葬儀後の弔問時の服装は?持ち物や香典、時間帯など弔問マナーを解説

葬儀後の弔問時の服装は?持ち物や香典、時間帯など弔問マナーを解説

葬儀には、色々な用事が重なって行きたくても行けない場合があります。その場合、遺族の家に葬儀後の弔問をしますがどのような服装を着て、持ち物を持っていけばいいのでしょうか。この記事では、葬儀後の弔問について服装やお供え物、挨拶などのマナーについて詳しく紹介します。

最終更新日: 2019年09月28日

葬儀後の弔問について

葬儀

重要な用事と被ってしまった、葬儀の連絡を受け取るのが遅かった、など様々な理由で葬儀に行けないこともあると思います。
けれども生前お世話になった方には最後にご挨拶しておきたいですよね。

今回「終活ねっと」ではそんな場合のために、葬儀後の弔問について

  • どのような場合に葬儀後に弔問をする?

  • 葬儀後の弔問時の服装は平服でいい?

  • 葬儀後の弔問時に必要な持ち物とは

  • 葬儀後の弔問で香典は渡すべき?

  • 葬儀後の弔問で気をつけるべき注意点

以上の項目を中心に紹介していきたいと思います。
葬儀後の弔問での服装や、その他身だしなみで気をつけること、香典を辞退された場合の対応など詳しく葬儀後の弔問について紹介しております。

ぜひ最後までご覧ください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

どういった場合に葬儀後弔問をする?

葬儀

葬儀後の弔問は、必ず行う必要のある義務ではありません
それ故に義務感よりもむしろ、「相手にどうしても弔意を伝えたい」という積極的な意志によって行われる事が多いです。

また、葬儀に行けなかった場合にのみ行われるのが一般的であり、既に葬儀や告別式で故人に別れを告げている場合には葬儀後の弔問は行わないのが一般的です。

葬儀後の弔問は、義務ではなく必ずしも行わなければならないものではありません。

葬儀後の弔問の服装は平服でいい?

葬儀

葬儀後の弔問に行く際にはどのような服装でいけばいいのでしょうか。
ここでは、葬儀後の弔問時の服装について詳しく紹介いたします。

喪服で行ってはいけない?

葬儀後の弔問に伺う際には、喪服で行ってはいけません
遺族の方は、日常が戻っているので喪服で行くことのないようにしましょう。

極端に派手、ないしはラフでない限りは特に規定は有りませんが、落ち着いた色合いの服装にするのが一般的です。

弔問時にふさわしい平服とはどんな服装?

それでは弔問時にふさわしい平服とはどのような服装なのでしょうか。
具体的には、男性の服装はスーツやジャケット・シャツ、女性の服装はアンサンブルスーツやワンピースなどがいいでしょう。

落ち着いた色合いで、派手な印象を受けないシンプルなものにしましょう。
お線香をあげる際にお座敷に正座する場面もあるので、女性はミニスカートなどで行かないようにしましょう。
また、お家にお邪魔するので素足にならないように靴下やストッキングを準備していきましょう。

服装以外で弔問時に気をつけること

服装以外で弔問時に気をつけるべきことは、アクセサリーです。
結婚指輪以外のアクセサリーはできる限り外す方がいいでしょう。

また、女性に関しては濃いメイクは避ける方がいいです。
落ち着いた印象で弔問できるように、チークやアイシャドウ、リップは薄めの色をつけることをおすすめします。

葬儀後の弔問時に必要な持ち物

仏壇

葬儀後の弔問の際の持ち物には、決まりごとがあります。
ここでは、弔問時の持ち物について詳しく紹介いたします。

お供え物・供物・供花に適したものは?

葬儀後の弔問の際に持っていくお供え物は特別なものにする必要はなく菓子折や果物など定番の物で大丈夫です。

高価なものは、遺族の方に気を遣わせてしまう可能性があるのでだいたい4000円以内のものにしましょう。
ただし、日持ちのしない魚介類や肉類等、生ものを持っていってはいけません。

また、お花や線香、ろうそく等、お参りに使えるものを一緒に持っていくとよりベターです。
特にお花は、どの宗教であっても喜ばれます。

故人の好きだったお花を選ぶとよりいいですが、バラなどトゲのある花でなければ種類は問いません。
しかし、白や色彩の薄い色のお花にするのがいいでしょう。

手土産は必要?

葬儀後の弔問の際には、特に手土産を持っていく必要は有りません
ただ、持っていくこと自体は可能であり、とりたてて手土産に関して厳格な決まりはありません。

特別お世話になった方や、思い入れのある方の場合は感謝の気持ちを込めて手土産を持って行くのもいいでしょう。

数珠は持っていくべき?

弔問する際は、なるべくご自身の数珠を持っていくようにしましょう
ただし、故人やご遺族の宗教が仏教でなければ数珠は必要ありません。

葬儀後の弔問で持参するお供えについては以下の記事で紹介しておりますので、あわせてご覧ください。

葬儀後の弔問で香典は渡すべき?

仏壇

葬儀後の弔問の際の香典はどのようにしたらいいのでしょうか。
ここでは、弔問時の香典について紹介いたします。

香典に特別なことは必要?

弔問が遅くなってしまったからと言って、金額を特に増やす必要はありません
ただ、香典を入れる封筒、いわば不祝儀袋に書く表書きの表記が時期によって変わっていきます。

四十九日を超えた場合に、表書きが御仏前となります。
なお、四十九日の前であれば、「御霊前」という表書きを書くのが一般的です。

お返しはどうすればいい?

葬儀後の弔問で香典を貰った場合、特別なお返しをする必要は特になく、他の葬儀の参列者と同様に忌明けに香典返しを贈るようにします。

香典受け取りを辞退している場合は?

葬儀の中には、遺族が香典の受け取りを辞退しているものもあります。
もし、そういった葬儀後の弔問に行く場合には、香典を用意する必要はありません。

家族葬などは相手が香典の受け取りを辞退するケースも多々あるので、その際には無理に渡そうとせずに相手の気持ちを思いやることが大切です。

葬儀後の弔問で気をつけるべき注意点

葬儀

最後に弔問は何時頃に伺うべきか、気をつけるべきことは何かを知っておくべきだと思います。
ここでは、葬儀後の弔問でのその他注意点について紹介いたします。

弔問するのに最適な時間帯は?

極端な早朝や深夜等でなければ、葬儀後の弔問の時間帯に、特にこれといった決まりはありません
ただ、遺族に時間を取ってもらう事になるので、相手の都合を確認するのは必須です。

具体的には電話等で遺族に、何時ごろであれば負担が無いかを確認し、その時間帯に弔問に伺う、というのが礼儀です。
葬儀後弔問の時間帯に特に決まりはありませんが、遺族の迷惑にならないような配慮は必要です。

葬儀後の弔問で、あまり長居をしない

遺族は、葬儀や四十九日等でとても疲れている為、あまり長居をしない方が無難です。

相場としては、5分程度になり、あまり長話をせず、弔意とお悔やみの言葉を伝える等の、必要な事を済ませたらすぐに帰るようにするのがマナーです。

弔問時にはお悔やみの言葉を述べる

弔問する際は「ご冥福をお祈りします」や「御愁傷様です」といった簡単な挨拶をしてから上がりましょう。
ご遺族の方は、その言葉が励みになります。

家に上がった後はお線香をあげ、お悔みの言葉を述べます。
「心よりお悔やみ申し上げます」といった無難な言葉かまいません。

葬儀の際と同様忌み言葉には気をつけるようにしましょう
例えば「ますます」や「重ね重ね」などの重ね言葉や、4や9などの縁起の悪いとされてる数字が忌み言葉とて挙げられます。

以下の記事で、忌み言葉について詳しく紹介しておりますのであわせてご覧ください。

相手が葬儀後の弔問を辞退する事も

前述のように、遺族は葬儀後でとても疲れています。
その為、葬儀後の弔問を彼等の方から辞退してくるケースも有ります。
こういった場合、葬儀後の弔問に直接いくことは出来なくなります。

その場合、どうしても弔意を伝えたい、という場合には、お供え物や、香典・手紙を郵送する方法を取ります。
このとき香典は通常の普通郵便ではなく、現金書留を使って手紙を同封して送ります。
なお、相手が香典を辞退している場合には香典を贈る必要は有りません。

葬儀後の弔問まとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。
今回、「終活ねっと」では、葬儀後の弔問について以下の通り紹介させていただきました。

  • 弔問は葬儀に行けなかった場合にどうしてもお悔やみの言葉を伝えたい時に行くものであり義務ではない。

  • 弔問の際の服装は喪服でいっては行けない。また、落ち着いた平服で行くことがふさわしい。また、女性は露出度の高い服は避け、メイクに気をつける。

  • 弔問時に持っていくお供え物は果物や菓子折りなどが良い。お花を持っていく際には、色合いに気をつける。
    また、あまりにも高額な供物はかえって気を遣わせてしまうので気をつける。

  • 葬儀後の弔問では特別に金額を増やす必要はない。香典をお断りされる場合もあるが、その場合は無理に渡そうとはしないでご遺族の気持ちに合わせる。

  • 葬儀後の弔問で気をつけることは、弔問の時間についてしっかり連絡をとり、相手の都合を確認することである。また、挨拶の言葉を忘れずにかけ、忌み言葉には気をつける。

以上、葬儀後の弔問のやり方等についてまとめていきました。

全体を通して言える事は、大きく分けて2つです。
1つは、遺族の相手方の都合に合わせるのが大原則、という事です。
相手は葬儀後でとても疲れている為、彼等に負担をかけないように動いていく必要があります。

もう1つは、弔意を伝える際に特別な事をする必要はほぼないという事です。
その為、葬儀後の弔問の際にあまり気負う必要はありません。
誠意を持って弔問に行ければ問題はありません。

この記事が、みなさんのお役に立てたら幸いです。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

また、「終活ねっと」ではこの他にも葬儀に関する記事を多数紹介しております。
以下の記事では、葬儀の費用について詳しく紹介しておりますのでぜひご覧ください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事