弔問時のマナー|日程・服装・持ち物・言葉遣い・会社関係

弔問時のマナー|日程・服装・持ち物・言葉遣い・会社関係

通夜や葬儀などの弔問は、いつも突然の出来事です。そのため、慌ててしまって何をすればいいかわからなくなったり、マナーを忘れてしまったりしませんか?今回はそんな突然の弔問にも慌てずに対応できるように、弔問の際のマナーについてご紹介していきます。

最終更新日: 2020年03月07日

弔問の時に気をつけるべきマナーは?

仏壇

近しい人が亡くなった時、お通夜や告別式など弔問に行くことになります。
ただこういう式は、マナーがきっちりしていて難しい印象ですよね。

そんな中でマナーを守れずに弔問していては、恥をかくはめになってしまいます。
そのような事がないように、弔問する際のマナーを知識として事前におさえておきましょう。

そこで今回「終活ねっと」では、弔問の際のマナーについて、以下の事柄について解説していきます。

  • 弔問とは何か

  • いつ弔問すればいいのか

  • 弔問する際に気を付けるべきこと

  • 弔問に行けなかったときの対応

  • 会社関係の人を弔問するときのマナー

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

弔問に関するマナーの全てを詳しく説明しているので、弔問で失礼な行為をして失敗したくないという方は、ぜひ最後まで読んでいただければ幸いです。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

弔問とは?

困った人々

そもそも弔問とは何なのでしょうか?
弔問とは、遺族を訪ねてお悔やみの言葉を伝えることです。

故人の三親等以内の親族や、故人と生前特に親しかった方は、訃報を受け次第すぐに弔問へ向かいます
この場合は、お通夜の前に弔問に行くことになります。

また、故人とそれほど親密な関係になかった方や、お通夜・告別式に参加できなかった場合は、葬儀が終わった後に弔問に行くことがマナーとなります。
これは、ご遺族は葬儀に関することに追われていて心身ともに疲弊しており、葬儀前にそれほど沢山の人たちに来てもらっても対応に忙しくなるからです。

葬儀の前後どちらに弔問に行く際も、ご遺族の方に事前にきちんと確認をとってから行くようにしましょう。
人によっては疲れ切ってしまって、「来てほしくない」と弔問を拒否することもあります。

弔問する際のマナーについて

仏壇

弔問とは何かをご説明しました。
しかし実際に弔問をするときはどのような作法の決まりがあるのでしょうか?
ここからは、葬儀前後に弔問する際のマナーについてご紹介していきます。

必ず事前に連絡する

葬儀前後は、ご遺族は慌ただしいもので、悲しむ暇もないようなことがほとんどです。
そんな中、連絡もせずに来る色んな弔問客を対応するよりは、ゆっくりとご遺族だけで悲しみに浸っている方が有意義だと感じる方々も多いです。

そのため、こちらの弔問がかえってご遺族にとっては迷惑と捉えられることもあります。
いくら故人を弔問したいという気持ちが強かったとしても、ご遺族の気持ちを優先させてあげるようにしましょう。

しっかりと事前に弔問することを確認するのがマナーです。
もちろん、行く前に弔問することを確認しているならば、心配せずに弔問に行って問題ありません。

香典・手土産についてのマナー

お通夜前の弔問では香典は不要ですが、葬儀に出られないなどで香典を渡せなかったなどの場合は、葬儀後の弔問で香典を持っていくのが一般的です。

また手土産も特に必要はないですが、持参したい場合は、故人が好きだったお菓子や花などを持っていくようにします。

花は、故人の枕元に供えて「枕花」と呼ばれ、白や青などの比較的落ち着いた色のものを選びます。
花の値段の相場は、5000円~2万円ほどです。

服装についてのマナー

弔問に伺う前に、着ていく服装を決めなければいけません。

葬儀前後で弔問に向かう際は、喪服より平服の方が望ましいです。
なぜなら喪服で弔問に向かうと、その人の死を予見していたかのように感じられることがあり、かえって失礼にあたるからです。

平服とは、男性の場合はダークスーツなどの落ち着いた印象のもの、女性の場合はアンサンブルスーツなどを着用し、子供には制服または暗めの色でフォーマルな格好をさせましょう。
ただ、これらの服装で準備をするのが難しい場合には、カジュアルな格好や派手な格好でなければ普段着でも大丈夫です。

また、殺生を連想させる革製のものは身に着けないようにし、弔問の場に合うように、光沢のあるもの・装飾・濃い化粧などは避けるようにしましょう。
また、あれば最善ですが、数珠はなくても失礼にはあたりません

遺族の自宅の玄関先ではどうすればいいの?

さて、いざ弔問に伺ったとき、まずどのようにご遺族と接すればいいのでしょうか?

まず、玄関先でお悔やみの言葉を伝えます。
そして、香典や手土産がある場合は渡します。
そのあと、故人との対面やお焼香のために家に上がらせてもらうことが多いですが、自ら入室を申し出るのは失礼なので、ご遺族の方から入室を促されるのを待つようにしましょう。

ご遺族の方から部屋に入るように申し出がなかった場合には、無理に上がろうとせず、そのまま引き返しましょう

言葉遣いのマナー

弔問の際は、お悔やみの言葉をご遺族に伝えることになります。
そのとき、このような改まった場だからこそ、言葉遣いに注意しなければなりません。

お悔やみは、悲しみを深めないよう遺族へのいたわりを心がけます。
やや小さい声で長くならないように気をつけながら、思いやりの言葉を添え哀悼の意を表します。

言葉にならないような場合、あえて言葉を通さなくても気持ちが伝われば大丈夫です。
また、お悔やみの言葉を言う際は、長くなりすぎないように心がけてください。

弔問も含む葬儀に関係する場では、使ってはいけない忌み言葉という言葉があります。
忌み言葉には、不幸が重なるイメージに繋がるものや、死を直接連想させるものがあります。

ここでは、忌み言葉の例をご紹介します。

  • 度々、重ね重ね、くれぐれも

    同じ音を繰り返していて、不幸が重なることを連想させる

  • 再び、追って、繰り返し

    不幸が続くことを想起させる

  • 死ぬ、生きている頃

    死を直接連想させる

  • 消える、迷う、浮かばれない

    不吉な言葉で、霊的な恐怖や死に間接的に繋がる

  • 終わる、敗れる、切れる

    一般的に縁起が悪い

このような言葉遣いは、言い換える気遣いも大切です。

ただ、忌み言葉をどう言い換えたらいいかわからない、もっと忌み言葉について詳しく知りたい、という方もいらっしゃると思います。

そんな方は、以下の「終活ねっと」の記事で忌み言葉について詳しくご紹介しているので、ぜひご参照ください。

遺族の自宅に長居しない

自宅弔問で一番注意しなければならないことは、長居をしないということです。
遺族は、今後の手続きや準備などで追われる日々を過ごしてるはずです。

そのため、悲しみを実感できないほど疲れていることでしょう。
そんな中で自宅へ伺わせていただくので、長居は厳禁です。

葬儀後日の弔問の日程について

故人と親密な関係にあった場合はすぐに駆けつけますが、そうでなかった場合は、どのタイミングで弔問に向かえば良いのでしょうか?
葬儀後に弔問に伺う場合は、葬儀3日後頃~49日までの間に訪問するようにします。
これは一般的に、四十九日に納骨をしてしまうためです。

四十九日以降は弔問に訪れないことがマナーですので、忙しくて行ける時間のない場合は、弔問をあきらめましょう。

下記の記事では、葬儀の後日で気を付けるべきお悔やみの言葉について紹介しています。
ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。

弔問に行けなかった際のマナー

困った人々

こちらの日程が合わなかったり、弔問を断られてしまい、葬儀にも葬儀前後の弔問にも行けなかった場合はどうすればよいのでしょうか?
弔問は義務ではありません。
弔問に行く時間がない場合などには、弔問以外の方法でお悔やみの気持ちを伝えることもできます。

ここでは、弔問に行けなかった際のマナーについてご紹介します。

弔電を打つ

弔電とは、弔事専用の電報で、お悔やみの気持ちを伝えるためのものです。

お悔やみの手紙との違いは、告別式において披露されるという点です。
ただし弔電の披露は、喪主の希望によって省略されることもあります。

告別式で披露されるため、告別式の1時間前までには届くようにします。
また弔電の書き方ですが、宛先は告別式の斎場を、宛名は喪主の氏名を記入し、差出し人で名前の横に故人との間柄を記入することで故人との関係性を明記します。
文面で故人について触れるときは、喪主との関係性にしたがって敬称を使い分けることにも注意が必要です。

お悔やみの手紙や香典を郵送する

お悔やみの手紙とは、弔問に向かえない時にご遺族に送る手紙で、お悔やみの気持ちを伝えるためのものです。

お悔やみの手紙を書く際は、派手でないシンプルなデザインの便箋と封筒を選び、二枚の便箋を使用したり、二重の封筒を使うのは避けましょう。
また、通常の手紙とは異なり、「拝啓」などの頭語や時候の挨拶は省略し、忌み言葉を使わないように気を付けましょう。

また、お悔やみの手紙を送る際は、一緒に香典を同封することもできます。
香典を送るときは、お悔やみの手紙を入れる封筒の中に、不祝儀用ののし袋を入れましょう。
香典を送ると、香典返しという返礼品を用意するマナーもありますので、そういった手間がご遺族の負担になるという考えで送らない人も多いです。

また、香典返しについて知りたいという方は、「終活ねっと」の以下の記事もご覧ください。

会社関係の人の時の弔問マナー

人々

会社関係者の場合は、故人との付き合いの程度によって弔問マナーも違ってきます。
また、取引先などの関係者の場合は、会社としての対応も問われてくるので、独断で行動するのではなく上司に報告し指示を仰ぐことが大切です。

取引先の弔問時のマナー

取引先の関係者への弔問の際には、自分の立場を明確にすることが弔問時のマナーです。
仕事上の関係者は知っていても遺族には誰が弔問に来てくれたのかわかりません。
そのため、弔問用の名刺を用意し、お悔やみの言葉とともに渡します

一般的に、名刺の右上には「弔」の文字を書きます。
または、左下を少し折り曲げます。
これらは弔意の表現になるため覚えていくと良いですね。
また、上司の代理での弔問なら、上司の名刺に「弔」を書き、自分の名刺には「代」を書いておくのがマナーです。

会社の上司や同僚の弔問時のマナー

上司、同僚など親しい会社関係者が亡くなった場合は、会社からの見舞金などの他に、個人的な弔問と香典が必要になります。
原則は通夜に弔問して個人の香典を渡し、会社からの香典は告別式に列席して渡すのがマナーです。

弔問の際のマナーについてまとめ

仏壇

いかがでしたか。
今回「終活ねっと」では、弔問の際のマナーについて以下のことを解説してきました。

  • 弔問とは、ご遺族を訪ねてお悔やみの言葉を伝えにいくことで、故人と親密な関係にあった場合は訃報を受け次第すぐに伺い、そうでない場合や葬儀に参列できない場合は葬儀三日後頃から49日までの間に伺う。

  • 弔問する際は必ず事前に弔問に行く旨を連絡し、ご遺族に断られたら弔問を諦める。

  • 葬儀で香典を渡せない場合は弔問時に香典を渡してもよく、手土産は故人の好きだったお菓子や花などを選ぶ。

  • 服装は、平服かフォーマルな格好を着用して喪服は避けるようにし、革製のものや装飾・光沢のあるもの・濃い化粧は控えるようにする。

  • 遺族の自宅では玄関先でお悔やみの言葉を伝え、手土産や香典があれば渡して、ご遺族から入室を促されたら家に上がるが、長居は避けるべきだ。

  • 弔問時は丁寧な言葉を心がけ、忌み言葉を使ってしまわないように注意する。

  • 弔問に行けなかった際は、お悔やみの手紙か弔電を送るもので、この違いは告別式で披露されるかどうかであり、お悔やみの手紙にはお香典が同封できる。

  • 会社関係者を弔問する場合は、取引先の人か会社の内部の人かによっても、弔問の際のふるまいは変わってくる。

弔問の際のマナーは、故人との関わりや付き合い方によっても違ってきます。
しかし、基本は故人を偲び、遺族をいたわる気持ちが大切ですね。

またこの記事では、葬儀前後の弔問についてご説明してきましたが、お通夜とお葬式のマナーについて知りたい方は、「終活ねっと」の以下の記事もあわせてご覧ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事