葬儀案内状は誰に送る?案内状に書く内容やマナーについても解説

葬儀案内状は誰に送る?案内状に書く内容やマナーについても解説

身内の人が亡くなった時、遺族としてしなければならないことが沢山あります。葬儀案内状を送ることもその一つですが、「そもそも案内状ってどうしたらいいの?」と疑問に思いませんか?今回は葬儀案内状に関する様々な決まり事についてご紹介していきます。

2019-10-27

葬儀案内状とは

葬儀

身内の人が亡くなった時、会社の関係者などに葬儀の案内状を送らなければいけません。
ただ様式などに決まりがあるので、書くのはなかなか難しいですよね。

ここではそんな葬儀案内状の書き方をレクチャーしたいと思います。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

誰に案内状を送ったらいいの?

身内や親族などの身近な人へは電話連絡が一般的ですが、葬儀の規模などによってはFAXやメール・ハガキで案内状を送ることもあります。

大型葬や社葬の場合

電話連絡では伝え間違いが発生する可能性があるので、必ずFAXもしくはメールで案内状を送ります。
また、葬儀まで時間的に余裕がある場合はハガキで送る場合もありますが、この場合はなるべく早く送付の手配をします。

連絡の流れとしては、会社関係、クラブ活動、友人、自治会などの代表の方へまず連絡して、その方が各関係先へ連絡していく方法が一般的です。

家族葬の場合

身内などのごく内輪で行うのでは、遺族が直接親族へ電話連絡するのが一般的です。
場合によっては親しい知人にも連絡することがあります。
故人の意思を尊重しながらどの範囲の人までに連絡するのか、遺族でしっかり話し合いましょう。

また家族葬に呼ばない先への対応として、親しくしている親戚の方へは葬儀前に、仕事関係・友人の方や普段付き合いのない親戚の方へは葬儀後に、家族葬を行う旨を電話連絡やハガキなどで案内状を送りお知らせする必要があります。

香典を辞退する旨も忘れずに

家族葬を行うということは、ご近所や仕事関係の方の参列や香典・弔電・供花をお断りする必要があります。

特にご近所の方への連絡は自治会へ連絡して行うとスムーズです。
自治会長さんへ家族葬で行うことを早めに連絡して、できれば回覧板などで告知していただくようお願いすると良いでしょう。

親しいご近所の方へは直接挨拶に伺ってお伝えします。




案内状にはどんなことを書くべき?

案内状には、「誰が」「いつ」亡くなって、「いつ」「どこで」「誰が」通夜や葬儀を執り行うのかを明確に記載する必要があります。

また、香典や弔電・供花を辞退する場合はその旨も記載します。

句読点を使わないことについて

葬儀案内状を作成する際は、「文中で句読点を使わない」という決まりがあります。

その理由として、かつて毛筆で文章を縦に書いていた頃の習慣として句読点や読点を用いていなかったなごりから

  • 正式な挨拶状には句読点を使わないとされていること

  • 葬儀が滞りなく行われるように途中で途切れることを思わせる句読点を使わないとされていること

  • 読みやすさのために用いられる句読点が逆に読み手に失礼に当たるとされていること

などが挙げられます。

偽造はしてはいけません!

あってはならないことですが、もちろん葬儀案内状を決して偽造してはいけません。

例えば、学校や会社などを休むための理由として「親族が亡くなった」と嘘を言ったとします。
もし忌引き休暇の申請に必要な書類の提出を求められたとしたら、どうしますか?

インターネットや印刷技術が進歩している現在では、葬儀案内状を自分もしくは業者が偽造することは容易なことです。

しかし、それは「文書偽造の罪」というれっきとした犯罪になります。

文書偽造の罪とは

文書偽造の罪とは、刑法第17章に規定されており、文書などを偽造・変造したり、虚偽の文書を作成することによって成立する罪です。

葬儀案内状を偽造したり、偽造された葬儀案内状を利用しようとしたり、また実際に利用したりすると、「私文書偽造等罪(刑法159条)」「偽造私文書等行使罪(刑法161条)」によって罰せられる可能性もあります。

実際には、「葬儀案内状を偽造し利用したから犯罪だ!」とは必ずしもならないでしょう。
しかし人の死を自分の為に利用することは、自分の社会的信用を失墜させ、人間性を疑われる行為です。

人の死については、常に誠実な姿勢でありたいものです。

葬儀案内状のまとめ

ここまで葬儀案内状について述べてきましたが、いかがでしたか?

急な不幸があっても、悲しむ気持ちを落ち着ける暇もなく、遺族としてするべきことは山ほどあります。
その状況の中で、「亡くなったことや通夜・葬儀のことを誰に知らせる?どうやって知らせる?どの範囲まで知らせる?」と迷い、気持ちが焦ってしまうことは仕方のないことです。

そんな時に少しでもスムーズに事を運べるように、家族が亡くなった時のことを事前に話し合う機会を設けても良いのかもしれませんね。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「葬儀・案内状」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像 1
    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像 2
    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像 3
    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像 4
    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像 5
    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像 6
    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料