家族葬で弔電を辞退するには?連絡方法や文例についても紹介します

家族葬で弔電を辞退するには?連絡方法や文例についても紹介します

故人の遺志で関係者に伝えることなく、家族葬でお別れすることがあります。家族葬のときに弔電を辞退することがありますが、どのようにするのが良いのでしょうか。弔電を辞退するときの連絡方法や文例について紹介します。

最終更新日: 2020年02月10日

家族葬での弔電の辞退について

葬儀

故人の遺志やご家族の考えで、家族葬や密葬でお別れすることが最近は多くなってきました。
家族葬の弔電を辞退したいと考える方もいますが、家族葬の弔電は辞退しても良いのでしょうか。

辞退する時はどのような内容で連絡すると、弔電を打とうと考えてくれた人の気持ちを無下にせず断ることができるのでしょうか。

今回「終活ねっと」では、家族葬での弔電の辞退について

  • 弔電とは

  • 家族葬のとき弔電を辞退してもいい?

  • 弔電辞退の連絡方法

  • 家族葬で弔電を辞退するときの文例

  • 辞退しても弔電が送られてきたらどうする?

などを中心に解説していきます。
弔電について知っておくべきことや、上手な弔電の辞退の仕方などを分かりやすくまとめてあります。

ぜひ、最後までご覧ください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

弔電とは

困った人々

知り合いや会社の関係者、遠方にいる人などが亡くなった時、弔電を送ることがあります。
弔電を送ったことがない人でも、弔電と言う言葉を聞いたことはあるでしょう。

では、弔電とはどのようなものでしょうか。

弔電とは訃報を聞いたときに、遠方にいたり都合がつかず、通夜や葬儀に参列できない場合、弔意を示すために送る電報のことを言います。
送る先は喪主あてとし、送る側はフルネームで送ります。

弔電の送り方は、NTTの115番へ午前8時から午後10時までの間に電話をすると受け付けてくれますが、弔電は遅くても告別式までに届くようにしなければならないので、注意が必要です。

また、文面などはNTTで例文を用意しているので、それを聞いてアレンジするのも良いでしょう。
弔電を送るときに注意することは、喪主の名前や通夜、告別式の日時、葬儀の場所を間違えないようにすることです。

最近はインターネットから24時間対応で申し込むこともできるので、住所などを聞き間違えることもなく、便利です。

家族葬のとき弔電を辞退してもいい?

葬儀

弔電は、弔意を表すために送ってくれるものですが、故人の遺志やご家族の考えでお断りすることがあります。
弔電を辞退したり受け取ることは、故人や残されたご家族が判断することなので、何も問題はありません。

特に家族葬の場合は、家族や親族だけで静かに送りたいと考えているので、弔電の受け取りに関してもお断りすることが失礼にはなりません

ただし、弔電だけ辞退するのは不自然なので、辞退する場合は、御香典、御供花も併せて辞退することが一般的です。
辞退の優先順位としては御香典>御供物、御供花>弔電となります。

また、残されたご家族は、今後のお付き合いも考え、周囲に気を遣う必要があります。
弔電を辞退するときは、丁寧な連絡を心掛けましょう。

弔電を送る側は「家族だけで送りたいので、御香典、御供物、御供花、弔電などはお断りします。
」と連絡を受けた場合は、ごご遺族の方の方の意思をできるだけ尊重することが重要です。

弔電辞退の連絡方法

葬儀

家族葬で弔電を辞退する時は、その旨を連絡しなければなりません。
その時は喪主が連絡をするのが一般的です。

ここでは、弔電を辞退する連絡の仕方を紹介します。

メールで連絡をする

以前は、FAXで弔電を辞退する連絡を行っていましたが、最近はメールでの連絡も増えてきました。

メールやLINE、FAXを利用すれば、葬儀の準備などで慌ただしい喪主にとっても、時間を取られることなく相手に連絡することができます。
また、連絡する時間を気にせず相手に送れる面においても便利です。

しかし、相手に事務的な感じを与えてしまうこともあるので、文面には注意が必要です。

電話で連絡をする

故人の親しかった人や親族などには電話で連絡するほうが良いでしょう。
その時は、家族葬の場合なので香典や弔電をお断りする旨をはっきり伝えるようにします。

相手の気持ちも考え、故人の遺志であることを伝えておけば、気を悪くすることなく納得してくれます。

また、家族葬でも葬儀に参列してもらいたい人には電話で連絡しますが、その時にも参列の依頼と弔電はお断りする旨をはっきり伝えましょう。

口頭で伝える

近隣の人には、喪主やご家族が訪問し、口頭で伝えることもありますが、その場合も故人の遺志で弔電を辞退している旨を伝えましょう。

近隣ではお互い様の意識と今後のお付き合いがあるので、丁寧に辞退する必要があります。

家族葬の挨拶状については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

家族葬で弔電を辞退するときの文例

葬儀

家族葬で弔電を辞退するときの連絡方法を紹介しました。

弔電を辞退するときはメールやFAXなどで連絡することが多いのですが、そのときは、どのような文面にすると良いのでしょうか。
ここでは、会社と友人に弔電を辞退するときの文例を紹介します。

会社に弔電辞退の連絡をするとき

会社には、忌引き休暇や弔慰金の関係で身内に不幸があったことは連絡する必要があります。
その時に、弔電を辞退する旨も伝えておくことが良いでしょう。

弔電の断り方の文例は
「父○○が✖月✖日に享年△△歳で亡くなりました。
故人の遺志により、近親者のみで見送ることとなりました。
皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご容赦ください。
なお、ご厚志は故人の遺志により謹んでご辞退申し上げます。
喪主○○」
などと、基本の文章の後に書き加えます。

ご厚志だと分かりにくいと考えるときは、「御香典、御供花、弔電は故人の遺志により謹んでご辞退申し上げます」とはっきり明記しても良いでしょう。

本来、家族葬の場合は関係者以外には、事後に報告することが一般的なマナーですが、会社に伝える必要がある場合は、このような方法で連絡します。

友人に弔電辞退の連絡をするとき

故人の友人へ弔電辞退の連絡をするときは、生前の交誼に対するお礼と故人の遺志による家族葬の場合なので、弔電もお断りすることを明記すると良いでしょう。

例えば
「○月○日 父△△が永眠いたしました。
葬儀は生前の父からの申し伝えにより、近親者のみで見送ることとなりました。
生前の父とのご交誼に厚く御礼申し上げます。
本来であれば、お会いしてご報告すべきところですが、書面にてのご報告をお詫び申し上げます。
なお、御香典、御供花、弔電は父の遺志により謹んでご辞退申し上げます。
喪主○○」

のような手紙を送ることが良いでしょう。
故人との生前の付き合い方により文面を変えて、心を込めて連絡しましょう。

家族葬の友人の参列については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

また、「終活ねっと」では、家族葬のセットプランをご用意しております。
是非お気軽にご相談ください。

辞退しても弔電が送られてきたらどうする?

葬儀

弔電を辞退しても送られてくることがあります。
そのときは頑なに辞退すると今後の関係が悪化することも考えられます。

何よりも故人に対して弔意を送りたいという相手の気持ちをないがしろにすることになります。
そのときは、ありがたく弔電を受け、後日、お礼の手紙を送ると良いでしょう。

以下の記事では、弔電のお礼状の書き方も紹介しております。
ぜひあわせてご覧ください。

家族葬での弔電の辞退についてまとめ

葬儀

いかがでしたか。
家族葬では香典や供花、弔電を辞退することが多く、角が立たない辞退の仕方がとても大切になってきます。

今回、「終活ねっと」では、家族葬での弔電の辞退について

  • 弔電とは通夜や葬儀に参列できないときに弔意を表すために送る電報である

  • 故人の遺志やご家族の意向で弔電を辞退することはできる

  • 弔電を辞退するときはメール、電話、口頭で伝える方法がある

  • 会社や友人に弔電を辞退するときは、故人の遺志であることを明記するとよい

  • 友人や近隣の人には今後の付き合いもあるので、丁寧に説明する

  • 辞退しても弔電が送られてきたときは、有り難く受け、後日お礼状を送る

以上の点を中心に解説しました。
いかかでしたか?

弔電は亡くなった人に弔意を表すために送ってくれるものだということ忘れずに、相手の気持ちを考え、礼を尽くして辞退する旨を説明することが大切でしょう。

「終活ねっと」では、他にも家族葬についての記事を多数掲載しています。
ぜひ、そちらも併せてご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 葬儀の弔電の送り方は?贈る際のマナーや文例、弔電のお礼も解説のサムネイル画像
    葬儀の弔電の送り方は?贈る際のマナーや文例、弔電のお礼も解説

    葬儀では、会社や個人から送られてきた弔電が読み上げられることがあります。弔電を送りたいけれども送り方やマナーがわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。この記事では、葬儀で弔電を送る際のマナーや文例、お礼の仕方などについて詳しくご紹介していきます。

  • 家族葬で弔電は断る?送る?断り方や送り方、香典や訃報連絡も解説!のサムネイル画像
    家族葬で弔電は断る?送る?断り方や送り方、香典や訃報連絡も解説!

    家族葬は身内だけで行う葬儀です。葬儀に参列しない場合は弔電を送るなどして弔意を示しますが、家族葬では弔電を送ってもいいのでしょうか。また、弔電を受け取るべきなのでしょうか。今回は家族葬での弔電について、断り方や送り方のマナー、香典についても含めて解説します。

  • 家族葬の弔電の断り方は?文例や対応についても徹底解説しますのサムネイル画像
    家族葬の弔電の断り方は?文例や対応についても徹底解説します

    家族葬のマナーやルールについて良く分からないこともたくさんありますよね。では、家族葬を行うときに弔電を断るにはどうしたら良いのでしょうか?今回は、家族葬の場合の弔電の断り方を文例も含めて解説したいと思います。ぜひ、最後までご覧ください。

  • 家族葬の通夜には参列すべき?参列マナーや参列しない場合もご紹介!のサムネイル画像
    家族葬の通夜には参列すべき?参列マナーや参列しない場合もご紹介!

    家族葬は近年注目を集めている葬儀形式です。家族葬は親族や故人の親しかった人だけで行いますが、家族葬の通夜に参列してもいいのでしょうか。今回は、家族葬の通夜に参列すべきかについて、参列マナーや参列しない場合のマナーについても含めて解説します。

  • 社葬での弔電ってどう書けばいいの?宛先・宛名の書き方も紹介しますのサムネイル画像
    社葬での弔電ってどう書けばいいの?宛先・宛名の書き方も紹介します

    社葬での弔電を上司から頼まれたけど、どう対応すればいいのか悩む方は多いのではないでしょうか?個人で送る弔電と、社葬の弔電は何が違うのか?社葬の弔電に用いる文章の書き方は?費用はどれくらいか?送り方やマナーはあるのか?今回はそんな疑問にお答えします。

  • キリスト教葬儀に弔電を送ってもいい?弔電マナーや例文や台紙も解説のサムネイル画像
    キリスト教葬儀に弔電を送ってもいい?弔電マナーや例文や台紙も解説

    葬儀と聞くと多くの方が仏式をイメージしますが、キリスト教式の葬儀も件数は少ないものの行われています。キリスト教の葬儀について疑問がたくさん出てくるでしょうが、中には弔電を送れるのかどうかというものもあります。今回はキリスト教の葬儀での弔電について見ていきます。

  • 家族葬での香典・弔問の辞退を伝える方法は?使える文例もご紹介のサムネイル画像
    家族葬での香典・弔問の辞退を伝える方法は?使える文例もご紹介

    家族葬で香典・弔問を辞退するという形式は、比較的新しいスタイルです。そのため、家族葬でどのように香典・弔問を辞退すればよいか、迷われる方も多いでしょう。この記事では、そのような方々のために、香典・弔問を辞退するタイミングや使える文例をご紹介します。

  • 家族葬への弔問を上手く辞退しましょう!香典の辞退の仕方も解説!のサムネイル画像
    家族葬への弔問を上手く辞退しましょう!香典の辞退の仕方も解説!

    最近は家族葬が増えてきましたね。家族葬の場合は、弔問や香典などを辞退することが多いです。しかしはっきりと弔問を辞退すると伝えても良いものなのでしょうか?失礼にはあたらないのでしょうか。家族葬への弔問を上手く辞退する方法をご紹介します。

  • 家族葬は香典なしでも大丈夫?香典を辞退するときの注意点も解説のサムネイル画像
    家族葬は香典なしでも大丈夫?香典を辞退するときの注意点も解説

    近年ごく親しい身内のみで執り行う家族葬が増加の傾向にあります。家族葬では香典を辞退するケースが多いようですが、訃報を受けた側からすると香典なしで問題ないのか悩みます。家族葬は香典なしで本当に良いのか、香典のマナーや香典を辞退する際の注意点も交えて解説します。

  • 家族葬の葬儀は香典を送っていい?供花・弔電や喪主側のマナーも解説のサムネイル画像
    家族葬の葬儀は香典を送っていい?供花・弔電や喪主側のマナーも解説

    最近では葬儀に家族葬を選択する方も増えています。家族葬は家族や親族や親しい友人たちとゆっくりと故人を偲ぶ時間が持てる葬儀の形ですが、香典や供花や弔電などに家族葬ならではのマナーがあります。今回は家族葬での香典のマナーについて、供花・弔電とあわせてご紹介します。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事