葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介します

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介します

葬儀は誰にとっても非日常的な出来事です。喪主としての挨拶や、友人や職場代表としての弔辞などは、一生のうちにあるかないかの経験だと思います。不慣れで当然ですが、最低限、押さえておきたいマナーもあります。今回は、葬儀の挨拶について詳しく解説いたします。

2020-02-17

葬儀の挨拶について

葬儀

葬儀は遺族側にとっても参列者側にとっても非日常的な出来事です。
喪主として葬儀を行う経験も、友人や職場の代表として弔辞を依頼されることも、人生において、そうそうあることではありません。

葬儀社に勤めている場合など、それを仕事として日常的に立ち会う機会がない限りは、わからないことがあって当然です。
しかしながら、葬儀は故人を弔うとても大切な行事です。

深い悲しみの中での挨拶はなかなか難しいものではあります。
ですが、たとえその中にあっても遺族を代表する喪主の立場として、せっかくかけつけてくださった参列者へ失礼のないように、言葉を選ぶ必要があります。

そしてそれは参列する側としても同様で、弔辞などを読む場合、悲しみに暮れる遺族に配慮したものでなければなりません。

そこで今回「終活ねっと」では、葬儀の挨拶について、以下のポイントにそってお話ししたいと思います。

  • 訃報の挨拶状について

  • 葬儀当日において喪主側の挨拶例文

  • 葬儀の挨拶で使ってはいけない言葉

  • 葬儀で弔辞を読む場合

  • 葬儀後の挨拶

  • 法要の挨拶

葬儀の際の挨拶について具体的に解説していきますので、ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

訃報の挨拶状のマナー

葬儀

身内に不幸が起きた場合、速やかにその事実を広くお知らせしなければなりません。
その手段として死亡通知状とよばれる訃報の挨拶状があります。

訃報の挨拶状には、葬儀の前に葬儀の案内として出す場合と、葬儀後に葬儀が終わった旨をお知らせする場合と、二通りの送り方があります。

訃報の挨拶状はいつまでに送るの?

葬儀の前に挨拶状を出す場合は告別式の前日までには届くように、できる限り早く手配する必要があります。
通知する事項は以下の通りです。

  • 故人との続柄

  • 故人の氏名

  • 志望日時

  • 通夜・葬儀・告別式の日時と場所

  • 差出人の住所

  • 喪主の氏名

葬儀の後に送る場合は?

続いて、葬儀の後に送る場合について見ていきましょう。
家族葬など身内のみで葬儀を行った場合には、滞りなく葬儀を済ませた旨の挨拶状を送ります。
その際、葬儀にお呼びできなかった理由に触れ、お詫びを述べることも忘れないようにしましょう。

挨拶状を送る時期については、特にこれといった決まりはありません
すぐに発送することで、自宅に弔問客が多く訪れ、なかなか落ち着くことができないという事態も予想されます。

また一方で、日にちをおいて発送した場合には、お知らせするまでの間に亡くなったことを知らない方から連絡がくることもあるかもしれません。
その度に「実は…」と報告しなくてはならなくなります。

いずれにせよ一長一短がありますので、家族で良く話し合い、納得のいくタイミングでお知らせするようにしましょう。

訃報を受けた後の返事の挨拶は必要?

では、反対に訃報を受けた後の返事の挨拶はどうしたらよいのでしょうか。
こちらも葬儀前の案内か葬儀後の案内かにより、対応の方法は変わってきます。

もし葬儀の案内をいただいた場合は、書かれている通夜・葬儀の日程を確認し、会場に向かいます。

どうしても都合がつかず通夜にも葬儀にも出られそうにない場合は、まずその旨を簡潔に伝えましょう。
その上で弔電や・御花・供物・香典などを送り、お悔やみの気持ちを表します。

御花や供物、香典などにはお悔やみ状をそえ、直接うかがうことができないお詫びを述べましょう。
香典を郵送する場合は現金書留で送るのがマナーです。

一方、葬儀が済んでから挨拶状をいただいた場合は、訃報を知らなかったことをお詫びする内容を添えたお悔やみ状を送ります。
こちらも香典を同封する場合は現金書留で送りましょう。

葬儀当日の喪主側の挨拶例文・文例

葬儀

喪主は葬儀の中で、様々なシーンで挨拶をする必要があります。
ここでは、葬儀当日の喪主側の挨拶例文をご紹介いたします。

僧侶への挨拶

まずは、僧侶への挨拶について見ていきましょう。
葬儀当日に僧侶をお迎えした際、および、お見送りする際の挨拶の例文です。

普段より、檀家としてお世話になっているケースもあれば、葬儀業者に手配してもらった場合など、全く初対面のケースもあると思います。
いずれの場合も、僧侶をお迎えする際は、喪主が丁寧に挨拶をしましょう

なお、お布施を渡すタイミングについては、地域によって葬儀前の場合もありますので、事前に確認しておくとよいでしょう。

僧侶をお迎えした時の挨拶

まずは、僧侶をお迎えした時の挨拶を紹介します。
僧侶をお迎えした時の挨拶は以下のようになります。

この度は、お忙しい中、わざわざご足労いただきまして誠にありがとうございます。
なに分不慣れでございますので、ご指導賜りますようよろしくお願い致します。

僧侶をお見送りする時の挨拶

次に、僧侶をお見送りする時の挨拶を紹介します。
以下の文が僧侶をお見送りする時の挨拶をする際の例文となります。

本日は大変ご丁寧なおつとめを賜りありがとうございました。
おかげさまで無事に葬儀をとり行うことができました。

こちらは心ばかりのお布施でございます。
どうぞお納めください。

受付での参列者に対する挨拶

ここでは、受付での参列者に対する挨拶について見ていきましょう。
一般的には葬儀の受付は喪主の友人や会社関係などにお願いしたり、また近頃では、受付を葬儀スタッフが行うケースも多くなりました。

よって、喪主が受付で挨拶をする機会も多くはないですが、家族葬など規模の小さな葬儀では、喪主自らが受付でお悔やみの言葉を受けることもあるでしょう。

その際には、わざわざ足を運んでもらったことに対しての感謝の気持ちを伝え、その場で香典をいただいた場合には「ご丁寧に恐れ入ります」と一言そえて受け取ります。

受付での参列者に対する挨拶の例文としては、以下の通りです。

・「本日はご多用のところ、ご足労いただきましてありがとうございます。」

・「本日はわざわざありがとうございます。故人も喜んでいることと思います。」

出棺時の挨拶は状況毎で変わる

続いて、出棺時に参列者に対する挨拶の例文です。
霊柩車に棺を乗せ出棺となるとき、喪主または親族の代表が挨拶をします

故人が亡くなった状況や、挨拶を誰がするのかなどで、出棺時の挨拶は状況毎で変わることが多いです。

しかし、参列してもらったことへのお礼や、故人が生前お世話になったことへのお礼、遺族への支援・指導のお願いなどは必ず述べるようにしましょう。

故人が急逝だった場合

故人が急逝だった場合の挨拶の例文を見ていきましょう。
以下のようになります。

本日は突然のことにもかかわらず、大変お忙しい中、わざわざご会葬いただき誠にありがとうございました。

○○の死があまりにも急なことで、未だ信じることができない中で、このようなご挨拶をさせていただいている次第です。

今後少しずつでも現実を受け止め、遺された家族で乗り越えていかなければと思っております。

ここに生前のご厚情に対し心より御礼を申し上げますとともに、今後とも、皆様には亡き○○同様のご厚情を賜りますようお願いいたしまして、ご挨拶に代えさせていただきます。

本日はどうもありがとうございました。

故人が闘病生活の後に亡くなった場合

次に故人が闘病生活の後に亡くなった場合の挨拶の例文を見ていきましょう。
以下のようになります。

本日はご多用のところ、亡き○○のためにわざわざご会葬いただき誠にありがとうございました。

私どもは未だ心の整理がつかずにおりますが、○○にとってみたら長く苦しい闘病生活から解放され、さぞかし安堵していることと思います。

長い闘病生活において、皆様から賜りました多くの励ましのお言葉やご援助に改めて御礼を申し上げますとともに、今後も変わらぬご指導ご厚誼を賜りますようお願い申し上げます。

本日はどうもありがとうございました。

故人が大往生された場合

故人が大往生された場合の挨拶の例文を見ていきましょう。
以下のようになります。

本日はご多忙のところ、亡き○○のためにお集まりいただきまして誠にありがとうございました。

生前から親しくしていただきました方々にお見送りいただき、故人もさぞかし喜んでいることと思います。

遺されたものと致しましては寂しさがつのりますが、大往生ともいえる安らかな最期となりましたことが、私ども家族にとりましては何よりの慰めでございます。

○○が豊かな晩年を過ごせましたのも、ひとえに皆様方のご厚情のたまものと深く感謝致します。

未熟な私どもではございますが、今後とも皆様のお力添えをいただければ幸いに存じます。

本日はどうもありがとうございました。

親族が喪主の代理として挨拶する場合

親族が喪主の代理として挨拶する場合の挨拶の例文を見ていきましょう。
以下のようになります。

本日はご多用にもかかわらずご会葬いただき誠にありがとうございました。

本来ならば喪主である○○がご挨拶申し上げるところではございますが、ただいま悲しみのあまり臥せっておりまして、この場でのご挨拶がかないませんので、故人の○○である私が代わりましてごあいさつ申し上げます。

生前中はひとかたならぬご厚誼にあずかり、深く感謝致します。

親族一同、一丸となって乗り越えてまいりますが、どうか遺族に対しましても、これまで以上のご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

本日はどうもありがとうございました。

喪主が家督を継承する場合

最後に喪主が家督を継承する場合の挨拶の例文を見ていきましょう。
以下のようになります。

皆様には大変ご多忙中にもかかわらず、亡き父○○の葬儀にご参列下さいまして誠にありがとうございました。

私は、長男の○○でございます。
喪主として一言ご挨拶申し上げます。

父は○○県○○市で○○家の長男として出生致しました。

高校を卒業後、祖父が創立いたしました○○株式会社に入社。
○○年に同社を引き継ぎまして以来、幾度の変転の後今日至っております。

社業がこれまでに発展できましたのも、ひとえに皆様のご厚情のおかげと感謝致しております。
父に成り代わりまして心よりお礼申し上げます。

今後は父の遺志を継ぎ、更なる社業の発展のために全力を尽くす所存でございます。
これからも亡き父同様、ご厚誼のほどせつにお願い申し上げまして、ご挨拶に代えさせていただきます。

本日はどうもありがとうございました。

精進落とし(忌中払い)の際の挨拶

次に精進落としの際の挨拶の例文を紹介していきます。
喪主または親族の代表が挨拶をします。

精進落としの席に全員が揃ったのを確認し、葬儀を無事に終えられたことへのお礼や変わらぬ厚情のお願いなどを述べ、精進落としの会食を勧めます。
その後1~2時間経過したところでタイミングをみてお開きの挨拶を行います。

お開きの挨拶に盛り込む内容としては、その日一日お世話になったことへのお礼、不行き届きに対するお詫び、変わらぬ厚情のお願いなどです。
法要の日取りなどが決定していれば、この際に伝えると良いでしょう。

精進落としの始めの挨拶

まずは精進落としの始めの挨拶を確認していきましょう。
以下のようになります。

本日はお忙し中、最後までお見送りいただきましてありがとうございました。

おかげさまをもちまして、故○○の葬儀、告別式も無事にとり行うことができました。
これもひとえに皆様のお力添えのおかげでございます。

ささやかではございますが、精進落としのお膳をご用意致しました。
故人の思い出話などをしながら、ごゆっくりお過ごしくださいませ。

今後とも変わらぬお付き合いをいただきますようよろしくお願い致します。

精進落としの終わりの挨拶

次に精進落としの終わりの挨拶を確認していきましょう。
以下のようになります。

本日は亡き○○のために、お心遣いいただき誠にありがとうございました。

お名残り惜しくはございますが、あまり長くお引止めしても申し訳ございませんので、これにてお開きとさせていただきます。

十分なおもてなしもできず、申し訳ございませんでした。

今後とも亡き○○同様、変わらぬお付き合いをいただきますようよろしくお願い致します。

家族葬でも喪主側の挨拶は必要なの?

家族葬だから喪主の挨拶はいらないのではないか、と思う人もいるかもしれません。
しかし、家族葬でも喪主の挨拶は基本的に必要になります。

親しい親族しか参列していないような家族葬でも、そこまで改まる必要はないのですが、しっかりと喪主から挨拶をするようにしましょう。

葬儀の挨拶での禁句

葬儀

葬儀の挨拶で使ってはいけない言葉があるのはご存知でしょうか。
忌み言葉といわれ、葬儀などの不幸の場面で使うことはマナー違反とされています。

日本には昔から「言霊」という考えがあります。
言葉には特別な力が宿っており、口に出した言葉には現実になる力があると考えられてきたのです。

そのため、縁起の悪いことを連想させる言葉は言うべきではないとされ、通夜や葬儀といった特別な場面では、この古くからの考え方が根強く残っています。

忌み言葉には「不吉なことを連想させる言葉」「重ね言葉」「不幸が続くことを連想させる言葉」があります。
葬儀の場で挨拶する際には、どの立場であっても忌み言葉には十分気を付ける必要がありますので、注意して見ておきましょう。

忌み言葉

忌み言葉の一つ目は「不吉なことを連想させる言葉」です。
消える・大変・落ちる・つらい・とんでもないこと・迷う・数字の4や9などがそれにあたるとされています。

重ね言葉

忌み言葉には重ね言葉と呼ばれるものもあります。
重ね言葉には・重ね重ね・いよいよ・重々・度々・くれぐれも・またまた・返す返すも・しばしば・ますます・次々などがあります。

不幸が繰り返すことを連想させる言葉

最後に、忌み言葉の中の不幸が繰り返されることを連想させる言葉を紹介します。
再び・追って・繰り返し・続いて・再三・引き続き・また・次になどがそれにあたります。

葬儀で弔辞を読む時の挨拶例文

葬儀

次に、葬儀で弔辞を読む場合での挨拶についてお話ししたいと思います。
故人とのお付き合いが深かった場合に、弔辞のお願いを受けることがあります。

弔辞とは故人の死を悲しみ、故人を悼む気持ちを表した言葉です。
故人に向けてのお手紙ですが、それと同時に大切な人を失い悲嘆にくれる遺族を慰める言葉でもあります。

弔辞をお願いされた場合は自分がどのような立場として選ばれたのかを念頭において、故人との思い出や人柄のわかるエピソードなどを心を込めて自分の言葉でまとめましょう。

友人代表として読む場合

友人代表として読む場合、生前の友人に話しているように、ある程度くだけた表現を用いても構いません。
しかし、あくまで葬儀の場であるということは念頭に置き、ふさわしい表現を用いることが大切です。

弔辞は形式的で堅苦しくなってしまうことが多いので、友人でしか知らないような友人ならではのエピソードなどを語ると良いでしょう。

なお、弔辞では基本的に「○○君(さん)」などの敬称をつけた呼び方をしますが、日頃からの呼び方で呼びかけたい場合は「このような場ですが、これまでと同じく○○と呼ばせてください。
」などと、遺族への配慮も忘れないようにしましょう。

孫代表として読む場合

孫代表の挨拶を依頼された場合は、亡くなった祖父母との思い出や感謝の気持ちを語りましょう。

飾らず、自分の言葉で、語り掛けるような調子で読むと良いでしょう。
素直な気持ちを言葉にするのが一番です。

葬儀後に行う挨拶について

ペン

次に、葬儀後に行う挨拶について解説します。
無事に葬儀をとり行うことができたら、葬儀に際してお世話になった方々、迷惑をかけたと思われる方々に御礼やお詫びの挨拶をします。

葬儀後の挨拶も故人をお見送りする行為の一つです。
葬儀が終わり、数日のうちに気持ちを込めて御礼をするようにしましょう。

誰に挨拶をするの?

では、誰に挨拶をすればよいのでしょうか?
挨拶先の一例を以下に記載しました。

参列者

基本的に葬儀当日に来てくださった参列者への挨拶は不要です。
これは当日その場で、会葬御礼の品とともに会葬礼状をお渡しするからで、そちらが御礼の挨拶となります。

ただし、当日に弔辞をいただいた方や、故人と特に親交が深かった方などに後日改めて個別に御礼の挨拶をすることもあります。

親族

葬儀では親族にサポートやお手伝いをしていただく機会が多くあります。
会場の受付係や香典を管理する会計係、参列者の車を誘導したり、駐車場の手配をする駐車場係、弔問客や僧侶をもてなし食事の世話をする台所・接待係など、他にも何かとお世話になるものです。

これらは故人や喪主の友人・会社の同僚、または隣近所などにお手伝いをお願いする場合もありますが、いずれにせよ親しき仲にも礼儀ありと考え、しっかりと感謝の気持ちを伝えましょう

故人や喪主自身の会社など勤務先

葬儀が終わった後には、故人や喪主自身の勤務先へも挨拶が必要となります。
故人が勤務していた所へは、故人の私物の整理や事務手続きも兼ねて、直接御礼に伺いましょう。

また、喪主自身の勤務先への挨拶も必要です。
会葬や香典の御礼や、急なお休みをいただいたことへの感謝を述べましょう。

上記の他、葬儀の参列はなかったものの弔電や香典、供花や供物をいただいた方へのご挨拶も忘れてはいけません。

どうやって挨拶するの?

葬儀後の挨拶は、先方に直接伺い顔を見て御礼を述べるのが基本です。
しかし、遠方の場合など直接出向くことが難しい場合は、お礼状を出すのが礼儀とされています。

電話やメールという手段もありますが、簡易的な連絡手段ですので、御礼を伝える方法としてはあまり好ましくありません。

以下では、どうやって挨拶するのかについてそれぞれ説明していきたいと思います。

メールで挨拶をする

最近では、パソコンやスマートフォン、携帯電話の普及により、メールで挨拶を行うことも増えてきました。

しかし、メールでの御礼はあくまでも略式となるため、年配の方や、目上の方など送る相手によっては失礼だと受け取られる場合もあります
よって、メールでの御礼は親しい間柄、例えば普段からメールでやり取りをしている会社の同僚や、友人などに限った方が無難です。

また、その場合もメールの最後には「略儀ではございますが、メールにて失礼いたします」など、略式の御礼である旨を明記しておきましょう。

手紙で挨拶をする

葬儀後の御礼をするにあたり、直接会いに伺うことができない場合の一番良い手段は、お礼状をだし、手紙で挨拶するということです。

様々な心遣いに対する感謝の気持ちが伝わるように丁寧に書きましょう。
そして、こちらもメール同様、略式の御礼である旨を明記するようにします。

また以下の記事では、葬儀後に行う挨拶についてより詳しく解説しております。
ぜひこちらも合わせてご覧ください。

法要で行う挨拶

葬儀

次に法要で行う挨拶について解説します。
葬儀が終わり葬儀後の挨拶を終えると、法要を行う時期になるでしょう。
ここでは、代表的な法要における挨拶について解説していきたいと思います。

四十九日での挨拶

四十九日法要の始めの挨拶の例文は以下のようになります。
始めの挨拶では、できるだけ簡潔に挨拶をするようにしましょう。

本日はお忙しい中お集まりいただきまして、誠にありがとうございます。

これより、故〇〇の四十九日法要を執り行いたいと存じます。

それではご住職、よろしくお願いいたします。

一周忌での挨拶

一周忌法要の終わりの挨拶の例文は以下のようになります。
一周忌法要のあとにお斎がある場合には、そちらへの案内もするようにしましょう。

本日はお忙しい中お集まりいただきまして、ありがとうございました。
おかげさまで故〇〇の一周忌法要を無事に終えることができ、故人も安心していることと思います。

今後とも皆様には変わらぬご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。
ささやかではございますが、別室にてお膳を用意させていただきました。

お時間の許す限り、故人を偲びおくつろぎいただければと存じます。
本日は誠にありがとうございました。

三回忌での挨拶

三回忌法要の始めの挨拶の例文は以下のようになります。
四十九日の始めの挨拶と同じような挨拶になります。

本日はお忙しい中お集まりいただきまして、誠にありがとうございます。

これより、故〇〇の三回忌法要を執り行いたいと存じます。

それではご住職、よろしくお願いいたします。

以下の記事では三回忌法要の挨拶について詳しく解説しております。
ぜひこちらもご覧になって参考にして見てください。

葬儀の挨拶まとめ

葬儀

今回「終活ねっと」では、葬儀の挨拶について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

この記事の内容をまとめますと以下のようになります。

  • 訃報の挨拶状は葬儀前に送る場合はできる限り早急に手配する必要があり、葬儀後に送る場合は、葬儀にお呼びできなかった理由やお詫びとともに、家族の納得のいくタイミングで知らせればよい。

  • 葬儀当日において、喪主側の挨拶が必要になる場面は、僧侶のお迎えやお見送り時、さらには、受付時に参列者に対して、そして出棺時や精進落としの席などである。

  • 葬儀での挨拶では、「不吉なことを連想させる言葉」「重ね言葉」「不幸が続くことを連想させる言葉」などの忌み言葉を使わないように気を付ける必要がある。

  • 弔辞とは故人の死を悲しみ、その人を悼む気持ちを表した言葉であり、故人に向けてのお手紙であるが、それと同時に大切な人を失い悲嘆にくれる遺族を慰める言葉でもある。

  • 弔辞をお願いされた場合は、自分がどのような立場として選ばれたのかを考慮しつつ、故人との思い出や、人柄のわかるエピソードなどを、心をこめて自分の言葉でまとめる。

  • 無事に葬儀をとり行うことができたら、葬儀後、数日以内に、参列者(弔辞をいただいた人や、故人と特に親交が深かった人)や親族、故人や喪主の勤務先など葬儀に際してお世話になった人や迷惑をかけたと思われる人に御礼やお詫びの挨拶をする。

  • 御礼の挨拶は、基本的には先方に直接伺い御礼をのべるものであるが、遠方などの場合は、お礼状を送るのが礼儀であり、メールはあくまで略式であるため、御礼の挨拶としてはあまり好ましくない。

  • 四十九日や一周忌などの法要でも、喪主側は挨拶をする必要がある。

大切な人を亡くし、その直後の葬儀という場で平静を保つということは、喪主の立場であっても参列者の立場であっても難しいものです。

ですが、たとえ上手に話すことができなくても、心を込めて話すことによって、それぞれの想いはきっと伝わるはずです。

いざという時の参考にしていただければと思います。

「終活ねっと」ではこのほかにも、葬儀や仏事に関する記事を多数掲載しております。
以下の記事では葬儀にかかる費用の相場について詳しく解説しております。
興味のある方はぜひ合わせてご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「葬儀・挨拶」に関連する記事

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料