お葬式の費用はどのくらいかかる?内訳や相場・安くする方法を解説!

お葬式の費用はどのくらいかかる?内訳や相場・安くする方法を解説!

お葬式は突然にやってくるものですが、自分が遺族となったときにまず気になってしまうのは費用の面だと思います。今回「終活ねっと」では、そんなお葬式に費用について、その内訳を解説したうえで、相場や安くする方法、またお葬式の費用の保険について解説していきます!

最終更新日: 2020年12月01日

お葬式の費用について

葬儀

お葬式は突然にやってくるものであり、その出費はとても急で高額なものです。
そんな突然の出費に対しても落ち着いた対応が取れるように、最低限の知識は身に着けておきたいものですよね。

今回「終活ねっと」では、お葬式の費用について、その内訳や相場について触れたうえで、安く抑える方法や保険についても詳しく解説していきます。

  • お葬式の費用の内訳のついて

  • お葬式の費用、平均はどれくらい?

  • お香典の金額の相場はどれくらい?

  • お葬式の費用を安く抑える方法

  • お葬式の費用を安く抑えるための保険

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

以上の項目を軸に解説していきます。
お葬式の費用に関する知識をまとめてありますので、ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

お葬式の費用の内訳は?

葬儀

お葬式の費用には、どんなものが含まれるのでしょうか。

故人が亡くなられてからの流れは、病院から等のご遺体の移動と葬儀場所での安置、お通夜と告別式そして初七日・火葬ですが、それぞれでお金がかかってきます。

ここでは、お葬式の費用として次のような項目をみていきます。

式にかかる費用

お葬式では、葬儀のために必要な道具にお金がかかります。

お葬式に必要な葬儀用品は、祭壇・棺・葬具セット・骨壺・ドライアイス・遺影の写真等です。
祭壇の費用は、種類によって価格が違いますので内容と費用の確認は欠かせません。
供花も用品の中に入るかもしれません。

その他にも、病院からの移動や安置場所・火葬に対してや、霊柩車や送迎車にもお金がかかります。

宗教者にかかる費用

お葬式には、僧侶や牧師をよんでお祈りをしてもらいます。
こういった宗教者の方々にもお金がかかります。

仏式の場合では、このお金をお布施といいます。
お布施の本来の意味から考えると、お葬式で僧侶は法要を営むことで法施を施すことに対して、遺族が財施を施すということです。

お布施の金額については、本来の意味から見ますと金額は決まっていません。
費用の相場としては20万円~35万円、戒名の費用もいれると、30万円~80万円というところです。

その他の費用としては、僧侶に出向いてもらうたびに、5000円〜1万円ほどの「お車代」を包むことも必要です。

渡すタイミングは、お葬式の前か後にまとめて僧侶にお渡しすることが一般的です。

いずれにしましても、感謝の気持ちを持ってお渡しします。
こういった費用は、神式では御祭祀料、キリスト教式では献金と呼ばれています。

飲食接待費

お通夜の時の通夜振る舞いと、還骨法要・と繰り上げ初七日法要が終わった後の会食でもお金がかかります。

ここからは、それぞれについて詳しく見ていきます。

お通夜

お通夜では、通夜振る舞いとして弔問客に飲食接待することが多いです。
弔問の方全員を接待することは難しいですが少しでも多くの方にという意味で用意するものは、簡単に食することが出来る寿司やオードブル・飲料です。
弔問の方は長居はされませんのでそれで充分だといえます。

僧侶にも同席をお願いしますが、都会では帰られる方も多いですので、持ち帰り用の折り詰めを用意することも多いようです。

弔問客が多いときには、一般の弔問客と遺族・親族・近親者と部屋を別にすることもあります。

繰り上げ初七日法要の後

お葬式・繰り上げ初七日法要の後に宴席を設けます。
この宴席は、仕上げ・精進落とし・お斎等と呼ばれており、本来は、四十九日法要の後に僧侶・世話役・お葬式でお世話になった方々を招き御礼として行われるものです。

しかし、現代においては、遠方からの親戚や最後までお葬式に加わって下さった近親者などへの気配りから、火葬・繰り上げ初七日法要の後に行なうことが一般的となっています。

宴会料理は、式場や自宅で行う場合、仕出し弁当などをお願いすることが一般的です。
また、僧侶が出席できないときは、持ち帰り用料理を用意して「お布施」「お車代」と一緒にお渡しします。
場所を変えて料理店などで行っても構いません。

その他

遠方で亡くなられた場合などは、ご遺体の搬送にも費用が掛かります。
搬送には、自家用車でも「死亡診断書」をもって移動すれば法的には可能ですが、寝台車を利用することが一般的で安心できる手段であるといえます。

お葬式にかかる費用の平均

葬儀

ここまで葬儀費用の内訳についてみてきましたが、実際にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。
実際にかかる費用は、葬儀の種類・規模によって大きく異なっています。

地域によっても金額の差はあるようですが、ここからは葬儀の種類ごとに、お葬式の金額の相場について解説していきます。

一般葬の場合

お葬式費用の平均は165万円となっています。
(当社調べ)
地域ごとでこの金額は大幅に異なることもあり、平均が100万円を切る地域から、平均が200万円を超える地域まで様々です。

葬儀の費用相場については、こちらの「終活ねっと」の記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

家族葬の場合

家族葬とは、家族や特に親しかった人など、10名程度で行うお葬式のことです。
当然、人が少ない分会場費用や食事代などは費用が安く済みます。

お葬式の費用としては、平均113万円です。
(当社調べ)

家族葬の費用については、こちらの「終活ねっと」の記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

お葬式以外でかかる費用の例

単身生活をされている方が孤独死され発見までに少し時間が掛かった場合や、事故などで亡くなられた場合には、別途費用がかかるかもしれません。

それは、お葬式の前にご遺体の消毒・修復し、ご遺体を綺麗な状態に保てるようにするエンバーミング(遺体衛生保全)が必要な場合があるためです。

エンバーミングは、程度によって費用にばらつきがあります。

お葬式のお香典の金額の相場

葬儀

お香典の金額の相場は、故人との関係やお付き合いの程度によって変わってきますが、大体3000円からとなっています。

  • 親族への香典

    両親・兄弟姉妹については3万円~10万円位です。
    祖父母については1万円~5万円位です。
    それ以外の親族の場合は、1万円~3万円位です。

  • 友人・知人への香典

    大体5000円~1万円が相場です。
    しかし、これは故人との関係の深さで変わってきます。

  • 会社関係への香典

    大体5000円~1万円が相場です。
    こちらも友人と同様、関係の深さによって変わってきます。

香典に包む金額については、地域や親族の方々の考え方によっても異なることがありますので、迷った際には周りの方に相談することをおすすめいたします。

お葬式の費用を安く抑えるには

お金

葬儀の費用が高くなってしまって遺族の負担となることは避けたいですよね。
葬儀の形式が多様化したことや葬儀に関する保険の存在によって、葬儀の費用を安く抑えることができます。

ここからは、そんな葬儀の費用を安くする方法について説明していきます。

葬儀の規模を小さくする

会葬者を減らす家族葬であったり、通夜・告別式を行なわないで、火葬のみの直葬を行うことで、お葬式の費用を抑えることができます。

家族葬の場合は、会場や葬儀用品の程度、僧侶の人数などを抑えれることで、費用を安く抑えることが出来ます。

お葬式の費用を安く抑える方法については、こちらの「終活ねっと」の記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

保険に入っておく

お葬式の費用を安く抑えるための方法として、保険に入っておくことがあげられます。

葬儀費用の為の保険には、少額短期の保険もあります。
少額とは、最大でも300万円位の保険金額をさし、短期は1~2年位を指すようです。
保険料金は、契約時の年齢によって違ってきますが、年額で約1万円からです。

葬儀費用の保険については、こちらの「終活ねっと」の記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

費用についてお困りの場合は

「終活ねっと」では、低価格・高品質の葬儀プランを分かりやすい料金体系でご案内しております。
一般葬のプランは、565,000円(税抜)よりご用意しており、「終活ねっと」の早割で最大71,000円の割引もご利用いただけます。

葬儀についてお困りでしたら、24時間365日電話対応しておりますので、お気軽にご相談ください。



お葬式の費用についてまとめ

人々

いかがでしたか?
今回「終活ねっと」では、お葬式の費用について以下のことを解説してきました。

  • お葬式の費用は、主に式にかかる費用・宗教者にかかる費用・飲食接待にかかる費用の3つに分類できる。

  • お葬式の費用の相場は、地域やお葬式の形態によって異なっている。
    一般葬の場合は平均165万円である。

  • お香典の金額の相場は、故人との関係や付き合いの程度によってかわってくる。

  • お葬式の費用は、葬儀の形態を家族葬や直葬といった簡易的なものにすることで抑えることができる。

  • お葬式の費用に関する保険に入っておくことで、お葬式での遺族の負担を減らすことができる。

お葬式の規模は、故人の社会的立場や付き合いまた喪主を務める方の社会的立場等により会葬者の数もまちまちです。
そうした中で葬儀社での見積価格と内容は大変ですがきっちり確認して行うことが必要です。
希望だけ述べていると葬儀費用はいくらでも膨れ上がりますので注意が必要です。

最近は、保険も充実しているので香典や献花なども遠慮し手間を省いたお葬式も増えてきました。
故人の年令が高いほど社会との係わりが希薄になり規模は小さくて済みます。
そうした場合の、家族葬はあたたかいお葬式にしたいものです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

「終活ねっと」では、他にも葬儀に関する記事を多数掲載しております。
以下の記事では、日本の葬儀費用が高い理由について説明してありますので、ぜひお読みください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事