お葬式での香典の金額相場は?年齢や故人との関係に分けて解説!

お葬式での香典の金額相場は?年齢や故人との関係に分けて解説!

香典は、葬式でのマナーの一つとして重要な習慣です。しかし、香典の金額相場が分からず、いくら包めばよいのか困ってしまう方も多いのではないでしょうか。今回、終活ねっとでは、葬式における香典の金額相場や香典を包む際の注意点、香典袋の書き方まで解説します!

2019-09-28

葬式での香典の金額相場について

葬儀

皆さんは、お通夜やお葬式に参列する際、香典を持っていくと思います。

香典はマナーとしてお葬式に必要なものですが、香典の金額をいくらにすればよいのか悩んだ経験がある方も多いのではないでしょうか。
そのような時、お葬式の香典の金額相場を知りたくなったことはありませんか?

今回、「終活ねっと」で葬式での香典の金額相場について以下の項目を軸に解説していきます。

  • そもそも香典とは?

  • 香典の金額相場は?

  • 香典を包む際注意することは?

  • 香典袋の書き方とは?

香典の金額相場以外にも、香典を包む際の注意点や香典袋の書き方についても紹介しております。

葬儀はいつ訪れるのかわからないものなので、葬儀を控えた方はもちろん、葬儀の金額相場について気になる方はぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

香典とは?

葬儀

香典とは、亡くなった方のご遺族が葬儀や法事を行うための費用を、故人にゆかりのある方が援助するために出し合う金品のことです。

もともと、葬式においてお香や線香をお供えするという意味がありますが、現在ではお金をその代わりとして香典袋に包んでお供えするようになっているのがごく一般的となってます。

葬式での香典の金額相場

葬儀

ここでは、香典の金額の決め方を含め、香典の金額相場をご紹介します。

あくまでも不祝儀ですので、相場の金額以上に多額の香典を出すことはあまりお勧めできません。
香典は、突然の出費への扶助的なものであることから相場があり、それを知っておくことが必要です。

親族の場合の金額相場

香典の金額は年齢や故人との関係の深さによって決まります。
一般的に関係が深いほど、自身の年齢が高いほど香典の金額は高くなる傾向にあります。

まず、親族が亡くなった場合の金額相場を関係性に分けて紹介します。

祖父・祖母

祖父母が亡くなった場合の香典の金額相場は1万円~5万円です。

配偶者の祖父母に包む金額も、自分の祖父母の場合と同じ金額相場です。

父親・母親

両親が亡くなった場合の香典の金額相場は3万円~10万円です。

親は自分に近い血縁関係にあるので、香典の金額は比較的高くなります。
配偶者の両親である義父・義母の香典の金額相場も、自分の両親と同じ金額相場です。

叔父・叔母

叔父・叔母が亡くなった場合の香典の金額相場は1万円~3万円です。

親族の中では比較的遠い血縁関係にあるので、このような金額になります。
生前の関わりが深い場合を除いて、1万円を包む方が多いようです。

兄弟・姉妹

兄弟・姉妹が亡くなった場合の香典の金額相場は3万円~5万円です。

生前の関わりの深さにもよりますが、両親の次に近い親族の関係のなるのでこのような相場になります。
義理の兄弟・姉妹の場合も、自分の兄弟・姉妹に包む香典の金額相場と同様です。

いとこ

いとこが亡くなった場合の香典の金額相場は3千円~3万円です。

いとこは人によって交流の深さが大きく分かれると思うので、生前の関係の深さから金額を選択すると良いでしょう。

子供

息子や娘が亡くなった場合の香典の金額相場は3万円~10万円です。

故人が子供の葬式は自分自身が喪主となるケースがあります。
喪主は香典を受け取る側なので、その場合は香典を用意する必要はありません。

孫が亡くなった場合の香典の金額相場は1万円~5万円です。

血縁関係のほかに、自分の年齢も考慮して香典の金額を決める必要があります
以下は故人との関係と年齢によって決められる主な香典の金額相場の表なので、参考にしてください。

20代 30代 40代 50代以上
祖父母 1万 1~3万 1~3万 3万~5万
3万~5万 5万~10万 5万~10万 5万~10万
叔父・叔母 1万 1万~2万 1万~3万 1万~3万
兄弟・姉妹 3万~5万 3万~5万 5万 5万
いとこ 3千~1万 3千~2万 1万~3万 1万~3万

親族以外の場合の金額相場

親族が亡くなった場合の香典の金額相場はわかったと思います。
ここからは、親族以外の方が亡くなった場合の香典の金額相場をご紹介します。

会社関係者

勤務先の上司・同僚・部下やその家族が亡くなった場合、また、取引先の方が亡くなった場合の香典の金額相場は3千円~1万円です。

部下が亡くなった場合や、取引先の方が亡くなった場合は少し多く包むという方もいます。
年齢や立場を考慮し、会社の方と話し合って決めると良いでしょう。

以下の記事で、会社の方に香典を包む場合の金額相場や香典袋の書き方について詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

友人

友人やその家族が亡くなった場合の香典の金額相場は5千円~1万円です。

友人の家族が亡くなった場合は、友人家族と面識があったかどうかも考慮すると良いでしょう。

近所の人

近所の人が亡くなった場合の香典の金額相場は3千円~1万円です。

ご近所の方との交流の深さによって、この相場から選択すると良いです。

香典の包み方の注意点

保険・相続

香典の金額相場が理解できたと思います。
次に、香典を包む際のマナーや注意点を紹介します。

偶数の金額はNG?

香典の金額は奇数が無難です。

偶数は割り切れる数ということから、「故人との縁が切れる」ということを連想させてしまうからです。
そのため、「1・3・5」などの奇数を使用すると良いでしょう。

もちろん、ご遺族の方には気にしない方もいらっしゃいますが、偶数の金額を包むのは避けたほうが良いです。

さらに、「死」や「苦」を連想させるため、4や9といった数字も避けるようにしましょう。

新札を包んではいけない

香典で新札を包むのは控えましょう

新札を包むことは、亡くなるのを予期しあらかじめ準備していたと捉えられてしまう可能性があります。
そのため、香典には古いお札を包むことがマナーとされています。

また、古いお札がなくてやむを得ず新札を使用する場合は、あえて折り目を付けたり、シワをつけたりすることもあります。

中袋へのお金の入れ方

中袋にお札を入れる場合、お札の表側が中袋の裏側を向くように入れます
これは、取り出した時にすぐに識別できるようにという気配りから生じたマナーです。

お札が2枚以上になる場合は、お札の向き(表裏左右)を同じ向きに、きちっと揃えて入れるようにしましょう。

香典袋へのお札の入れ方について詳しく知りたい方は、ぜひこちらもご覧ください。

袱紗の使い方

袱紗(フクサ)は、慶事や弔事に持参する金封を包む小さな風呂敷のようなもので、素材は絹やちりめんでできてています。
最近では、使いやすいように金封タイプの略式のものや台付のものもあります。

慶弔行事は儀式だけに、金封を裸で持参するのは礼を失することになりますので、ご家庭や会社に一つ用意しておくことをお勧めします。
なお、様々な色の袱紗がありますが、紫だけが慶事や弔事(結婚式にも葬式)にも兼用できますので、紫のものをひとつ用意しておくと便利です。

お葬式での渡し方

香典袋は袱紗に包んで持参し、受付があればそこでバッグなどから袱紗に包んだまま取り出します。
目の前で袱紗から香典袋を出して、先方から見て表書きが正面になるように差し出します

ご遺族でない受付の方であっても、お悔やみの言葉を添えて差し出すのがマナーです。
なお、通夜で香典をお渡しした場合は、葬式では記帳だけになります。

香典袋の書き方

葬儀

中袋は、表面に入れた金額を、見やすく楷書で書くのが良いでしょう。
裏面には、郵便番号を含め、省略せずに住所と氏名を書きます。

表面の金額の書き方は、旧漢字を使って書くのが通例です。
具体的には「金 参萬円 也」などと書きます。

円は旧漢字の圓を使うこともあります。
このように金額に旧漢字を使うのは、読み間違わないようにするためや改ざんされないようにするためなどの理由があります。

また、外袋の表書きは、相手の方の葬式形式(宗教・宗派)によって異なります
表書きや中袋の書き方は、以下の記事でより詳しく説明されていますので、ぜひご覧ください。

葬式での香典の金額相場まとめ

人々

いかがでしたか。
今回、「終活ねっと」では葬式での香典の金額相場について以下の項目を解説してきました。

  • 香典とは、亡くなった方のご遺族が葬儀や法事を行うための費用を、故人にゆかりのある方が援助するために出し合う金品のことである。

  • 故人が祖父母の場合の香典の金額相場は1~5万円が相場である。

  • 故人が両親の場合は3~10万円が相場である。

  • 故人が叔父・叔母の場合は1~3万円が相場である。

  • 故人が兄弟・姉妹の場合は3~5万円が相場である。

  • 故人がいとこの場合は3千~3万円が相場である。

  • 故人が子供の場合は3~10万円が相場である。

  • 故人が孫の場合は1~5万円が相場である。

  • 故人が会社関係者の場合は3千~1万円が相場である。

  • 故人が友人の場合は5千~1万円が相場である。

  • 故人が近所の方の場合は3千~1万円が相場である。

  • 香典の金額は、偶数や4、9といった数字を避けるのが無難。

  • 香典に新札を包むのは避けたほうが良い。
    新札しか用意できない場合は、折り目やしわをつけると良い。

  • 中袋には、ご遺族が中袋を裏から開けたときにお金の表面がすぐ見えるよう、お金の向きを揃えて入れる。

  • 葬式に香典を持っていく際は、袱紗に包んで持っていく。

  • 受付がある場合は、受付で袱紗から取り出し、相手方に表書きが読める向きにして渡す。

  • 中袋は表面に旧字体で金額、裏面に住所と名前を書く。

  • 香典袋の表書きは宗教によって異なるので、相手方の宗教に合わせて書くのがマナー。

香典はあまり多く出しすぎるとご遺族の方を困らせてしまう場合もあります。
マナーを守って自分自身にとっても、ご遺族の方にとっても気持ちの良い葬儀にしましょう。

この記事が、少しでも多くの方のためになれば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「終活ねっと」では、この他にも葬儀に関する記事を多数紹介しております。
以下の記事では、葬儀の費用について詳しく紹介いしておりますのであわせてご覧ください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「葬式・香典・金額」に関連する記事

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料