的自由なため、精進落としや通夜振る舞いなどの会食を省略することが出来ます。

通常の葬儀ではお香典に食事代が上乗せされて渡される場合もあります。
しかし家族葬の場合はお香典を辞退することも多く、会食はご遺族にとって大きな負担となるため、会食の省略で費用をかなり抑えることが出来ます。

お坊さんなしでも家族葬はできる?

家族葬はお坊さんなしでも葬儀を行うことができます。

お坊さんを呼んで読経や戒名を行うのは仏式の葬儀です。
ですから、神道式の葬儀やキリスト教式など仏式以外の宗教で葬儀を行う場合は、お坊さんを呼ぶ必要はありません。

また、家族葬ではお坊さんを呼ばない自由葬や無宗教葬で葬儀を行うことができます。
自由葬や無宗教葬では、宗教や伝統にしばられない自由な葬儀をすることができ、故人や遺族の希望に沿った葬儀をすることができます。

家族葬での参列者の人数についてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。

今回「終活ねっと」では注目されている家族葬と参列者の人数や範囲などについて解説しました。
まとめると以下のようになります。

  • 家族葬とは家族や親族、親しい人だけで見送る葬儀である。密葬と似ているが、家族で見送ったあとに本葬を行わないのが家族葬である

  • 家族葬では喪主やご遺族が参列する人数を確定できる。人数は10人から30人程度で行うことが一般的である

  • 自宅で行う場合は10人以内で故人の配偶者や子供、孫程度の範囲となる

  • 最近は少子化や高齢化、近所付き合いが希薄となったことで参列者の人数が減っている

  • ご遺族は家族葬の終了後に参列しなかった方にはがきで知らせる

  • 葬儀後に弔問に行く場合は、ご遺族に連絡をしてから訪問する。また、香典を辞退されたら、持って行かない
    葬儀後に弔問する際は服装に気を遣い、手短にする。

  • 家族葬に招待されたが参列できない場合はお悔やみの手紙で参列できなかったことを陳謝する。

  • 家族葬の費用を抑えるには通夜振る舞いなどの会食を省いたりお坊さんなしで家族葬を行うなどの方法がある。

家族葬は近年において人数を確定しやすく、費用などもわかりやすいためご遺族の負担を減らすことができる点で注目を集めています。

故人やご遺族が静かに送りたいと考えた場合の、最適な葬儀が家族葬です。
参列者の人数や範囲や参列しないときのマナーを知って、故人を静かに見送ることが、家族葬を選んだご遺族に対する配慮になります。

「終活ねっと」では、家族葬についての記事を多数掲載しています。
ぜひ、他の記事も併せてご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す