葬儀で飾る供花とは?宗教ごとの花の種類から基本的なマナーまで解説

葬儀で飾る供花とは?宗教ごとの花の種類から基本的なマナーまで解説

葬儀で故人を追悼する際に供花を贈ることがありますが、そのマナーをご存じでしょうか。宗教によって贈る花の種類が異なるなど、細かいマナーがいくつか存在します。また、供花を頂く側にもマナーがあります。そこで今回は葬儀で飾る供花について詳しく紹介致します。

2019-09-30

葬儀で飾る供花について

葬儀

供花とは、通夜や葬儀で故人に贈る供養のための花のことです。
葬儀の形式によって色々な花がお供えされます。

また、供花を贈る際や受け取った際には、いくつかマナーが存在します。
宗教ごとの花の種類や並べ方など、細かいものが多く、ご存知の方は少ないのではないでしょうか。

そこで今回終活ねっとでは、葬儀で飾る供花について詳しく解説していきます。
解説する内容は以下の通りです。

  • 供花の由来と意味って?

  • 葬儀に飾る供花の種類について

  • 葬儀で供花を贈る際のマナー

  • 葬儀で供花を頂いた際のマナー

  • 供花はどこで注文・手配する?

供花は故人を追悼する気持ちを込めて贈られるものです。
失礼のないようにするため、供花についてしっかりと知識を持っておきましょう。

ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

供花の由来と意味って?

葬儀

まず、供花について詳しく説明します。
一般的に供花は「きょうか」と読みますが、仏教の専門用語では「くげ」ともいいます。

葬儀などで祭壇に供える花の意味であり、主に「親族一同」や「兄弟一同」など、送り主が書かれた立札が添えられています。

葬儀に出席出来ない場合や、特に親しい間柄の方から贈られるこの供花は、お釈迦様が薨去(こうきょ)したときに、弟子の一人が青蓮華(しょうれんげ)という花を手向けたことに由来があります。
死者に花を供する風習は、仏教以外の宗教や海外でも見られ、古来からの行事でもあったようです。

故人を追悼するために贈るという意味は現代においても変わっていません。

葬儀に飾る花の種類について

葬儀

供花には、フラワーアレンジメントか、花かご、もしくは花輪やフラワースタンドが主流です。
特に斎場での葬儀には、フラワースタンドの供花が良いでしょう。

花の種類は、宗教ごとに異なります。
ここでは、仏教・神式、キリスト教式に分けて葬儀で飾る供花の種類について解説していきます。

仏式・神式の場合

仏式と神式の葬儀に贈る供花は、百合や菊などの白を基調とした花です。

注意が必要なポイントは華美にならないようにすることです。
あくまで追悼の思いを表すため、派手な色の花等は選ばないように気をつけましょう。

生花を手配する場合は、黒のリボンや水引をかけることが多いです。

キリスト教式の場合

キリスト教式の葬儀には、ユリやカーネーションが供花として選ばれることが多いです。
仏式や神式で用いられることの多い菊は、キリスト教式では使用しません。

キリスト教式の葬儀では、自宅から供花を持ち寄るため、葬儀場へ持ち運びやすいようコンパクトなバスケットフラワーが主流となっています。

ここでも、花の色や組み合わせがあまり華美になりすぎないように気をつけましょう。

故人が好きだった花を贈る風習もある

最近では、宗教にかかわらず、故人の好きだった花を贈る風習も流行り始めているようです。
無宗教葬や、家族葬など宗教に強く影響を受けない葬儀においてはこのようなこともあるでしょう。

故人の好きだった花であればあまり問題ないですが、原則としては宗教の慣習に沿った花を選ぶようにしましょう。

葬儀に供花を贈る際のマナーについて

葬儀

供花を選ぶ際、造花でも問題ないのか、連名で贈るにはどうしたらいいのかなどと迷うことも多いでしょう。
マナー的には問題ないのでしょうか。

ここでは、葬儀に供花を贈る際のマナーについて解説していきます。

造花ではなく基本的に生花を供える

葬儀のようなフォーマルな場に贈るものは、やはり生花のものが望ましいです。
生花を供えることで、参列者に生命の無常さを認識させ、命の尊さを知らせるといった意味もあります。

以前は造花の花輪を贈ることも多かったようですが、現在は外観の問題などで好まれないことも多いようです。

枯れた花は絶対に避ける

生花を贈るのが最も無難ですが、枯れた花を贈らないように気をつけましょう。
枯れた花は「死」を意味し、非常に縁起の悪いものとされています。

誰の目にもわかる、明らかなマナー違反となってしまうので、気をつけましょう。

供花を贈るときは香典も必要?

特に辞退がなければ、香典と供花の両方を贈りましょう。

どちらもお悔やみに対する気持ちなので、一緒に贈ることが望ましいです。
案内状に供物や香典を辞退する記載があっても、香典は必要となる場合があるため持参するようにしましょう。

連名で贈る場合の名札の名前について

供花を夫婦で連名で贈る場合、添えてある名札には、必ず夫の名前のみが記載されるようにします。

また、複数の方が供花を連名で贈る場合には、名前の記載は三人までとします。
それより多い人数ならば「〇〇一同」と書きましょう。

葬儀に贈る供花の相場は?

フラワーアレンジメントや花かご、スタンドの供花ならば、相場はおよそ5,000円~20,000円ほどになります。
フラワースタンドのように、一対になっているものは価格が倍になる場合があります。

孫から葬儀の供花を贈る場合については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

葬儀の際に供花を頂いたら

困った人々

先述の通り、供花は贈る側だけでなく受け取る側にも細かいマナーが存在します。
受け取った供花の並べ方、お礼状、辞退やお返しなど様々です。

ここでは葬儀で供花を頂いた時のマナーについて解説していきます。

供花を並べる順番について

供花を並べる順番は、血縁関係と年齢を主に基準にして考えます。

喪主の供花を最も内側に置き、血縁の強さ順に祭壇の近く(内側)に置きます。
したがって、一番外側が故人の会社関係者や友人の供花となります。

もし同じ血縁関係の場合は、年齢が上の方の供花を内側に置くようにしましょう。
失礼に当たらないよう、並べる順番には注意しましょう。

供花のお返し・お礼状は?

供花のみを贈られた場合は、お礼状のみでお返しの品はなくても良いとされています。
ただし、供花が届いたことを知らせるためにも、必ずお礼状は送付しないといけないので、忘れないように注意しましょう。

もし香典なども受け取り、お返しの品を送るときは、お菓子やタオルなどの日用品、もしくはカタログギフトがおすすめです。

金額は香典と供花の合計の3分の1〜半分程度を目安にしましょう。

供花の辞退については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

供花はどこで注文・手配する?

葬儀

基本的には葬儀の形式に合った供花を供えるため、担当している葬儀社に連絡し、供花の手配の希望を伝えましょう。

自分で生花店に注文することもできますが、葬儀会場によっては他の生花店からの持ち込みを禁止している場合もあります。
そのため、自分で注文する際にも、まず葬儀社に確認をするようにしましょう。

葬儀における供花についてまとめ

人々

いかがだったでしょうか?
今回終活ねっとでは、葬儀における供花について詳しく解説してきました。

解説した内容は以下の通りです。

  • 供花は「きょうか」「くげ」と読み、お釈迦様が亡くなった時に弟子が花を手向けたことに由来がある。
    故人への弔意を表すという意味がある。

  • 仏式と神式の葬儀に贈る供花は、百合や菊などの白を基調とした花を選ぶと良い。

  • キリスト教式の葬儀には、ユリやカーネーションが供花として選ばれることが多い。
    仏式や神式で用いられることの多い菊は、キリスト教式では使用しない。

  • 弔意を表すには、香典と一緒に生花を贈るのが望ましい。
    供花の相場は5,000円~20,000円程度である。

  • 供花を並べる順番は、血縁関係と年齢を基準にし、祭壇の近くに血縁が強く年齢の高い人の供花が来るようにする。

  • 供花のみを贈られた場合はお礼状だけで問題ない。
    香典と一緒に供花を贈られた場合、合計の3分の1〜半分程度の金額を目安にする。

  • 葬儀の形式に合った供花を供えるため、葬儀を担当している葬儀社に連絡し、供花を手配したい旨を伝える。

供花については細かいマナーが多く、混乱してしまう人も多いかもしれません。
失礼に当たることのないよう、しっかりと知識を整理しましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

終活ねっとでは、他にも葬儀に関する記事を多数掲載しております。
以下の記事では、葬儀の費用について紹介しておりますのでぜひあわせてお読みください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「葬儀・供花」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像 1
    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像 2
    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像 3
    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像 4
    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像 5
    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像 6
    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料