自宅でペットの火葬はできる?注意点や費用相場、訪問火葬車まで紹介

自宅でのペット火葬は可能?火葬の際の注意点や費用相場、訪問火葬車の紹介を詳しくご説明いたします。大切なペットを、一緒に暮らした自宅で寄り添いながら火葬してあげたいと考えているご家族は是非最後までご覧ください。

目次

  1. 自宅でのペットの火葬について
  2. 自宅でペットの火葬はできるの?
  3. 自宅でペット火葬をする際の注意点
  4. 訪問ペット火葬車について
  5. 訪問ペット火葬車の費用相場は?
  6. 自宅以外でのペットの火葬の種類と費用
  7. 自宅でのペット火葬のまとめ

自宅でのペットの火葬について

犬

ペット霊園に連れて行かないと火葬はできないの?と疑問に思っている方も多いと思います。
実際にほとんどのご家族がペット霊園で火葬から埋葬まで行っていらっしゃると思います。

今では、ペット・動物は家族の一員と考えているご家族が増えています。
大切な家族だからこそ最後まで自宅で一緒にと考えますよね。

では自宅での火葬は可能なのでしょうか?
今回終活ねっとでは大切なペット・動物を自宅で火葬してあげたいと考えているご家族のために

  • 自宅でのペット・動物の火葬は可能なのか?
  • 自宅でペット・動物を火葬する際注意しなければならないことは?
  • 訪問ペット火葬車とは?
  • 訪問ペット火葬車の費用相場は?
  • 自宅火葬以外の火葬方法とその費用相場は?

上記の5つについて詳しくご説明いたします。

自宅でペット・動物を火葬してあげるには気を付けなければならないこともあります。
悲しいことですがペット・動物が亡くなってしまった際、悔いのない火葬をしてあげる為に、この記事を最後まで読んで供養する際の参考にしていただけると幸いです。

火葬式とはどういったものかを詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

自宅でペットの火葬はできるの?

困った人々

そもそもペット・動物を自宅で火葬することは可能なのでしょうか?
現在日本では法律的に野焼きが禁止されていて、ペット・動物を火葬する火葬炉も特殊な構造となっているため法律的にも物理的にもペット・動物の自宅での火葬は難しいといえます。

しかし、ペット・動物の埋葬方法には法律でも決まりはありませんので自宅の庭などに埋葬することは可能です。
埋葬する場合はできるだけ深く穴を掘り埋めてあげてください。
浅い穴だとカラスなどに荒らされてしまうことがあり、ご近所に迷惑をかけてしまう場合があるので十分注意が必要です。

ではなぜ自宅での火葬が難しいのでしょうか?
下記のペットを火葬する際の注意点で詳しくご説明いたします。

自宅でペット火葬をする際の注意点

犬

上記で法律的にも物理的にも自分たち家族でペット・動物を火葬するのは難しいとご説明いたしましたが、実際にどのようなことに注意が必要なのでしょうか。

ここでは、ペット・動物を自宅で火葬する際に注意すべき点について詳しくご説明いたします。
自分たち家族でペット・動物を自宅などで火葬することは非常に難しいことがわかると思います。

遺体の野焼きは法律で禁止

昔は自宅の庭などでゴミや廃棄物を燃やしている光景をよく目にしました。
そのような行為を野焼きといいます。

しかし、今では燃やした際の臭いや煙、ダイオキシンなどの有害物質が発生する可能性があるなどの問題から法律により野焼きは禁止されています。
河原などでゴミや廃棄物を燃やすことも不法焼却となる可能性があります。

悲しいことですがペット・動物の死骸は廃棄物であると定義されているため、ペット・動物の火葬も上記に当てはまるので注意が必要です。

自宅で火葬をするとご遺骨が黒焦げに

火葬業者に火葬をお願いする場合は人間と殆ど同じ設備でペット・動物を火葬します。
約1,000℃の温度で時間をかけ、さらに2段階に分けて火葬します。
一つ目の段階で臭いやダイオキシンなどを焼き、二つ目の段階で完全に遺体を焼きます。
そのため煙や臭いが発生せず、綺麗にご遺骨も残ります。

同じ構造の設備を整えるのは難しいので、自宅で火葬する場合はやはり煙や臭いの発生を防ぐことはできず、ご遺骨も黒焦げになってしまいます。
黒焦げになってしまったら火葬した意味がなくなってしまいます。

ご遺骨を綺麗に残し、埋葬してあげるのも飼い主の大切な役目です。
やはり火葬は業者にお願いした方がいいでしょう。

訪問ペット火葬車について

null

自分たちでペット・動物を火葬するのは難しいとご説明させていただきましたが、自宅でペット・動物を火葬してあげる方法として訪問ペット火葬車があります。

訪問ペット火葬車とは、車内に火葬炉が設置された車のことで自宅などの好きな場所に来てもらいペット・動物を火葬してもらうことができます。
臭いや煙、火葬中の騒音も気になりません。

また、殆どの業者の場合、車自体に社名やロゴなどの表記がないので目立たず、安心して火葬することができ、費用もペット霊園などで火葬するよりも格段に安くすみます。

早朝・深夜でも対応してくれる場合が多いので、ペット霊園まで足を運ぶことが難しく、できるだけ早く対応してほしいといったご家族にはピッタリです。
自宅で火葬してあげたいと考えているご家族は、訪問ペット火葬車を利用してみるのもいいと思います。

では訪問ペット火葬車のメリットと訪問ペット火葬車での火葬の流れについて詳しくご説明していきたいと思います。

近年では訪問ペット火葬車の利用者も増えています。
利用したいと考えているご家族は、ぜひここでメリットや流れを理解していただきたいと思います。

訪問ペット火葬車のメリット

訪問ペット火葬車の利用を考えているけれどまだ少し抵抗があるという方も少なくありません。
しかし、訪問ペット火葬車を利用することによる様々なメリットがあります。
ではどのようなメリットがあるのかご説明いたします。

しっかり火葬ができてご遺骨が綺麗な状態に

訪問ペット火葬車と言っても、ペット霊園で火葬する場合と設備に変わりはありません。
数千度の温度でペット・動物を火葬します。
そのためハムスターなどの小さなペット・動物でも火葬することができ、歯などの細かい部分までご遺骨が綺麗に残ります。

先程ご説明した通り、自分で火葬をしようとすると黒焦げになってしまい、ご遺骨を綺麗に残すことはできません。
しかし、訪問ペット火葬車なら臭いや煙が気にならないだけでなく、ご遺骨も綺麗に残るためご家族が骨上げをしてあげることができます。

火葬後の供養も含まれているプランもある

業者によって違いがありますが、火葬後の供養も一緒に行ってくれる場合もあります。
火葬をし、骨上げを行って終わるのではなく、きちんと供養をしてあげることも大切です。

火葬後、合同供養塔などに埋葬してくれます。
埋葬料金は火葬料金に含まれている業者も多く、プランや料金も様々です。

また火葬の種類も様々で、個別火葬や一任個別火葬があります。
プランによっては骨上げが出来ない場合や、返骨されずそのまま埋葬される場合もあるので注意が必要です。
きちんと業者に確認をしましょう。

訪問ペット火葬車での火葬の流れ

火葬までの流れを知っていればいざというときに慌てず、スムーズに対応できます。
訪問ペット火葬車はとても便利なサービスです。
訪問ペット火葬車を利用する前に火葬車での火葬の流れを確認しましょう。

火葬車が自宅を訪問

業者に連絡を取り、日取りを決めたら、火葬車が自宅を訪問します。
体の不自由な方やご高齢の方がいても自宅前まで来てくれるので安心です。

殆どの業者の場合、早朝や深夜でも対応してくれますが追加料金がかかる場合もあります。
業者によって火葬プランや料金が違うのでよく話を聞き、自分たちに合った火葬業者を選びましょう。

お別れ・火葬車へ搬入

火葬車へ搬入する前にお別れを行います。
自宅でお別れを行うので、ご家族だけでなく近所の人や仲良くしていた方々に参加してもらうことも可能です。

きちんとしたお別れ式を執り行ってくれる業者の場合、小さな仏壇を設置し、お焼香や読経を行います。
しっかりと葬儀を執り行ってもらえるのは嬉しいですね。

お別れ式の最後には納棺を行います。
この時、ペット・動物の大好きだった食べ物やおもちゃ、思い出の品などを一緒に入れてあげるのもいいでしょう。

しかし、火葬業者によって一緒に火葬ができない物もあるので注意が必要です。
ペット・動物との最後のお別れになるので、時間を気にせずゆっくりとお別れをしてあげてください。

お別れ後に、業者が火葬車へ搬入します。

車内で火葬

搬入後に火葬を行います。
火葬の種類が選べる業者もあるので、予め確認をしておきましょう。

また自宅だけでなく、公園など思い出の場所での火葬も可能な場合が多いです。
好きな場所で火葬してあげられるのは嬉しいですね。

自宅前に駐車スペースがない場合でも、業者が近くの駐車スペースを探し火葬しお骨上げの際にまた自宅まで戻ってくれます。

臭いや煙など一切気にならないので、どこでも火葬が可能です。
しかし、臭いや煙などが発生しなくても、ご近所で嫌がる人もいるかもしれません。

火葬をお願いする前にご近所に一声かけておいた方がいいですね。

火葬時間はペット・動物の大きさにもよりますが約40分~約1時間半となっています。
火葬中はご自宅で自由に過ごしながら待っていることができます。

拾骨・返骨

火葬が終わると拾骨を行います。
拾骨は業者が行う場合と、家族が行う場合とがあります。

殆どの業者はどちらも選択できるので、きちんと確認をしておきましょう。
拾骨も大切な供養の一つです。

出来る限りご家族で行ってあげましょう。
また、ご近所などでペット・動物を可愛がってくれていた人がいた場合一緒に拾骨してもらうことも可能です。

拾骨後に返骨となります。
返骨されたご遺骨は墓地に納骨するのがほとんどですが、手元に置いておくことも可能です。

常に身に着けることができるメモリアルペンダントも人気を集めています。
最後まできちんと大切なペット・動物を供養してあげましょう。

訪問ペット火葬車の費用相場は?

困った人々

訪問ペット火葬の費用相場はどのくらいなのでしょうか?
どの業者も火葬費用はペット・動物の体重によって設定されています。

業者によって違いはありますが、費用相場は下記のようになっています。
参考までにご覧ください。

  • ハムスターやうさぎなどの小動物の場合数千円~約1万5千円。
  • ダックスフンドやチワワなどの小型犬の場合約2万円~約3万円。
  • 柴犬や紀州犬などの中型犬の場合約2万5千円~約3万5千円。
  • 秋田犬やレトリバーなどの大型犬の場合約3万5千円~約5万円。

早朝や深夜になると追加料金が発生する場合や、納骨料金が別途発生する場合もあります。

また、業者によっては大型犬を対応していない場合もありますので、予め自分のペット・動物が火葬出来るのかきちんと確認しておきましょう。

自宅以外でのペットの火葬の種類と費用

犬

自宅で火葬する方法をご説明してきましたが、自宅火葬以外にも火葬方法はあります。
今回は立会個別火葬・一任個別火葬・合同火葬の3つのタイプを見て行きます。

どの火葬方法も立派な供養の一つです。
ではそれぞれの火葬方法とその費用について簡単にご説明いたします。
参考までにご覧ください。

  • 立会個別火葬

    立会個別火葬とは、個別にペット・動物の火葬を行い、火葬後の拾骨もご家族が行います。一体ずつ火葬するので返骨も可能です。料金相場は約2万円~約6万円で体重により料金が違います。

  • 一任個別火葬

    一任個別火葬とは、個別にペット動物の火葬を行い、拾骨は業者スタッフが行います。こちらも一体ずつ火葬するので返骨が可能です。料金相場は約2万円~約5万5千円で体重により料金が違います。

  • 合同火葬

    合同火葬とは複数のペット・動物を一緒に火葬します。複数のペット・動物のご遺骨が一緒になってしまうので業者スタッフがまとめて拾骨し納骨まで行います。返骨は出来ません。料金相場は約1万5千円~約5万円で体重により料金が違います。

上記でご説明したように体重によって料金の違いはあります。

ですが、やはり拾骨までご家族ができる立会個別火葬は費用が高く、複数のペット・動物を一緒に火葬する合同火葬は料金が数千円ほど安くなっている業者がほとんどです。

自宅でのペット火葬のまとめ

ペット

自宅でのペット火葬についてご説明させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

大切な家族だからこそ最後まで一緒に過ごした自宅で火葬してあげたいと考えるご家族も多くなりました。
今回の終活ねっとでは

  • 自宅で火葬するのは法律的にも物理的にも難しい
  • 遺体の野焼きは法律により禁止されていて、きちんとした設備のもと火葬を行わないと黒焦げになってしまい綺麗にご遺骨が残らない
  • 自宅で火葬する方法には自宅まで来て火葬をしてくれる訪問ペット火葬車がある
  • 訪問ペット火葬車はご遺骨が綺麗に残り、火葬後の供養も一緒に行ってくれる場合がある
  • 訪問ペット火葬の流れは自宅へ訪問、お別れ後火葬車への搬入、火葬を行い拾骨、返骨となっている
  • 訪問ペット火葬の費用相場はどの業者も体重により変動するが数千円~約5万円程度となっている
  • 自宅火葬以外の火葬方法は立会個別火葬・一任個別火葬・合同火葬があり費用相場は約2万円~約6万円で立会個別火葬より合同火葬の方が安い

についてご説明しました。
最後まで寄り添いきちんと供養してあげるのが家族の役目です。

この記事を読んでペット・動物にありがとうの気持ちを込めて最高の供養をしてあげてください。

シェアする

「ペット・火葬・自宅」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「ペット・火葬・自宅」についてさらに知りたい方へ

ペットも大切な家族!もしペットが亡くなったら火葬費用はいくら?のサムネイル画像

ペットも大切な家族!もしペットが亡くなったら火葬費用はいくら?

猫の火葬ってどうすればいいの?その後の安置方法についてもご紹介!のサムネイル画像

猫の火葬ってどうすればいいの?その後の安置方法についてもご紹介!

ペットを安心して火葬するには!ペット火葬でのトラブル紹介のサムネイル画像

ペットを安心して火葬するには!ペット火葬でのトラブル紹介

ペットが亡くなった時の火葬車についてのあれこれのサムネイル画像

ペットが亡くなった時の火葬車についてのあれこれ

愛するペットの火葬と納骨を一緒にできる霊園のご紹介のサムネイル画像

愛するペットの火葬と納骨を一緒にできる霊園のご紹介

ペット火葬の費用はどれくらい?火葬の流れや種類についてもご紹介のサムネイル画像

ペット火葬の費用はどれくらい?火葬の流れや種類についてもご紹介

ペットの火葬方法について解説!種類と費用についても紹介しますのサムネイル画像

ペットの火葬方法について解説!種類と費用についても紹介します

出張ペット火葬ってなに?火葬の流れや費用相場を合わせてご紹介!のサムネイル画像

出張ペット火葬ってなに?火葬の流れや費用相場を合わせてご紹介!

動物の葬儀のやり方は?費用や注意点・マナーから斎場までご紹介!のサムネイル画像

動物の葬儀のやり方は?費用や注意点・マナーから斎場までご紹介!

ペット葬儀の料金を動物の種類・形式別に解説!供養の料金もご紹介!のサムネイル画像

ペット葬儀の料金を動物の種類・形式別に解説!供養の料金もご紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「ペット・火葬・自宅」についてさらに知りたい方へ

ペットも大切な家族!もしペットが亡くなったら火葬費用はいくら?のサムネイル画像

ペットも大切な家族!もしペットが亡くなったら火葬費用はいくら?

猫の火葬ってどうすればいいの?その後の安置方法についてもご紹介!のサムネイル画像

猫の火葬ってどうすればいいの?その後の安置方法についてもご紹介!

ペットを安心して火葬するには!ペット火葬でのトラブル紹介のサムネイル画像

ペットを安心して火葬するには!ペット火葬でのトラブル紹介

ペットが亡くなった時の火葬車についてのあれこれのサムネイル画像

ペットが亡くなった時の火葬車についてのあれこれ

愛するペットの火葬と納骨を一緒にできる霊園のご紹介のサムネイル画像

愛するペットの火葬と納骨を一緒にできる霊園のご紹介

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと