一日葬のメリットとデメリットを解説します!注意点についてもご紹介

一日葬のメリットとデメリットを解説します!注意点についてもご紹介

一日葬というお葬式を耳にしたことはありますか?一般的なお葬式とはどんな点が違っているのでしょう。メリットの他にもデメリットがあれば、知っておきたいと思いますよね。 今回は、一日葬のメリットやデメリットについて詳しくご紹介します。ぜひご一読ください!

最終更新日: 2020年02月20日

一日葬のメリットとデメリットについて

葬儀

一日葬というお葬式について見聞きしたことはありますか?
情報番組型のニュースや広告などでご覧になったことがあるかもしれませんね。
一日葬とは、いったいどのようなお葬式なのでしょうか。

一日葬に限らず、新しい方式にはメリットの方が強調される傾向にあります。
あとで「こんなはずでは…」と後悔しないよう、メリットとともにデメリットも検討していきましょう。

今回の「終活ねっと」の記事では、一日葬で気になる以下の項目について詳しく解説していきます。

  • 一日葬とはどんなお葬式?

  • 一日葬のメリットとは?

  • 一日葬のデメリットについて

  • 一日葬を行うときの注意点

一日葬に興味がある方や不安のある方には、特にお役に立てるようになっています。
ぜひ最後までご覧ください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

一日葬とは

葬儀

一日葬とは、従来は二日にかけて行っていたお通夜と告別式とを一日で行う方式です。
主にお通夜を行わず、日中に告別式のみをします。
プランによっては、お通夜のみ行うことを一日葬と呼んでいる場合もあります。

一日葬は、家族葬のひとつとして、最近話題を集めています。

一日葬のメリット

葬儀

一日葬は、一般のお葬式と比べてさまざまなメリットがあるという点で注目を集めています。
では、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

お葬式といえば主に費用が注目されがちですが、他にも残された家族や参列者にもメリットがあるのがポイントです。

それでは、一日葬のメリットを細かくみていきましょう。

費用が抑えられる

一日葬での一番のメリットは、費用が抑えられるという点です。

通常のお葬式は、最低二日間をかけて行うことがほとんどではないでしょうか。
一日葬は、従来のお葬式が一日間に短縮された方式になっているので、下記のような費用の負担が少なくなります。

飲食接待費

一般のお葬式と比較すると、一日葬は第一に飲食接待費が軽くなります。

一般的なお葬式のお通夜では、来ていただいた方や僧侶の方へ通夜振る舞いという食事や飲み物を用意することが必要です。
通夜振る舞いは、親族のみがお通夜のあとに食べる場合もあれば、会葬者全員に飲食をおすすめする場合など、お住まいの地方や宗教によって若干の違いがあります。

いずれにしても、食事や飲み物を少なめに用意して足りなくなったというわけにはいきません。
通夜振る舞いは人数よりも多めの量の食事や飲みものを用意することが多いでしょう。
一日葬は通夜振る舞いを考えなくて良いので、飲食接待費の負担が減ります。

精進落としを省略する場合も多い

また、最近は初七日の法要をお葬式と同時に行う式中初七日法要を行うことが多くなっています。

一般的なお葬式の場合、初七日法要では精進落としの食事を用意しますが、一日葬のプランでは精進落とし省略する場合が多いです。

葬儀としての精進落としの代わりに親しい人のみ少人数で食事をするため、費用が少なくて済むというメリットもあります。

式場利用料

お葬式の式場利用料も、一日葬にすることで費用が軽くなる傾向にあります。
一般的なお葬式の場合、お通夜と告別式のために最低二日間ほど式場を利用することになります。
一日葬はお通夜を行わないため、式場利用料は一日だけとなるのです。

ここで注意しておきたいのは、一日葬が始まる時間によっては前日から準備が必要になる場合があるという点です。
お葬式を行う会社によってもそれぞれ準備の方法や手順が異なっています。

一日葬だからといって式場利用料は必ず安くなる、というわけではありません。
式場利用料については、葬儀社への見積りなどでご確認ください。

返礼品の費用

一日葬では、一般的なお葬式と比べると返礼品の費用も少なくなります。

従来の方式のお通夜では、親族をはじめご近所の方など多くの方へ返礼品を用意します。
亡くなった方との関係や仕事の都合上、告別式よりお通夜に来られる人数が多いです。
家族葬とお伝えした場合でも、お通夜での会葬を希望されることがあります。

そのため、お通夜では返礼品を多めに準備する必要がありました。
一日葬は告別式のみのお葬式なので、返礼品の準備が少なくて済むために費用の負担が減ります。

「終活ねっと」では終活に関する様々な記事を紹介しています。
一日葬にかかる費用についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

所要時間が短い

一日葬の特徴として、所要時間が短いという点もメリットのひとつです。
一般のお葬式では、お通夜の前準備から翌日の告別式や火葬までの長い時間がかかります。
さらに、一般的なお葬式ではお通夜を行ったあとに亡くなった方への付き添うことがほとんどです。

もともと、「夜通し故人のお線香やろうそくを絶やさないで見守る」ということからお通夜と呼ばれるようになった、と言われています。

近年、亡くなった方の親族が高齢であることが少なくありません。
寝ずの番に加えて告別式を行うのは、身体に負担がかかる可能性があります。
お葬式全体の所要時間が短くなるのは、ご遺族のメリットともなるのです。

参列者の負担が軽くなる

一日葬は、親族だけでなく参列者にもメリットがあります。
最近は、親族が近所に住んでいるという状況は少なくなっています。
一族の誰かが無くなった場合、お葬式には遠方から駆け付けるという場合も多いでしょう。

お通夜と告別式の両方に参列を希望する遠方の親族は、宿泊が必須です。
お葬式は不測の事態なので、宿泊施設が予約できないことも考えられます。
一日葬は、遠方に住む親族の宿泊の心配や費用的な負担が減らせる点が最大のメリットです。

一日葬のデメリット

葬儀

一日葬には、上記のようにご遺族や参列者の方それぞれにメリットが多くありました。
ただ、メリットが反対にデメリットにもなってしまうことがあるのです。
ここでは、一日葬のデメリットについて触れていきます。

故人を偲ぶ時間が短くなる

一日葬は所要時間が短いという点が特徴であり、メリットでもあります。
しかし、裏を返せば個人を偲ぶ時間が短くなってしまうというデメリットにもつながります。
一日葬の場合、お通夜の後に亡くなった方の思い出話をしながら故人を偲ぶ、という時間はありません。

ご遺族の方の心身の負担を考えるか、亡くなった方との時間を取るかどうかを親族で話し合いながらの選択になります。

葬儀後の弔問対応が多くなる

一日葬は日中の時間に行われるため、参列できる人が限られる点がデメリットとなってしまいます。

家族葬の特徴のひとつとして、亡くなったことやお葬式のお知らせをする範囲を限定する場合が多いことがあげられます。
会葬者も少ないのがほとんどです。

こうした事情により、亡くなったことを後から聞いた方が、ご自宅に弔問に伺いたいと希望する場合があります。

亡くなった方の友人や関係者が多い場合、ご遺族の方は弔問に来られた方を一人ひとり対応することが必要です。
いつ弔問の方が来られてもいいように、常にお茶菓子とお茶を準備しているという方もいらっしゃいました。

亡くなった方の交友関係が広い場合、弔問対応が多くなるために一日葬がデメリットにもなりえます。

寺院側から反対される場合も

一日葬は、仏式の考え方や従来の慣習に沿っていないために寺院側から反対される場合があることがデメリットと言えます。

檀家になっている菩提寺がある場合には、あらかじめ一日葬についての考えを伺っておくことが大切です。

一日葬を行う際の注意点

葬儀

一日葬には、一般のお葬式とは異なる独自の方式ゆえにメリットとデメリットがあることがわかりました。
次に、一日葬を行う際の注意点をあげておきます。

親族とちゃんと話し合いましょう

一日葬としてお葬式をあげる場合、従来のお葬式とは違っているために親族から理解を得にくい場合があります。
お通夜を行わないと参列できない人がいる場合も、同意を得にくいようです。
一日葬に決定する前に、親族に相談することが大切です。

お布施は必要?

寺院や僧侶の方へのお布施は、普通のお葬式と同じように一日葬でも必要です。
お布施には、読経などお勤めへのお礼をはじめ、戒名やお心づけなどが含まれています。
お通夜をしていなくても、お布施が減るというわけではないのでご注意ください。

「終活ねっと」では終活に関する様々な記事を紹介しています。
お布施についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

香典は辞退した方がいいの?

一日葬では、特に香典を辞退するという決まりや習慣はありません。
ただ、現実的には辞退をされるご遺族が多いようです。

一日葬に参列する際の服装は?

一日葬というと特別なお葬式に感じる方がいるかもしれませんが、一般的な告別式と同じと考えていただければ大丈夫です。
一日葬に参列するための服装は、告別式に参列するような礼服かダークスーツを着用することが望ましいとされています。

葬儀社は一日葬を取扱っているの?

一日葬は全ての葬儀社が取り扱っているというわけではありません。
ここ数年、新しいお葬式プランを取り入れている葬儀社が増えています。
一日葬を扱っている葬儀社は、新聞の広告や「一日葬」でインターネットを検索すると探すことができます。

一日葬のメリットとデメリットについてまとめ

葬儀

今回の「終活ねっと」では、一日葬のメリットとデメリットを解説してまいりました。
いかがでしたか?
ここで、一日葬についてもう一度簡単にまとめてご紹介したいと思います。

  • 一日葬は、二日間かけて行う従来のお葬式とは違い、お通夜が無く告別式と火葬を一日で行います。

  • 一日葬のメリットは、お通夜の分の費用が抑えられるという点です。一日だけのお葬式のため、所要時間が短くご遺族の負担が少ないという点もメリットと言えます。さらに、遠方から参列する方の宿泊費などの負担が無くなります。

  • 一日葬のデメリットは、故人を偲ぶ時間が短くなるということです。さらにお通夜に参列できなかった人が弔問としてご自宅を訪れるために個々の対応が必要になる点と、宗教上の理由から寺院に反対される場合もある点もデメリットととしてあげられます。

  • 一日葬を行う際は、親族への理解を得る事が大切です。参列する服装とお布施は一般のお葬式と変わりません。香典は辞退する方が多いようです。葬儀社の全てが一日葬を扱っているわけではないので、インターネットや広告をチェックしてみてください。

近年の少子化や高齢化により、遺された家族への負担を軽くしたいという声が増えてきました。
一日葬は、今の世の中に合った合理的なお葬式なのです。

ご紹介したメリットやデメリットを十分に納得したうえで、一日葬をお考えになってくださいね。

「終活ねっと」では、みなさまのエンディングプランを心から応援しています。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す