お通夜でのやり取り、双方の挨拶の言葉を確認しましょう。

お通夜での挨拶、あなたはどうしていますか?お通夜に弔問で伺う場合と、喪主の立場での挨拶について知っておくと安心ですね。

目次

  1. お通夜での挨拶について知りましょう
  2. お通夜の挨拶で覚えておくべきマナー
  3. 受付での挨拶
  4. 喪主の挨拶
  5. 遺族の挨拶
  6. お通夜の挨拶まとめ

お通夜での挨拶について知りましょう

葬儀を執り行う側になると、様々な場面で挨拶をしなければなりません。
ただし間違った挨拶をしてしまうと、弔問に来てくださった方に失礼ですよね。
また弔問に行く側としても、間違った声かけをしてはいけません。

ここで弔問の際の正しい声かけを知っておくことで、葬儀の際も慌てることなく済みます。

例文も載せてあるので、葬儀の時の参考にしてください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

お通夜の挨拶で覚えておくべきマナー

玄関先まで見送らない

喪主や遺族は弔問客を玄関口まで出迎えたり見送らないのがマナーと言われています。
通夜式の行われた部屋にとどまり目礼します。
相手が僧侶や目上の方であっても同様です。

理由は「故人がついてくる」「故人に呼ばれる」などの古い言い伝えによる慣習で通夜や葬儀から自宅に帰った時に玄関で塩をまく慣習と同じ理由と言われています。

現代では見送る方も多いのですが、全国的に行われている慣例という事を知っておくとよいですね。

受付での挨拶

お通夜の受付の挨拶にはどのような言葉を使えばよいのでしょうか。

「御愁傷様」は使ってもいいの?

キリスト教の場合には「お悔やみ」や「御愁傷様」という言葉は使いません。
死後の世界は永遠の命のはじまりとされているためです。

しかし多くの仏教式のお通夜では「ご御愁傷様でございます」という言葉は一般的な挨拶としてよく使われています。

使える例文

では実際にお通夜でどのような挨拶をすれば良いのでしょうか?

「このたびは御愁様でございます」
「このたびはお悔やみ申しあげます」
「このたびは突然の事で本当に驚きました。
御愁傷さまでございます」
「本当に残念です」
「本当に残念に思います」
「大変お気の毒な事でございます」
「ご生前には大変お世話になりありがとうございました」
など、控え目な声で手短にすませましょう。

キリスト教の場合には「安らかな眠りにつかれますようお祈りいたします」などの挨拶もあります。

「このたびは、」とその後の言葉がでない事もあると思います。
お通夜の場においてはそれでもよいといわれています。
状況によって「何かお手伝いできることがあればお声掛けください」と付け加えるとよいでしょう。

宗教によっては使われない言葉

「御冥福をお祈りいたします」
この言葉はキリスト教やイスラム教、神教、浄土真宗では使われません。

宗教によって死後の世界についての教えや解釈が異なり、「死後の世界での幸福をお祈りします」という意味合いの言葉は好まれない場合もあります。

使わない方がよい言葉

お通夜では不幸が重なる事を連想させる忌み(いみ)言葉は使わない様に気をつけましょう。
お通夜や葬儀の忌み言葉は「たびたび」「重ね重ね」「また」「再び」「続く」「次々」「返す返す」「浮かばれぬ」「迷う」などがあります。

具体的には「くれぐれもお力落としのありませんように」の代わりに「どうぞお力落としのありませんように」と言ったり、「たびたびお世話になりました」の代わりに「いつもお世話になりました」と言い換えられます。

避けた方がよい言葉

突然の訃報でも生死についての直接的な質問や言葉は避けましょう。
また親しい付き合いのあった遺族に対して何か言葉で元気づけたいという気持ちから「元気だしてね」「頑張ってね」などと、亡くなって間もないお通夜の場面で励ます必要もありません。

「天寿を全うされた」は使ってよい?

故人が高齢で亡くなった場合、「天寿を全うされて」「大往生でしたね」などの言葉を弔問する側が使う事はタブーです。

会葬例品を受け取る時の挨拶

会葬例品を受け取る時には「恐れ入ります」と言って受け取るとよいでしょう。

喪主の挨拶

喪主は色々な場面で挨拶が必要になってきます。
葬儀社に僧侶の依頼をお願いする事もありますが菩提寺がある場合には僧侶への連絡から挨拶が必要になってきます。
ここでは僧侶への連絡からお通夜を終えるまでに考えられる場面毎に例文を紹介していきます。

使える例文

僧侶への連絡時の挨拶

「○○(簡単な住所)の○○と申します。
このたび○○が亡くなりましたのでご住職様に枕経をお願いいたしたく連絡させて頂きました。
ご都合の程はいかがでしょうか。


最近は枕経を省略する事も多くなったと言われますが、枕経をあげて頂いた場合にはその後に通夜日程などの相談をするとよいですね。

僧侶を迎える時の挨拶

「お越しいただきありがとうございます。
不慣れな事でございますのでご指導お願い致します。
では、こちらで宜しくお願い致します。

僧侶にお布施を渡す時の挨拶

「本日はおまいりいただきありがとうございました。
お陰様で無事に通夜を執り行う事ができました。
どうぞこちらをお納めください。

お通夜の世話役やお手伝いの方への挨拶

「本日はお世話になります。
不慣れな事ばかりでして、何かお気づきの事がありましたら遠慮なくおっしゃって下さい。
どうぞ宜しくお願い致します。

弔問客への挨拶

「お気遣い恐れ入ります」
「お忙しいところ、お越しいただきありがとうございます」
「ご多用のところ足をお運びいただき恐れ入ります」
「お心遣いありがとうございます」
「生前は○○が大変お世話になりました」

喪主側としても繰り返しを連想させる忌み言葉は使わない方がよいです。
具体例として「まだまだ長生きしてほしかった」を言い代えて「もっと長生きしてほしかった」
「重ねてお礼申し上げます」を「あらためてお礼申し上げます」と言い代える事ができます。

通夜終了時の挨拶

「本日はお忙しい中○○のために足をお運び頂きありがとうございます。
お陰様をもちまして滞りなく通夜を終える事ができました。
葬儀、告別式は○日○時からでございます。
本日はまことにありがとうございました。

通夜振る舞いがある場合には

通夜振る舞いは通夜終了時の挨拶で葬儀日程お知らせの前か後に

「大変ささやかではありますが別室に粗茶を用意いたしましたのでどうぞお召し上がり下さい。
本日はまことにありがとうございました。


などと加えるとよいです。
その時につなぎの言葉として「また」などの忌み言葉は使わないように気をつけたいですね。

通夜振る舞い終了時の挨拶

「皆さま本日はまことにありがとうございました。
故人も皆さまにお集まり頂き感謝している事と存じます。
生前に皆さまからいただきましたご厚情に厚くお礼申し上げるとともに今後とも私ども遺族に変わらぬお付き合いを賜ります様お願い申し上げます。
夜も更けてまいりました。
後は家族で守りますのでどうぞご自由にお引き取り下さいませ。
本日はまことにありがとうございました。


通夜振る舞いの時の喪主の行動は地域によって様々です。
一般的に弔問客の間をまわる必要はなく祭壇の横に着席し遅れていらっしゃる弔問客の挨拶を受けたり通夜振る舞いに参加されない方への挨拶をします。

ただし地域によっては喪主が御酌をして挨拶する地域もあるようなので葬儀社の方や近しい方に確認しておくとよいと思います。

遺族の挨拶

遺族が挨拶をする時はどういう場面が考えられるでしょうか?
ここではお通夜の連絡をする時の挨拶を紹介します。

使える例文

親族への連絡

「○○です。
○時に○○(故人の名前)が亡くなりました。
今病院から電話をしています。
これから○○(連れて帰る場所)に連れて帰ります。

故人の関係先への連絡

「○○(故人の名前)の○○(故人との続柄)でございます。
いつも○○(故人の名前)がお世話になっております。
実は○日に○○(故人の名前)が亡くなりましたので連絡させて頂きました。
通夜は○日○時から○○(場所)で行います。
大変お手数ですが関係者の皆さまにご連絡をお願いいたします。
どうぞ宜しくお願い致します。

親しい方への連絡

「○○です。
実は○日○時にに○○(故人の名前)が亡くなりました。
通夜は○日○時から○○(場所)で行いますので宜しくお願い致します。

近所の方への連絡

「○○です。
いつもお世話になっております。
○(故人)が亡くなりましたので連絡させて頂きました。
通夜は○日○時から○○(場所)で執り行います。
しばらくの間人の出入りなど何かとご迷惑をおかけしますが宜しくお願い致します。

学校への連絡

「○年○組○○(子の名前)の○○(続柄)です。
いつもお世話になっております。
○○が亡くなりまして、○日まで学校を休ませたいと思いますので宜しくお願いします。

お通夜の挨拶まとめ

葬儀

今回はお通夜の挨拶について紹介しました。

故人と遺族の気持ちを思うと言葉にならない事もあります。
たとえ言葉が見つからなくて言葉につまってしまってもそれは失礼にはあたりません。
故人や遺族を思いやる気持ちが何より大切だと思います。

また弔問客を迎える立場でも素直な言葉で感謝の気持ちを伝えるとよいのではないでしょうか。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

シェアする

「お通夜・挨拶」に関連する記事

  • 通夜での親族代表の挨拶例文をご紹介!受付での挨拶やマナーも解説のサムネイル画像

    通夜での親族代表の挨拶例文をご紹介!受付での挨拶やマナーも解説

    故人との最後のお別れの時間となる通夜では、受付ではどのような挨拶をしたらいいのか、親族の代表である喪主なら通夜の挨拶はどうするのかと思っている人もいるのではないでしょうか。ここでは、通夜での弔問客や親族の代表である喪主の挨拶について紹介します。

  • 葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説のサムネイル画像

    葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説

    通夜や葬儀で喪主を務めるときに挨拶を行いますが、どのようなことを話せばよいのか悩みますよね。喪主として挨拶を行うタイミングや、使ってはいけない忌み言葉など知らないことがあると不安になります。今回は、葬儀で喪主として挨拶する時の例文なども含めて紹介します。

  • 葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介しますのサムネイル画像

    葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介します

    葬儀は誰にとっても非日常的な出来事です。喪主としての挨拶や、友人や職場代表としての弔辞などは、一生のうちにあるかないかの経験だと思います。不慣れで当然ですが、最低限、押さえておきたいマナーもあります。今回は、葬儀の挨拶について詳しく解説いたします。

  • 家族葬で喪主がやることって?喪主の挨拶やマナーも解説しますのサムネイル画像

    家族葬で喪主がやることって?喪主の挨拶やマナーも解説します

    家族葬をするとなると、喪主について考えなくてはいけませんよね。家族葬に招かれることはそうないので、家族葬の喪主をどのように行えばよいのだろうという疑問がわきます。今回は家族葬で喪主が知っておくべきことについて解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 家族葬での喪主の挨拶は必要?文例やタイミングについて紹介しますのサムネイル画像

    家族葬での喪主の挨拶は必要?文例やタイミングについて紹介します

    家族葬は身内だけで簡単に行える葬儀ですが、喪主の挨拶は必要です。家族葬で喪主が挨拶するタイミングや内容は一般の葬儀と違うこともあります。今回は、家族葬で喪主が挨拶をするタイミングや文例について紹介します。

  • 家族葬での通夜の挨拶の例文や参列されない一般客への挨拶を紹介!のサムネイル画像

    家族葬での通夜の挨拶の例文や参列されない一般客への挨拶を紹介!

    最近増えつつある家族葬では通夜が省かれることもありますが、省かない場合はどのように執り行えば良いのでしょうか。ここでは家族葬における通夜の挨拶について解説させていただきたいと思います。家族葬なのでお招きできなかった方への挨拶の仕方もご紹介します。

  • 家族葬での喪主の挨拶は本当に必要?挨拶の例文も紹介しますのサムネイル画像

    家族葬での喪主の挨拶は本当に必要?挨拶の例文も紹介します

    費用面などから家族葬を検討する方は多いのではないかと思います。しかし家族葬で喪主の挨拶が本当に必要か、必要ならどういった形で行うべきか分からない方も多いのではないでしょうか。今回は家族葬で喪主がどのような挨拶をすべきかを紹介します。ぜひご覧ください。

  • 葬儀での喪主の挨拶の文例は?挨拶のタイミングや注意点をご紹介のサムネイル画像

    葬儀での喪主の挨拶の文例は?挨拶のタイミングや注意点をご紹介

    葬儀において喪主を務めないといけなくなった場合、忘れてはいけないのが挨拶です。喪主の挨拶は葬儀において必ず必要なものであり、悲しい気持ちを堪えながらも挨拶の言葉と参列者へのお礼を述べないといけません。今回は喪主が葬儀で行う挨拶について解説をさせていただきます。

  • 葬儀の受付での挨拶の文例って?挨拶のマナーや通夜での挨拶も解説!のサムネイル画像

    葬儀の受付での挨拶の文例って?挨拶のマナーや通夜での挨拶も解説!

    葬儀は非日常です。突然の葬儀に際して受付でどのように挨拶したりすればよいか自信のある方は少ないでしょう。葬儀の受付の手伝いを頼まれたりすればなおさらです。弔問客として、または、ご遺族側のお手伝いをする場合、それぞれについて葬儀の挨拶のマナーをご説明します。

  • 葬儀と通夜の挨拶の違いは?具体例・注意点や参列者の挨拶も解説のサムネイル画像

    葬儀と通夜の挨拶の違いは?具体例・注意点や参列者の挨拶も解説

    一般的な葬儀は通夜のあと告別式を行います。通夜と告別式で喪主は弔問客へ挨拶を行います。通夜の挨拶内容と葬儀の挨拶内容は一緒でよいのかどうかなど、喪主の経験ないので分からないと思います。そこで今回、葬儀と通夜の挨拶内容や注意点、また参列者の挨拶も説明いたします。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お通夜・挨拶」についてさらに知りたい方へ

通夜での親族代表の挨拶例文をご紹介!受付での挨拶やマナーも解説のサムネイル画像

通夜での親族代表の挨拶例文をご紹介!受付での挨拶やマナーも解説

葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説のサムネイル画像

葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介しますのサムネイル画像

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介します

家族葬で喪主がやることって?喪主の挨拶やマナーも解説しますのサムネイル画像

家族葬で喪主がやることって?喪主の挨拶やマナーも解説します

家族葬での喪主の挨拶は必要?文例やタイミングについて紹介しますのサムネイル画像

家族葬での喪主の挨拶は必要?文例やタイミングについて紹介します

家族葬での通夜の挨拶の例文や参列されない一般客への挨拶を紹介!のサムネイル画像

家族葬での通夜の挨拶の例文や参列されない一般客への挨拶を紹介!

家族葬での喪主の挨拶は本当に必要?挨拶の例文も紹介しますのサムネイル画像

家族葬での喪主の挨拶は本当に必要?挨拶の例文も紹介します

葬儀での喪主の挨拶の文例は?挨拶のタイミングや注意点をご紹介のサムネイル画像

葬儀での喪主の挨拶の文例は?挨拶のタイミングや注意点をご紹介

葬儀の受付での挨拶の文例って?挨拶のマナーや通夜での挨拶も解説!のサムネイル画像

葬儀の受付での挨拶の文例って?挨拶のマナーや通夜での挨拶も解説!

葬儀と通夜の挨拶の違いは?具体例・注意点や参列者の挨拶も解説のサムネイル画像

葬儀と通夜の挨拶の違いは?具体例・注意点や参列者の挨拶も解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「お通夜・挨拶」についてさらに知りたい方へ

通夜での親族代表の挨拶例文をご紹介!受付での挨拶やマナーも解説のサムネイル画像

通夜での親族代表の挨拶例文をご紹介!受付での挨拶やマナーも解説

葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説のサムネイル画像

葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介しますのサムネイル画像

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介します

家族葬で喪主がやることって?喪主の挨拶やマナーも解説しますのサムネイル画像

家族葬で喪主がやることって?喪主の挨拶やマナーも解説します

家族葬での喪主の挨拶は必要?文例やタイミングについて紹介しますのサムネイル画像

家族葬での喪主の挨拶は必要?文例やタイミングについて紹介します

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと