葬儀の数珠のマナーとは?選び方や持ち方から宗派による違いも解説

葬儀の時に持っていく数珠。珠はどうやって持つの?そもそも数珠っていろんな種類があるけどどれを選べば良い?葬儀の時に慌てなくていいように、また大人としてのマナーを守って数珠を使えるように、今回はその数珠について葬儀の時のマナーと一緒にご紹介していきます。

目次

  1. 数珠とは?
  2. 持っていく数珠は自分の宗派のものを
  3. 数珠の選び方
  4. 数珠の持ち方マナー
  5. 仏教以外の葬儀、数珠はどうする?
  6. 葬儀以外での数珠
  7. 葬儀に持っていく数珠マナーのまとめ

数珠とは?

葬儀

お通夜や葬儀、お墓参りなどの時に必ず持っていく数珠。
大人のマナーとして葬儀の際には必ず数珠を持っていきますが、実はこの数珠を持っていかないと、仏様を鷲掴みにすることにあたり失礼とされています。そもそもこの数珠の珠の数は「煩悩の数」と言われる108個が基本で、お経や念仏を唱える時にその数を数えるためにも使われることから「念珠」と呼ばれることもあります。数珠を持って仏様に手を合わせることによって煩悩が消え、功徳が得られるとされています。葬儀の際には、仏様や故人に敬意を払うために用いるので、持っていくのがマナーとなります。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

持っていく数珠は自分の宗派のものを

仏事の場合は、自分の宗派の数珠を持って行くのがマナーです。
特に相手先の宗派に合わせる必要はありませんが、数珠の貸し借りは基本的にはしない方が良いでしょう。家族でも出来れば1人一つは持っておきたいものです。

数珠の選び方

数珠には様々な種類があります。正式な数珠とされるものが本式数珠といい、二重にして使用します。これは宗派によって様式も使い方も異なります。一方、略式の一連の数もあります。これは基本的には男性用と女性用がはっきりしています。また材質も、木材や木の実で作られたものがあったり、天然石で作られたものなどがあります。さて、いざ数珠を買おうと思った時、大人のマナーとして、たくさんある数珠の中からいったいどれを選べばよいのでしょうか。

自分の宗派に合わせた数珠【本式数珠】

正式に用いられるものは「本式数珠」と呼ばれたり「本連数珠(二輪数珠)」と呼ばれ、珠の数が「煩悩の数」の108個あり、二重にして使います。この本式数珠は宗派によってそれぞれ様式が異なっており、自分の宗派の確認をしてから購入するようにしましょう。
また、「八宗用」という宗派にこだわらず用いることのできる本式の数珠もあります。男性用と女性用の仕様が異なる場合もあり、親族の葬儀など、よりフォーマルな場で使用することが出来、より本格的な数珠となります。

どの宗派にもOKな数珠【略式数珠】

本式数珠よりも数珠の珠の数が少ないものが「略式数珠」で、一重にして用いられます。「一輪数珠」や「片手数珠」なとど呼ばれるこの数珠は、宗派に関係なく使用することができます。基本的には男性が大きな珠を使用した数珠を、女性は小さな珠を使用した数珠を用います。どの宗派の葬儀にも使用できるので、比較的持ちやすい数珠です。種類が豊富で様々なデザインから選ぶことが出来ます。

数珠の色

数珠は木の種類や石の種類によってもさまざまな色がありますが、特に色が制限されていることはありません。地域によっては、お葬式の時には白房であったりとその土地によっての風習もあるので、その地域の風習にあったものにするのが良いでしょう。

数珠の持ち方マナー

葬儀の時に数珠をどのように持てばよいのでしょうか。
次にこの数珠の持ち方のマナーを見ていきます。

持ち方のマナー

正式な持ち方、合掌の仕方は宗派によって異なりますが、基本的には合掌をする場合は左手の人差し指から小指の4本に数珠をかけ、そこに右手を合わせるか、合わせた両手の人差し指から小指に数珠をかけます。持ち歩く場合は、房を下にして持つのがマナーです。仕様しない時は左手首にかけます。また、葬儀中席を離れる場合には数珠を椅子の上に置きっぱなしにするのはマナー違反です。バッグや衣服のポケットにしまう、もしくはハンカチがあれその上に数珠を置いて席を立つようにしましょう。

数珠の貸し借りはダメ

基本的には数珠の貸し借りをしないのがマナーです。
出来れば「忘れた」ということのないように、職場などにも数珠を一つ置いておくのも大人のたしなみですね。

仏教以外の葬儀、数珠はどうする?

さて、葬儀に行く時に神道やキリスト教などの葬儀だった場合はどうしたらよいのでしょうか?
基本的には神式やキリスト式の葬儀の際には数珠は必要ありません。仏式の場合は、焼香する時や読経の合間に合掌をするので、その時に数珠を手にかけますが、神式の葬儀の場合は、焼香の代わりに玉串をささげます。また、キリスト式の葬儀では献花を行うので、仏式以外の葬儀の場合は数珠は必要ありません。(服装は仏式と同じ喪服で大丈夫です。)

葬儀以外での数珠

実は、「寿珠」や「寿寿」などと書かれたりもする数珠は慶事用としても用いられます。昔は嫁入り道具の一つだった数珠は、嫁いでいく娘の幸せを願うお守りとしても贈られていました。また、仏式の結婚式では、指輪の交換の代わりに数珠を交換します。
お祝いの贈り物としての数珠に分類があるわけではありませんが、明るめの色が選ばれることが多いようです。

葬儀に持っていく数珠マナーのまとめ

葬儀に持っていく数珠のマナー、いかがでしたか?
数珠にもさまざまな種類がありますが、急に入ってくる訃報でも略式で良いので会社などにも一つ準備しておけば、通夜は平服で良いのでマナーを守って故人にご挨拶をすることが出来ます。こども用の数珠を取り扱っている店舗もあるので、貸し借りをしないように家族にも1人一つは持っておくと良いでしょう。また、葬儀以外にもお墓参りや法事の際にも数珠を持っていくのが大人のマナーです。訃報がないことに越したことはありませんが、いざという時はマナーを守って故人にご挨拶をしたいものですね。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀・マナー・数珠」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・マナー・数珠」についてさらに知りたい方へ

数珠の種類と使い方を解説。お葬式・お通夜で恥をかかないためにのサムネイル画像

数珠の種類と使い方を解説。お葬式・お通夜で恥をかかないために

数珠のもつ仏教的な意味を解説!珠にはどんな意味があるの?煩悩とは?のサムネイル画像

数珠のもつ仏教的な意味を解説!珠にはどんな意味があるの?煩悩とは?

仏事のマナーをスマートに!宗派別の数珠の持ち方。のサムネイル画像

仏事のマナーをスマートに!宗派別の数珠の持ち方。

真言宗の数珠にはどんな種類があるのでしょうか?のサムネイル画像

真言宗の数珠にはどんな種類があるのでしょうか?

子供に「数珠」は持たせるべき?それとも持たせない?のサムネイル画像

子供に「数珠」は持たせるべき?それとも持たせない?

知っておきたい!いざという時に困らない数珠の選び方のサムネイル画像

知っておきたい!いざという時に困らない数珠の選び方

数珠の意味~略式数珠と本式数珠の意味と違いのサムネイル画像

数珠の意味~略式数珠と本式数珠の意味と違い

女性用数珠の選び方と人気の色をランキング形式でご紹介します!のサムネイル画像

女性用数珠の選び方と人気の色をランキング形式でご紹介します!

お葬式の数珠はどう選ぶ?葬儀での使い方とは?のサムネイル画像

お葬式の数珠はどう選ぶ?葬儀での使い方とは?

法事に使う数珠の色や種類、選び方など知っていますか?のサムネイル画像

法事に使う数珠の色や種類、選び方など知っていますか?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「葬儀・マナー・数珠」についてさらに知りたい方へ

数珠の種類と使い方を解説。お葬式・お通夜で恥をかかないためにのサムネイル画像

数珠の種類と使い方を解説。お葬式・お通夜で恥をかかないために

数珠のもつ仏教的な意味を解説!珠にはどんな意味があるの?煩悩とは?のサムネイル画像

数珠のもつ仏教的な意味を解説!珠にはどんな意味があるの?煩悩とは?

仏事のマナーをスマートに!宗派別の数珠の持ち方。のサムネイル画像

仏事のマナーをスマートに!宗派別の数珠の持ち方。

真言宗の数珠にはどんな種類があるのでしょうか?のサムネイル画像

真言宗の数珠にはどんな種類があるのでしょうか?

子供に「数珠」は持たせるべき?それとも持たせない?のサムネイル画像

子供に「数珠」は持たせるべき?それとも持たせない?

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと