葬儀に必要な係とは?受付の仕事や服装、会計係や係へのお礼も解説

葬儀に必要な係とは?受付の仕事や服装、会計係や係へのお礼も解説

葬儀にはいろいろな係が必要です。主に受付,会計,接待といった係がありますが、それぞれどんな仕事をするかご存じですか。そこで今回は葬儀の受付係の仕事内容や服装、注意点について解説します。また会計係と接待係の仕事や注意点、係の方へのお礼についても紹介しています。

2019-09-30

葬儀での係とは?

困った人々

葬儀に参列すると、斎場では多くの方が働いています。
もちろん、その多くは葬儀社の方や会場スタッフの方であることが多いです。

しかし、中には故人の親族や知人の方が係員を務めていることがあります。
葬儀では執り行ううえで必要な係があります。

この係の方は親族が務めることが一般的です。
ただし、親族の人数が足りないことなどから故人の知人が務めることもあります。

その係にはいくつかの種類があり、突然の葬儀で係の仕事を依頼されたら、どうすればいいか困る方が多くいると思います。
そこで今回終活ねっとでは、葬儀に必要な係について解説していきます。

その内容のポイントと順番をまとめると以下の通りです。

  • 葬儀で係を頼まれる人のはどんな人か

  • 葬儀での受付係とは?

  • 受付以外の係について

  • 係の方へのお礼はどうするの?

葬儀を係ごとの仕事内容やそれぞれで注意することについて解説しています。
また、葬儀後の係の方へのお礼についても紹介しているので、係を頼まれた方だけでなく係を頼む方にもおすすめの内容となっています。

ぜひ、最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀で係を頼まれる人とは

人々

葬儀で係を頼まれるのは、一体どのような人なのでしょうか。
係の人間の決め方には、マナーやルールといった決まり事はありません

そのため、どんな方が行っても問題ありません。
ただし、係の種類によっては香典などの管理をするので信頼できる方に任せるとよいでしょう。
一般的には、少し縁遠い親戚や故人の友人,会社の同僚などにお願いすることが多いようです。

他にも地域の結びつきがあれば、町内会の方に依頼することもあるようです。
また、係の依頼をされた方はなるべく断らないようにしましょう。

遺族の方は忙しいなか信頼できる人間として依頼をしているので、ここで断ると遺族の方の手間が増えてしまいます。
そのため、大事な予定がない限り引き受けるといいです。

葬儀での受付係

葬儀

葬儀の係といって、まず思い浮かべるのが受付係の方も多いでしょう。
受付係は弔問客が最初に顔を合わせる係です。

その仕事内容や注意点について詳しく見ていきましょう。

仕事内容

受付係は弔問客から香典を受け取り、記帳をしてもらいます
香典の有無に限らず、会葬返礼品を渡すようにしましょう。

また、受付の準備も受付係の仕事です。
長机を用意し芳名帳と筆記具、香典受けと名刺受けを用意します。

筆記用具は黒のサインペンや筆ペンを用意し、芳名帳には行を作り順番に番号を書いておきます。
葬儀の始まる30分前には受付準備を終わらせるようにします。

服装

葬儀の受付係を依頼された場合、どのような服装をすればよいでしょうか。
実は、受付だからといって特別な服装をする必要はありません。

通常の参列者と同様に喪服を着るようにしましょう。

男性の場合

男性は黒無地のスーツを着用します。
光沢のあるものはマナー違反になってしまうので、光沢のある生地やネクタイピンは控えるようにしましょう。

スーツの中のシャツは白無地で、ネクタイは黒無地のものを選びましょう。
靴は黒のプレーントゥが最適です。
靴も服と同様に光沢のあるものは厳禁です。

女性の場合

女性は黒無地のスーツかワンピースを着用します。
髪は後ろですっきりとまとめるようにしましょう。

アクセサリーを身につける場合は真珠が付いたものを選びましょう。
ストッキングは黒で肌が透けない程度のものがいいです。

靴は黒のパンプスが最適です。
ヒールは高すぎると華美になってしまうので、3~5㎝程度のものにしましょう。

注意すること

受付係の仕事をするうえで気を付けなくていけないことがいくつかあります。
マナー違反をしてしまうと、弔問客だけでなく依頼してくださった遺族にも失礼になってしまいます。

ここで紹介するので、ぜひとも覚えておきましょう。

挨拶や言葉遣い

受付係は必ず弔問客と顔を合わせるので、遺族の顔としての仕事になっています。
そのため、しっかりとした挨拶をする必要があるでしょう。

弔問客の一人ひとりに、「本日はお忙しい中、来ていただきありがとうございました」という挨拶をするようにしましょう。
また、言葉遣いにも注意を払いましょう。

弔問客に記帳してもらうときには「恐れ入りますが、こちらにお名前をご記入下さい」、葬儀の日が雨の場合は「本日は足元の悪い中、お越しくださいましてありがとうございます」といった言葉遣いをしましょう。

会場の把握

会場が大きいと場所がわからずに受付に聞きに来る弔問客がいます。
そういった方を誘導できるように会場全体を把握するようにしましょう。

そのため、受付の準備のために早めに到着したときに一緒に会場内の確認をしておきましょう。
また、同様に葬儀のスケジュールについても把握しておくことが大切です。

焼香のタイミング

受付係の方はどのタイミングで焼香を済ませればいいでしょうか。
これは、葬儀社によって対応が異なります。

一般的には葬儀が始まる前に焼香を済ませます。
先ほどあったように受付は準備のため早めに会場入りするので、そのタイミングで焼香をしてしまいます。

ただ受付が交代制で受付を担当し、葬儀中に焼香することもあります
このように、葬儀ごとにタイミングは異なるので事前に喪主に確認するようにしましょう。

受付以外の係

葬儀

葬儀での係は受付係だけではありません。
そのほかにも存在します。

ここでは、会計係と台所・接待係について紹介していきます。
この二つの係も非常に重要な係なので押さえておきましょう。

香典の確認をする会計係

会計係は受付係と混同されがちですが、異なる係です。
その仕事内容と注意点を確認していきましょう。

仕事内容

会計係は受付係と一緒に受付に立ちます。
受付係が受け取った香典を会計係が引き受けます。

仕事としては香典の中身を確認し、記帳された金額や袋に書かれた金額と一致しているか見直しします。
もし一致しない場合は受付係に頼んで、弔問客にその旨を伝えてもらい確認を取ります。

このように、会計係はお金に触れるため、遺族からの信頼の大きい方が任されることが多いです。
また、受付係が会計係の仕事を任されることもあります。

注意すること

葬儀で忙しい遺族に代わって香典の計算をするのが会計係です。
弔問客の数にもよりますが、その合計金額は非常に高額なものとなります。

そのため責任をもって取り扱いをし、葬儀後に遺族に手渡しするまでは大切に管理するようにしましょう。

僧侶や弔問客の世話をする台所・接待係

葬儀が終わると通夜では通夜振舞い、告別式では精進落としがあります。
このときに出番となるのが台所・接待係です。

その仕事内容と注意点を確認していきましょう。

仕事内容

台所・接待係の仕事はその字の通りです。
葬儀に参加する住職や僧侶にお茶や料理を提供することが仕事です。
また、通夜振舞いや精進落としでの弔問客への料理の提供や接待も行います。

注意すること

台所・接待係は一般的に女性がなることが多いです。
告別式の精進料理は、一人ひとりに準備しなければなりません。

そのため準備がとても大変です。
中学生や高校生、大学生などの学生の方も積極的にお手伝いを行いましょう。

また、この係を務める方はエプロンを持参するようにしましょう。
係をされる方も服装は基本的に喪服やブラックスーツです。

汚れてしまうとよくないので、エプロンを持参し食事の配膳や片づけを行うときに着用するようにしておきましょう。
また、エプロンをすることで弔問客が一目で係のものだと分かるというメリットもあります。

エプロンについて

エプロンが黒無地のものを用意しましょう。
紺などでも問題ないですが、柄やポイントが入っているものは避けるようにしましょう。
また割烹着でも問題ありません

持っていない方はこれを機に1枚持っておくことをおすすめします。
葬儀はもちろん法事などのときにも活躍してくれますよ。

葬儀でのエプロンについては以下の記事で詳しく解説しています。
合わせてご覧ください。

係の方へのお礼

葬儀

葬儀の係を務めてくれた方と会う機会が少ない場合はその日のうちに、それ以外の場合は後日お礼するようにしましょう。
では、どのようなお礼をするとよいでしょうか。

お礼の方法としては、お礼の言葉を述べてお礼の品を渡します。
品物としては、お菓子やタオルといった実用的なものをおくることが多いようです。
掛け紙には、志や御礼と書くようにしましょう。

また品物代わりにお金を渡す、心付けというものもあります。
心付けは地域により相場が異なりますが、5000~1万円のお金を白地の封筒に包んで渡すことが多いようです。

葬儀では、係の方以外にも心付けを渡すことがあります。
以下の記事では、心付けについて詳しく解説しているので、合わせてご覧ください。

葬儀での係に関するまとめ

葬儀

いかがでしたか。
今回終活ねっとでは、葬儀に必要な係について解説してきました。

その内容をまとめると以下のようになります。

  • 葬儀の係を務めるのは、少し縁遠い親戚や故人の友人,会社の同僚などの人である。
    町内会の方が務めることもある。

  • 受付係は弔問客から香典を受け取り、記帳をお願いし会葬礼状を渡す。
    受付の準備も仕事の一部である。
    受付係は遺族の顔なので、挨拶や言葉遣いに気を付ける。
    焼香は葬儀の前に済ませることが多い。

  • 会計係は香典の中身を見て、記帳された金額や袋に書かれた金額と異なっていないか確認する。
    金額が高額になるので、遺族の手渡しするまで大切に保管する。

  • 台所・接待係は住職や弔問客にお茶や料理を提供します。
    この仕事は女性が務めることが多く、務める方はエプロンを持参するとよい。

  • 係を務めてくれた方へのお礼としては、実用的な品物や心付けを渡すことが多い。
    心付けは地域によって差があるが、5000~1万円が相場となっている。

葬儀にはいくつかの欠かせない係がありました。
葬儀は突然で焦ってしまいがちですが、係のことは親族や知人に依頼すれば快く引き受けてくれるので落ち着いて対応するようにしましょう。

また、係を頼めそうな方がいない場合には葬儀社の方などが代行してくれることもあります。
葬儀社に相談するといいでしょう。

もし、あなたが葬儀の係を頼まれたときには助け合いの気持ちで引き受けて、この記事にあったことを生かせるようにしましょう。

終活ねっとでは、他にも多数の記事を掲載しております。
下記の記事では葬儀の費用や内訳、安くする方法について解説しています。
ぜひこちらの記事もご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「葬儀・係」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像 1
    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像 2
    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像 3
    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像 4
    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像 5
    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像 6
    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料