お葬式に参列する時などに知っておきたいこと

冠婚葬祭の一つであるお葬式は人が亡くなった時に行われる弔事であり、遺族側・参列者側それぞれにマナーや常識などがあります。マナーや常識などを知らないことで人間関係に支障をきたす可能性がありますので、お葬式に参列する時などに知っておきたいことをご紹介していきます。

目次

  1. お葬式のマナーや常識は重要です
  2. お葬式までの準備や流れなど
  3. お葬式の流れ
  4. お葬式の時間
  5. お葬式に参列する時に必要なもの
  6. お葬式の時の言葉
  7. お葬式に参列する時などのまとめ

お葬式のマナーや常識は重要です

葬儀

冠婚葬祭の一つであるお葬式。
お葬式は人が亡くなった時に行われる弔事であり、遺族側にも参列者側にもそれぞれにマナーや常識があります。

このマナーや常識を知らないことで、非常識な人であると認識されてしまい、その後の人間関係に支障をきたす可能性もありますので、ここではお葬式に参列する時などに知っておきたいことなどについてご紹介します。

お葬式の連絡をする範囲はどこまで

訃報の連絡をする範囲についてですが、親族であれば子供や孫、伯父、叔母などの3親等以内が一般的な範囲の目安になっています。
また、友人や勤務先・所属団体などであれば、全員へ連絡するのではなく、代表となる人に連絡し、その人から全体へ連絡してもらいましょう。

参列しなければならない範囲はどこまで

訃報が届いた時に参列しなければならない範囲についてですが、明確な線引きはないようです。
知人ではあるけれども親しいわけではない方や数回しか会ったことがない方などや、遺族側の状況によっては参列しない方がいい場合もありますので、その都度の状況判断が必要です。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

お葬式までの準備や流れなど

葬儀

お葬式の準備などの前にまずは代表者となる喪主を決定する必要があり、お葬式の規模などによっては補助する人も決めておく必要があります。

その後、葬儀会社に依頼する場合は葬儀会社へ連絡し、ご遺体の安置・葬儀内容などの打合せ・納棺・通夜・お葬式を行うのが一般的な流れとなります。(葬儀会社に連絡する前に、親族や参列してもらいたい人たちのリストを作成し、お葬式の日時などが決まり次第連絡していきます。)

お葬式の流れ

葬儀

お葬式自体の一般的な流れとしては、親族を含む全員の着席に始まり、様式によりますが仏式ではお坊さんが入場し、開式の辞・読経を行い、お坊さんが焼香をあげ、続いて親族や参列者が焼香をあげていき、弔電を読み、喪主による挨拶を行い、閉会の辞となります。

焼香をあげる順番は喪主に始まり、その後は亡くなられた方と血縁の濃い遺族・親族の順に行っていきます。亡くなられた方と親交が深い方が参列されていたとしても、喪主・遺族から焼香をあげるようにしましょう。

お葬式の時間

葬儀

お葬式の時間は実際には葬儀会社や火葬場などと打合せの上、決定していくこととなりますが、一般的なものとしては、亡くなられた日の翌日の夜に通夜を行い、その翌日にお葬式を行うこととなり、時間帯は午前中に行われることが多いようです。

お葬式に参列する時に必要なもの

仏壇

お葬式に参列する時に必要なものや持参しておくべきものがありますので、ここではお葬式に参列する時の服装や装飾品などについてご紹介します。

服装

お葬式に参列する時の服装についてですが、男女ともに喪服が基本となります。
仕事中や仕事終わりに参列する場合には、喪服でない時でも派手な色やデザイン・光沢のあるものは避ける必要があります。

装飾品

特に女性は装飾品に気をつける必要があります。
アクセサリーは白パールで一連のネックレスなどがあり、二連のものは不幸が重なるといったイメージに繋がる為、身につけないようにしましょう。

数珠

数珠は絶対に必要というものではないようですが、お葬式を行う場所によっては販売されていることもありますので、参列する時には持っておくようにしましょう。

香典

香典をそのまま持っているのはマナー違反となりますので、そのまま持参するのではなく、必ずふくさに包むようにしましょう。

お葬式の時の言葉

葬儀

お葬式に参列した時には遺族の方々への挨拶としてお悔やみの言葉をかける場面や、喪主ではお礼の言葉を述べる場面があります。
ここでは例文と使用してはいけない言葉についてご紹介します。

挨拶としてのお悔やみの言葉(参列者)

一般的なお悔やみの言葉として、この度はお悔やみ申し上げます、という言葉があり、故人が亡くなられた状況によって、言葉を足したりしていきます。

お礼(喪主・遺族)

お葬式の後日のこととなりますが、参列していただいた方々へ、喪主や遺族にとっては大変な作業ではありますが、出来る限り喪主自身でお礼の挨拶をするようにしましょう。

使用してはいけない言葉

重ね言葉や生死に直接的な言葉などは使用してはいけません。

重ね言葉は連続するといったイメージにつながり、人が亡くなるという不幸が続くという印象を抱いてしまいます。
生死に直接的な言葉は遺族に対して精神的な負担が大きくなってしまいますので、亡くなるといった表現ではなく、ご逝去されたなどの表現を使用するようにしましょう。

また、不吉・不幸をイメージする言葉も使用しないようにしましょう。

お葬式に参列する時などのまとめ

葬儀

お葬式に参列する時などに知っておきたいことをまとめました。

いろいろな場面でマナーや常識を知っていないことで、損をしてしまうことがあります。
冠婚葬祭の一つであり、弔事であるお葬式であればなおさらです。
お葬式に参列する時などは事前に調べて身につけておくようにしましょう。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「お葬式・参列」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お葬式・参列」についてさらに知りたい方へ

お葬式の時かける言葉は?遺族側と参列者側に分けて解説のサムネイル画像

お葬式の時かける言葉は?遺族側と参列者側に分けて解説

お葬式の準備は結構忙しい!何をすればいいのでしょうか?のサムネイル画像

お葬式の準備は結構忙しい!何をすればいいのでしょうか?

最後のお別れだからこそ、丁寧に。お葬式のマナーについてのサムネイル画像

最後のお別れだからこそ、丁寧に。お葬式のマナーについて

葬式の心得~葬式の順番と喪主の準備と参列者の準備のサムネイル画像

葬式の心得~葬式の順番と喪主の準備と参列者の準備

葬儀・葬式を行う際の親族のマナーを全て解説します。のサムネイル画像

葬儀・葬式を行う際の親族のマナーを全て解説します。

終活でやるべきお葬式の準備について詳しく解説します!のサムネイル画像

終活でやるべきお葬式の準備について詳しく解説します!

告別式までの準備について解説します!持ち物や挨拶についてもご紹介のサムネイル画像

告別式までの準備について解説します!持ち物や挨拶についてもご紹介

香典は通夜とお葬式のどちらで渡す?香典のマナーを徹底解説しますのサムネイル画像

香典は通夜とお葬式のどちらで渡す?香典のマナーを徹底解説します

お葬式のお通夜と告別式、どちらに参列するべき?違いも解説します!のサムネイル画像

お葬式のお通夜と告別式、どちらに参列するべき?違いも解説します!

お通夜とお葬式に関するマナーを全て解説します!香典や喪服も解説!のサムネイル画像

お通夜とお葬式に関するマナーを全て解説します!香典や喪服も解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「お葬式・参列」についてさらに知りたい方へ

お葬式の時かける言葉は?遺族側と参列者側に分けて解説のサムネイル画像

お葬式の時かける言葉は?遺族側と参列者側に分けて解説

お葬式の準備は結構忙しい!何をすればいいのでしょうか?のサムネイル画像

お葬式の準備は結構忙しい!何をすればいいのでしょうか?

最後のお別れだからこそ、丁寧に。お葬式のマナーについてのサムネイル画像

最後のお別れだからこそ、丁寧に。お葬式のマナーについて

葬式の心得~葬式の順番と喪主の準備と参列者の準備のサムネイル画像

葬式の心得~葬式の順番と喪主の準備と参列者の準備

葬儀・葬式を行う際の親族のマナーを全て解説します。のサムネイル画像

葬儀・葬式を行う際の親族のマナーを全て解説します。

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと