仏滅に葬儀をしてもいいの?葬儀の日程や六曜についても解説します!

仏滅に葬儀をしてもいいの?葬儀の日程や六曜についても解説します!

葬儀を友引に行ってはいけない、という話を聞いたことがある方は多いでしょう。では、仏滅に葬儀を行ってもいいのでしょうか?今回の記事では、葬儀と仏滅の関係を解説します。また、葬儀の一般的な日程や六曜についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

最終更新日: 2020年12月18日

仏滅の葬儀について

葬儀

カレンダーを確認するとき、大安や友引などと書いてあるのを見たことはありませんか?
これは六曜(ろくよう・りくよう)と呼ばれているもので、暦の一種です。

仏滅は六曜のうちの1つで、「仏が滅する」と書く仏滅は縁起の悪い日とされています。
では、そんな仏滅の日に葬儀を執り行ってもよいのでしょうか?

そこで今回、「終活ねっと」では仏滅と葬儀の関係について以下のようなことを解説します。

  • 葬儀の日程の決め方

    葬儀を行うときの、日程の決め方を解説します。

  • 仏滅って何?

    仏滅の本来の意味をご紹介します。

  • 仏滅に葬儀を行ってもいいの?

    仏式・キリスト教式・神式、それぞれについて解説します。

  • 葬儀と六曜の関係について

    六曜のそれぞれの意味をご紹介します。

  • 仏滅に通夜を行ってもいいの?

    仏滅とお通夜の関係について解説します。

最近の若い方は、六曜をあまり気にしないという方も多いです。

しかし、中には根強く六曜を信じている方もいらっしゃいます。
親族間でトラブルにならないように、六曜の本来の意味を理解しておきましょう。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

葬儀の日程はどう決めるの?

葬儀

身近な方が亡くなられた時は、まず一番に葬儀のことを考えなければいけません。

葬儀は「通夜」「告別式」「火葬」を行うのが一般的です。
葬儀の日程を決める際は、以下のようなことを考慮しましょう。

  • 葬儀の形式

    家族葬や密葬、直葬など葬儀の形式によって日程が変わってきます。

  • 菩提寺の僧侶の予定

    菩提寺の葬儀が重なっていると、日延べする場合もあります。

  • 火葬場の空き状況

    火葬場の空き状況によっては葬儀を延ばす場合もあります。

  • 家族の都合

    遠い親戚の到着を待つ場合も、葬儀の日程が変わってきます。

  • 葬儀の日が友引と重なった時

    友引に葬儀を行うのは良くないとされている火葬場が多いです。友引と重なった時は、葬儀の日程を一日延期する場合もあります。

お通夜は、火葬が行われる前日にするのが一般的です。

法律上、故人が亡くなられてから24時間以上経たないと、火葬を行うことができないとされています。
火葬ができないのは、24時間以内は蘇生の可能性があるといわれているためです。

従って、葬儀は最低でも2日間は必要ということになります。

仏滅ってなに?

困った人々

日本に住む多くの方が、仏式の葬儀を行うのではないでしょうか?

仏滅は、仏が滅ぶと書きます。
文字の意味から縁起が悪いのではないか、葬儀を行ってはいけないのではないかと心配になりますよね。

まずは、六曜における「仏滅」の意味を見てみましょう。

仏滅(ぶつめつ)

仏滅は、元々は「物滅」という字が使われていました。

しかし、その後「仏も滅亡するほどの悪い日」という意味で、「仏滅」という文字が使われるようになりました。
尊い仏様ですら滅亡してしまうほどの凶日という意味で、何をやってもうまくいかない日とされています。

仏滅には、結婚式などのお祝い事は避けた方が良いと言われています。

仏滅に仏という字が使われていますが、実際は仏教とは全く関係がありません。

六曜は占いの一種ですから、気にならない方もいらっしゃるかもしれません。
しかし仏滅は字面が悪いため、お祝い事は避けた方が無難です。

仏滅に葬儀を行っても大丈夫なの?

葬儀

それでは、仏滅に葬儀を行っても大丈夫なのでしょうか?
仏式・キリスト教式・神式、それぞれの考え方を解説します。

仏式の場合

仏教の教えの中に、六曜のことは触れられていません。
従って、仏滅でも葬儀を行っても良いとされています。

むしろ、仏という文字が入っていることから仏滅に葬儀をした方が良いという考え方もあります。

仏教の考えでは、友引も気にする必要はないとされています。
しかし、友引の火葬場や葬儀場がお休みになることがあるので注意が必要です。

友引は「友を引く」と書くため、故人とともに友人が連れていかれてしまうと考えられています。
こういった字の意味から、友引に葬儀を行うのは縁起が悪いという考え方が定着しているのです。

仏式の葬儀でも、六曜を気にする方が多くいらっしゃいます。
友引以外なら、お通夜や葬儀に行っても問題ないとされています。

キリスト教式の場合

六曜は中国が発祥の考え方なので、キリスト教とは全く関係がありません。

しかし、仏滅の次の日は大安です。
大安は、何事もうまくいく日とされています。
キリスト教では、安息日として何も行わない方が良い日とされていることが多いです。

キリスト教では、仏滅より次の日の大安のことを考えて、葬儀を行った方が良いとされています。

またキリスト教では、友引も気にする必要はありません。
しかし、火葬場がお休みのところがあるというのを考慮しておきましょう。

神式の場合

神道とは日本固有の宗教で、様々な神様を信仰する多神教のことを指します。

神式の葬儀には、亡くなられた方が神々の住む世界に行き、子孫たちを見守る守護神となるために儀式を行わなければならないという考え方があります。

神道は日本土着の宗教であるため、中国が発祥の六曜とは全く関係がありません。
神道では、仏滅でも大安でも葬儀を行って良いのです。

しかし、友引の日は定休日になっている火葬場が多いです。
火葬場が使えない場合、神道であっても葬儀を行うことはできません。

葬儀の日取りに六曜は関係ないの?

困った人々

では、葬儀の日取りに六曜は関係ないのでしょうか?

六曜とはもともと中国から伝わった、毎日の吉凶を占うためのものとされています。

六曜は全部で六種類あります。
六曜は、「先勝」「友引」「先負」「仏滅」「大安」「赤口」の順番で巡っています。

ただし、旧暦の一日にくる六曜は月によって決まっています。
必ずしも順番どおりではなく、六曜の日程が飛んでしまう場合もあります。

それでは、六曜の意味をそれぞれ見ていきましょう。

大安(たいあん・だいあん)

大安には、「大いに安し」という意味があります。

お祝い事はもちろん、何をするにも良い日とされています。
すべてのことがうまくいく日という意味でもあります。

先負(さきまけ・せんぷ)

先負には、「先んずれば負け」という意味があります。

先負には、勝負事は避けた方が良いとされています。
午前中は凶で午後からは吉と言われており、物事はゆっくり始めた方が良い日と言われています。

先勝(さきがち・せんしょう)

先勝には、先負の逆で「先んずれば勝ち」という意味があります。

先勝の日には、何事も急いだ方が良いとされています。
午前中は吉、午後は凶と言われており、素早く行動した方が良い結果が出ると言われています。

「終活ねっと」では終活に関する様々な記事を紹介しています。
先勝と葬儀の関係についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

友引(ともびき)

友引は、元々は「共引」と書かれていました。
共引の日は、「勝負がつかない日・引き分けの日」とされていました。

しかし現在では、友引は「凶事に友を引く」という意味が浸透しています。

友引の日には休業する火葬場も多く、葬儀を避ける方が多いです。
朝は吉、昼は凶、午後は大吉とされています。

「終活ねっと」では終活に関する様々な記事を紹介しています。
友引と通夜の関係についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

仏滅に通夜を行ってもいいの?

葬儀

仏滅は、葬儀や通夜を執り行っても問題はありません。

六曜と宗教は関係がないため、お通夜であっても執り行って良いとされています。
逆に、仏滅に葬儀・通夜を執り行った方が良いとされている地域もあります。

仏滅葬儀についてまとめ

葬儀

いかがでしたか?

この記事は、葬儀と仏滅の関係について以下のような内容を解説しています。

  • 仏滅とは六曜の中の一つで、「仏も滅するほど悪いことが起きる日」という意味を持ち、仏教とは関係がない。

  • 仏教・キリスト教・神道ともに、仏滅の日でも葬儀や通夜に行っても構わない。

六曜は、江戸時代に広まった占いの一種と言えます。

六曜は宗教とは関係が無いため、仏滅であっても弔事を行うことには何の問題もありません。
葬儀の際は六曜を気にせず、故人を気持ちよく見送ってあげましょう。

「終活ねっと」では、葬儀に関するマナーなども解説しています。
他の記事もあわせてご覧になってください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説のサムネイル画像
    大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説

    冠婚葬祭には、行っていい日取りと、行ってはいけない日取りがあります。結婚式は大安にあげると良いとされているのは知ってる方も多いと思いますが、葬儀の日取りは六曜と関係があるのでしょうか。大安の日に葬儀を行ってもいいのかについてや、六曜の意味なども解説します。

  • 先勝の日に葬儀を営んでもいいの?友引や赤口についても説明しますのサムネイル画像
    先勝の日に葬儀を営んでもいいの?友引や赤口についても説明します

    皆さんは六曜というものをご存知ですか?カレンダーや手帳などでよく目にする「大安」や「仏滅」といった記載事項です。その六曜の中に「先勝」という日がありますが、その先勝の日に葬儀を行なっても良いのでしょうか?六曜と葬儀の日程の関係について紹介します。

  • 葬儀の日程と六曜の関係とは?詳しく説明します!のサムネイル画像
    葬儀の日程と六曜の関係とは?詳しく説明します!

    カレンダーで「仏滅」や「大安」の文字を見たことはありませんか。これらは六曜と言われており、中国が起源とされています。六曜は葬儀にも深く関係します。六曜を知れば、葬儀の際に役立つこと間違いなしです。今回は六曜と葬儀の関係について解説します。

  • 葬儀と暦の関係とは?葬儀の日程マナーや六曜との関係についても解説のサムネイル画像
    葬儀と暦の関係とは?葬儀の日程マナーや六曜との関係についても解説

    葬儀についてはさまざましきたりがあります。友引や仏滅といった暦は葬儀の日程とどのような関係があるのでしょうか。このほかに葬儀の日程を決める時に気をつけたいのはどのようなマナーでしょうか。葬儀と暦の切っても切れない関係についてわかりやすくご説明いたします。

  • 赤口に葬儀・通夜は行うべきではない?六曜と葬儀の関係について解説のサムネイル画像
    赤口に葬儀・通夜は行うべきではない?六曜と葬儀の関係について解説

    大安、仏滅などがある六曜ですが、このうち赤口という日があります。あまり聞きなれない赤口ですが、実は縁起の良くない日とされています。縁起の悪い日なら、葬儀・通夜は行うべきではないのでしょうか?赤口とその他六曜について、葬儀を行ってもいいのかどうか解説します。

  • 仏滅の通夜・葬儀は避けるべき?他の六曜やキリスト教の場合も解説!のサムネイル画像
    仏滅の通夜・葬儀は避けるべき?他の六曜やキリスト教の場合も解説!

    不幸にも家族が亡くなった場合、お通夜や告別式の日取りをすばやく決める必要があります。その時に仏滅や友引などのお日柄は大変気になりますね。仏滅に葬儀をおこなってもいいの?仏教以外の宗教でも関係ないの?など葬儀と仏滅に関する疑問を詳しく解説します。

  • 先負に葬儀をしてもいいの?仏滅や友引の場合についても解説!のサムネイル画像
    先負に葬儀をしてもいいの?仏滅や友引の場合についても解説!

    六曜をご存知ですか?カレンダーに表記されている六曜を、行事の日程を決める際に参考にされる方は多いでしょう。この六曜の一つである先負の日に葬儀を執り行っても問題は無いのでしょうか?先負だけではなく、仏滅や友引など六曜と葬儀の関係について詳しく紹介します。

  • 避けるべき葬儀の日取りって?六曜カレンダーと葬儀の日程をご紹介のサムネイル画像
    避けるべき葬儀の日取りって?六曜カレンダーと葬儀の日程をご紹介

    冠婚葬祭の日取りを決める場合は六曜カレンダーを気にすることがよくあります。六曜と葬儀の日程はどう関係あるのでしょうか。葬儀を行うべきではない日取りもあると聞きます。この記事では避けるべき葬儀の日取りを、六曜カレンダーと照らし合わせて解説します。

  • 葬儀の日程で避けるべき友引の意味とその理由とは?通夜の日程も紹介のサムネイル画像
    葬儀の日程で避けるべき友引の意味とその理由とは?通夜の日程も紹介

    葬儀の日程を決める際に友引の日は避けるべきとされています。今回終活ねっとでは葬儀の日程においてなぜ友引の日を避けるべきなのか、その理由と友引の意味について詳しく解説します。さらに通夜の日程においても避けるべき日があるのかについてもご紹介します。

  • 葬儀を避ける日はいつ?その理由とその他六曜と冠婚葬祭について解説のサムネイル画像
    葬儀を避ける日はいつ?その理由とその他六曜と冠婚葬祭について解説

    友引に葬儀をするのは縁起が悪いと聞きますが、なぜ友引のように葬儀を避ける日が存在するのでしょうか。また他にも葬儀を避ける日はあるとすればいつなのでしょうか。今回はそうした日に葬儀を避ける理由、六曜と冠婚葬祭との関係についても解説します。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事