お葬式に適したハンカチとは?色や柄や素材、購入場所についても解説

お葬式に適したハンカチとは?色や柄や素材、購入場所についても解説

葬式にハンカチを持参する方は多いのではないでしょうか。では、あなたはどういった基準で葬式用のハンカチを選んでますか。それとも、普段使いしているものと同じでしょうか。今回は、どんな色や柄のもの選べばいいのか、その素材から購入できる場所まで解説していきます。

2019-10-15

葬式での適切なハンカチについて

葬儀

あなたは、葬式に参列したことはありますか。
葬式に参列するとハンカチを持った方を多く見かけるかもしれません。
そんなハンカチはどのようなものを持っていくのが適当なのでしょうか。

葬式といいますと、喪服といったブラックフォーマルのイメージがあります。
それだと、普段使いするようなカラフルで柄の入ったハンカチなどは明らかに使えなさそうです。

今回終活ねっとでは、葬式での適切なハンカチについて解説していきます。
その内容と順番は以下のようになります。

  • なぜ、葬式でハンカチが必要なのか

  • 葬式での適当なハンカチ

  • ハンカチはどこで買うのか

  • 葬式へのハンカチ以外の持ち物

葬儀の参列には、さまざまなマナーがついてきます。
葬儀では、故人を偲ぶ気持ちを一番大切にすることが大切です。

しかし、それを大切にしていても身なりが適切でなければ、遺族は見ていて気持ちのいいものではないでしょう。
この記事で葬儀のマナーについての知識を少しでも深めてください。

ぜひ、最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

なぜ、ハンカチが必要なのか?

困った人々

そもそも、なんで葬式にハンカチを持っていく必要があるのでしょうか?
その理由を見てきましょう。

葬儀では故人を偲んで涙を流すことがあります。
その際に、涙をぬぐうためにハンカチが必要なのです。

また、夏の斎場では、人が密集していることで暑く汗をかくことも多々あります。
ハンカチは汗を拭うことにも使えます。

ほかにも、女性の場合は喪服の下はスカートなので、ひざ掛けのように使用することもあります。

葬式でのハンカチ

葬儀

葬式でのハンカチがいかに使い勝手が良いかわかったでしょう。
しかし、そんなハンカチはどのようなことに注意して選べばいいのでしょうか。

マナーに反するようなものは避けたいですよね。
この段落では、葬式用のハンカチを選ぶ基準について解説していきます。

色と柄や刺繍について

まずは、ハンカチの色について見ていきましょう。
ハンカチの色は白色が一般的といわれています。
この白は、故人が白装束を着ることに由来しているようです。

また、喪服の色に合わせた黒色のものでも大丈夫です。
先ほどあったようにひざ掛けとして利用する場合には黒が望ましいでしょう。
ただ、原色のような派手な色のものは控えましょう。

柄や刺繍について、正式には無地のものが相応しいです。
喪服と同様に光沢のあるものは適切ではありません。
しかし、刺繍などのデザインは控えめの色のものならば、問題はないとされています。

素材について

葬式に適しているハンカチは、綿、麻、木綿の素材のものです。
中でも、吸湿性の高い綿がおすすめです。
フォーマルな場なので、シルクでも良いでしょう。

ただ、タオル生地のものはカジュアルになってしまいますので控えましょう。
また、レーヨン素材のものも光沢が出てしまうので避けましょう。

胸ポケットには入れない

結婚式などで胸ポケットにハンカチを入れることが多々あります。
ただ、それはあくまで祝い事の席でのものです。

葬式では、男性は手ぶらのことが多いので、胸ポケット以外のポケットに入れるようにしましょう。
女性の場合は、バッグでもポケットのどちらでも大丈夫です。

ハンカチはどこで買うの?

困った人々

ここまで、葬儀用のハンカチについて詳しく見てきました。
では、そのハンカチはどこで入手すればよいのでしょうか。

購入できる場所はどこにでもあります。
今回紹介するのはその一例です。

コンビニで購入する

1つの手段として、コンビニで購入することができます
コンビニで購入したものでも、シンプルな無地のハンカチならば葬式でもお使い頂いて構いません。

ただ、店舗によっては取り扱いのないこともあるので注意が必要です。
他に葬儀で必要な香典袋や黒ネクタイなども、コンビニによっては取り扱いしている店舗もあるので、時間のない方には最適かもしれません。

100均で購入する

コンビニのハンカチが必ずしもおすすめとはいえません。
コンビニは利便性が高い分、価格も高いという特徴があります。

コストを抑えたい人にとっては、あまり魅力のあるものではありません。
そんな方におすすめできるのが、100円均一ショップです。

100均には、葬儀用のハンカチが置いてあることが多いです。
種類が豊富で、もちろん100円で買うことができます。

しかし、1つ注意点があります。
100均のハンカチは価格を抑えるため、素材にポリエステルを使用していることが多々あります。
ポリエステルには、特有の光沢感があるため、葬儀のハンカチの素材に向いていないです。

購入を検討する際には、素材にも配慮するといいかもしれません。

葬式へのハンカチ以外の持ち物

葬儀

お葬式でハンカチが必要なことはわかりました。
では、それ以外に持っていかなくてはいけないものは何でしょうか。

ここでは、お葬式の持ち物について参列者の立場に立って紹介していきます。

香典と紫の袱紗(ふくさ)

日本の葬式は葬儀費用が高くなっています。
もし、喪主が全額支払うとなると大きな負担になってしまいます。

それを補助するために、参列者が香典を持ち寄ります
下の記事では、香典の金額相場について詳しく解説しています。
興味のある方は、ぜひご参照してください。

同時に、香典は香典袋に入れますが、そのままの状態では持ち運ばずに袱紗に入れて持ち運びます。
葬儀の受付で、香典を渡す直前まで袱紗から出さないようにしましょう。

また、袱紗を選ぶ際には色に注意しましょう。
葬儀で使う袱紗の色は、紺や緑などの寒色系がいいとされています。
袱紗は祝いの席でも使うことがあり、紫色ならば万能に使用できるのでおすすめです。

以下の記事では葬儀での香典の相場金額について紹介しております。
ぜひあわせてご覧ください。

数珠

日本で行われている葬式の大半が仏式のよるものです。
仏式の葬儀では、数珠を持参します。

数珠の役割としては、念仏を回数を数えるのに用いたり、煩悩を消すことが挙げられます。
数珠といっても、宗派ごとに種類はさまざまで、故人の宗派に合わせる必要がありそうです。
気になる方は、以下の記事をご覧ください。

葬式でのハンカチについてのまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、お葬式での適切なハンカチについて解説してきました。
その内容をまとめると以下のようになります。

  • 葬儀でのハンカチは涙を拭うことや、夏の斎場では人が密集して暑いので汗を拭くことにも使える
    女性はひざ掛け代わりに使用することもできる

  • ハンカチの色は白が一般的だが、喪服に合わせた黒でも問題はない
    柄や刺繍のない無地のものが望ましいが、色が控えめの刺繍ならば大丈夫である
    素材は、綿,麻,木綿のものが適しており、光沢のある素材は避けた方がよい
    ハンカチは胸ポケットには入れずに、それ以外のポケットに入れる

  • ハンカチはコンビニで購入できるが、値段が高く、取り扱いのない店舗も多い
    100均は価格が安く、取り扱っている可能性も高いが、素材のポリエステルの影響で光沢のあるものが多い

  • 葬式には、ハンカチ以外に香典と袱紗を持っていく必要がある
    袱紗は寒色系がよく、紫色だと利用の幅が広がる
    また、仏式葬儀には数珠も必要である

葬儀用のハンカチについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか。
ハンカチという存在自体はそんなに大きいものではありません。

しかし、葬儀への持ち物はそこまで多くないので、人の目に留まることがあるかもしれません。
そこのマナーの間違いだけで、自分が常識のない人と見られてしまうのは悲しいものです。
この記事を読んで、選ぶ際の参考にしていただければそういったことは防げるでしょう。

葬儀では、ハンカチ以外にも守らなくてはいけないマナーがあります。
この機会に、調べてみるのはいかがでしょうか。

終活ねっとでは、他にも多数の記事を掲載しております。
また、下記の記事では葬儀の費用や内訳、安くする方法について解説しています。
ぜひこちらの記事もご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「葬式・ハンカチ」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像 1
    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像 2
    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像 3
    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像 4
    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像 5
    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像 6
    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料