自宅で執り行う家族葬ってなに?自宅葬の費用やマナーについても解説

自宅で執り行う家族葬ってなに?自宅葬の費用やマナーについても解説

故人の遺志で派手な葬儀を行わず、家族だけで見送るのが家族葬です。近年、自宅で執り行う家族葬に注目が集まっています。家族葬を自宅で行う際に役立てていただけるように、今回は自宅で行う家族葬のメリットや費用、参列・弔問マナーや参列者の範囲などについても解説します。

最終更新日: 2020年06月27日

自宅で行う家族葬について

葬儀

最近、家族葬という葬儀の方法に注目が集まっています。
家族葬の中でも自宅葬とは、故人の遺志や家族の意向で、派手な葬儀を行わず自宅で行う葬儀のことをいいます。

しかし、実際には自宅葬をどのような流れで行えばよいのか困ってしまうことがあります。
また、自宅で行うときのマナーや費用相場など知らないことが多いですよね。

今回、「終活ねっと」では自宅で行う家族葬について

  • 自宅葬ってなに?

  • 自宅での家族葬の流れとは?

  • 家族葬を自宅で行うメリットとデメリットとは?

  • 自宅で家族葬を行う際の費用の相場は?

  • 家族葬を自宅で行う際のマナーとは?

  • 自宅での家族葬に参列する時のマナーとは?

などを解説していきます。

自宅での家族葬を考えている人や、家族葬について知りたい人には興味深い記事になっています。
ぜひ、最後までご覧ください。

「終活ねっとのお葬式」では、必要なものを厳選した低価格かつ高品質なセットプラン5つの葬儀形式からお選びいただけます。

「終活ねっとのお葬式」ついて詳しくはこちらをご覧ください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

自宅葬とは?

葬儀

最近注目されている自宅葬とは、自宅で家族や故人と親しかった人だけで営む葬儀方法です。
自宅葬は一般の葬儀と違い、決められたルールがありません。

また、自宅で行う家族葬は、通夜も自宅で行います。
自宅であるため時間を気にせず、夜通し故人を思い続けることも可能なのです。

自宅葬では故人の好きだった音楽を奏でたり、読書が好きなら本で囲むなど自由な方法がとられています。
通常の葬儀の形と異なる方法ですが、大切な人を送る儀式に変わりはありません。

自宅での家族葬の流れ

葬儀

葬儀を行う際には、基本的に葬儀社の手助けが必要になります。
自宅で行う家族葬の流れと一般的な葬儀の流れや手順に違いはありません。

ここでは、ご逝去から葬儀後までの流れを説明します。

  • ご逝去後、葬儀社に連絡をしてご遺体の安置場所の確認と霊柩車の手配をする

  • ご遺体を安置する

  • 葬儀社と打ち合わせをする

  • 親族や参列者に連絡をして通夜や葬儀の案内をする

  • 通夜を行う

  • 葬儀・告別式を行う

  • 出棺、火葬場へ移動

  • 繰り上げ初七日法要を行う

  • 葬儀後、葬儀の連絡を送らなかった方に家族葬を行った旨と通知が遅くなったことのお詫びを兼ねて報告する

基本的に上記のような流れになり、日数も3日ほどかかるのが一般的です。

以下では一般的な家族葬について解説しております。
自宅での家族葬とも比較することができるので、ぜひあわせてご覧ください。

家族葬を自宅で行うメリット・デメリット

葬儀

現在、家族葬を選択される方が増えています。
そんな人気の家族葬にも、メリットとデメリットがあります。

家族葬も参列者の人数によって葬儀場で行う場合もありますが、ここでは自宅で行う家族葬についてのメリット・デメリットを解説します。

自宅葬のメリット

自宅で行う家族葬に決まった形はありません。
少子高齢化の現在では価値観も多様で、葬儀の形が変化していくのも時代の流れと言えます。

自宅で行う家族葬のメリットを詳しくご紹介します。

通夜など時間を気にせずにお別れができる

家族葬は形式にとらわれない、心のこもった葬儀ができるというメリットがあります。
故人とのお別れの時間も気にせず、長い時間そばに付き添うことができます。
お通夜でも夜通し故人のそばで見守る夜伽が出来ます。

故人が住み慣れた場所に帰ることができる

故人が最後に思い出の詰まった自宅に帰ることができる点は大きなメリットです。
そして、ご家族と自宅で最後の時間を過ごすことで、故人やご家族が望む葬儀を行えます。

斎場などを借りる費用が抑えられる

家族葬は、弔問客の人数によって斎場を用意する場合もあります。
自宅で行う場合は、会場費の必要はありません。

しかし、最近の住宅事情によっては自宅で行えない場合もあります。

自宅葬のデメリット

家族葬を自宅で行うにも、もちろんデメリットがあります。

まず、自宅で葬儀を行うことで家庭の事情が見えてしまうという欠点があります。

また、勤務先の関係など社会的な別れができないということも挙げられます。
家族のみで葬儀を営むことで友人や知人、部下や同僚との別れが希薄になってしまいます。

費用面では、家族葬とはいえ予算が大きく抑えられるとは限らないということがあげられます。
香典を辞退した場合は、香典収入を葬儀費用に充てることができません。

他にも以下のようなデメリットがあります。

葬儀をするためのスペースが必要

自宅で葬儀をする場合は、棺の安置場所や祭壇の設置スペースの確認が大切です。

自宅がマンションの場合は、エレベーターに棺が入るのかも確認しておきます。
また、弔問客の待機スペースや霊柩車の駐車スペースなども必要になります。

近隣の方の理解が必要となる

家族葬は、家族や知人だけで行う内々の葬儀です。
ご近所に知らせずに行うこともありますが、近隣トラブルを避けるためにもお知らせをしておくべきです。

そこで、家族葬を行うという案内を出すことが、近隣の理解を得ることになります。
事前に「故人並びに近親者の遺志で家族葬にて執り行います」などと事前に連絡をしましょう。

また自宅が賃貸であれば、家主の許可が必要になります。

自宅で家族葬を行う際の費用相場

お金

一般的な葬儀の費用は、通夜から告別式までおよそ200万円程度が相場です。
それでは、自宅葬ではどのくらいになるのでしょうか。

自宅葬と言っても家族だけで執り行えないことも多く、葬儀社の協力が必要になります。

家族葬は多くの葬儀社で扱っています。
自宅葬の費用相場は、約40万円から100万円程度が相場です。

葬儀費用には霊柩車やドライアイス、祭壇や係員の経費、事務手続きの費用などが含まれています。
また、ご僧侶を呼ぶ場合は別途でお布施が必要になります。

「終活ねっと」では終活に関する様々な記事を紹介しています。
家族葬の費用についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

「終活ねっとのお葬式」では、必要なものを厳選した高品質かつ低価格の家族葬プランを455,000円(税抜)よりご用意しています。
また、事前の資料請求で通常価格から5,000円割引、終活ねっとの早割のお申し込みで最大71,000円割引もご利用いただけます。

家族葬のプランの特徴・内容・流れなどの詳細はこちらからご覧ください。



家族葬を自宅で行う際のマナー

葬儀

家族葬を自宅で行う場合は、ご遺族側で事前に香典を辞退するかしないかや参列者の範囲を決める必要があります。
家族だけでは手が回らないことがあるので、何か困ったことがあれば葬儀社に相談するようにしましょう。

ここでは家族葬を行う際のマナーや注意点について解説します。

香典などを辞退する際は明確にする

家族葬の場合は香典や供物、供花、弔電を断ることがあります。
お断りする場合は訃報を知らせる時に、前もって香典などを辞退する旨も併せて伝えます。

もし香典を持ってきた場合も丁重に辞退しても問題ありません。
ですが、それでもという時はありがたく受けとり、後にお礼をします。

家族葬に参列をお願いする人の範囲

家族葬では、参列をお願いする人の範囲に悩むことがあります。

「最後は家族だけで過ごしたい」と考える場合は、本当に家族だけで見送ることができます。
「故人の親しかった友人も招いて、最後のお別れをしてほしい」と考える場合は、家族や親族の他に友人に参列してもらうこともできます。

家族葬では、ご遺族の考えを尊重して参列する人を決めることができます。
故人が日ごろお付き合いをしていた人や親族などを勘案して、参列を依頼します。

しかし、どうしても絞り切れない場合は会場の規模を基準にして決めます。
家族葬の会場が10人程度で一杯になる場合は、故人の配偶者や子供、孫程度となります。
大きな会場であれば、会場の規模に合わせて呼ぶ人を考えるようにします。

迷う場合は、故人が「呼んでほしい人」を基準に考えて参列してもらうことが一番、大切です。
家族葬にお招きしない方には、葬儀の案内を控えます。
葬儀終了後に家族だけで見送った旨と、お詫びを手紙で知らせることが一般的です。

故人の会社に知らせる場合は、「家族葬であること」、「故人の遺志で参列をお断りすること」を連絡しましょう。

以下の記事では家族葬の範囲についてより詳しく解説しております。
あわせてご覧ください。

自宅での家族葬に参列する際のマナー

葬儀

家族葬であっても葬儀に変わりはありません。
特に自宅葬は、自宅という生活圏で行うので通常の葬儀以上のマナーと配慮が求められます。

自宅での葬式に参列する際の服装

家族葬に参列する時は通常の喪服で構いません。
家族葬では家族や親族が中心なので、服装に関しても相談して決めることができます。

男性はダークスーツに黒のネクタイ、黒靴が良いです。
女性は黒または黒に近い色のワンピースかアンサンブル、黒色のストッキングに黒のパンプスを着用します。

平服でお越しくださいと案内がある場合は、略喪服や地味な色の服装で参列しましょう。

参列者は香典・供花を持参する?

家族葬においては、香典は原則必要ありません

これは、家族葬がご遺族の負担を最小限に減らし、故人を穏やかに見送るための葬儀だからです。
香典返しの準備が必要となるため、香典を持っていくのは好ましくありません。

供花や供物も同様の理由で、返礼品を準備させてしまうことに繋がってしまいますので、持参しないようにしましょう。

しかし、稀に香典を受け付けている家族葬も存在します。
家族葬の案内に香典・供花の辞退が明記されていれば必要はありませんが、不安な場合は念のため香典を持参し、受け付けていたら渡すというのが無難でしょう。

この際、持参したからといって無理に渡そうとするのはマナー違反に当たるため、避けましょう。

弔電は必要?

弔電は葬儀に参列できなかった方が、弔意を表すために打つ電報です。

家族葬の場合は、訃報を知らせるときに弔電をお断りする旨を明記していることもあります。
特に断わりがなければ弔電を打ち、心からの弔意を表すようにしましょう。

家族葬の弔電については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

弔問をするタイミング

家族葬では明確に呼ばれたとき以外は葬儀に参列しないことがマナーとなっています。

また、葬儀後に亡くなったことを知ることもあります。
そのような場合は、ご遺族の気持ちが落ち着いた頃に確認をしてから弔問をします。

弔問するときはお香典を用意しますが、ご遺族に確認して辞退された場合は控えるようにしましょう。

自宅で行う家族葬のまとめ

葬儀

いかがでしたか?

今回は自宅で行う家族葬について、解説してきました。
今回解説した内容は、以下の通りです。

  • 自宅葬とは、自宅で家族や親族などの近しい人だけで送る葬儀の仕方で、家族葬は一般の葬儀と違い、参列者を家族で選ぶことができる。

  • 家族葬を自宅で行う場合のメリットととしては、時間の制約がない事や故人が住み慣れた場所でお別れできること、斎場にかかる費用を抑えられることなどが挙げられる。

  • 香典や弔電、供花を辞退する場合は明確に知らせ、参列していただく方に迷う場合は個人が呼んでほしいであろう人を招待する。

  • 自宅葬に参列する場合も通常のブラックフォーマルが無難であり、香典は原則持参しない
    弔意を表したい場合は弔電を送るのも良い

  • 家族葬に呼ばれなかった場合は、日を改めてご遺族の許可を取ってから弔問に訪れる。

自宅で行う家族葬にはメリットもデメリットもあります。
しかし故人を偲び、冥福を祈る気持ちに変わりはありません。

故人が望んだ自宅葬は、家族や友人と最後の時間をゆっくり過ごすことができます。
自宅葬は、今後の葬儀の形として注目を浴びています。

「終活ねっと」では、他にも家族葬についての記事を多数掲載しています。
以下の記事では家族葬の日程について解説していますので、ぜひ併せてご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 家族葬のメリットとデメリットとは?費用や注意点についても解説!のサムネイル画像
    家族葬のメリットとデメリットとは?費用や注意点についても解説!

    お葬式が多様化する現代において、家族葬を選ばれる方が増えています。小規模な家族葬ですが、メリットとデメリットにはそれぞれどのようなものがあるのでしょうか。今回は家族葬のメリット・デメリットについて、費用や家族葬を行う際の注意点についても含めて解説します。

  • 家族葬に呼ぶ人数とは?参列者の範囲や連絡、弔問についても解説!のサムネイル画像
    家族葬に呼ぶ人数とは?参列者の範囲や連絡、弔問についても解説!

    家族葬は家族や近しい人のみで行う葬儀で、手軽に執り行うことができるイメージがあります。手軽な葬儀として人気ですが、一般の葬儀と違い喪主側で人数や呼ぶ範囲を決めるので、今後の付き合いを考えると難しいところがあります。今回は家族葬の参列者の人数について紹介します。

  • 家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説しますのサムネイル画像
    家族葬ってどんな葬儀?家族葬の流れやマナー・費用相場を解説します

    近年、葬儀のスタイルは多様化していると言います。中でも、家族葬は特に注目をされています。家族葬とはどんな葬儀で、どのように執り行うのでしょうか?この記事では家族葬の特徴、流れやマナー、費用相場の詳細と共に解説していきます。

  • 自宅での葬儀の参列者・喪主のマナーとは?自宅葬のやり方もご紹介のサムネイル画像
    自宅での葬儀の参列者・喪主のマナーとは?自宅葬のやり方もご紹介

    葬儀も多様化しているので自宅で葬儀を行うことが増えて来るかもしれません。自宅葬に参列する、または喪主側として経験することになったときに、マナーを知らないとかなり大変です。今回はそんな自宅での葬儀の参列者・喪主のマナー、また自宅葬のやり方についても解説します。

  • 家族葬の形式ってどんなもの?メリットや注意点についても解説!のサムネイル画像
    家族葬の形式ってどんなもの?メリットや注意点についても解説!

    大切な方が亡くなったら葬儀を行いますよね。近年多く行われるようになってきた葬儀形式が家族葬です。では家族葬とはいったいどのような形式で行われ、他の葬儀形式とどのようの異なるのでしょうか。今回は家族葬の形式について、メリットや注意点もあわせてご紹介します。

  • 家族葬って一人でもできるの?注意点や直葬という選択肢も紹介のサムネイル画像
    家族葬って一人でもできるの?注意点や直葬という選択肢も紹介

    親しい人が亡くなってしまったとき、どのようなお葬式をしようか考えたことがありますか?一人で家族葬がしたいけれど一人でできるのか不安にと思う人もいるでしょう。今回は本当に一人で家族葬を執り行うことができるのか、家族葬というものに詳しく触れながら見ていきましょう。

  • 家族葬が増加傾向にある背景・理由とは?葬儀の流れや注意点も紹介のサムネイル画像
    家族葬が増加傾向にある背景・理由とは?葬儀の流れや注意点も紹介

    最近は家族葬を選択される方が増加しています。一般葬よりも負担が少ないイメージをお持ちの方もいるのではないでしょうか?今回は、家族葬が増加傾向にある背景と理由についてご紹介します。また、あわせて家族葬の流れや注意点も紹介します。

  • 家族葬と一般葬の違いとは?それぞれの特徴や費用の違いを詳しく紹介のサムネイル画像
    家族葬と一般葬の違いとは?それぞれの特徴や費用の違いを詳しく紹介

    家族葬という葬儀形態を最近よく耳にすることはないでしょうか?昨今葬儀の形式として選ばれることが多くなってきている家族葬ですが、一般葬とどのような違いがあるのかご存知ですか?今回は、家族葬と一般葬の違いについて、それぞれの特徴や費用の差異と共に紹介していきます。

  • 家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説のサムネイル画像
    家族葬の費用相場は100万円?費用内訳など一般葬と比較して解説

    近しい親族だけで行う家族葬は費用が抑えられるイメージがありますが、100万円かかるという話も耳にします。実際には家族葬の費用はどのくらいかかるのでしょうか。今回は家族葬の費用は本当に100万円かかるのかについて、費用の内訳と一般葬との比較も合わせて解説します。

  • 家族葬は5人だけでも行えるの?費用の内訳や他の葬儀形式も紹介!のサムネイル画像
    家族葬は5人だけでも行えるの?費用の内訳や他の葬儀形式も紹介!

    家族葬とは最近増加してきている、親族や親しい人だけで行う葬儀のことです。しかしいくら家族葬とはいえ、5人の場合は行うことはできるのでしょうか?今回、家族葬は5人という少人数でも行えるのかについてを中心に、費用の内訳や他の葬儀形式もあわせてご紹介します。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事