お葬式の子供の服装とは?悩める服装の選び方のポイントを解説

お葬式の子供の服装とは?悩める服装の選び方のポイントを解説

家族でお葬式に参列するとき、子供の服装に迷う方も多いと思います。子供用の喪服があるのか、急なお葬式で準備が間に合うかなど悩みが出できてしまいますよね。今回はそんな何かと悩ましい子供の喪服について、制服、私服、色、デザインなどといったポイントに分けて解説します。

2019-10-15

お葬式の子供の服装について

葬儀

家族で葬儀に参列するとなったとき、一番悩まれるのが子供の服装だと思います。
喪服も持っておらず、どのような格好をさせたら大丈夫なのか、不安な気持ちになりますよね。

また、急なお葬式で、準備する時間がないと悩まれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
子供用の喪服といったものもなかなか目にすることが少ないですよね。

そこで今回終活ねっとでは、お葬式の子供の服装について以下の項目を解説していきます。

  • スーツを着せなければならないの?

  • 制服でも大丈夫?

  • 私服しかないときはどうしたらいいの?

  • 夏服の選び方

  • 赤ちゃんの服装は?

子供にもしっかりとした服装のマナーで参列させたいですよね。
また、きちんとした格好をさせることは、お子さん自身の葬儀への意識にも繋がり、経験としてもとても大切です。

いざというときに役立てることができるように、お葬式の子供の服装について学んでおきましょう。
ぜひ最後までご覧ください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

お葬式の子供の服装とは

葬儀

お葬式の子供の服装は、いったいどのようなものを着せたらいいのかわからないですよね。
服装についての決まりなどはあるのでしょうか。

ここでは、お葬式の子供の服装について基本的なことを解説していきます。

スーツで参列する必要はない

結論からいうと、子供は、スーツで参列する必要はありません
もちろん、黒や紺などといった暗い色のスーツをすでに持っているのであれば、それを着てもよいのですが、わざわざ購入する必要はありません。

子供の場合、喪服用のスーツは購入してもなかなか切る機会がない上に、成長してしまうのですぐにサイズが合わなくなってしまいます。
1回しか着れないかもしれないスーツをわざわざ買うのは、経済的な負担も大きく、服ももったいないものです。

子供であれば、喪服を持っていないのはむしろ普通のことです。
逆に、「小さい子がかっちりとした喪服を着ていると、違和感を覚える」という意見もあります。

またお葬式は、子供にとっては特に慣れない場面ですから、着慣れている服の方が安心できるというメリットもあります。
スーツの方がよくないというわけではありませんが、やはり手持ちの服で調えるのが一般的です。

制服を着て参列するのが一般的

幼稚園や学校などの制服があれば、制服を着せましょう。
制服は正装、最も正式な場面で着用する服装ですので、冠婚葬祭にふさわしい服装です。

ただし、制服の中には明るい色のものもあります。
制服は第一礼装ですので、本来であれば何色でも問題はないのですが、お葬式の場面ではやはり気になるという人もいます。

もし明るい色に抵抗感があるのなら、私服で暗い色のものを選びましょう。
身近な方のお葬式であれば、ご遺族や参列者同士で確認すると安心できるでしょう。

お葬式に私服で参列するときは?

困った人々

では、制服ではなく私服で葬儀に参列するとなったらどのような服装をすればよいのでしょうか?
ここでは、私服での服装の選び方について解説していきます。

どんな色?

なるべく暗いモノトーンの服装と考えましょう。
理想的な形は、シャツは白、その他は黒でそろえることです。

  • 白いワイシャツ、ブラウス

  • 黒い上着(ジャケットやカーディガン)

  • 黒いズボン、スカート

  • 黒い靴下、タイツ

  • 黒い靴

このような形にできれば文句なしだと思います。
上着やズボン・スカート、靴などで黒いものがない場合は、紺色・グレー・茶色など、暗めの地味な色を選びましょう。

明るい色、特に原色系の色は避けてください。
光沢のある生地も、お葬式にはふさわしくないとされていますので、できれば避けたいところです。

白いシャツがない場合は、淡いブルーやグレーなど、薄い寒色にしましょう。
淡い色でも、黄色やピンクなど明るい色はやめましょう。

デザインは?

シャツはワイシャツ、ブラウスなど襟のついたものを選びましょう。
小さな子ならポロシャツでも大丈夫です。

上着はジャケットやカーディガンなどが一般的です。
女の子の場合はワンピースもよいでしょう。

下のような服装は、カジュアルに見えますので避けましょう。

  • パーカーやトレーナー、Tシャツ

  • ジーンズやフリース、ナイロン地のもの

  • 派手な柄の入っているもの

柄については、なるべく無地のものが望ましいですが、細かなチェックやストライプなどの柄は問題ありません。
胸元のワンポイント程度の模様なども大丈夫です。
大きなプリントや、全体にキャラクター柄が入っているものなどは避けましょう。

靴や靴下、ネクタイは?

靴や靴下も、服装と同じように暗いモノトーンでそろえ、柄物はなるべく避けると考えてください。

靴はスニーカーでもかまいませんが、サンダルやブーツはやめましょう。
また、派手な色の入ったものは避けたほうがよいでしょう。
黒い靴がなければグレーや茶色、白など地味な色のものにしましょう。

靴下は黒無地、なければ白無地のものを選びます。
服と同じく、ワンポイント程度の柄は大丈夫です。
いわゆるくるぶしソックス(靴に隠れてしまう靴下)は、裸足に見えてしまうので避けます。

ネクタイは子供であれば、特に必要ありません。
スーツなど、どうしてもネクタイがないと不自然な服装の場合は、黒や紺のネクタイを合わせましょう。

小さい子供の服装は?

葬儀

真っ黒な子供服をそろえるのは、難しいものです。
さらには、赤ちゃんの服装ともなると子供服よりも難しくなると思います。

ここでは、黒い服を用意するのが難しい小さい子供の服装について解説していきます。

小学生の場合

黒い服がない場合は、紺色やグレー、茶色など、暗めの地味な服装にしましょう。

また、お葬式では柄物は避けるべきですが、子供服は柄が入っている場合が多いと思います。
細かなチェックやストライプ、ボーダーなどの柄や、ワンポイント程度の柄なら大丈夫ですが、大きな柄やキャラクターの模様が目立つようなものは避けてください。

どうしても柄の目立つものしかない場合は、上着で隠すなど、服装を工夫しましょう。

1歳、2歳の場合

黒が難しい場合は、グレー、白、ベージュや淡いブルーなど、落ち着いた色のものを選びましょう。

無地のものは難しいと思いますが、柄があるとしてもワンポイント程度のものが望ましいです。
大きな柄や派手な柄が入ったものは避けましょう。

また、赤ちゃんを連れて出かけるにはかなり荷物が必要です。
いわゆるマザーズバッグの色が気になる方もいると思います。

「問題ない」「やはり光沢のない黒いバッグを…」と意見の分かれるところですが、もしも普段使いのバッグが赤・ピンクといった原色や、派手な柄のものであれば、なるべく暗い色、地味なデザインのバッグに詰め替えるのが、もっとも配慮した形でしょう。

とはいえ、赤ちゃんを連れての参列はご両親も何かと大変なはずです。
急なお葬式で時間がない場合などは、慌てて詰め替えをして忘れ物をしてしまうより、周囲の方にも理解して頂きたいところです。
どうしても不安な場合は、親戚の方などに確認されると安心かと思います。

また、葬儀にパンツスーツで参列できたらお子さんを連れて行く場合でも安心だと思います。

女性の喪服にパンツスーツで行くことは可能なのでしょうか。
以下の記事では女性の喪服について詳しく紹介しておりますので、あわせてご覧ください。

夏場の服装はどんなものが良い?

葬儀

夏場は熱中症などの心配もあります。
肌の露出はなるべく抑えたほうがよいのですが、あまりきっちりとした服装をさせるのも考えものです。

上着は略し、白い半袖のシャツに、黒や紺色など暗い色のボトムス、女の子であれば暗い色のワンピースなどもよいでしょう。
ワンピースであればノースリーブでも構わないと思いますが、キャミソールのような極端な露出は避けましょう。

夏用の子供服は明るい色のものが多く、暗い色のものがなかなか見つからないこともあります。
できることなら普段から地味な服を一着用意しておけると安心かと思います。

葬式用の服のレンタルも

葬儀

親族や地域の習慣によっては、子供でもきっちりした喪服を求められることがあるかもしれません。
そのような場合は、子供用の喪服がレンタルできるサービスもあります。
ネットで注文・配送が可能なところもありますので、近くにお店がなくても安心です。

靴や靴下、子供用の数珠なども一緒にレンタルできることが多いですから、急なお葬式のときなど、利用を検討してもいいのではないでしょうか。

また、喪服のレンタルについてはこちらの記事に詳しく掲載してありますのでぜひご覧ください。

お葬式の子供の服装についてまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、お葬式の際の子供の服装について以下の項目を中心に解説してきました。

  • 一般的にはスーツは不要、手持ちの服で調える。

  • 制服があれば基本的には大丈夫である。

  • なるべく暗い色、落ち着いた色の服装を心がける。

  • 派手な色や大きな柄のものは避ける。

  • 靴はスニーカーでもOK、ネクタイは不要である。

  • 夏場は熱中症に注意し、過度な露出は控える。

  • 子供用喪服のレンタルサービスもある。

  • 不安な時は遺族や参列者同士で確認を取る。

最後になりますが、小さな子供は、お葬式の意味をまだうまく飲み込めていないこともあると思います。
お気に入りの服が着たい、この服じゃ嫌だ、などと訴える子もいるかもしれません。
そんなときは、できれば、これから大切な人とお別れすること、そのために特別なお洋服を着るんだよということを伝えて納得してもらえたらと思います。

慣れない服を着て慣れない場所へ行くだけでも、子供にとっては大変なことです。
最後のお別れの場面に、お子さんも落ち着いて参加できることを願っています。

今回の記事を読んで、いざというときの参考にしていただければ幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

また、終活ねっとでは他にも葬儀についてなど、様々な記事を掲載しております。
ぜひそちらも参考にしてください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「子供・葬式・服装」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像 1
    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像 2
    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像 3
    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像 4
    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像 5
    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像 6
    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料