葬儀のお供え物とは?適切な品や掛け紙の選び方・お礼状の例文も解説

葬儀のお供え物とは?適切な品や掛け紙の選び方・お礼状の例文も解説

葬儀では、故人への供養の気持ちを込めてお供え物を差し上げることがあります。しかし、沢山ある品物の中から、どのようなものを選ぶべきでしょうか。今回は、葬儀のお供え物に適切な品は何かを、掛け紙の選び方・表書きの書き方や、お礼状の例文と共に紹介します。

最終更新日: 2020年12月18日

葬儀のお供え物について

葬儀

葬儀でのお供えは、故人への弔意を示すために渡すもので、特に故人と親密な仲だった方が送ることが多いでしょう。

では、そのようなお供え物を実際に送る立場になったときに何を送ればいいのでしょうか。
実は、このお供え物は故人の宗教ごとに異なっています。

間違ったものを送ってしまうと、遺族への失礼になってしまうかもしれません。
そこで、今回「終活ねっと」では、葬儀のお供え物について解説していきます。

その内容と順番は以下のようになります。

  • 葬儀でのお供え物の金額相場はいくらほどか

  • 葬儀での適切なお供え物は何なのか

  • お供え物を包む掛け紙はどう選ぶか

  • 喪主側が、お供え物へのお礼状を書く際はどうするか

お供え物には具体的には何があるのか、包装する掛け紙の選び方についても詳しく解説しています。
掛け紙選びで困っている方も必見の内容となっています。

ぜひ、最後までお読みください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

葬儀でのお供え物の相場

お金

供物は自力で手配することと、葬儀社に手配してもらう二つの方法があります。
一般的には、後者の方が多いとされています。

その費用の相場としては、約5000円~1万5000円だといわれています。
お供えと香典は本来は同じ意味なので、お供えをすれば香典は不要だと考える方もいます。

しかし、お供え物を直接渡す際は、香典も持参することが現代では一般的です。
香典も渡す場合には、お返しなどの遺族の負担も考えて、供物は数千円程度にするのもかまいません。

葬儀での適切なお供え物とは?

葬儀

お供えの費用の相場はわかっていただけたと思います。
次に、その費用の中で適切なお供え物は何か見ていきましょう。

宗教によって適切なお供えは異なる

まず前提として、宗教によって適切なお供えは違うということを覚えておきましょう。

以下のリストに、宗教別に適したお供え物をまとめました。

  • 仏教

    仏式葬儀での供物には、花・果物・菓子・缶詰・線香やロウソクなどが適するとされます。
    これは、仏教に存在する五供(ごくう)という考えに基づいたものです。

    逆に、不殺生戒という考えから、殺生をイメージさせる海産物・肉類・酒類は仏式葬儀の供物には適しません。

  • 神道

    神式葬儀での供物には、花・果物・菓子・缶詰以外に、仏式では禁じられていた酒類や海産物なども適しているとされます。
    これは、神道ではお米・お米からできた酒・海産物は神からの恵みであり、神聖なものだとする考え方があるからです。

    ただ、線香やロウソクは仏教のものとされているため、神式葬儀の供物には適しません。

  • キリスト教

    キリスト教の葬儀では、一般的には花以外の供物を送ることはありません
    また、宗派により生花を送ることができないこともあるので、確認は必要です。

花をお供え物にする場合

ではまず、花をお供えする場合について見ていきましょう。

上でも述べられているように、代表的なお供え物は花だといえます。
この送られる花は供花(きょうか・くげ)といい、花を供えることで故人の霊を慰めたり、葬儀に彩りを加えるといった役割があります。

供花は遺族や親族、友人などの縁の人がお供えするだけではありません。
事情があって、葬儀に参列できない人や香典が辞退されている葬儀で、香典の代わりとしてお供えする場合もあります。

お供えする前に

供花の習わしは、宗教や地域によって異なりますから、まず葬儀社に相談することが大事です。
供花をするときは事前に先方の承諾を得ましょう。

その際は、葬儀を担当している葬儀社に問い合わせるのがいいでしょう。
葬儀の準備で忙しい喪家に直接相談するのは避けたいものです。

葬儀社に相談する理由はそれだけではありません。
実は、供花の種類が葬儀に適切か否かで、葬儀会場の雰囲気にも影響を及ぼすので、葬儀社によっては供花の取り扱いをする生花店を決めているところもあります。

花の種類

花なら何でも供花にしてよいというわけではなく、供花で選ぶべき花の種類も宗教によって変化してきます。

  • 仏教

    白菊・黄菊・ユリ・カーネーション・コチョウランなど。
    色は白か薄い色がよい。

  • 神道

    基本的には仏教と同じ。

  • キリスト教

    ユリ・カーネーションなどの洋花が多く、菊など仏教で使われる花は、キリスト教では使わない。
    色は基本的には白。

また、花の種類によってはお供え物には不適切な花も存在することを覚えておきましょう。
棘や毒のある花や、色味が激しい花は不適切となることがあるため、事前に確認しておきましょう。

お供えするタイミング

供花は、通夜や葬儀の間にお供えされるものです。
そのため、通夜当日の午前中までには届くように手配する必要があります。

なお、供花が間に合わない場合には、葬儀終了後に故人のお宅でお位牌やお骨を安置する祭壇にお供えする花を贈りましょう。

その場合には、初七日から四十九日の間に届けるのが一般的です。

食品をお供え物にする場合

次に、お菓子やお酒などの食品をお供え物にする場合です。

供物は、通夜や葬儀の間は祭壇の脇に飾られます。
具体的には地域によって異なりますが、お菓子や果物、缶詰など食べ物であることも多いです。

飾りや大きさなどを会場の状況に合わせてアレンジする必要があるので、実際にお供えする場合には、葬儀社に依頼するのが一般的です。

お菓子のお供え

お菓子をお供えするときは、あとで分けることがあるため、小分けにできるお菓子がよいです。
かさばったり重い物は避けましょう。

故人が好きだったお菓子がある場合には、それをお供えすることができます。

以下の記事では法事のお供え物に関しておすすめのお菓子を紹介しておりますのであわせてご覧ください。

ご飯や団子のお供え

次に、ご飯や団子のお供えについてです。

葬式でお供えするご飯は、枕飯(まくらめし)といいます。
枕飯は、故人が生前に使っていた茶碗にきっちり一杯の米を量り、それだけを炊いたご飯を使います。

そのご飯を全部、先ほどの故人が使っていた茶碗にすべて盛ります。
米の時は、ちょうどいっぱいでしたが、炊いたご飯は膨らみますから山盛りになります。
それに、箸を2本垂直に立てたものが枕飯です。

また、葬式でお供えする団子を枕団子(まくらだんご)といいます。
枕団子は6個が一般的ですが、13個や49個をお供えする地域もあります。

枕飯や枕団子は、地域にもよりますが、なくなった日から火葬する日まで、毎日作って交換します。

そして、出棺のときに、それまでに作った枕飯や枕団子を全部半紙に包んで棺桶に入れます。
枕飯を盛っていた茶碗は割って捨てます。

果物のお供え

果物をお供えにする場合、籠に盛られた盛籠として、果物店などで入手できます。
葬式用であることを店に伝え、白黒の熨斗や名札を用意して貰います。

葬式で供える果物は、刃物で切らずそのままお供えするのが普通です。

お酒のお供え

神式葬儀においてお酒を供物にする場合は、日本酒がふさわしいでしょう。

上でも述べたように、神式葬儀で神聖とされるのはお米であり、お米から作られた日本酒もまた神聖なものとされるからです。

辞退された場合について

葬儀において、特に辞退の旨が伝えられていないのであれば、お供え物も香典も送ることができます。
ただ、葬儀の案内で供物・供花を辞退される場合もあるでしょう。

この場合、供物を送ってしまうと失礼になってしまうため、お供え物は必要ありません。
しかし、そのような際にも香典は必要であるため、注意しましょう。

逆に、香典を辞退する、という旨のみが書かれている場合もあります。

この場合は、基本的に香典を送ることはできませんが、供物や供花は送っても失礼にはならないでしょう。

お供え物のお下がり・おすそ分けについて

基本的に、葬儀後のお供え物は喪主側が引き取ることになります。

ただ、時にはお供え物のお下がり・おすそ分けといって、葬儀の参列者に供物を持ち帰ってもらうこともあります。

一旦祭壇に供えてしまったものをいただいても良いのか、と思う方もいるかもしれません。

ただ、一般的にこのようなお供え物のお下がりは仏様の力が備わっている縁起の良いものとされており、特に断ることなく受け取ってしまってよいでしょう。

また、供物を渡す際には、お供え物のお下がり・おすそ分けのしやすさを考慮することも大切といえるでしょう。

お供え物を包む掛け紙

葬儀

掛け紙というと、贈り物を包むイメージがあります。
お供え物ももちろん、贈り物といえますので、掛け紙で包む必要があります。

では、お供え物の掛け紙はどのように選べばよいのかについて詳しく紹介していきます。

熨斗(のし)はなく、水引は結び切り

まず一番重要なことは、熨斗がなく水引が結び切りのものを選ぶということです。

熨斗とは慶事、つまり祝い事の贈り物につける飾りです。
葬儀は慶事ではなく、弔事であるので熨斗のついていない掛け紙を選びましょう。

水引とは、包装の上から結んだ紐のようなものを指しており、その結び方には、いくつかの種類があります。

葬儀の供物の水引としては、結び切りという結び方のものを選びます。
結び切りには、これ以上繰り返さないという意味が込められているため、葬儀などの弔事の場面で多く使われます。

水引の色は、白黒のものを選びましょう。

表書き

表書きとしては、水引の上部に御供または御霊前とします。
下部には、送り主の名前を入れましょう。

直筆で記入する際には、薄墨を使うと良いでしょう。
薄墨には、悲しみの涙で字が滲んでしまったという意味が含まれているからです。

掛け紙の表書きについては、以下の記事で詳しく解説しています。
ぜひ、ご参照してください。

お供え物のお返しやお礼状

葬儀

自分が喪主となって葬儀を執り行った際、参列者の方からお供え物をいただくことはあるでしょう。
そのような際には一般的にお礼状を書いて感謝を伝えることになります。

お礼状の書き方を見ていきましょう。

お供え物へのお礼状

葬儀の会場に供物や供花をいただいた場合には、お礼状を送ることになります。

このようなお礼状の基本的なマナーは、忌み言葉を使わないことのほか、以下の3つの

  • お供え物・供花への感謝を伝える

  • 葬儀を無事に終えることができたことを報告する

  • お礼を略儀で伝えることを謝罪する

これらを踏まえて例文を作成すると、このようになります。
実際は縦書きですので、注意してください。

拝啓

このたびは[父・母など故人の敬称]の葬儀に際し立派な[御供花・御供物など]を賜わり
誠にありがとうございました
お蔭をもちまして葬儀を無事に済ませることができました
本来ならば拝趨のうえ深く御礼すべきところではございますが 略儀失礼ながら書中をもって謹んでご挨拶申し上げます
                                    敬具
(年月日)
(住所)
(氏名)

香典もいただいた際は香典返しを

供物や供花をいただいた場合にお礼状を送ることは分かっていただけたと思いますが、参列者の方から香典を受け取っている際には、香典返しもすることになります。

香典返しは香典の半額が相場で、お菓子・石鹸といった消えものや、ハンカチなどの日用品、カタログギフトなどを送るのがよいでしょう。

香典返しについては以下の記事でより詳しく解説しているため、合わせてご覧ください。

葬儀のお供え物についてのまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回、「終活ねっと」では葬儀のお供え物について解説してきました。

内容を整理すると以下のようになります。

  • お供え物の相場は5000円~1万5000円程度となっており、葬儀社に手配してもらうことが多い。

  • 適切なお供え物は宗教によって変化する。
    仏教では肉・魚・酒が不適切であり、神道では線香やロウソクが不適切とされるため、無難なお供え物は花といえる。

    また、キリスト教では供花以外にはお供えの風習がない。

  • 供花に選ぶ花の種類も宗教別に適切なものがあるため、注意する。
    供花をお供えをする際には、葬儀社に相談してから手配するようにし、通夜の日の午前中までには届くようにする。

  • 食品をお供えする際には、お菓子の場合は小分けできるものがよく、ご飯の場合は枕飯、団子の場合は枕団子をお供えする。
    果物の場合は、カットしていない状態でお供えする。

  • お供え物を包む掛け紙は熨斗がなく、白黒の結び切りの水引を選ぶ。
    表書きは、御供や御霊前とするのがよい。

  • お供え物を頂いた方には、お礼状を送る。
    香典も一緒に受けとった場合には、香典返しも行う。

供物や供花は会場の設営にも関わるので、事前に葬儀社などに連絡して、お供えすることが大切です。

また、お供えを辞退する喪主の方もいらっしゃいます。
葬儀の連絡や案内状の中で、辞退する旨が明示されているならば、お供え物はしない方が良いでしょう。
お供えは、必ず行わなければならないものではありません。

故人への感謝を示すのならば、葬儀に参列し、お焼香をするだけでも十分伝わるでしょう。
また、葬儀に参列できなければ、後日弔問するという手もあります。

一番尊重しなくてはいけないことは、遺族の気持ちであることを忘れないようにしましょう。

「終活ねっと」では、他にも多数の記事を掲載しております。
また、下記の記事では葬儀に飾るお花について解説しております。
ぜひこちらの記事もご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事