お葬式に必要な参列マナーとは?参列する範囲や当日の流れも解説!

お葬式に必要な参列マナーとは?参列する範囲や当日の流れも解説!

冠婚葬祭の一つであるお葬式は人が亡くなった時に行われる弔事であり、遺族側・参列者側それぞれにマナーや常識などがあります。マナーや常識などを知らないことで人間関係に支障をきたす可能性がありますので、お葬式に参列する時などに知っておきたいことをご紹介していきます。

2019-10-27

お葬式に参列する際のマナーについて

葬儀

冠婚葬祭の一つであるお葬式。
お葬式は人が亡くなった時に行われる弔事であり、遺族側にも参列者側にもそれぞれにマナーや常識があります。
では、お葬式の参列者が抑えておくべき参列マナーはどのようなものがあるのでしょうか。

今回終活ねっとでは、お葬式に参列する際のマナーについてご紹介していきます。
また、参列する親戚の範囲や「参列」と「列席」の違いなど、お葬式に関して気になる疑問までご説明いたします。
以下のポイントを中心に解説していきます。

  • 「参列」と「列席」の違いとは?

  • 服装のマナー

  • 香典のマナー

  • お葬式の流れ

  • お葬式に参列する親戚の範囲

お葬式のマナーは、服装から挨拶、香典まで様々なマナーがあります。
突然訃報を受け取ってからでは覚えきれず、お葬式のマナーが難しく感じる人も少なくないようです。
今回の記事をきっかけに、お葬式に参列する際のマナーを確認してみてはいかがでしょうか。

服装のマナーから、香典や葬儀の流れまで解説していますので、ぜひ最後までご覧ください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

お葬式には参列と列席のどちらが正しい?

葬儀

お葬式に参列していると、「参列」と「列席」という言葉が使われています。
では、この参列と列席の違いにはどういった点あるのでしょうか。

簡単に説明すると、「参列」は参列者側が使う言葉であり、「列席」は葬儀を主催する側の人が使う言葉です。
葬儀の案内が来た際に、参列者は「参列」という言葉を用いて返事をします。
また喪主などの主催者側は、葬儀のお礼のメールなどで「列席」という言葉を使ってお礼をしたりします。

葬儀当日の会場でも使われる言葉なので、間違えないように注意しましょう。

お葬式の服装に関するマナー

葬儀

お葬式に参列する場合は、服装にも気を使わなければなりません。
喪服には、正喪服・準喪服・略喪服の3種類があります。
葬儀に適切な服装は、喪主側と参列者側で異なります。

ここでは、喪主・ご遺族側と参列者側の服装マナーについて男女別に解説していきます。
また、お葬式に必要なものについてもご紹介していきます。

喪主・ご遺族側の服装マナー

まずは、喪主・ご遺族側の服装マナーについて解説していきます。
葬儀を主催する側の立場の人は、正喪服を着用することがマナーです。
ここで遺族側の方とは、3等親までのご遺族の方をいいます。

では、男性と女性に分けて喪服のマナーについて解説していきます。

  • 男性

    男性の正喪服は、和装かモーニングコートになります。
    ネクタイ、靴下は黒色で統一します。
    シャツは白色で無地のものを着用します。
    また、ネクタイピンは装飾品に含まれるので付けないほうが良いです。

    髪形は、ジェルやワックスは軽く付ける程度であまり目立たないようにしましょう。

  • 女性

    女性の正喪服は、和装かブラックフォーマルを着用します。
    主には、黒色のアンサンブルかスーツ、ワンピースを着用します。
    ストッキングや靴下などは、男性同様に黒色の無地のものを着用します。
    また、極力肌の露出を控えるような服装を意識しましょう。

    髪形は、髪の毛が長い場合は後ろのほうで低い位置で結ぶようにしましょう。
    前髪は、かがんだ際に垂れないようにピンなどで止めておきます。

参列者側の服装マナー

次に、参列者側の喪服のマナーについて解説していきます。
参列者側の喪服は、準喪服か略喪服を着用します。

準喪服の場合

では、準喪服の場合についてご紹介いたします。
準喪服は、一般的な葬儀で着用されます。

  • 男性

    男性の準喪服は、ブラックスーツが一般的です。
    靴下やネクタイは、正喪服同様に黒色で装飾が少ないものにしましょう。
    シャツは白無地で、ネクタイピンもつけません。

    髪形も同様に、ワックスやジェルを付ける場合は少量にしておきましょう。

  • 女性

    女性の準喪服は、ブラックフォーマルの服装を着用します。
    主には、正喪服同様にアンサンブルやスーツ、ワンピースを着用します。
    ストッキングや、靴下、髪型も正喪服同様にします。

略喪服の場合

略喪服について解説していきます。
略喪服は、家族葬など少人数で行われる葬儀などで着用されます。
葬儀の案内で、「平服でお越しください。
」のように書かれている場合に着用することが多いです。

  • 男性

    男性の略喪服は黒、ダークグレー、紺などの色のスーツです。
    略喪服の場合は、ビジネススーツでも問題ありません。

    しかし、シャツは白無地で、靴下、ネクタイは黒色にしましょう。
    髪形は、正喪服、準喪服と同様です。

  • 女性

    女性の略喪服は、黒色や地味目の色のアンサンブルやスーツ、ワンピースになります。
    これ以外の服装のマナーは、基本的に正喪服、準喪服の時と変わりません。

お葬式に必要なもの

お葬式には、いくつか持っていかなければならないものがあります。
ここでは、お葬式に持っていくものについてご紹介します。
また、必須ではありませんが持っていくと良いものもご紹介します。

まず、お葬式に持っていくものについて以下にご紹介します。

  • 香典・袱紗

    香典のマナーについては次項でご紹介いたします。

  • 数珠

    数珠には、略式の数珠と本式の数珠があります。
    本式の数珠は、各宗派によって異なります。
    仏式の葬儀の場合は、略式の数珠があれば対応できるので、略式の数珠を持っていくとよいでしょう。

  • ハンカチ

    男性の場合は、ポケット、女性はカバンなどにしまっておきましょう。
    ハンカチは、白無地か黒色の装飾が少ないものを用意しましょう。

では次に必須ではありませんが、持っていくと良いものについてご紹介します。

  • 天候が怪しい場合は、傘を用意しておきましょう。
    傘はあまり派手なものを用いず、地味目な色合いのものを使うようにしましょう。

  • コート

    冬場にお葬式が行われる場合は、コートを持参しておくと良いでしょう。
    色合いは、黒か暗めのグレーであれば問題ありません。
    また、デザインはシンプルなものにしましょう。

お葬式の香典に関するマナー

葬儀

お葬式に持っていくものとして、香典があります。
香典は、葬儀の案内に「香典は辞退いたします。
」と書かれていない限り持っていくものです。
ここでは、香典に包む金額や表書きの書き方、香典の渡し方など香典に関するマナーについて解説していきます。

香典の相場

香典の相場は、故人との関係の深さによって決まります。
故人との関係別による香典の金額相場について解説します。
香典の金額相場は以下のようになります。

故人との関係 金額相場
両親 5万~10万円
兄弟・姉妹 5万~10万円
祖父母 2万~5万円
叔父・叔母 1万~3万円
友人 5000~1万円
会社関係者 5000~1万円
会社関係者の家族 5000円
取引先の方 5000~1万円

以上が香典の相場の目安になっています。
特別仲が良かった友人であったり、懇意にしてもらった方には多めに包む場合もあります。

あまりに多くの香典を包んでしまうと、ご遺族の方の負担が大きくなってしまうので、適切な金額を包むようにしましょう。

香典袋の書き方

香典袋は2つの入れ物があり、それぞれで書くことが違うため、混乱してしまいがちです。
具体的には、外袋の表書きと中袋の表と裏で書くことが違います。

それでは、香典袋の書き方についてご紹介していきます。

  • 外袋の表書き

    仏式の香典袋では、香典の上部に「御仏前」や「御香料」「ご霊前」などと書きます。
    香典袋の下部には、香典を用意した人の名前をフルネームで書きます。

    連名で出す場合は、横並びにして書きましょう。
    職場や友人などでまとまって出す場合は「○○一同」のようにして書きます。

    会社名義で香典を出す場合は、代表者の名前を肩書と共に中央に書きます。
    その右に会社の名前を正式名称で書きます。
    会社名が入りきらない場合は、(株)としてもよいです。

  • 中袋の表

    中袋の表には、中に包んだ金額を旧字体の漢数字で書きます。
    難しい漢字を使う理由は、書いた金額を書き換えられないように、という理由があるようです。
    書き方としては、「金○○円也」のように書きます。

    横書きの場合は、旧字体の漢数字を使わず、アラビア数字を使うことが多いようです。

  • 中袋の裏

    中袋の裏面には、住所と氏名を書きます。
    市販の中袋には、記入する場所が決められているものもあるので、その場合は記入場所に従いましょう。

今回は仏式の香典袋の書き方をご紹介しましたが、宗教によって香典袋の書き方は異なります
以下のリンクより、キリスト教の香典袋の書き方を解説した記事がご覧になれます。
ぜひご一読ください。

香典の渡し方

香典は、式場に着いて受付で渡すことが多いです。
ここでは、受付で香典を渡す際のマナーについてご紹介します。

香典を持っていく際は、袱紗に包んで持ち運びます。
渡す際には「この度は、ご愁傷様です。
」のように一声かけて渡すようにしましょう。

渡す際は袱紗から取り出し、受付の人が読める向きで渡すようにしましょう。

お葬式の手順・流れ

葬儀

お葬式は、お亡くなりになられてから通夜・葬儀・告別式という流れで進んでいきます。
それぞれの違いについて、違いを理解している人は少ないのではないでしょうか。
参列する前にそれぞれの流れの違いを確認しておくと安心です。

ここでは、通夜・葬儀・告別式の流れについてご紹介します。

まず、通夜の流れについてご紹介します。

  • 受付

  • 開会

  • 僧侶入場

  • 読経

  • 焼香

  • 説法

  • 閉会

  • 通夜振る舞い

焼香は、基本的に故人と血縁関係が深い順番に行っていきます。
では、次に葬儀・告別式の流れについてご紹介します。

  • 受付

  • 開会

  • 僧侶入場

  • 読経

  • 弔辞・弔電の紹介

  • 焼香

  • 閉会

  • 出棺

  • 火葬へ

当日はこのような流れで進んでいきます。

以下のリンクより、一般葬以外の葬儀の流れについて解説した記事がご覧になれます。
一般葬以外の葬儀をご検討の方はぜひご覧ください。

お葬式に出席する親戚の範囲は?

葬儀

お葬式に参列する際のマナーはとても重要ですが、参列する親戚の範囲はどこまでなのでしょうか。
案内状を送る遺族側や、参列する参列者側はどこまで参列するかによって、対応を変えなくてななりません。

基本的に葬儀に参列する範囲には決まりはありません
親しく接していた人であれば、葬儀には参列するでしょうし、逆に関わりがあまり無ければ参列しないかもしれません。

目安としては親族は6等親まで、結婚されている方は配偶者の3等親までという考え方もあります。
また、家族葬であれば喪主の方の意思を尊重するのが重要です。

以下のリンクより、最近増えている家族葬の参列範囲について解説した記事がご覧になれます。
ぜひご一読ください。

お葬式に参列する際のマナーについてまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、お葬式に参列する際のマナーについてご紹介しました。
以下に今回の記事のポイントをまとめます。

  • 葬儀に「参列」は参列者側が使う言葉で、「列席」は葬儀を主催する側が使う言葉である。

  • 喪服は、ご遺族と参列者で着用するものが異なる。
    ご遺族は正喪服、参列者は準喪服か略喪服を着用する。

  • 香典に包む金額は、故人との関係によって決まる。
    香典を包む香典袋の書き方・渡し方にもマナーがあり、注意が必要。

  • お葬式は、通夜・葬儀・告別式の順で進む。
    焼香は、故人と血縁が深い順番で行っていく。

  • 葬儀に出席する範囲に明確な決まりはない。
    親族は6等親まで、結婚されている場合は配偶者の3等親まで、という考え方もある。

お葬式のルールは複雑で覚えにくいものですが、参列する前に一度確認しておくと安心ですね。
お葬式のマナーを守って、ゆっくり故人とのお別れをしたいものです。
お葬式に参列する際に、今回の記事を参考にしていただければ幸いです。

終活ねっとでは、この他に葬儀に関する記事を多数掲載しております。
以下のリンクより、葬儀費用に関して詳しく解説した記事がご覧になれます。
葬儀費用でお困りの方はぜひご一読ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「お葬式・参列」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像 1
    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像 2
    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像 3
    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像 4
    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像 5
    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像 6
    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料