お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話

喪服といっても格の違いや和装・洋装の違いなどがあります。今回この終活ねっとの記事では、お通夜に喪服を着ても大丈夫なのか、そもそも喪服とはいったいどのようなものを指すのかなど、お通夜と喪服に関する様々な事柄についてご紹介します。

最終更新日: 2020年02月14日

喪服とは

葬儀

正式な喪服

正式な喪服には、正喪服と準喪服があります。
正喪服は、最も格式が高い喪服です。
遺族の方が着用します。

日本においては男性は黒の羽二重に五つ紋の紋付羽織袴、女性は黒紋付に黒無地の帯の和装の正喪服が多いです。
最近では男性が黒のモーニングコート、女性が黒無地のワンピースやアンサンブルなどの洋装の正喪服を着る方も増えてきました。

ただ、女性の正喪服というと和装のイメージが強いようで、夫が洋装でも女性は和装、という場合も多い傾向にあります。

準喪服は、お通夜から三回忌辺りまでの法要に着用し、また喪主や遺族だけでなく参列者も着用する為、一般的な喪服というとこの準喪服を指す場合がほとんどでしょう。
男性はブラックスーツ、女性は黒のワンピースやスーツがこれに当たります。

略式喪服

略式喪服である略喪服は、お通夜前の弔問やお通夜、そして三回忌以降の法要で着用する、いわゆる平服のことを指します。

取り急ぎの場面で着用するのがマナーとされており、お通夜にこの略喪服(平服)を着るのが適切かどうかは悩みどころです。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

今回「終活ねっと」では喪服に関して以下のような事柄を中心に説明していきます。

  • 喪服とマナー
  • 平服の服装について
  • 喪服の服装について
  • 服装での注意点
  • 親族が気を付けるべきマナー

時間がないという方やお急ぎの方も、知りたい情報をピックアップしてお読みいただけます。
ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

お通夜に喪服は失礼?

葬儀

そもそもお通夜とは?

そもそもお通夜というものは、故人が亡くなった当日または翌日に故人の冥福を祈る儀式の事です。
元々は遺族や親族のみで行っていましたが、最近では後に行われる葬儀や告別式に用事や仕事等の事情で、一般の参列者が葬儀や告別式ではなく、通夜に参列することも増えています。

お通夜に喪服は着てはいけない?

お通夜に喪服を着てはいけない理由としては、事前に不幸があることを予期していた、と言う風に捉えられるからだと言われています。
確かに、葬儀や告別式に参列する場合とは違い、無くなった当日に行われる通夜に喪服を着て行くと、前もって準備していたようにも見えてしまいますね。

ただ、昨今は故人の身内が多忙であるなどの理由から通夜が翌日に行われる場合も多くなっています。
そのため、ある程度時間が取れる場合は喪服で参列しても良い、むしろ喪服での参列が主流だという風潮も強くなっています。

また、お通夜のみの参列が増えた事により、お通夜が最後のお別れの場となる場合が多いことも挙げられます。
最後のお別れはきちんとした服装で行いたい場合、喪服を着用することを考えても良さそうです。

平服でお通夜に行く時

男性の場合

男性の平服はダークスーツ(黒や濃紺、濃いグレーなど)になります。
黒のネクタイ、黒い靴下を合わせましょう。

普段から落ち着いた色柄のスーツを着ていて時間が無い場合、靴下とネクタイを黒にするだけでも大丈夫とされる場合もあります。
靴は黒などの地味めの色で、光沢の無いものを履きましょう。

女性の場合

女性の平服は、長袖または7分袖のワンピースかスーツになります。
色は黒無地など、なるべく地味なものにします。

平服の場合は地味なものであればストライプやチェック柄も取り入れても大丈夫だとされていますので、控えめなものであれば着用しても構いません。

なるべく肌を見せないよう、肌色か黒のストッキングを合わせます。
靴の色は男性の場合と同じく黒で、光沢の無いものを選びましょう。

喪服でお通夜に行く時

男性の場合

男性の場合ですと、準喪服はブラックスーツになります。
平服とは違いストライプ柄のスーツは喪服だと言えませんので、注意が必要です。
シャツやネクタイも礼装用のものを着用します。

ワイシャツは襟がレギュラーまたはワイドカラーで、ボタンも白色で無地のものを着用しましょう。
ダブルカフスの場合はボタンは黒色のものがいいとされています。
また、半袖の着用自体は問題ありませんが、葬儀中はジャケットを着用しましょう。

バッグは黒の光沢の無いものを選び、革製品などは避けたほうが良いです。
なぜなら、革製品は殺生を連想させてしまうからです。

女性の場合

女性の準喪服は、黒のワンピースやスーツです。
平服の時と違い、地味なものでも黒以外の色や柄物は避けましょう。

なるべく肌が見えないように袖の長さは長袖か7分袖を着用し、黒のストッキングを合わせます。
バッグは男性の場合と同じく、黒の光沢の無いものにしましょう。

服装の注意点

靴について

男女とも、喪服に合わせる靴は金具が無いか目立たず、光沢の無いものが最適とされています。
素材としては布、合革、本革辺りでしょう。

男性の場合は黒の内羽根のストレートチップ、もしくはプレーントゥが、女性の場合は黒く飾りの無いシンプルなパンプスが適しています。
ヒールは細く高いものではなく、低めで太いものを選びましょう。

アクセサリーについて

アクセサリーですが、光沢のあるものは避けます。
結婚指輪や婚約指輪以外はなるべく着けていかないのがいいでしょう。

男性はネクタイピンや腕時計などもなるべく外すといいでしょう。
どうしても着けておきたい場合は、小さくシンプルで落ち着いた色で、ベルトの目立たないものにしましょう。

女性の場合、結婚指輪と真珠やオニキス、ジェットのネックレスであれば着用は認められています。
着ける場合は粒の小さな一連のものにしましょう。
重なる・連なる事を忌避する弔事において、2連以上のネックレスは控えておきましょう。

下記の記事では、葬儀にふさわしいネックレスや、なぜ葬儀用のネックレスは真珠でないといけないのかを紹介しています。
ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。

化粧について

お化粧については、なるべく控えめに、片化粧を心がけるようにしましょう。
しかしノーメイク、いわゆるすっぴんだと顔色が悪過ぎて見えてしまうのでいけません。
では、どのようなものが適しているのでしょうか。

ベースメイクやチークは、ピンクやオレンジなど血色がよく、明るく見える色やツヤ感の出るものは避けます。
チークをする場合はブラウン系でほんのり色付ける程度にしておきましょう。

アイシャドウは付けないのが基本ですが、付ける場合はラメなどが入ったものは避けて落ち着いた目立たない色を乗せます。
マスカラもつける必要はありませんが、付ける際は泣いても大丈夫なようにウォータープルーフのものを選び、その他のアイメイクはしないのが無難です。

口紅もラメや光沢感の無い、落ち着いた色のものを付けましょう。
口紅に限っては無いと血色が悪く見えてしまうので、なるべく付けておきたいものです。

親族の服装のマナー

親族の服装のマナーについてですが、喪主や親族は参列者よりも格が高い喪服(正喪服)を着るべきである、という考え方が一般的です。

しかし、一般の参列者と同様、お通夜では正喪服を避けた方が良いとする風潮もあります。
特に喪主や親族の場合は身内の不幸の準備をしていたように見られてしまうかもしれません。
そのため、正喪服はなるべく避け準喪服や略喪服にするのが無難でしょう。

また、下記の記事では葬儀の基本的なマナーを詳しく紹介しています。
ぜひ、こちらもあわせてご覧ください。

お通夜の喪服のまとめ

お通夜の喪服についてまとめてきましたが、いかがだったでしょうか。

お通夜をはじめとする法要の場では、喪服の種類や着る場面、服装の注意点など、色々と気を付けなければいけない事がたくさんあります。
しっかりとマナーを守り、故人や遺族、他の参列者の方に失礼の無いよう気を付けたいものですね。

「終活ねっと」では終活に関する様々な記事を紹介しています。
お通夜だけでなく四十九日の服装についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事