葬儀のお礼状の書き方とは?お礼状の送り方や例文・印刷方法も解説!

葬儀のお礼状の書き方とは?お礼状の送り方や例文・印刷方法も解説!

無事葬儀が終わっても、まだやるべきことがあります。葬儀に参列してくださった方へお礼状をださなければいけません。しかし葬儀のお礼状をどう書けばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は葬儀のお礼状の書き方や注意点について解説します。

最終更新日: 2020年02月09日

葬儀のお礼状って?

葬儀

葬儀が無事終わった後もすべきことはたくさんあります。
その中でも、葬儀が終わったらできるだけ早く出したいのがお礼状です。

葬儀のお礼状とは、通夜や葬儀に参列してくださった方や香典やお花などを贈ってくれた方に対して、感謝の言葉を綴りはがきや手紙にしてお送りするものです。

このように様々な場面で送るお礼状ですが、どうやって書けば正しく書けるかわからないという方もおられるでしょう。

そこで今回「終活ねっと」では葬儀後に送るお礼状について以下の事柄を解説します。

  • お礼状を送る相手について

  • お礼状の書き方や文例、注意すべきことは?

  • お礼状を入れる封筒について

  • お礼状の印刷方法

  • お礼状一緒は香典返しの際に一緒に送ってもいいの?

ぜひ最後までお読みになってお礼状の書き方について学び、いざお礼状を書くことになった時、相手に失礼のないよう正しく心のこもった文章を書けるように備えておきましょう。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

お礼状って誰に送るの?

葬儀

お礼状は、本来ならば喪主が一人一人お礼を述べるべきところを、略式としてはがきや手紙を送るという形をとらせてもらうことになります。
お礼状を渡し忘れるなんてことがないようにしたいですよね。

では、このお礼状は誰に送るかについてご説明します。

基本的には葬儀の参列者へ

葬儀に参列してくださった方には、お礼の品に会葬礼状を付けて渡すことが一般的です。

葬儀や告別式に参列することを「会葬」というので、その会葬者にお渡しするお礼状を会葬礼状といいます。
こちらは葬儀当日に会葬者にお渡しするもので、忌明けの際に送る香典返しに添えるお礼状とは別のものとなります。

ほとんどの場合、葬儀社の方でいくつか例文を用意された上で、故人の年齢や喪主と故人との続柄、喪主と親族の名前が入ったものを作成します。

一方で、自宅でオリジナルな文章を作成する場合もあります。

その場で手渡す場合は宛名は必要ありません。

会葬礼状は、香典をいただいてなくても、葬儀に参列してくださったことへの感謝を込めて全員に渡すのがマナーです。

故人と深い関わりのあった方たちへ送るものなので、形式ばった言葉ではなく感謝の気持ちが伝わるような文章にしたいものです。

葬儀の際にお世話になった人にも

葬儀を執り行うにあたってお世話になった人はたくさんいらっしゃると思います。
このような方々にもお礼状を渡すようにしましょう。

僧侶や神主、葬儀社の方々にはもちろん、葬儀の手伝いをしてくれた故人の友人や親戚にも書きましょう。

この他にも、故人が生前にお世話になっていた友人や親戚などにもお礼状を渡すようにすると良いでしょう。

弔電・香典だけを受け取った人にも送る?

弔電や香典だけが送られてきて、葬儀に参列できなかった方に対してもお礼状は送りましょう

こちらは葬儀後に送ります。

葬儀が終わってからもご遺族は様々なことに追われて大変かと思われますが、なるべく早くお礼状を送るようにしたいものです。
お礼状があまりに遅くなると、香典などを贈った側も無事届いたかどうか気になってしまいます。
少なくとも葬儀後1週間以内に送るのが望ましいでしょう。

「ご弔電をありがとうございます」、「ご香典をありがとうございます」という言葉も忘れずに入れてくださいね。

葬儀後のマナーについてさらに詳しく知りたい方は以下のリンクを参考にしてみてください。

葬儀のお礼状の書き方

葬儀

それでは葬儀のお礼状の書き方を具体的に説明します。

注意点やポイントだけ気を付けていれば、後は心を込めて感謝の意を表すようにすれば受け取った側も喜んでくれることでしょう。
あまり難しく考える必要はございません。
誠意のこもった文章になるように心がけましょう。

お礼状は縦書き?横書き?

お礼状は縦書きで書くのが一般的なマナーです。

よほど親しい間柄の人なら横書きでも許されるかもしれませんが、やはり葬儀に対するお礼状は本当なら喪主が直接出向いてお礼を述べるところを書簡で済ませているのですから、はがきでも手紙の場合でも正式な書き方である縦書きにしましょう。

縦線が入っているものが書きやすいですが、なるべく線の入っていないものを使うのが望ましいです。

お礼状のはがきは普通ので大丈夫なの?

お礼状に使うはがきは普通のもので大丈夫です

郵便局で喪中用の切手と喪中用の官製はがきが販売されていますので、それを利用されるのも良いでしょう。
文房具店でも弔事用のはがきを置いてあるところもあります。

市販されているはがきでも良いですが、あまり晴れ晴れしい模様の入ったものは避けるようにし、真っ白の物か地味な柄のはがきを使いましょう。
この際に使用する切手に弔事用普通切手というものがありますが、普通の記念切手などでも問題ありません。

挨拶の文例

お礼状の例文をご紹介します。

とにかくお礼状ですから、お礼の言葉は忘れずに入れるようにします。
葬儀に参列いただいたか、お花をいただいているかなど、各事情を理解したうえで相手に失礼のないように一人一人慎重に作成しましょう。

拝啓 亡父〇〇の告別式に際しましては、御多忙中にも拘わらず遠路態々ご会葬くだされ、且つご弔詞並びに過分のご香料を賜して、有難く感謝申し上げます。
つきましては拝眉の上ご挨拶申し上ぐべきところ、略儀ながら書中をもって厚く御礼申し上げます。
                                          敬具
拝啓 故〇〇の葬儀にあたりましては、わざわざお越しいただきました上、過分のご香料を賜りましてまことにありがとうございます。
お伺いしお礼申しあげるべきですが、略儀となりますが書中をもってご挨拶申し上げます。
                                          敬具

弔電をいただいた場合は「お忙しい中、わざわざ弔電をいただきありがとうございます。
」と入れましょう。
お花やお供え物をいただいた場合も同じように頂いたものへの感謝の言葉を入れます。

葬儀に参列していなかった場合は「わざわざお越しいただき~」の部分は省きます。

葬儀に来ていただいているかどうかは調べればわかることですから、お礼状を出す時は相手のことを一人一人確認して内容に失礼がないようにしましょう。

礼状の文例についてさらに詳しく知りたい方は、以下のリンクに詳しくまとめてありますのでそちらを参考にしてみてください。

友人に書く場合は?

故人と親交のあった方や自分の友人にお礼状を送る場合は、まず葬儀に参列していただいたことやお供え物やご香料をいただいたことへの感謝の言葉を書きましょう。

そして故人のエピソードなどを織り込みながら、葬儀当日には伝えきれなかった言葉を添えるのが良いでしょう。

あまり砕けすぎず、かといって儀礼すぎず、やわらかな文章でお礼の気持ちを伝えるように心がけてください。

親戚に書く場合は?

親戚に送る場合、故人のこともよく知っているでしょうから、故人との思い出話や療養中のエピソードを交えながら感謝の言葉を綴るようにしましょう。

「今後、遺族も頑張りますのでよろしくお願いします」や、「親戚として末永くお付き合いしていきたいと思います」などと今後の繋がりについて一言添えるのも良いでしょう。

親戚の場合は、あまり堅苦しい言葉や例文通りに書くと少し冷たい儀礼的な印象になりますので、できるだけお相手一人一人のことを考えたエピソードなどを交えた文章にしたほうが良いでしょう。

あまり難しい言葉を使わずに素直に感謝の気持ちを伝えるのが良いですね。

お礼状を書く時の注意点

お礼状は葬儀に際してのお礼ですから、当日は注意が行き届かなかったことに陳謝し、気遣いをしてくださった方に感謝の言葉を綴りましょう。
難しい言葉を無理に使う必要はなく、送る相手に対して失礼にあたらないようによく考えて書くようにすれば大丈夫です。

ここではお礼状を書く時のマナーや注意点などを細かく解説します。

句読点は使わない?

葬儀後に送るお礼状は普通の手紙となりますので、句読点は使っても使わなくても構いません

一方で句読点を使わないのは儀礼的文書の時で、葬儀当日にお渡しする会葬礼状や死亡通知書の時です。

お礼状の場合は行頭を揃える必要もありません
普通の手紙の一つとして考えましょう。

しかし気になる方は句読点を使わず、読みやすいように一文字開けたり単語が行をまたがったりしないようにしても大丈夫です。

会社に送るときの宛名は?

会社関係で弔電やお花をいただいたり、会葬していただいた時もお礼状を送るようにしましょう。

葬儀のお礼状を会社宛てに送る時の宛名は、会社の規模にもよりますが一般的には「〇〇会社 代表取締役〇〇様 社員御一同様」」と書く場合が多いです。
個人的なお付き合いのある方なら「〇〇会社 〇〇部 〇〇様」としていただいても構いません。

自分が勤めている会社の場合は、お礼状ではなく出社した時に一番にお礼を述べましょう。
特に、上司や社長には必ずお礼を申し上げるようにしなければなりません。
社長にお会いして直接伝えるのが難しい場合は、挨拶に伺う時間を作っていただくように頼むか、秘書や上司の方にお礼を述べて伝えていただくようにするのも一つの方法です。

拝啓・敬具は必要?

葬儀後に送るお礼状は普通の手紙と同じ考え方ですので、「拝啓・敬具」は入れておいた方が良いでしょう。
「謹啓・敬具」「謹啓・敬白」でも構いません。

使わなくても問題ありませんが、片手落ちにならぬように冒頭に「拝啓」と入れたら必ず終わりに「敬具」と入れましょう。
使わない場合は両方とも使わないようにしましょう。

お友達に送る手紙のように砕けた感じではなく、目上の人に手紙を書くようなイメージで丁寧な言葉遣いをするように心がけてください。

季節の挨拶は必要?

季節の挨拶は必要ありません。

お礼状ですから葬儀の際にお世話になったことへのお礼をしたためることが大切です。
親しい間柄や親戚や大変お世話になった方へは、冒頭に「皆皆様には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます」と入れても良いでしょう。

お礼状は葬儀に関してのお礼を述べるのが目的ですから、簡潔になるように心がけてください。

故人の名前の書き方

誰の葬儀であったかがわかるように故人の名前をフルネームで入れるようにしましょう。

お礼状は喪主が送るものですから、故人の名前は喪主から見た続柄を書くようにすればわかりやすいです。
「亡父 〇〇儀」「故 〇〇儀」、社葬の場合は「弊社会長 〇〇儀」と書きましょう。

差出人の書き方

お礼の言葉の最後に、日付「平成〇〇年 〇月」というようにお礼状を書いた月を入れます。
日にちや曜日などまで細かく書く必要はありません。

そして住所を書きます。

そのあとに「喪主 〇〇」「親族一同」か、「喪主 〇〇」「長男 〇〇」「長女 〇〇」というように故人に近い人を並べても構いません。

お礼状は喪主が送るものなので差出人は喪主だけで良い場合もありますが、本来なら直接お礼を言いに行くところを書面にしているのですから、もし本当にご挨拶に行っていたら誰と行くのかということを考えて差出人の名前を書くようにしましょう。

お礼状は薄墨で書く?

悲しみで墨を擦る力もない、涙で墨も薄れてしまうということから弔事には薄墨を使うのが習わしとなってきました。
そのため、香典袋などは薄墨で書くべきとされています。
では、お礼状も薄墨で書くべきなのでしょうか。

結論からいうと、お礼状は薄墨を使わないで書いても問題ありません

最近は様々な場面で筆ペンが使われるようになり、薄墨を使うのは難しい状況です。
葬儀の時の記帳も筆ペンやサインペンを使うことが多く、薄墨でなければいけないという風習は廃れつつあると言えるのではないでしょうか?

お礼状の場合も普通のペンで大丈夫ですが、色はやはり黒を使うようにしカラフルな色のペンを使うのは避けましょう。

もしパソコンやワープロを使ってお礼状を書いて印刷する時は、薄墨機能がついているのならそれを使用しても大丈夫です。

手書きの場合は黒のサインペンや筆ペン、万年筆を使うのが良いでしょう。
ペンの場合、薄墨に寄せようとわざと薄く書く必要はありません

メールの場合は?

葬儀のお礼状をメールで送ることはマナー違反です。
何度も述べますが、本来なら喪主が自ら出向いてお礼を述べるものを、一軒一軒まわることが難しいため代わりにお礼状を送っているのです。

相手の住所がわからず普段からメールのやり取りのみという方へお礼状を出したい際は、まずメールで相手の住所を教えてもらいましょう。
それからその住所当てにお礼状を出します。

あるいは仕事関係の場合は会社の住所に送ってもいいかもしれません。

どうしてもメールでお礼を言いたい場合は、文面ははがきに書く内容と同じように丁寧に書き、最後に「メールで失礼します」と書き添えるようにしましょう。

お礼状を入れる封筒は?

困った人々

葬儀後に送るお礼状は、はがきか手紙に書いて出すようにします。

はがきの場合は基本的に真っ白の物を使います。
最近ではグレーや薄茶色など控えめな色の物を使う方もおられます。

手紙の場合は真っ白の縦線の入った便箋を使うのが一般的です。
封筒も真っ白で一重の物を使います。

弔事の場合は重なることを嫌いますので、封筒も二重になったものは避けるようにします。
便箋もあまりに長くなり二枚になるようなら、横長の一枚の白い紙に書くようにしてそれを折りたたむように入れるのが望ましいです。

最近では文房具屋に弔事用のはがきや便箋、封筒も売っています。
基本的には真っ白で模様や柄の入っていないものを使うようにしますが、弔事にふさわしい花柄の便箋や封筒も市販されています。

仏教だけでなく神道やキリスト教でも使える模様が入ったものもあります。
送る相手によって上手に使い分けるようにしましょう。

お礼状はどうやって印刷するの?

困った人々

お礼状は、印刷会社に依頼して印刷してもらうことが出来ます。
印刷会社ではお礼状の例文がいくつか用意されているので、その中から選んで差出人を自分の名前に変更すれば簡単に書くことも出来ます。

しかし印刷会社に頼む場合、100枚や200枚などまとまった枚数でないと依頼を受けていただけない場合もあります。

他には自宅のパソコンやワープロで印刷する方もいます。
ワープロソフトにもお礼状の例文が用意されている場合もありますので、名前の部分だけ変更して印刷しても良いでしょう。

もちろん1枚1枚手書きで書くのが最も好ましいと言えます。
しかし葬儀後は喪主も何かと忙しく、お礼状を書く時間がなかなか取れないことが多いです。
字を書くのが苦手な人もいますし、今の時代は印刷しても何も問題はありません。

パソコンやワープロには手書き風の文字を指定できることもありますので、上手に活用しましょう。

お礼状を香典返しと一緒に送ることも

葬儀

一般的には、四十九日が済んだ後に香典をいただいた方々へ香典返しをすることが多いです。
そのため、この香典返しと一緒にお礼状を入れて送ることもかなり多くあります。

ほとんどのギフトを扱っているお店では香典返しの中に一緒に入れるお礼状を印刷してくれます。
故人の名前や差出人の名前などもちゃんと用意してくれます。
オリジナルの文章にしたい場合に相談にのってくれるお店もあります。

香典返しの品は、受け取った香典の大体半返しになります。
海苔やコーヒー、洗剤やタオル、羽毛布団やシーツなどを選ばれる方が多いです。

ただし、好きなものが選べるカタログギフトの場合はお礼状を同封できない場合があります。
同封できない場合は、はがきか手紙でカタログギフトが到着する前にお礼状を送り、「心ばかりの品ですが届けさせていただきました」と一言添えておきましょう。

葬儀のお礼状についてまとめ

葬儀

いかがだったでしょうか?
この記事では葬儀のお礼状の疑問点について解説させていただきました。
葬儀のお礼状についてまとめると以下のようになります。

  • 葬儀のお礼状とは、通夜や葬儀に参列してくださった方や香典やお花などを贈ってくれた方、葬儀の際や故人が生前お世話になった方々に対して感謝の言葉を綴りはがきや手紙にしてお送りするもの。

  • 基本的にははがきか封書で送るようにし、真っ白のはがき、あるいは便箋封筒を使うのが望ましいです。

  • 郵便局で販売されている喪中用の切手と喪中用の官製はがきや、文房具店で販売されている弔事用のはがきを使用する。

  • 派手な模様の入ったものを避ければ市販されている白い普通のはがきでも良い。
    弔事用普通切手の他に、普通の記念切手でも問題ない。

  • お礼状を書く際は縦書きで書くようにし、句読点を使っても問題なく季節の挨拶は必要ない。
    また薄墨で書く必要はない。

  • 喪主や遺族が葬儀に際してお世話になったことや故人のために供養を祈ってくれたことに感謝の気持ちを伝える。

  • 印刷会社で印刷してもらったり、自宅のパソコンやワープロを使って印刷する方法がある。
    1枚1枚手書きで書くことも好ましい。

  • 香典返しにお礼状を添えて送る場合もある。

お礼状は絶対出さなければいけないというわけではありませんが、葬儀後なるべく早く出すのがマナーとされています。

故人がお世話になったことへの感謝の気持ちですから失礼のないよう心を込めて書くようにしたいものです。
わざわざ難しい言葉を使う必要はなく、感謝の気持ちを素直に表現するようにすれば大丈夫です。

お礼状や葬儀に関するマナーや注意点はいざという時にはなかなか分からないものです。
マナーを前もって学んでおけば、その時が来てもあわてることはないですよね。

「終活ねっと」ではこの他にも葬儀やお墓に関するマナーや注意点を解説していますので、他の記事も参考にしてくださるとうれしく思います。
こちらの記事では、葬儀の費用相場や安くする方法について分かりやすくまとめていますので、ぜひお読みください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事