家族葬で弔電は断る?送る?断り方や送り方、香典や訃報連絡も解説!

家族葬で弔電は断る?送る?断り方や送り方、香典や訃報連絡も解説!

家族葬は身内だけで行う葬儀です。葬儀に参列しない場合は弔電を送るなどして弔意を示しますが、家族葬では弔電を送ってもいいのでしょうか。また、弔電を受け取るべきなのでしょうか。今回は家族葬での弔電について、断り方や送り方のマナー、香典についても含めて解説します。

最終更新日: 2020年06月27日

家族葬の弔電について

葬儀

家族葬とは、家族や親しい友人のみに参列していただく規模の小さな葬儀です。
最近では、様々な事情から家族葬を選ぶ家庭が増えています。

家族葬のメリットとして、費用を抑えることができること、親しい人とゆっくりお別れができること、葬儀の形式を自由にできることなどがあります。
また高齢化に伴い、知り合いが少ない方も増えています。
こうした背景が家族葬の増加に繋がっているのかもしれませんね。

では、家族葬では弔電を受け取るべきなのでしょうか。
また、家族葬に参列しない場合に弔電は送ったほうがよいのでしょうか。

そこで今回「終活ねっと」では、家族葬の弔電について以下のことを中心に解説していきます。

  • 弔電ってなに?

  • 家族葬で弔電は辞退してもいいの?

  • 家族葬で弔電は送ってもいいの?

  • 家族葬では香典や供花は送ってもいい?

  • 家族葬の場合、訃報連絡はどうする?

負担を避けるために弔電をお断りしてもいいのか、お断りする場合の連絡の仕方について解説しています。

また、家族葬の場合の弔電の送り方についてもご紹介します。
弔電にはどんなことを書けばよいのか、いつ送るのがよいのかなど気になる点を見ていきましょう。
とても役に立つ記事となっていますので、ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

弔電とは?

葬儀

弔電とは、葬儀に参列できない場合にお悔やみの気持ちを伝える電報のことです。
送られた弔電は、葬儀の中で司会者によって読み上げられます。

家族葬には、ご遺族や親族、故人と親しい友人などの限られた方々しか参列できません。
そのため、参列しない方は弔電によって弔意を示します。

ご遺族側の家族葬の弔電への対応

人々

家族葬では、負担を避けるために弔電お断りしてもよいのでしょうか。
ここでは、家族葬で弔電を受けるべきかについてご遺族側の立場で解説します。
お断りする際のマナーや、弔電を受け取った方へのお礼についても見ていきましょう。

弔電を辞退することもできる

結論から申し上げますと、弔電は辞退することもできます。
なるべく負担を避けたい方は、弔問や香典と同様に弔電を辞退しましょう。

しかし、葬儀に参列しない方の中には、何かしらの形で弔意を示したいという方もいることでしょう。
弔問や香典を辞退しているうえ、弔電までも辞退していてはそれらの方々が弔意を伝えることができなくなってしまいます。

つまり、弔電は必ずしも辞退する方がよいというものではないのです。
このような方々もいるということを理解したうえで、弔電を辞退するか決めましょう。

弔電の断り方のマナー

では、弔電をお断りする際のマナーについて解説します。
弔電をお断りする場合は、訃報連絡の際にお断りする旨を明確に伝えましょう。

家族葬を行う=弔問も弔電もお断りすると解釈するのが一般的なマナーです。
しかし、まれに家族葬を行うこと自体を職場や友人に知らせない場合もあります。
これは後の付き合いにも影響しますから、避けたほうがよいでしょう。
必ず、家族葬で行いますという連絡を入れましょう。

もしそれでも弔電が送られてきた場合は、感謝の気持ちを持って受け取ります。
辞退したからと言って受け取らないのはマナー違反となります。

弔電をいただいた方へのお礼のマナー

弔電をいただいた方へは、後日お礼状として手紙を出すのが一般的です。
これは、通夜や葬儀に参列していただいた人への会葬礼状とは別物です。
いつまでに出さなければならないという期限はありませんが、できるだけ早めにお礼をするのがよいです。

ハガキでもよいですが、手紙を選ぶことが多いようです。
手紙にする場合は、白やグレーなどの便箋を選びましょう。

弔電のお礼は本来であれば直接お会いして口頭で伝えるのがよいのですが、お互い忙しい中ですからそう簡単にもいきません。
「本来は直接お伝えしたいのですが」という文章を加えると相手に気持ちが伝わるでしょう。

会社からの弔電への対応

続いて、会社からの弔電への対応について見ていきましょう。
会社から弔電をいただいた場合は口頭でのお礼でよいかと思います。
葬儀後の初出社日に時間を頂けるようなら、全体に向けて弔電を頂いたお礼をしましょう。
以下がお礼の例文です。

この度○○(故人の名)の葬儀ではご丁寧に弔電を頂き、誠にありがとうございました。
皆様のお心遣いのおかげで、滞りなく葬儀を終えることができました。
長い間会社を留守にしてしまい申し訳ありませんでした。
ありがとうございました。

しかし大規模な会社の場合、弔電は社長の名前であっても違う人が発注している場合もあります。
実際に誰にお礼を言ったらよいか分からない場合は、直属の上司などに相談するのが1番です。

会社によって様々な規定がありますので、詳しくは会社の上司や総務に聞いてみましょう。
今後もお世話になる会社ですから、しっかりとマナーを守ってお礼をしたいですね。

家族葬の場合の会社への弔電辞退について気になる方は、こちらで詳しく解説していますので、こちらもご覧ください。

弔電の送り方とマナー

葬儀

家族葬の場合、香典や供花を辞退している場合が多いですが、弔電は送ってもよいのでしょうか。
もし受け取りを辞退されたら、どのように対応したらよいのでしょうか?
続いて、弔電を送る側のマナーについて解説します。

弔電の受け取りを辞退されていたら送らない

基本的に、辞退されていなければ弔電を送っても問題ないとされています。
しかし、訃報を受けた際に弔電の受けとりを辞退している方には送らないようにしましょう。

また、ご遺族以外から訃報を聞いた場合も弔電は送らないほうがよいです。
家族葬という少ない人数での葬儀ですので、あえて訃報連絡を入れていない可能性もあるからです。

四十九日開けくらいを目途に改めて気持ちを込めたお手紙を送るか、弔問してみてはいかがでしょうか。

弔電の送り方

弔電を送る場合、訃報を聞いたらすぐに手配しなければなりません。
迅速な対応が大切なのです。
ここでは、弔電の送り方を見ていきましょう。

届ける日時

訃報を聞いて弔電を送ると決めたら、その際に通夜・葬儀の日程を確認しましょう。
その日に確認できなかった場合は、後から葬儀場などに電話で確認を取ってもよいです。

基本的に葬儀は「通夜→葬儀→告別式」と進んでいきますから、弔電は遅くても告別式には間に合うようにしましょう。

式によっては、告別式で喪主が弔電を読み上げる場合もあります。
段取りのことから言っても、告別式の3時間くらい前には届くように手配するのがよいと思います。

電話で弔電を依頼するサービスもあり、依頼してから3時間ぐらいで届くこともあるようです。
このようなサービスもうまく利用できるといいですね。

宛先の書き方

弔電の宛先は、実際に葬儀が行われる斎場にしましょう。

宛名には喪主の名前を書きます。
訃報を受けた際に、斎場の場所と電話番号を確認しておくとよいでしょう。
葬儀を行う場所が不明な場合には、喪主を宛先とします。

また、配達ミスや受取ミスがないよう弔電を送ったことを事前に知らせておくことをおすすめします。

弔電の文例

弔電はどう書いたらいいのかわからない方も多いかと思います。
弔電の文例を具体的にご紹介しますので、どのような文章が好ましいのかみていきましょう。

弔電の文章の流れとして、まずは亡くなったこと悼み、哀悼の気持ちを表します。
次に、伺うことができないため、遠方より冥福をお祈りしますという内容の文章を加えます。
そして、ご遺族の方々のお気持ちをお察しし、激励いたしますと締め括るのが一般的な文章です。

それでは例を見てみましょう。

○○様の突然の訃報に、大変驚いております。
すぐにでも駆け付けたい気持ちですが、遠方よりご冥福をお祈りいたします。
ご遺族様の悲しみはいかほどかと存じますが、どうかご自愛ください。
心より哀悼の意を表します。
○○様のご逝去を慎み、お悔み申し上げます。
すぐにでもお別れに参りたい次第ではありますが、遠方より失礼させていただきます。
ご遺族の皆様もどうかお力を落とされませんよう、ご自愛ください。
故人様が安らかに永眠されますよう、お祈りいたします。

この他にも生前のエピソードや仕事の様子などを書くこともあるようです。
しかし、読み手のことも考えて、あまり長々と書かず簡潔にしましょう。
落ち着いたら改めて弔問に伺えるとよいですね。

弔電の送り方についてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

家族葬に供花・生花や香典は送る?

困った人々

家族葬の場合、香典や供花の辞退の有無に関わらず送らないのがマナーです。
ただし、故人にお世話になったという場合など、どうしても何か送りたいと思うのであれば、供花や供物を送るのもよいでしょう。

お花を送るのであれば百合や菊などの白っぽいものにしましょう。
供物にする場合はお菓子、線香、ロウソクなどです。
5000~1万5000円程度の籠盛を用意する場合もあります。

その際には、ご家族の負担にならないよう、お返しは不要であるという旨を手紙等で伝えるようにしましょう。

現在は、家族葬で行う=香典や供花、弔電も辞退するという意味合いが強いです。
辞退と明示していなかったとしても、ご家族の気持ちを考えて何もしない方が好ましいかもしれません。

また、特に香典も供花も全て辞退されているという場合は、何もしないようにしましょう。
辞退されている以上、何もしなくても失礼には当たりません。

葬儀が終わり、落ち着いた頃に改めて弔問するとよいですね。
その際にお菓子などを持っていきましょう。

家族葬の香典については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

家族葬での訃報連絡の仕方

葬儀

家族葬を行う場合、周囲の方にはどのように訃報の連絡をすればよいのでしょうか。
ここでは、家族葬での訃報連絡について解説します。
参列を依頼する方と依頼しない方で、連絡するタイミングや内容が異なります。

  • 参列を依頼する方へ

    葬儀前に電話などで連絡をいれます。
    その際、葬儀の詳細とともに、香典辞退についても明確に伝えます。

  • 参列を依頼しない方へ

    葬儀前に連絡する場合は、家族葬のため参列はお断りする旨をしっかり伝えましょう。
    香典や弔問、弔電辞退についても伝えます。

    葬儀後に事後報告することもできます。
    その際、家族葬で執り行ったこと、香典や弔問辞退について伝えます。

「終活ねっと」では家族葬のプランを、455,000円(税抜)よりご用意しており、「終活ねっと」の早割で最大71,000円の割引もご利用いただけます。
葬儀についてお困りでしたら、24時間365日電話対応しておりますので、お気軽にご相談ください。



家族葬での弔電についてまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回「終活ねっと」では、家族葬での弔電について解説してきました。
記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 弔電とは、葬儀に参列できない場合にお悔やみの気持ちを伝える電報である。

  • 弔電は辞退することもできるが、必ずしも辞退するのがよいというわけではない。

  • 弔電をいただいたら無理に断らず、後日お礼状を出す

  • 辞退されていなければ弔電を送っても問題ないが、辞退されている場合は控える

  • 弔電は告別式までに送るようにし、宛先は斎場、宛名は喪主にする。

  • 家族葬では、辞退されていなくても基本的に香典や供花は送らない

  • 参列を依頼する方には葬儀前に、依頼しない方には葬儀前か事後報告する。

弔電は、辞退されていなければ送っても問題ないようです。
しかし、辞退されている場合は、ご遺族の思いを考慮して送るのは控えましょう。

また、家族葬を行う側も注意しなければなりません。
家族葬だからといって職場や友人に訃報連絡を入れないのはマナー違反です。
今後の付き合いもありますから、きちんと訃報連絡を入れた上で弔電などの辞退を申し入れましょう。

いつ来るか分からないのが訃報連絡です。
いざというときに困らないよう、家族葬の際の弔電についてしっかり理解しておきましょう。
今後も周囲とよい関係を築いていくために、双方がきちんとマナーを守って対応していきたいですね。

「終活ねっと」では、この他にも葬儀やお墓について詳しくまとめて掲載しています。
こちらの記事は、家族葬の費用相場や内訳、安くする方法について分かりやすくまとめていますので、ぜひこちらもお読みください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事