亡くなった当日は通夜をしていい?通夜までの準備や当日の流れも解説

人が亡くなった当日に通夜をすることはルールやマナー的に問題はないのでしょうか。また、喪主と参列者のどちらも通夜当日のことについては気になる点があるでしょう。そこで今回は、亡くなった当日の通夜に加え、通夜の流れや準備についても解説していきます。

目次

  1. 当日の通夜について
  2. 通夜は亡くなった当日に行うの?
  3. 遺族が通夜当日を迎えるまでにすべき準備
  4. 通夜当日の流れ
  5. 参列者の通夜に関するマナー
  6. 当日の通夜のまとめ

当日の通夜について

葬儀

通夜は亡くなった当日に行うものなのか、という疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。
普段から経験するものではなく、馴染みのないものなのでよく分かりませんよね。

そこで今回終活ねっとでは、当日の通夜について、以下の内容を中心に解説していきます。

  • 通夜は亡くなった当日に行うべきかどうか
  • 通夜当日を迎えるまでに行うべき準備
  • 通夜当日の流れと準備
  • 参列者が守るべき通夜参列に関するマナー

最後まで読んでいただけたら幸いです。

通夜は亡くなった当日に行うの?

葬儀

法律的には死後24時間が経過していればご遺体を火葬する事はできるので、亡くなった当日に通夜を行う事も不可能ではありません。

しかし、亡くなった時間帯にもよりますが、一般的には亡くなった当日はご遺族だけの仮通夜として、翌日や翌々日が一般の人にも参列してもらう本通夜、その次の日に葬儀という進み方が多いようです。

亡くなった当日に通夜を行うと、故人が亡くなったということをしっかりと受け入れられておらず、心身ともに慌ただしい中での葬儀という事になり、様々な連絡や案内などが間に合わない可能性があります。
故人とともにこれまで生きてきた年月をまずは遺族のみで振り返り、最後の時間をゆったりとした気持ちで過ごすことも大切ですので、亡くなった当日に通夜を行うということはオススメはできません。

遺族が通夜当日を迎えるまでにすべき準備

葬儀

親しい人が亡くなった場合、ショックはとてつもなく大きいものでありますが、亡くなった当日から通夜や葬儀に向けて様々な準備を行なっていく必要があります。
ここでは日本で最も多く行われている仏式の通夜の準備の進め方についてご紹介します。

亡くなった当日の葬儀社への連絡

ご臨終の後、葬儀社が決まっている場合は葬儀の準備をスムーズに進めるために、なるべく早めに連絡をします。

葬儀社が決まっていない場合はインターネットでも探すことができますが、数社に連絡をして見積を取り、比較してから決めるというのも一つの方法です。
電話で連絡をすることにより、金額だけでなく、それぞれの葬儀社の良さや悪さが初めの段階の対応で見えてくるものです。

多くの方は病院で亡くなりますが、その場合、病院から葬儀社を紹介されることもあります。
しかし、病院が紹介する葬儀社とは異なる会社に通夜や葬儀を依頼しても問題はありませんので、ご遺体の搬送のみをその葬儀社にお願いし、その後じっくりと検討して葬儀社を決めることもできます。

葬儀社との打ち合わせ

通夜や葬儀を行う葬儀社が決まったら、打ち合わせを行う必要があります。
その際には、いつどこで通夜を行うかということ・どんな形式の通夜や葬儀にするかなど、通夜や葬儀の核となる重要な事柄について話し合います。

葬儀社との打ち合わせに臨む際に留意しておくべきこととしては「葬儀に関して知識がないので、専門家である葬儀社にお任せしよう」といった考えになりがちですが、故人の希望や遺族の考えに沿った葬儀を執り行うためには、冷静な判断をして遺族側で多くの事柄を決める必要があるということです。

また、当日は精神的にも時間的にも余裕がないので、正常な判断をするために遺族側何人かで葬儀社との打ち合わせに臨むのも一つの方法です。
非常に聞きにくい事かもしれませんが、サービスや価格、割引などはあらかじめ確認しておきましょう。

翌日の葬式は友引を避けるべき

大安や仏滅、友引などカレンダーに記載されていることで知られている六曜ですが、葬式の日程を決めるときに深く関係してきます。

六曜は吉日と凶日に分けられ、基本的に友引は弔事に関しては凶日とされているので、葬式を行わない方が良いとされています。
これは、火葬をする際に故人と仲の良かった友が、一緒にあの世へと連れて行かれるといった考えからくるものです。

通夜に関しては火葬を行うわけではないので、友引でも関係なく執り行われています。
しかし通夜と葬式の日程の関係上、葬式が友引にあたってしまう場合は、通夜の日程ををずらしたり通夜と葬式の間に日を空ける事もあります。

通夜当日の流れ

葬儀

本来通夜は、お線香を切らさないようにしながら、夜を通して近親者で故人を偲ぶ儀式でした。
しかし、現在は半通夜と呼ばれる、夕方に開会しその夜のうちに解散するという形式のお通夜が主流となり、家族以外の一般の会葬者も仕事が終わってから通夜に参列するようになりました。

通夜は何時から何時まで?

通夜が行われる当日の時間は、一般的に18時頃から始まり、約1時間ほどで終了します。
参列者は始まる30分前に、遺族や親族に関しては1時間ほど前には会場に到着するようにし、控え室に集まります。

そして、約1時間後に通夜は終了し、その後別室にて故人を偲ぶための食事会である通夜振る舞いが行われることもあります。

また、会葬者が多い場合は焼香をするのに時間がかかるため、終了時刻が19時を過ぎることもあります。
焼香の仕方に関しては地域や寺院、葬儀社によって異なる場合があるので、僧侶や葬儀社の指示に従います。

お通夜当日に喪主がするべきこと

ここまでに通夜の当日を迎えるまでにすべき準備については解説してきましたが、喪主は通夜の当日も様々なことを行う必要があります。

まず、通夜が開始するまでに行うべきことは以下のことが挙げられます。

  • 供花や供物の贈り主を確認し、祭壇のそばに配置する。
  • 葬儀社と受付係をお願いする人とそれぞれ最終確認の打ち合わせを行う。
  • 会場にやってきた僧侶に挨拶をする。
  • 参列者に会葬御礼として渡す返礼品と会葬礼状の確認をする。
  • 会場に到着した参列者に挨拶をする。

そして、通夜が始まってからは、通夜の終了時と通夜振る舞いの開始時・終了時に参列者への感謝の気持ちを込めて遺族の代表として挨拶の言葉を述べます。

参列者の通夜に関するマナー

葬儀

参列者として通夜に参列するときには、マナーを守って弔問客としてふさわしい態度でいることが大切です。
ここでは通夜に参列する場合、また事情があり参列することできない場合に守るべき基本的なマナーについて解説していきます。

供花の送り方

人が亡くなった際には、故人の霊を慰めるため、弔意を込めて花を供えますが、その花のことを供花(くげ)と呼びます。
中には遺族側が供花を辞退している場合もあるので、送りたいと思った場合でも事前に遺族に了承を得なくてはいけません。

親族、一般の参列者ともに故人の葬儀を執り行っている葬儀社に注文するのが最も一般的な方法と言えます。
故人の親族が供花を送る場合は、喪主から訃報の連絡を受けた際に、供花を送りたいという旨を伝えることで喪主が取りまとめてくれることもあります。

供花は、通夜の3時間ほど前までに手配をしないと間に合わないので余裕を持って注文をするようにしましょう。
清算方法は、参列した当日に葬儀社に直接支払うのが一般的です。
後日の振り込みも可能になっている場合もあります。

当日の服装

通夜は本来、訃報を聞いた人が急いで弔問に来るというものであったため、服装の準備に時間をかける必要はないと言われています。
しかし現代の通夜は訃報が入ってから一定の時間が経過してから行われるので、ある程度はしっかりした服装で参列するべきです。

現在男女ともに一般的な通夜での服装となっているブラックフォーマルについてここで解説していきます。

男性

男性の通夜での服装は濃い紺色やグレーのダークスーツを着用する略喪服が本来は良いと言われていますが、近年では通夜と葬儀はどちらもブラックスーツを着用する準喪服のスタイルが主流となっています。

上着

上記の通り、上着はブラックスーツを着用する準喪服のスタイルが一般的です。
このときのスーツはただ黒ければ良いというわけではなく、無地で光沢感のない生地のものを着用しなければいけないとされています。

またシングル、ダブルのどちらを着用しても問題ありません。

シャツ

スーツの下には必ず白のワイシャツを着用します。
シャツに関しても素材は無地で光沢感がないということが求められます。
また、ボタンダウンのものもNGです。

基本的には長袖のものを着用するのがベストではありますが、夏の暑い日などは半袖のものを着用しても構いません。
しかし、通夜では極力肌の露出は控えるのがマナーであるため、その際も上着は必ず着用していなければいけません。

ネクタイ

ネクタイは黒の無地のものをつけます。
幅が細すぎないものを選び、結び目にくぼみができないように結ぶことを心がけましょう。

靴下

靴下もネクタイ同様、黒の無地のものを履きます。
近年の通夜では靴を履いたまま中に入ることのできる会場が多いですが、靴を履いていても中の靴下は見えてしまいます。
そのためグレーや白のものや、柄付きのものも履かないようにしましょう。

黒の光沢感のない革靴を履きますが、ローファーのようなタイプの革靴はカジュアルに見えてしまい、通夜の参列には不適切ですので、必ず紐付きのものを履いていくようにしましょう。
また茶色のものや金具がついているものもNGです。

革靴の中でも、殺生を強くイメージさせるスエードや、爬虫類の皮でできている靴も避けましょう。

女性

女性は洋装で参列する人が多いものの、和装でも構いません。
ここでは洋装について解説しますが、地域によっては女性の喪主は和装を着用する事が慣習になっている場所もあるので、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

喪服

女性の洋装の喪服は男性よりもタイプが豊富といえます。
スーツワンピースアンサンブルのスタイルの中のいずれかを着ます。
素材は黒色の無地で、また光沢感のないものである必要があります。

スーツやアンサンブルを選ぶ場合は中にブラウスを着用しますが、これも上着同様に黒の無地である必要があります。

そしてスカートは膝下からふくらはぎのあたりと、長さは短くなりすぎないようにします。

ストッキング

基本的には黒または薄橙(肌色)のストッキングを履きます。
ただし、とても寒い日に限り、黒の薄手のタイツを履いても構わないとされています。

女性の通夜での靴は黒のパンプスが最も一般的です。
ヒールが付いていない靴はカジュアルであり、マナー違反とされているので、5〜7cmほどと低すぎず高すぎることもないヒールが付いている靴を選びましょう。
金属の飾りが付いているものや、殺生を連想させるスエードや、エナメルなどの光沢感の強い素材が用いられている靴も避けましょう。

アクセサリー

通夜を含む弔事ではオシャレが禁じられているため、アクセサリーは結婚指輪腕時計真珠のネックレス以外はNGとされています。
また、ネイルのアクセサリーをつけているならば、基本的には剥がしてから参列するのがベターです。
しかし、どうしても外したくないという場合は黒の手袋を着用して参列し、焼香を行うとき以外は外さないようにしましょう。

当日の持ち物

通夜では必要な持ち物がいくつかあります。
以下で紹介するものを持たずに通夜の会場に行った場合、常識のない人だと思われてしまう可能性があるので必ずチェックしてから通夜に参列するようにしましょう。

香典

通夜に参列する際は、供花や線香を持参する代わりに現金を香典として包みます。

注意すべき点としては、通夜と葬儀の両方に参列する場合でも、香典は一度だけ渡すものであるということです。
これは、香典を二度渡すということが「不幸が重なる」という意味にとられてしまい、縁起が悪いとされているからです。

金額については、自分の立場などの要因によって変化はしますが、ある程度の相場は故人との間柄ごとに決まっているので説明します。
通夜では故人が両親ならば5万〜10万円親戚ならば1万〜5万円友人や知人ならば5千〜1万円ほどを渡せば問題ないとされています。

香典は現金のままではなく、香典袋に包んで渡します。
香典袋の表書きは宗教・宗派により異なり、仏教の場合は基本的に御霊前と書きますが、浄土真宗の場合は御仏前と書く必要があります。
神道の場合は御玉串料、キリスト教の場合は御花料と書きます。

袱紗

通夜の会場に向かう際には、袱紗(ふくさ)と呼ばれる絹でできた布で香典袋を包んで持参し、受付で香典を渡すときに取るのがマナーとなっています。

袱紗には様々な色があり、その色によって慶事用と弔事用として向き不向きがあります。
通夜のような弔事の際には紫・紺色・緑・グレー・灰青のような寒色のものが向いています。
ちなみにのみは慶事、弔事のどちらにも使用することができるので、これから袱紗を買うという方には紫のものがオススメです。

数珠

仏教では本来お経を唱えた回数を数えるための道具だった数珠ですが、現在は焼香を行う際に用います。
自身が仏教徒でない場合や、通夜の形式が仏式でない場合には持参する必要はありません。

ハンカチ

ハンカチは涙を拭ったり、洗った手を拭く際に用います。
色は白か黒の無地のものを持参するようにしましょう。

当日通夜は遅刻・早退してもいい?

何らかの用事などがあり、通夜のすべての時間にいられないということもあるでしょう。
その場合は遅刻もしくは早退するということが分かり次第、喪主に連絡をしてその旨を伝えることが大切です。

基本的には通夜では顔を出して故人を弔うことが大切ですので、遅刻や早退をしてしまう場合でも可能ならば参列するようにしましょう。

仕事などで通夜に参列できない場合

仕事などの外せないという用事や病気などにより、どうしても通夜への参列が困難だということもあるでしょう。
その場合の対応の仕方について解説します。

喪主に参列できないということを連絡する

通夜に参列することができないと分かり次第、喪主に欠席するということを伝えるために連絡をします。
このときに大切なことははっきりと欠席すると伝えるということです。
通夜を欠席すると喪主に直接伝えることは気まずいことかもしれませんが、曖昧にせずに伝えることが大切です。
一方、欠席する理由に関しては、失礼にあたるのであまり詳細に伝えるべきではありません。

弔電(お悔やみの電報)の送り方

弔電は通夜までに送るのがマナーなので、通夜の時間を確認して葬儀場に送るのが基本です。
送る日時が早すぎると、親族が不在のため受け取ってもらえないということがあるので、送り先にあらかじめ確認をしておくべきといえます。
このとき、時間は間違えないようにすることと、受取人は喪主のお名前で送るということを気に留めておきましょう。

香典の渡し方

通夜に参列できない場合の香典の渡し方については、以下の三通りが挙げられます。

まず、郵送するという方法です。
香典を郵送する場合、現金は宅急便で送ることはできないので、郵便局で現金書留の手続きを行います。
現金書留を利用する場合には文書も一緒に送ることができるので、通夜に参列できなかったことへのお詫びを少し述べるとより良いです。

次に、後日喪主の家へ弔問に伺う際に渡すという方法です。
仏壇の前で線香をあげに喪主の家に行き、そこで香典を渡します。

最後に、通夜に参列する人に香典を預け、会場で渡してもらうという方法です。
この際の注意点としては、香典を預けるということは自分の代わりに他人に参列してもらっているということになります。
そのため、目上の人には頼むべきではありませんし、親しい間柄の人にのみしか頼むことができないということには注意しなければなりません。

当日の通夜のまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。
今回終活ねっとでは、当日の通夜について解説してきました。

  • 人が亡くなった場合、当日に通夜を行うことは法律的には可能だが、故人との最後の時間をゆっくりと過ごすことができず、落ち着かない中での通夜となってしまうので当日には通夜を行わない方が良い。
  • 通夜当日までに喪主が行うべき準備として、まずはどの葬儀社にお願いをするかを決め、どのような通夜にしたいかを決めるために葬儀社と打ち合わせを行う必要がある。
    また、日程を決める際は葬儀を行う日には六曜の友引にあたる日は避けるべきである。
  • 現代の通夜は半通夜であることが多く、通夜当日は18時の開始から一時間ほどで通夜自体は終了し、その後通夜振る舞いが別室で行われることもある。
  • 喪主は通夜当日も供花などの供物の確認と配置・葬儀社と受付係との最後の打ち合わせ・会場に到着した僧侶への挨拶・会葬御礼の確認といった準備を行い、通夜の最後には遺族の代表として参列者への挨拶を行う必要がある。
  • 参列者は供花を贈る際には葬儀社に連絡をする。
  • 参列者の服装は男女ともにブラックフォーマルが基本で、持ち物は基本的に香典・袱紗・数珠・ハンカチの4つが基本である。

悲しみの日はいつも突然訪れます。
そうなった時に、必要以上に慌てなくて済むよう、前もってイメージしておくことが大切ですね。

この記事が皆様が通夜の準備を行う際の役に立てたならば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

シェアする

「通夜・当日」に関連する記事

  • 葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!のサムネイル画像

    葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!

    現在は、故人や家族の想いや事情に合わせた葬儀をさまざまな場所で執り行うことができます。何人くらいの人に来てもらい、どんな形式と流れで故人を送るかにより場所の選び方は変わってきます。いざというとき、何を基準にどんな葬儀の場所を選べばいいのかを考えてみましょう。

  • お通夜の意味ってなに?お通夜ですることについても解説!のサムネイル画像

    お通夜の意味ってなに?お通夜ですることについても解説!

    訃報を受けて駆けつけるお通夜。お通夜という言葉は聞いたものはあるものの、喪主や参列の経験がない方は、なぜお通夜を行なうのかご存じない場合があります。今回終活ねっとでは、お通夜の意味について解説をしていきます。お通夜を行なう意味を覚えておきましょう。

  • お通夜に遅れるのは大丈夫なの?遅れる場合のマナーについても解説!のサムネイル画像

    お通夜に遅れるのは大丈夫なの?遅れる場合のマナーについても解説!

    故人の死を悼み、ご遺族に弔意を示すためにもお通夜は参列した方が良いです。しかし、お通夜に遅れることになった場合、どのような対応が求められるのでしょうか。この記事では、お通夜に遅れることに関するマナーについて解説しています。

  • 葬儀の流れとは?納骨までの流れや参列マナー・日程の決め方も解説のサムネイル画像

    葬儀の流れとは?納骨までの流れや参列マナー・日程の決め方も解説

    葬儀は故人の一生の最後の大切な儀式です。故人は勿論、参列者にも失礼のないよう振る舞わなければなりません。しかし、聞き慣れない言葉や慣習もあり、葬儀の流れは分かり難いことが多く、心配になりますね。葬儀はどんな儀式か、段取りや注意点など納骨までの流れを解説します。

  • 葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説のサムネイル画像

    葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説

    誰にでも必ず最期の時は訪れます。その際に葬儀を行うわけですが、葬儀をいつやるべきなのかというのは事前に予定を組めないため、わかりにくいものです。そこで、今回は葬儀をいつ行うのかについてご紹介するとともに、お布施の手渡しや香典返しのタイミングも解説いきます。

  • 通夜と葬儀の違いとは?日程や挨拶マナー、参列時の持ち物をご紹介!のサムネイル画像

    通夜と葬儀の違いとは?日程や挨拶マナー、参列時の持ち物をご紹介!

    愛する身内の方が亡くなった場合、日を置くことなく通夜や葬儀が行われます。いずれも故人とのお別れや見送りをするうえでは欠かせません。ところで皆さんは通夜と葬儀の違いはわかりますか?今回はぜひ知っておきたい通夜や葬儀との違いや、マナーや費用も含めて見ていきます。

  • 葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説のサムネイル画像

    葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説

    人はいつか亡くなります。身近な方が亡くなったときにどう対応したらいいのでしょうか。通夜・葬儀の日程を決めるには?通夜・葬儀・告別式はどういった流れですすめていくのか?など、今回はいつか必ずやってくる葬儀の日程の決め方やマナー、流れについて解説をしていきます。

  • 葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについて解説!のサムネイル画像

    葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについて解説!

    人生の中では参列する側としての葬儀だけでなく、喪主側としての葬儀を経験する日が来ることもあるかもしれません。そんなとき、一体どんな準備をすれば良いのか知りたい方もいるのではないでしょうか?今回はそんな葬儀の準備や流れ、また服装マナーについても解説していきます。

  • 通夜と葬儀・告別式の流れを解説!葬儀にかかる時間もご紹介しますのサムネイル画像

    通夜と葬儀・告別式の流れを解説!葬儀にかかる時間もご紹介します

    身近な方が亡くなり、通夜や葬儀を行うということはあまり経験する事柄ではありませんよね。通夜や葬儀などの一連の流れを前もって知っておけば、後悔の無い良いお葬式を行いやすくなるかもしれません。そこで一般的な通夜と葬儀の流れを解説しますので、ぜひ参考にしてください。

  • お通夜と葬儀の違いとは?服装や挨拶の違いなどについても解説!のサムネイル画像

    お通夜と葬儀の違いとは?服装や挨拶の違いなどについても解説!

    故人が亡くなった際に行われるお通夜や葬儀。名前を聞くことはよくあると思いますが、この2つの違いについてご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、お通夜と葬儀の意味や服装、挨拶の違いなどをご紹介していきます。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「通夜・当日」についてさらに知りたい方へ

葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!のサムネイル画像

葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!

お通夜の意味ってなに?お通夜ですることについても解説!のサムネイル画像

お通夜の意味ってなに?お通夜ですることについても解説!

お通夜に遅れるのは大丈夫なの?遅れる場合のマナーについても解説!のサムネイル画像

お通夜に遅れるのは大丈夫なの?遅れる場合のマナーについても解説!

葬儀の流れとは?納骨までの流れや参列マナー・日程の決め方も解説のサムネイル画像

葬儀の流れとは?納骨までの流れや参列マナー・日程の決め方も解説

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説のサムネイル画像

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説

通夜と葬儀の違いとは?日程や挨拶マナー、参列時の持ち物をご紹介!のサムネイル画像

通夜と葬儀の違いとは?日程や挨拶マナー、参列時の持ち物をご紹介!

葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説のサムネイル画像

葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説

葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについて解説!のサムネイル画像

葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについて解説!

通夜と葬儀・告別式の流れを解説!葬儀にかかる時間もご紹介しますのサムネイル画像

通夜と葬儀・告別式の流れを解説!葬儀にかかる時間もご紹介します

お通夜と葬儀の違いとは?服装や挨拶の違いなどについても解説!のサムネイル画像

お通夜と葬儀の違いとは?服装や挨拶の違いなどについても解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「通夜・当日」についてさらに知りたい方へ

葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!のサムネイル画像

葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!

お通夜の意味ってなに?お通夜ですることについても解説!のサムネイル画像

お通夜の意味ってなに?お通夜ですることについても解説!

お通夜に遅れるのは大丈夫なの?遅れる場合のマナーについても解説!のサムネイル画像

お通夜に遅れるのは大丈夫なの?遅れる場合のマナーについても解説!

葬儀の流れとは?納骨までの流れや参列マナー・日程の決め方も解説のサムネイル画像

葬儀の流れとは?納骨までの流れや参列マナー・日程の決め方も解説

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説のサムネイル画像

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと