お葬式に使われる花とは?意外と知らない花の種類について解説

お葬式に使われる花とは?意外と知らない花の種類について解説

祭壇を飾ったり、故人に供えたり、花はお葬式に欠かせないものです。お葬式の花にはどんなイメージを持ちますか?白菊を思い浮かべる人が多いですが、現在は他にも様々な種類の花が使われています。枕花や供花といったお葬式に用いられる花について、その種類と共にご紹介します。

最終更新日: 2020年12月17日

葬式の花の種類について

葬儀

みなさんは、お葬式で使われる花といえば、どのようなイメージを持ちますか?
菊を中心とした白い花というのがポピュラーだと感じている方も多いようですね。

しかし最近は、故人の生前の意向やご遺族の希望に沿い、様々な種類の花が使われることも多くなってきました。
時代の流れに沿って、選ぶことができる花の種類は増えたようですが、実際にどのようなものを選べばいいのか難しいですよね。

そこで、今回「終活ねっと」では、葬儀に使われる花の種類について以下の項目を解説していきます。

  • 葬儀に使われる花の種類って?

  • 宗教によって違いはあるの?

  • 使ってはいけない花はある?

  • 送るときに気を付けることは?

  • 供花の相場ってどのくらい?

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

亡くなった人を弔い、遺族の心を慰める花は、お葬式には欠かせないものです。
いざというときに、故人の方をできるだけ素敵なかたちで見送るためにも、今のうちから葬儀で使われる花について学んでおきましょう。

ぜひ最後まで読んでいただければ幸いです。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

お葬式に用いられる花

葬儀

葬儀に用いられる花は、目的が違うものがいくつかあります。
花は葬儀にも使われると知っていても、実際にはどの用途があるのかなかなか知る機会はないですよね。

ここでは、葬儀のどのようなところで花は用いられるのかを解説していきます。

枕元に飾る花 枕花

お通夜・葬儀を通して、故人を慰めるために故人の枕元に飾る花を枕花といいます。
基本的に故人と特に親しかった人やゆかりの深い人が用意します。

花の種類や色に決まりはありませんが、白を基調とした落ち着いた色合いが一般的です。
百合・カーネーション・蘭・カラー・デルフィニウム・グラジオラスなどがよく使われていますが、故人の好きだった花を用いることもあります。

故人に寄り添うように枕元に飾るため、棘のある花や大きすぎる花は不向きです。

祭壇に飾る花 供花

亡くなった方を供養すると共に、お葬式の会場や祭壇に飾る花を供花といいます。

故人と親しかった人や、遠方などでお葬式に来られなかった人、香典不要の葬儀の時に、香典の代わりに供花が贈られることもあります。

供花の種類は、場所を取らないフラワーアレンジや籠アレンジ、広いスペースがある場合はフラワースタンドが一般的です。
地域によっては花輪だったり、邪気を祓い魔除けに効く樒(しきみ)を供花の代わりにするところもあります。
宗旨や宗派によっても異なってくるようです。

献花

キリスト教などでは焼香は行いませんが、参列者がお花を1本ずつ祭壇や棺の中に供える献花が行われます。
最近はキリスト教の葬儀以外でも、献花を取り入れるケースを見かけるようになりました。

キリスト教の献花では白花で、茎が長くしっかりした生花を用います。
花の種類に決まりはありませんが、カーネーションや百合がよく使われています。

キリスト教以外の葬儀では、故人が好きだった花を使うことが多いようです。
花は式場の方であらかじめ用意されているものを使用します。

お葬式に使われる花の種類

葬儀

葬儀に使われる花は、色々な用途がありましたね。
さてここからは、宗教ごとにどんな種類の花が使われているのかを解説していきます。

仏教式

日本で最も馴染みのある仏式のお葬式では、菊や百合、カーネーション、胡蝶蘭といった種類の花が一般的です。

基本的には、白を基調とした落ち着いた色合いの生花を使う場合が多いです。
しかし、最近は色にはこだわらず故人の好きだった花で祭壇を飾ったり、生前の意思を尊重して様々な種類の花を使うことも増えてきました。
また、生花ではなくプリザーブドフラワーを使用するケースも見られます。

神道式

神道のお葬式でも仏式同様、菊や百合の花を用いるのが一般的です。
特に白い菊はよく使われ、全体的に白を基調とし、そのほかには黄色などの淡い色が入ります。

また、榊を贈るのも神道のお葬式の特徴です。

海外でよくみられるキリスト教式

キリスト教式では、カトリック・プロテスタントともに、百合・カーネーション・バラといった種類の花が一般的です。
日本でよく見られる白菊はあまり見られず、菊といっても小菊やスプレー菊が多く使われます。
白以外にも青やピンク、赤と色合いも明るめです。

日本のお葬式のように香典という習慣がない代わりに、カードを添えた花を自宅に贈ります。
バスケットフラワーが一般的で、教会に持ち運ばれ飾られることもあります。

また、十字架やハート、リースのアレンジもよく見られます。
イーゼルに立て掛けたり、棺の上に置いたりします。
十字架のアレンジは肉親や友人が、ハートは親族や特に親しい友人が贈るものとなっています。

また、「Memorial Contribution」といって、お花の代わりに教会や指定する団体への寄付をお願いすることも一般的です。

キリスト教式の葬儀については以下の「終活ねっと」の記事にも詳しく記載してありますので、ぜひご覧ください。

贈ってはいけない花はある?

困った人々

最近では、様々な花が葬儀に使われるようになってきました。
しかし、あまり葬儀には使わない方がいいとされている花もあるようです。

まず、バラなどの棘のある花、匂いの強い花、黒い花は使わないほうがよいとされています。
毒を持つ花も死を連想させる可能性があるので、避けるべきとされています。

また、椿の花は特徴として花びら1枚1枚が落ちていくのではなく、花そのものが落ちるため、あまりいい印象がなく、避けられています。

最近では、個人の意向を主に自由に花を選ぶことができるようになったとはいえ、まだまだご親族や周囲の方などに理解を得られない場合もあります。
しっかりと話しあうことや、葬儀にふさわしい範囲で花を選ぶのがよいでしょう。

供花を送るときのポイント

困った人々

供花を送る際にはいろいろなことに配慮する必要があります。

まず、ご遺族の方に供花を送っても大丈夫かどうかを確認する必要があります。
最近では、供花をお断りするという方もいらっしゃるので、必ず連絡をしましょう。

お花を送っても大丈夫であることが確認できたら、他にも供花を送る際の注意点があるので解説していきます。

供花を送るタイミング

通夜当日に届けたい場合は午前中に届けることができればよいのですが、遅くとも3時間前までには確実に届くようにしましょう。
葬儀と告別式の当日に間に合わせたい場合だと、前日までに届けることができるようにしましょう。

もしも、当日に間に合わなかったという場合は、後日に送るという方法もあります。
これでは意味がないのではと感じる方もいるかもしれませんが、少しでもご遺族の方のお気持ちが和らぐと思います。
花を送ることよって気持ちをお悔やみの気持ちを伝えましょう。

札名について

花を送る際に添える札名について、個人で送る場合は名前を記載するだけで大丈夫です。
しかし、何人かで送る場合の札名に関してはいくつか決まりがあります。

故人が務めていた会社などから送る場合は、会社名を記載することになると思います。
その場合、会社名とそのあとに一同と記載します。
連名で書くときは、肩書がある人が右にくるように記載していきます。

また、親戚同士で合わせて花を送ることもあると思います。
そのときには、子供一同や兄弟一同など、一同とつけましょう。

友人同士の場合は年上順などといった決まりはありません。
また、大人数になるときは友人一同といったようにまとめてしまっても大丈夫です。

供花の費用相場は?

供花は葬儀社や花屋、インターネットなどで手配することができます。
お葬式の会場の統一感などを考えると、葬儀社に手配することが一番確実ですが、自分の目で見て贈りたい時は花屋で頼むこともできます。

価格は一対で1万5000円〜3万円ほどが相場です。
関東では1万5000円前後、北関東や甲信越はスタンドタイプが多くなり、1万5000円〜2万円です。
北陸や東海では8000円〜1万5000円、関西方面ではスタンドタイプはあまり見られず1万円前後と、地域や供花の種類によって多少相場が異なります。

葬儀社が運営する式場によっては、指定外の花屋からの供花は利用できないという場合があったり、会場や祭壇の統一感を図るために使う花の種類が指定されている場合もあります。
また、故人との関係や立場によって贈る供花の数も変わります。

まずは式場や葬儀社に確認しましょう。

また、ご自分が葬儀を行う側となり、供花を頂いた際のお礼については、以下の「終活ねっと」の記事もぜひご覧ください。

お葬式の花の種類についてのまとめ

葬儀

お葬式に用いられる花についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
今回「終活ねっと」では、葬式に使われる花の種類について以下のことを解説してきました。

  • 葬儀で用いられる花の種類は、枕花、供花、献花といった種類がある。

  • 仏教式、神道式は基本的には白を基調とした花を使うことが多い。

  • キリスト教式の場合は、色合いが明るめな花を使うこともある。

  • 不快な思い、またよくないことを連想させる花は避けるべきである。

  • 供花は送っていいか確認したうえで、通夜なら午前中、葬儀・告別式なら前日までに届けることが望ましい。

  • 札名は肩書がある人が右にくるようにする。

  • 供花の相場は一対で1万5千円から3万円ほどである。

花は、お悔やみの気持ちを添えることができ、またご遺族の方の気持ちを和らげることができるものです。
最近では昔よりも、選ぶことができる花も増えてきているようですね。

いざというときには、使いたい花が使っていい花であるかわからなくなるかもしれません。
そんなときには、諦めてしまう前に、一度式場や葬儀社の方と相談してみるとよいでしょう。
故人の生前のご意向や雰囲気に合わせて花を選ぶことで、より心に残るかたちで見送ることができると思います。

この記事がお役に立てれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

また「終活ねっと」では、今回の記事のほかにも葬儀についての記事など多数掲載しております。
ぜひそちらも参考にしてください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事