一日葬にかかる費用はいくら?費用の内訳や一日葬の注意点まで解説

一日葬にかかる費用はいくら?費用の内訳や一日葬の注意点まで解説

みなさんは一日葬という言葉を聞いたことがありますか?近年葬儀を簡略化する流れがありますが、その中で注目されているのが一日葬です。しかし、実際にはどのくらいの費用がかかるのか知る機会は少ないですよね。今回は、一日葬の費用や注意点など詳しく解説していきます。

2019-11-04

一日葬の費用について

葬儀

みなさんは一日葬という葬儀の形式をご存知ですか?

一日葬とは、従来の葬儀から通夜式を除いて、葬儀・告別式を行う葬儀のやり方です。
お通夜がないことにより、従来2日間行われていた葬儀が1日で完結します。

このため、ご家族の負担がかなり軽減されることで最近注目を集めているようです。
身内や特に親しい人だけで見送りたいという方や、スケジュールの都合で1日で葬儀を終えたいという方には、ちょうど良い葬儀の形といえます。

しかし、実際に一日葬を検討するとしても、どのくらい費用がかかるのか気になるところですよね。
いざ、葬儀の形を考えるときには費用がそれぞれどの程度かかるのか、ということが重要な判断基準にもなります。
ですから、一日葬の費用についてもこの機会にぜひ知っておきましょう。

そこで今回終活ねっとでは、一日葬の費用について、詳しく解説していきたいと思います。

  • 一日葬ってどのくらい費用がかかるの?

  • 一日葬の費用の内訳はどうなっているの?

  • 一日葬の支払いはどうするの?

  • 一日葬について気を付けることはあるの?

  • 一日葬にかかる時間はどのくらい?

以上の5点を軸に話を進めていきます。
一日葬について検討している方も、一日葬とはどのようなものかまだ知らない方も、この記事を読んで今後の参考にしていただければ幸いです。

ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

一日葬とはどういったものかを詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

一日葬の費用相場はいくら?

お金

一日葬になると、どのくらい費用は変わってくるのでしょうか?
一日葬でも、葬儀の内容によってかかる費用には差があります。
けれども、一日葬の平均的な相場は約30万円から40万円程度といわれています。

一日葬とは通夜式を省く葬儀のスタイルですが、一般的な葬儀の平均費用よりもずっと安くなっています。
これは、一日葬を行う人は、葬儀の内容にもあまりお金をかけないからだと推測されます。
内訳については次の章で詳しくお話します。

ではここで、一般的な葬儀にどのくらいの費用がかかるのかというのはご存知ですか?
2017年度に行われた日本消費者協会によるアンケートでは、葬儀費用の全国平均は195万円となっています。

もちろん、地域や葬儀の規模によっても違いはありますが、想像以上に高額だと感じられる方が多いのではないでしょうか?
この195万円という金額と比べると、一日葬の費用は相当抑えられるということがわかると思います。

ちなみにこの195万円は、以下の3つの費用で構成されています。
(項目ごとの合計金額は、四捨五入計算のため総合計とは合致しないことがあります。

内容 金額
葬儀一式 約121万円
飲食接待代 約30万円
寺院費用 約47万円

終活ねっとでは、低価格・高品質の葬儀プランを分かりやすい料金体系でご案内しております。
一日葬のプランは、税込343,000円よりご提案しており、終活ねっとの早割で最大7万円の割引もご利用いただけます。
一日葬でお困りの方は、24時間365日電話対応しておりますのでお気軽にご相談ください。



一日葬の費用の内訳について

お金

先ほど、一日葬の費用の平均は約30万円から40万円程度だとお話しました。
ここでは、この一日葬の費用の内訳について、詳しく見ていきたいと思います。

葬儀施行にかかる費用の内容

葬儀施行にかかる費用とは、従来の葬儀では通夜式と告別式を執り行うための費用です。
この費用の中には、以下のものが含まれています。

  • 祭壇の費用(生花やお供え物、水引き幕など)

  • 棺桶の費用

  • 遺影の費用(額装含む)

  • ドライアイスの費用

  • 車両費(病院から安置場所や式場までの車代)

  • 骨壷の費用

  • 受付・焼香代セットの費用

  • 人件費(式の司会進行役など)

上記の費用はどのような葬儀のスタイルであっても、一般的に必要となる費用です。
このため、一日葬であっても従来の葬儀のやり方でも、あまり差が出ない項目といえます。

式場の費用

次に必要なのが、式場の費用です。
式場の費用と一口にいっても、大きく以下の2つに分けることができます。

斎場利用料

斎場利用料とは、葬儀を行う施設に支払う料金のことです。
民間のセレモニーホールや公営の斎場では、控え室や待合室の利用料金も発生します。

通夜式を行わない一日葬の場合、斎場利用料も1日分で良いと思われがちですが、告別式の準備などが前日から必要なこともあり、斎場によって対応はまちまちです。

火葬場利用料

火葬場利用料は、どんな形式の葬儀を行っても、必ず発生する費用です。
民間の火葬場の場合には、費用は約5万円からとなっています。

公営の火葬場の場合には、地域内の方は無料で利用できるところもあるようです。
有料の場合にも、民間の火葬場よりは安価なことが多いです。

火葬場を利用する際に、控え室などを使用したいときは、別途料金が発生することがあります。

飲食接待費

一般的な葬儀の場合、通夜式のあとには「通夜ぶるまい」、告別式のあとには「精進おとし」といって、参列者の方々と会食を行います。

そのため、飲食接待費にかかる費用も必要となります。
参列者の人数や食事の内容、お酒の量により費用は変わってきますが、1食につき一人あたり2,000円から5,000円程度が相場になっています。

一方で、一日葬の場合には、通夜式がないため通夜ぶるまいは必要ないのです。
その分の費用はまるまる浮くことになります。

香典返しの費用

香典返しとは、故人の死去に際し、葬儀などでいただいた香典に対して、四十九日が終わったあとに返礼品を送ることです。

これは、いただいた香典の3分の1から2分の1程度の金額でお返しするのが一般的です。
このため、香典の金額によって香典返しの費用は変わってきます。

供花代

供花とは、葬儀の際に飾られるお花のことです。
一般的には、故人と親しかった参列者が故人を偲んで贈られるものです。

最近では、「兄弟一同」や「孫一同」というように、親族からの供花も多くなっています。
供花代にかかる費用は花の種類や大きさにもよりますが、花輪は1基15,000円程度、花篭は1万円程度が相場となっています。

喪主の方が供花代を出すことはあまりありませんが、香典や供物と同様に供花をいただいた方へのお返しが必要になります。

寺院への費用

葬儀に関わる費用の中には、寺院への費用もあります。
どのような費用があるのか、以下で内容を確認していきたいと思います。

お布施

お布施とは、僧侶に読経してもらう際の謝礼としてお渡しするものです。
あくまでも「謝礼」なので、金額は決まっておらず、いくら包むべきなのかを悩まれる方も多くいらっしゃるでしょう。

地域によっても異なりますが、20万円から30万円程度が相場のようです。
もし、菩提寺であれば、親族などにお布施の金額を確認するのが良いでしょう。
特に深い付き合いのない寺院の場合には、直接お布施の相場を聞いても失礼にはなりません。

戒名料

戒名料はその名の通り、故人の戒名に対する謝礼です。
宗派や寺院によって金額は異なりますが、戒名料に20万円程度支払っている方が多いようです。

戒名料は、どのような戒名にするかによって費用が大きく変わってきます。
「信士・信女」で15~30万円程度、「居士・大姉」で30~50万円程度、「院居士・院大姉」で100万円程度というのが相場になっています。

お車代

お車代は、僧侶に葬儀会場に来てもらうためのお足代のことです。
寺院から葬儀会場までのタクシー代相当の金額を支払うことが一般的です。

御膳料

御膳料とは、法事を行った僧侶が会食に参加されなかった場合に、御膳の代わりとして渡す心づけのことです。

上記のお車代と一緒に、封筒に包んで渡すことが多いものです。

一日葬のお支払いについて

葬儀

葬儀試行にかかる費用の内訳は細かいものでしたね。
これらの一日葬の費用について、支払いはどのように行ったらよいのでしょうか?
ここでは、一日葬の支払いについて見ていきましょう。

一日葬の費用は喪主が支払うの?

一日葬の費用は、一般的には喪主が支払うものです。
喪主が高齢だったり、負担が大きかったりする場合には、そのご家族が支払うこともあるでしょう。

基本的には、葬儀終了後から1週間以内程度で支払いをすることが多いです。
しかし一日葬の場合には、参列者の人数が増えても追加料金のかからないプランを葬儀社が用意していることもあり、打ち合わせの段階でクレジットカードで支払いができることもあります。

分割払いはできるの?

葬儀社によっては分割払いに対応しているところもあります。
故人の預金から現金を引き出したり、生命保険などの保険金を受け取ったりするのに時間がかかる場合があるためです。

便利な分割払いですが、利用するためには手数料もかかってきます。

一日葬での注意点

葬儀

ご家族の負担を抑えられるといわれている一日葬ですが、気を付けなければならないことはあるのでしょうか?
ここでは、一日葬の注意点についても押さえておきましょう。

僧侶に一日葬を理解してもらう

一日葬とは、最近行われるようになった葬儀のやり方です。
通夜式を行わないスタイルですが、お通夜にはそれなりの意味があります。
親族が故人の下に集まり、寝ずの番をして故人と過ごすことは、故人によみがえってほしいという願いから始まった儀式だといわれています。

こういったことから、僧侶の中には通夜式のない一日葬に懐疑的な方もいらっしゃるようです。
このため、僧侶に一日葬を理解してもらう必要があります。
きちんと話し合うことが大切です。

お通夜がないことで参列者が限られる

通夜式がないということは、参列者が限られるということでもあります。

お通夜は夜分に行われるため、日中に仕事がある人も、終業してから参列することができます。
また遠方の方も、2日間行われる一般的な葬儀の場合には、都合をつけて通夜式か告別式のいずれかに参列すること可能かもしれません。

けれども、一日葬の場合には、そういった方たちの参列を結果的に不可能にしてしまうことになるのです。
反対に、参列者があまりなく、ご家族やご親族だけの葬儀になる場合には一日葬でも問題ないでしょう。

会葬礼状は必要?

会葬礼状とは、葬儀の参列者に渡すお礼状のことです。
一日葬で、なおかつご家族のみで行う葬儀の場合には、会葬礼状を準備する必要はないでしょう。
けれども、ご家族以外の方が参列される場合には、やはり会葬礼状が必要です。

以前は、葬儀のあとに会葬礼状をお渡しするのが通例でしたが、最近では葬儀の受付で返礼品やお清めの塩と一緒に会葬礼状を渡すことが多くなっています。

香典は辞退した方がいいの?

香典とは、葬儀の際に参列者が持参して喪家に渡すものです。
葬儀の簡素化や香典返しの面倒をなくしたい気持ちから、最近では香典を受け取ることを辞退する方もいらっしゃいます。

けれども、香典を辞退すること自体、特に年配の方にとっては「水くさい」などと、理解しがたいものであることもあります。
また、一日葬だからといって、香典を辞退すべきというわけではありません。

もし、香典を辞退する場合には、葬儀の受付にわかりやすく案内を掲示しておくと良いでしょう。

また、葬儀の参列や香典などを辞退してもらう際のマナーや文例などは以下の記事でより詳しく解説しております。
ぜひこちらも合わせてお読みください。

一日葬の流れやかかる時間は?

葬儀

ここまで、一日葬とは通夜式のない葬儀のことだとお話してきました。
それでは、一日葬では具体的にどのような流れで執り行い、どのくらい時間がかかるのでしょうか?

ここでは、一日葬の流れと所要時間について見ていきましょう。

一日葬の流れ

まず、一日葬の流れを紹介していきます。
以下にご逝去からの流れをまとめましたのでご覧ください。

  • ご逝去・安置

    ご逝去の後はまずご遺体を安置します。ご遺体の搬送が済んだらその間に葬儀社と葬儀について打ち合わせをしましょう。

  • 納棺

    通常の葬儀では通夜式の前に行うものですが、一日葬では告別式の前に納棺の儀を行います。

  • 告別式

    告別式の流れは一般的な葬儀と変わりありません。

  • 出棺・火葬

    告別式終了後、出棺となり、火葬を行います。

  • お骨上げ

    火葬終了後、お骨上げをして一日葬が終了となります。場合によってはその後初七日法要や精進落としを行う場合がありますので確認しておきましょう。

以上が一日葬を行う上でのご逝去からの流れになります。
地域によっては火葬と告別式の順序が異なる場合がありますので注意が必要です。

一日葬の所要時間

最後に、一日葬にかかる時間について見ていきましょう。
火葬場の空き状況などによって所要時間は変わってきますが、一日葬の場合には納骨からお骨上げまで5~8時間程度はかかると考えてよいでしょう。

どなたかがお亡くなりになった際、法律上臨終から24時間は火葬ができないことになっています。
このため、一日葬であっても、すぐに葬儀や火葬をすることはできません。
葬儀までの間、遺体はどこかで安置することになります。
ご遺族は、葬儀の打ち合わせを行います。

一日葬ではすべての儀式を1日で終わらせることができるように、通常は通夜式の前に行う納棺を午前中のうちに行います。
告別式は午前中の早い時間から、葬儀社のスタッフの進行によって始まります。
その後、出棺し、火葬場へ移動します。

火葬には通常1時間程度かかります。
火葬のあとはお骨上げをして、葬儀は終了します。
一般の葬儀よりも所要時間は短いのですが、その分1日にやるべきことが多くなるので、かなり忙しくなるのです。

一日葬の他にも、最近では家族葬で葬儀を行う方も増えています。
家族葬と一日葬の違いはどんなところにあるのでしょうか。

以下の記事では、家族葬と1日葬について規模や費用、メリット・デメリットについて紹介しております。
ぜひあわせてご覧ください。

一日葬の費用についてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
今回終活ねっとでは、最近申し込む方が多くなってきた、一日葬の費用について解説してきました。

  • 葬儀全体の平均金額195万円に比べ、一日葬の費用の平均は約30万円である。

  • 一日葬の費用の内訳は、「葬儀施行にかかわる基本料金」、「式場の費用」、「飲食接待費」、「香典返しの費用」、「供花代」、「寺院への費用」が挙げられる。

  • 一日葬の支払いは喪主が行うことが一般的で、クレジットカードによる決済や分割払いに応じるところもある。

  • 一日葬で注意すべきことは、新しい葬儀のスタイルなので僧侶に一日葬について理解してもらうことである。

  • 一日葬の場合でも会葬礼状や香典については、一般の葬儀と同じであり、香典を辞退するときは、参列者にわかりやすく伝える。

  • 一日葬にかかる時間は、5~8時間程度。一般の葬儀では2日に分けて行うことを1日で行うため、やるべきことが多くとても忙しくなる。

以上が、一日葬の費用についてのまとめとなります。

終活の一環として、生前に葬儀の形式を検討される方も多く、その中でも一日葬は注目される新しい葬儀のスタイルだといえます。
一日葬を検討される場合には、一度この記事を読み直していただき、メリットとデメリットについてご家族で話し合うことをおすすめいたします。

最後までお読みいただきありがとうございました。
また、終活ねっとでは、そのほか葬儀についてなどの記事を多数掲載しております。
以下の記事は、火葬や埋葬のみを行うことが特徴である直葬の費用について詳しく解説をしております。
ぜひそちらも合わせてご覧ください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「一日葬・費用」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像 1
    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像 2
    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像 3
    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像 4
    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像 5
    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像 6
    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料