お骨拾い時のお箸についての疑問にお答えします

お骨拾い時のお箸についての疑問にお答えします

お骨拾いにはいろいろなマナーがあり、お箸にも意味があります。また、お骨拾いの箸には、種類や長さの違いなどあります。今回は、お骨拾いの時の箸にどんな意味があり、どのような歴史があるのか、詳しく解説します。

最終更新日: 2020年12月18日

お骨拾いの箸について知っていますか?

神棚

火葬に立ち会うと、お骨拾いの時に不思議に思うことはありませんか?
「2本の長さが違う?」「お箸の素材に左右で違いがある」「なぜ二人でお骨拾いをするのか」
そんな疑問を感じたことがあると思います。
実際に自分がお骨拾いをする場合に、マナーがわからずに戸惑ってしまうことがあると思います。

今回「終活ねっと」ではそんなお骨拾いの際に使用する箸について解説をしていきます。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

お骨拾いの際の箸についてのマナーを解説します。
その他にも、お骨拾いの箸に関する疑問や箸に関する日本文化もご紹介しているのでぜひ最後までお読みください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

お骨拾いのマナー

火葬場でのお骨拾いには、マナーがあります。
係の方が説明をしてくれますが、ふと「なんで?」と思うことがありませんか。
お骨の拾い方、箸の使い方などをご説明いたします。

お骨の拾い方

地域により違いが見られますが、ここでは一般的な方法をご紹介いたします。

火葬が終わると二人一組になって故人と関わりの深かった方からお骨を拾います。
ペアになった方々でそれぞれ長さと材質の違う箸が一組になった箸を持ち、お骨拾いします。

お骨は、足から順番に拾っていきます。
最後には再度、喪主様や遺族の方が喉仏を拾います。

箸渡しの仕方

こちらも地域により違いが見らます。
そもそも、お骨拾いの「箸渡し」には意味があります。

箸渡しの本来の作法は、箸から箸へと渡すことです。

故人が三途の川を無事にわたることができるように、親族らが心を込めて箸から箸に渡す(彼岸へ渡る)お手伝いをしていると伝えられています。
箸渡しは、ペアでお骨拾いをします。
拾い方には地域で違いが見られます。

お骨をお箸で拾い上げる時に、ペアの方と同時に拾い上げる方法と、一人の方がお骨を拾い、ペアの人に箸でつかんでいるままの状態で渡す方法(箸渡し)とあります。
ほとんどの場合、二人で同時に拾い上げる方法が取られています。

仮に失敗して落としても、落ち着いて指示に従ってください。
同じお骨を拾うのか、別の物を拾うのか、係の人の指示に従いましょう。
ペアで組むときはなかなか難しいものです。
掴む力・スピードを合わせる努力をします。

拾う順番

お骨拾いは、喪主を含めた遺族から始まります。
その後の順序としては、近親者、そして友人、知人という順番になります。
近親者でも血筋に近い方が優先されますが、基本的には順序の基準はありません。

男女一組で?

箸渡しでは、男女ペアで組むケースがあります。
指示があった時は、男性が左側、女性が右側で一緒に拾うか、箸渡しをします。
最後の方で、ペアが組めない時は、誰かが2回目のペアを組んであげましょう。

お骨拾いで使う箸に関するあれこれ

お箸の素材に違いや、長さの違いは何故あるのでしょうか?
地域により違いもありますが、基本的に拾骨には、違え箸を利用しています。

長さ・材質が違うのは何故なのか

お骨拾いの箸は竹と木のお箸のセットになっていることに気が付かれることでしょう。
これには意味があり、孔子によって伝えられた「親の遺骨を兄弟が相争って挟みあうのは、考のはじまりなり」が起源と言われています。

その他にも「食事時の箸では良くないので違え箸にする」「箸の違いにも気が付かないほど動転している」といった説もあります。

歴史的な流れ

日本では、古くから土葬が一般的で、火葬に変わってからお骨拾いは始まっています。
歴史的には新しく、日本の文化とも言えます。
お骨を拾うのに儀式的なものはなく、葬儀社が作った風習の可能性が大きいです。

仏教的にはお釈迦様が、自分の舎利を供養するように言われたと伝わっていますので、日本ではその言葉を利用したのではないかと言われています。

その他の箸に関する日本文化

他にも葬儀に関わる日本の文化をご紹介いたします。
他国ではあまり見かけない儀式がありますね。

死水

通称「末期の水」と言われています。
看取る時に飲ませる水と、葬儀の時に近親者で含ませる死水があります。
樒の葉等も用いて含ませてあげるお別れの儀式です。

死水を与える理由は、「死の直前に人は喉が非常に乾く」という説や、「相手を最後まで看病する」という説があります。
お釈迦様にも末期の水を与えたとされる伝説が語り継がれています。

立箸

仏様にお供えするご飯に箸を立てる作法があります。
元々は「強飯ですよ」という事を知らせるために箸を立てていました。
それがいつの間にか、仏様に備える時の作法になってきています。

参考までに、お供えするご飯を山盛りにするのは「死の旅で、食に寂しい道のりにならぬように」という願いが込められています。

帰家祭

帰家祭とは、神式の場合に無事に葬儀が終了したことを神様に報告する儀式を言います。
仏教の場合には見られませんが、神式では玉串奉奠を執り行います。
葬儀が終わり、通常の生活に戻ることを意味しており、直会とも言われます。

お骨拾いの箸についてのまとめ

お骨拾い時のマナーから、箸に関するたくさんの不思議な風習までご紹介しました。
また、宗派によってもいろいろな作法があります。

お骨拾いは日本独自の文化です。
今後も葬儀時に受け継がれていくことでしょう。

「終活ねっと」では他にも終活に関する様々な記事を掲載しています。
以下の記事では葬儀にかかる費用について詳しく解説をしていますので、ぜひあわせてお読みください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 告別式とは?その流れや通夜との違い、火葬と香典についても解説のサムネイル画像
    告別式とは?その流れや通夜との違い、火葬と香典についても解説

    告別式という言葉はよく聞きますね。故人とお別れをする告別式ですが、告別式とはどのようなものでしょうか。また、葬儀・葬式とはどこが違うのでしょう。今回は、それぞれの違いについて流れを含めて解説し、香典・御霊前・弔電などその他告別式に関する言葉について説明します。

  • 火葬のマナーとは?骨上げや精進落とし・服装のマナーも解説!のサムネイル画像
    火葬のマナーとは?骨上げや精進落とし・服装のマナーも解説!

    通夜と葬儀・告別式が終わった後は、火葬・骨上げの儀式を行います。参列する際には、どんな流れで行い、どんなマナーに注意しておくべきかを知っておきたいですよね。今回の記事では、火葬を行う時のマナーについて、精進落としでのマナーなどとともに詳しく解説していきます。

  • 葬儀の流れ|ご臨終から告別式まで・必要な手続きや日数も解説!のサムネイル画像
    葬儀の流れ|ご臨終から告別式まで・必要な手続きや日数も解説!

    親しい方が亡くなると、一般的には葬儀を行って故人をお見送りします。喪主の場合も、また参列者の場合も葬儀に関わるのであれば、葬儀の流れについて知っておくと、準備や当日の動きでいろいろと役立ちます。この記事では葬儀の流れの全てをわかりやすく解説します!

  • 近親者のみの葬儀の流れって?マナーや注意点とともにご紹介!のサムネイル画像
    近親者のみの葬儀の流れって?マナーや注意点とともにご紹介!

    現在では核家族化や高齢社会の影響もあり、故人の葬儀を近親者のみで執り行う方が増えつつあります。しかし近親者のみで葬儀をする際の流れやマナーを知らない方も多いのではないでしょうか?ここでは近親葬の一連の流れや必要なマナーについて、詳しく解説します。

  • キリスト教の葬儀の流れや香典の書き方って?服装やマナーも紹介!のサムネイル画像
    キリスト教の葬儀の流れや香典の書き方って?服装やマナーも紹介!

    みなさんはクリスチャンの葬儀に参列したことはありますか。全世界ではキリスト教の人口は多いですが、日本では1%未満とも言われていますので葬儀に参列する機会は少ないものです。今回の記事ではキリスト教の葬儀の流れや香典の書き方や服装、マナーについて説明いたします。

  • 葬儀後の告別式の時間と流れを解説!葬儀のマナーも紹介のサムネイル画像
    葬儀後の告別式の時間と流れを解説!葬儀のマナーも紹介

    最近では、葬儀と告別式が一連の流れで行われることが多く、葬儀と告別式の違いをご存知ない方も多いかもしれません。今回は葬儀後の告別式の時間と流れについて、告別式の受付から解散までの目安時間と内容を詳しく解説します。また、葬儀のマナーもご紹介いたします。

  • 葬儀で茶碗を割る意味とは?茶碗に箸を指す理由についても解説しますのサムネイル画像
    葬儀で茶碗を割る意味とは?茶碗に箸を指す理由についても解説します

    葬儀の際に、茶碗を割る光景を目にしたことはありませんか?「なぜ葬儀で茶碗を割るの?」と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。葬儀の際に茶碗を割るこの儀式には、故人を送るための大きな役割があります。葬儀と茶碗との深い関係性について詳しく紹介します。

  • ペット葬儀の料金を動物の種類・形式別に解説!供養の料金もご紹介!のサムネイル画像
    ペット葬儀の料金を動物の種類・形式別に解説!供養の料金もご紹介!

    ペットは家族同然の存在ですね。最近ではペットが亡くなったとき人と同じように葬儀するご家庭が増えてきました。しかしその料金体制は葬儀場によって様々です。今回はペットが亡くなったときペット葬儀にかかる料金そしてその方法を解説いたします。ぜひ最後まで読んでください。

  • 葬儀後に行うお骨拾いの手順とは?マナーや分骨の注意点などを解説!のサムネイル画像
    葬儀後に行うお骨拾いの手順とは?マナーや分骨の注意点などを解説!

    現在の日本の葬儀では、一般的な埋葬方法はほとんどが火葬となっています。葬儀後のお骨拾いは、一体どのようにして行われるのでしょうか?今回はそんなお骨拾いの正しい手順について、作法や注意点とともに紹介します。

  • 葬儀でご遺体を焼く場所の名称は?火葬の前後にすることや直葬も解説のサムネイル画像
    葬儀でご遺体を焼く場所の名称は?火葬の前後にすることや直葬も解説

    葬儀の流れの中には、葬るためにみんなで見守りながらご遺体を焼く、「火葬」という工程があります。本記事では火葬について、ご遺体を焼く場所の名称、火葬前後や火葬中にすることをご紹介するほか、新しい葬儀の形「直葬」についてもご紹介します。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事