葬儀で渡すお花代とは?お花代の書き方や金額相場も合わせて解説!

葬儀で渡すお花代とは?お花代の書き方や金額相場も合わせて解説!

親しい人やお世話になった人が亡くなった時、香典だけでなくお花代も準備したいもの。しかし突然の訃報に慌てることなく対処できますか?お花代の金額や書き方は?香典と一緒に包んでもいいの?などお花代の相場や書き方などを解説していきますのでぜひ最後までお読みください。

最終更新日: 2020年02月29日

お花代とは?

葬儀

故人方の霊を慰めるために葬儀にお花はかかせません。
また、お花には会場を飾る役割もあります。
ご遺族や故人と親しかった人などが弔意を表すものとして、お花を贈ります。
このお花を供花(きょうか)といいます。

お花代とは、供花の代金として香典とは別にお包みするものです。
一般的には、葬儀業者や花屋さんにお渡しします。
喪家が立て替えている場合もありますので、その時は遺族へお渡しします。

また、供花を贈る代わりとしてお金だけ渡すケースもありますし、葬儀に参列できなかった場合に香典の代わりとしてお渡しすることもあります。

せっかくお花代をお渡しするのに失礼があっては残念ではないでしょうか?
香典の準備は慣れている方も多いと思いますが、お花代はいかがですか?

今回「終活ねっと」では、お花代の気になる金額や書き方についてご説明いたします。

  • お花代の書き方

  • お花代の包み方

  • お花代の金額相場は?

  • お盆や法要の時もお花代を供えるの?

  • キリスト教でのお花代は意味が違う?

  • お祭りのときにお花代を渡すことも

  • 葬儀のお花代の書き方についてまとめ

以上のことをお伝えしていきます。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

この記事では、葬儀のお花代に関するあらゆる情報をまとめております。
時間がないという方やお急ぎの方も、知りたい情報をピックアップしてお読みいただけます。
ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

お花代の書き方

葬儀

葬儀業者に供花を注文した時は、後日振り込みの場合を除き、お通夜かお葬式にお花代を持参することになります。
つまり、お花代は香典と同じタイミングで準備しなければなりません。

恥をかいてしまわないためにもお花代の書き方についてしっかりおさえておきましょう。

表書きは?

表書きは御花代と書きます。
御花代は宗派にかかわらず使うことができます。
御花料や御供花料と書く場合もありますが、やはり御花代が一般的でしょう。

北海道では御供花料というものを贈る習慣がある地域がありますが、ここでいうお花代とは少し異なります。

御供花料という表書きではあるものの、供花ではなく香典に追加して現金を贈るという考え方です。

そのため贈り主からの花は祭壇には飾らず、代わりに贈り主の名前を供花紙という紙に書き会場に貼るというものです。

この場合、もちろんお花は注文せず御供花料と書いた不祝儀袋を直接受付にお渡しします。

名前の書き方は?

では、自分の名前はどのように書けば良いのか。
気になりますよね。

不祝儀袋の場合は香典と同様、名前は水引きの下に縦書きします。
封筒の場合の書き方は、名前は封筒の半分より下側の中央に縦書きで記入します。

会社名を入れて書く場合、名前の右側に会社名や所属部署を書き2行になるようにします。
このとき名前の方が中央にくるように書きます。

書き方の注意点ですが、いずれも表書きである「御花代」よりやや小さめに名前を書くようにしてください。

連名の場合の書き方は?

では、複数人の時はどうすれば良いのでしょうか。
お花代を連名で贈ることもあると思います。
お花代を連名で書く場合、人数などで書き方も変わってきます。

夫婦で連名の場合はご主人の名前を中央に書き、奥様の名前を左に書きます。
奥様は名前のみ記入しましょう。

連名が3人までの場合は、目上の人を右側から書いていきます。
一番右の人の名前が中央にくるように書きます。

4名以上の場合は「○○一同」や、代表者名を中央に書き左下に「他○名」と書きます。
その際他○名という文字は代表者名よりやや小さめに書くと良いでしょう。

中袋に全員の名前・住所・金額を書くのも忘れないようにしましょう。
ただし、人数が多く封筒に書ききれない場合は半紙などの別紙に記載して同封します。
こちらも右側から目上の人を書いていきます。

墨は薄墨を使うの?

香典を用意する時、通夜やお葬式など四十九日までは薄墨を使うのが一般的です。
「悲しみの涙で墨が薄くなってしまいました」という意味合いを表現したものですが、お花代も一緒と考えましょう。

以前よりは気にしなくなっているという意見もありますが比較的年配の方は気にされる方が多いようです。
四十九日までは薄墨を使うことをおすすめします。

お布施の表書きについては、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

お花代の包み方

葬儀

お花代の包み方はみなさんご存知でしょうか?
葬儀は急なことも多く、御霊前などの不祝儀袋もコンビニやドラッグストアなどでも購入できるようになりましたが「御花代」という封筒はなかなか見かけないと思います。

こちらでははお花代は何の袋で包めばいいのか、お花代として包むお札に決まりはあるのか、などお花代の包み方についてご案内していきます。

封筒で包むの?それとも不祝儀袋?

準備するのは、無地の白い封筒か不祝儀袋です。
不祝儀袋の場合は、水引きが付いているものと印刷されているものがありますが、お包みする金額に合ったものを使うのがマナーです。

目安としては、水引きが印刷されたものは1万円未満まで、1万円以上になる場合は白と黒の水引きが付いたものが良いでしょう。
3万円を超える場合は銀色の水引きがかかったものにしましょう。

外包みの裏側は下向きになる方(上側)が外側に被さるように重ねます。
慶事とは逆になりますので間違わないように注意しましょう。

新札はNG?

お包みするお金が新札であっても良いとする傾向にありますが、気にされる方もいらっしゃいます。
相手に不快感を与えてしまうかもしれませんので新札を入れるのは控えた方が良いのではないでしょうか。

お手元に新札しかない場合は折り目を付けることをおすすめします。
新札が好ましくないとはいっても、極端に汚れたものも失礼になりかねませんので注意しましょう。

また、お札の向きは揃えるようにしましょう。
弔事なので肖像がない裏面を前にして入れます。
これは「お悔みのため顔を伏せています」という意味です。

お花代の金額相場は?

お金

ここまでお花代の書き方や包み方について説明してきましたが、やっぱり気になるのはお花代の金額の相場ですよね。

お花代といっても、注文した供花の代金として包むだけでなく、故人へお花を供える気持ちとして贈ることもあります。

また、お花代を贈る方と故人との関係によっても金額は変わってきます。
供花の代金は地域や葬儀場、大きさなどによっても変わってきます。
また、香典の代わりにお渡しする場合もありますので、それぞれの一般的な相場をご案内していきます。

香典とは別にお花代を渡す場合

葬儀業者などに供花を注文した場合はその業者へ、喪家が立て替えている場合はご遺族へお渡ししますが、ご遺族に直接お渡しすることは難しいと思います。

その場合は受付にお渡しし「お花のお代金ですのでご遺族にお渡しください」と一言伝えると、供花の代金だと分かりやすいと思います。

供花はスタンドのもので1万円~2万円、花輪についても同じく1万円~2万円が多く平均では1万5000円程度のようです。
大きさにより金額も変わってきますがスタンドが比較的高くフラワーアレンジメントだと安価の場合が多いようです。

供花を贈る際はまず葬儀会場へ連絡しましょう。
ご自身でお花を手配しても良いのか、葬儀業者が手配するのかを確認する必要があります。
会場によっては統一感を出すためであったり祭壇などへ配置するスペースの関係から、外部から持ち込みできないことがあります。

また、対(つい)で注文した場合は2基分となり金額が2倍となりますので間違えないようにしましょう。
「孫一同」など連名で贈る場合はおつりのないように準備するのが良いでしょう。

また、関西の方では樒(しきみ)というものをお供えしたりします。
樒という植物を使った花輪のような物を対(つい)にして並べるのですが、金額は5000円ほどです。

これを簡略化した板樒・紙樒というものもあり、2000円~3000円が相場です。
樒の場合は受付にて直接支払うことが多いようですので、封筒に入れるか不明な場合は葬儀場などへ問い合わせしてください。

香典だけでは足りないので追加してお渡ししたい場合にも、お花代も包むことで弔意がより伝わります。
例えばお花を贈りたいけど供花を出すほどでもないと思った時などです。
また、ご近所などの申し合わせで香典の金額が決まっているケースで、その金額以上にお渡ししたい時などにも良いと思います。
その場合の金額は故人との関係によりますが友人・知人ですと5000円~1万円が一般的です。
受付でお渡しする時に「これで故人の好きなお花を供えてあげてください」と一言添えると、分かりやすく丁寧ですね。

ただし、金額は地域性やその親族の考え方によりますので、まずは周りの人に相談して決められるのが間違いないといえます。

香典の代わりにお花代を渡す場合

訃報を知ったのが遅かったり都合によりお通夜やお葬式に参列できなかった場合に、香典の代わりとしてお花代を包むこともあります。

また、家族葬などで香典を遠慮された場合にも、お花代としてお渡しすることがあります。

香典の代わりにお渡しするので、香典と同等の金額をお包みするとよいでしょう。
金額はお花代を渡す方と故人との関係によります。

相場は以下のとおりです。

  • 友人・知人の場合:5000円~1万円

  • 両親の場合;3万円~10万円

  • 兄弟の場合:3万円~5万円

  • 祖父母・叔父叔母:1万円~3万円

ご遺族は半額程度の返礼品を用意することが多いですが、香典を遠慮された場合、返礼品そのものが相手にとって負担なのかもしれません。

お花代もお渡しすることを遠慮するか、金額を多く渡しすぎないような配慮も必要です。

香典とお花代を兼ねる場合

香典の一部を受付でお花代に振り分ける、というようなことはできません。
一般的にはお花代は香典とは別々にお包みするものとなっています。
中袋だけ分けて、一つの不祝儀袋に入れるというのも好ましくありません。

しかし、喪主の御意向であったり、事前に親族同士でそのような取り決めをしている場合には香典とお花代を足した金額でお包みします。

ご自身の判断で香典とお花代を合わせて一緒に包むのはやめましょう。

尚、全般的に注意したいのは4や9の数字は避けることです。
死や苦を連想するものですから、慶事・弔事ともに使うべきではありません。

香典の金額相場については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

お盆や法要の時もお花代を供えるの?

お墓

法要というと初七日以降は四十九日・一周忌・三回忌・七回忌・十三回忌…と行っていきます。

一般的には三回忌までは親戚以外にも故人の親しい友人などを呼ぶことが多く、お花や供物も多く準備することが多いようです。
七回忌以降には親族のみで行い規模も縮小していく傾向にあります。
そのためお花代を出すとしても三回忌までが多いようです。

具体的に「何回忌法要までお花代を用意する」という決まりはありません。
お花も1対や2対だけ飾ることが多く、香典のみでお花代は出さない場合もあります。

ご遺族の意向を確認したり参列するほかの親族の方などと相談して決められると良いと思います。

キリスト教でのお花代は意味が違う?

葬儀

お花代というとキリスト教のイメージを持たれる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ここではキリスト教と仏教のお花代の意味の違いについて解説していきます。

キリスト教においてのお花代

キリスト教ではお香典という習慣がありません。
弔慰金としてお金をお包みします。
表書きの書き方は御花料です。

つまり、仏教でのお花代とキリスト教での御花料は別のものになります。
一般的に金額の相場は香典の時と同じです。

蓮の印刷された不祝儀袋は仏教向きのため、キリスト教のお花代として使うことはできません。
無地のものか十字架やユリの花が印刷されたものを使います。

仏教においてのお花代

仏教においてのお花代は、これまでに述べてきた通り供花の代金としての意味と、後日弔意を示すためにお渡しするものとしての意味を持ちます。
「お花代」と「御花料」は似てはいますが意味は異なるので混同しないように気をつけましょう。

お祭りのときにお花代を渡すことも

人々

葬儀や法要以外にもお花代があります。
地域によっては、運営費などを賄う目的から、祭りや盆踊りなどのお祭りの時に「お花代」としてお金を持ち寄る習慣があります。

金額はその場所により異なりますが3000円や5000円など、数千円が一般的のようです。
しかし、自治会の役員だったりその地域で商いをしていると金額が大きくなることもあるようです。

5000円程度であれば水引きが印刷された簡易的な祝儀袋に入れましょう。

表書きの書き方は「花代」以外にも「御祝儀」「御寄附」などがあるようです。
お花代の書き方や金額が分からない場合は、その地域の方たちに確認していただくのが良いですね。

葬儀のお花代の書き方についてまとめ

お金

いかがでしたか?
今回「終活ねっと」では、お花代の気になる金額や書き方について解説してきました。

  • お花代とは、供花の代金として香典とは別にお包みするものである。

  • お花代は、供花を贈る代わりとしてお金だけ渡すケースもあるし、葬儀に参列できなかった場合に香典の代わりとしてお渡しすることもある。

  • 表書きは「御花代」と書く。

  • 自分の名前については、不祝儀袋の場合は香典と同様水引きの下に縦書きし、封筒の場合は封筒の半分より下側の中央に縦書きで記入する。

  • 連名が3人までの場合は、目上の人を右側から書いていき、一番右の人の名前が中央にくるように書く。
    4名以上の場合は「○○一同」や、代表者名を中央に書き左下に「他○名」と書く。

  • 墨は薄墨を使うのがおすすめである。

  • お花代を贈る方と故人との関係によっても金額相場は変わってくる。

  • お花代を出すのは三回忌までが多い。

  • キリスト教ではお香典という習慣はなく、弔慰金としてお金をお包みする。
    表書きの書き方は「御花料」である。

  • 葬儀や法要以外にもお花代がある。

大切な人を亡くし、悲しい中でも葬儀で忙しくされているご遺族にとって、お花を贈られることは、故人を誇らしく思える嬉しいことなのではないでしょうか。

訃報は急なことが多いので、お持ちでない方は薄墨の筆ペンや無地の不祝儀袋をいくつか家に置いておくと安心かもしれません。
相手の方にも気持ちよく受け取っていただくために、そして恥をかいてしまわないためにも、お花代の包み方や書き方には注意しましょう。

「終活ねっと」では、「お花代」以外にも、「葬儀・お墓・相続・仏壇」など終活に関する記事を多数掲載しています。
他の記事も合わせてお読みくださいませ。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事