お通夜や葬儀の日程の決め方は?六曜との関係やお葬式の流れも解説

お通夜や葬儀の日程の決め方は?六曜との関係やお葬式の流れも解説

身近な方が亡くなったあと、すぐにお通夜や葬儀の日程を決めなければいけません。とはいえ、どんなことに考慮して日程を決定するべきなのでしょうか?今回はお通夜や葬儀の日程の決め方について、六曜との関係、お通夜や葬儀・告別式の流れについてもあわせて解説していきます。

最終更新日: 2020年12月18日

お通夜や葬儀の日程の決め方は?

葬儀

身近な方が亡くなられてからすぐにしなければならないことは、お通夜や葬儀の日程を決めることです。
しかしこのような機会は少ないため、お通夜や葬儀の日程を決めるにあたり何を考慮すればいいのか分からない方も多いでしょう。

そこで今回「終活ねっと」では、お通夜や葬儀の日程について以下の項目を軸に説明します。

  • お通夜や葬儀・告別式・お葬式の違いとは?

  • 葬儀の日程はどう決めるの?

  • お通夜の日程はどう決めるの?

  • 葬儀と六曜は関係あるの?

  • お通夜や葬儀の流れとは?

日程の決め方の他にも、六曜との関係やお通夜・葬儀の流れについても解説しています。
ぜひ最後までご覧いただき、納得のいくお葬式の日程設定を行ってください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

お通夜・葬儀とは

葬儀

「お通夜」とは、ご遺体が火葬される前夜に行われる儀式で、故人との別れを偲ぶものです。
本来のお通夜は、故人のご遺族や親しかった友人が一晩中線香を絶やさずに故人を偲ぶ儀式でした。

しかし現代では、夕方に2~3時間で行われ、一般参列者も参加できるようになりました。
これは、お通夜が夕方の短い時間で行われる儀式になったことによって、昼の葬儀や告別式に参列しにくい方々が代わりにお通夜に参列するようになった結果です。

「葬儀」とは、故人の冥福を祈るための宗教的な儀式です。
僧侶の読経などが葬儀にあたります。

「告別式」とは、故人との最後のお別れをする社会的な儀式です。
参列者による焼香などが告別式にあたります。
本来は葬儀が終わった後に別の儀式として行われていましたが、最近では葬儀と同時に行われることが多いです。

また、この葬儀・告別式までの全ての儀式を総称して「お葬式」といいます。
ただ、宗教的な儀式である「葬儀」のことを「お葬式」と呼ぶこともあります。

お通夜と葬儀の関係については、以下の記事でも詳しく解説しているため、合わせてご覧ください。

葬儀の日程の決め方

葬儀

では実際にお通夜や葬儀の日程を決めていきますが、まず最初に決めるのは葬儀の日程です。
お通夜は基本的に葬儀の前日となるため、葬儀の日程が決まったあとに流れで決まります。
ここでは、葬儀の日程の決め方について解説していきます。

一般的なお通夜・葬儀・告別式の日程

まず、一般的な葬儀日程をご紹介します。
一般的にお通夜は亡くなった日の翌日の夕方、葬儀と告別式はお通夜の翌日のお昼ごろに行います。

例えば、5月14日に亡くなった方のお通夜は5月15日の夕方に、葬儀と告別式は5月16日のお昼ごろに行われます。

理想型のお葬式の日程はこのようなものですが、実際にはこのようにうまくいくことは少ないです。
例えば、葬儀場が埋まっているなどの理由でお葬式がどんどん先延ばしにされることがあります。
先延ばしにすることにより、ご遺体の安置にかかる金額が上がるなどのデメリットも出てきますが、準備万端でお葬式に挑めるというメリットも発生してきます。

また、逆にお葬式の日程を前倒しにすることを考える方もいます。
日程を前倒しにすることは構わないのですが、亡くなってから24時間経たないと火葬してはいけないと法律で決められていますので、火葬が亡くなってから24時間経ったあとに行われるようにスケジュールを組んでください。

このように、「お通夜や葬儀はこの日に必ず行わなければいけない」というルールはないので、無理に基本的な形に合わせる必要はありません。

死亡後の葬儀日程を決める要因

では、実際に日程を決める際に考慮する点をご紹介していきます。
葬儀の日程は、火葬がご逝去から24時間経っていれば基本的にいつでも大丈夫です。

ご遺族・親族のスケジュール

ご遺族の方は葬儀に参列することが基本です。
そのため、ご遺族のスケジュールに合わせて葬儀の日程を決めなければいけません。

また、一緒に暮らしていたご遺族の方はすぐに葬儀の日にちを開けられたとしても、遠くに住んでいる親族の方は交通機関などの予約の必要もあり、スケジュールが簡単に合うとは限りません。
そのため、遠方に住む親族の方が余裕を持てるように日程を決めることも重要です。

斎場・火葬場の空き

斎場や火葬場が空いていないと、いくら葬儀がしたくてもできません。
必ず斎場や火葬場の空いている日に葬儀の日程を設定します。

土日は斎場や火葬場が混んでいるので、もし一般参列者が参列しやすい土日に葬儀を行いたいのであれば、葬儀までかなり待たなければいけないこともあります。

僧侶のスケジュール

葬儀では菩提寺や同じ宗派の僧侶の方にお経を読んでいただきます。
僧侶の方は、葬儀だけでなく法要での読経もあるため忙しく、決まった葬儀の日に都合がつかないこともあります。

そのため、葬儀の日程を決める際には菩提寺に連絡を取り、菩提寺と僧侶のスケジュールの確認をしてください。

お通夜の日程の決め方

葬儀

葬儀の日程が決まったらそのままお通夜の日程が決まります。
お通夜の日程について詳しく見てみましょう。

葬儀の日の前日に行う

基本的には、お通夜は葬儀の前日に設定します。
斎場の空き具合、ご遺族と僧侶の都合を考えながら葬儀屋の方とよく相談して決めるようにしてください。

お通夜を行わない場合も

最近では、ライフスタイルの変化とともに葬儀もコンパクトに行われることが多くなっています。
この流れの中で増えている葬儀のかたちとして一日葬があります。
一日葬とは、お通夜を行わずに1日の間で葬儀と告別式を行う形式のお葬式です。
ちなみに、家族葬は一日葬の形式で行われることが多いです。

以下の記事では一日葬について詳しく説明しているので、一日葬について詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

葬儀を避けるべき日はあるの?

困った人々

葬儀の日程の決め方について解説してきましたが、葬儀を行ってはいけない日はあるのでしょうか。
結婚式など慶事のイベントを行う際に六曜を気にする方がいますが、葬儀などの弔事の日程にも六曜が関係するのでしょうか。
ここでは六曜と葬儀日程の関係について友引と大安、仏滅をピックアップして解説します。

友引は避けるべき?

葬儀では友引を避けた方が無難です。
しかしこれは、六曜で友引が良くない日であるからという理由から来るきまりではありません。

「仏滅」には「仏」という字が含まれるため、六曜は仏教と関係がように思われがちですが、そもそも六曜は仏教と全く関係ないものです。
そのため、仏教による葬儀で六曜について考える必要はないのです。

ですが友引には「友達も死後の世界へ引いて行く」という言い伝えがあるため、葬儀の日程として避けられがちです。

これらのことをご遺族が理解した上で迷信と割り切れるのであれば、葬儀を友引の日に行っても構いません。
しかし、親戚や参列者の方の中には友引を気にする方もいます。
そのため、葬儀を友引に行うことは避けた方が無難です。

また、そもそも友引の日は火葬場が休業であることが多いです。
友引の日の葬儀を避ける人が多いため、火葬場も営業を休むのです。
火葬場が空いていないので、友引の日に葬儀を行うことはできないということになります。

大安や仏滅は関係ある?

上で見たように、六曜と葬儀の日程は全く関係のないものなので、葬儀は大安や仏滅でも行って良いです。
仏滅は縁起が悪く思えますが、気にしないで大丈夫です。

お通夜や葬儀の流れ

葬儀

これまで葬儀日程の決め方について解説してきました。
では、実際のお通夜と葬儀の流れを見ていきましょう。

お通夜の流れ

お通夜の流れについて簡単にご紹介します。
おおまかな流れは以下の通りです。

  • 受付

  • 僧侶入場

  • 読経・焼香

  • 僧侶退場

  • 喪主挨拶

  • 通夜振る舞い

お通夜が始まる前に参列者は受付で香典を渡し、席へと案内されます。
ご遺族の方は受付係をあらかじめ決めておく必要があります。

お通夜の開始時刻になると僧侶の方が入場されます。
その後読経や焼香が行われ、僧侶は退席します。
そして、喪主が挨拶をしてお通夜は終了します。

その後、通夜振る舞いが行われることもあります。
以下の記事ではお通夜の流れについてより詳しく説明しています。
ぜひご参考になさってください。

葬儀・告別式の流れ

葬儀と告別式の流れについて説明します。
読まれるお経が違うことなどに表れるようにそもそもの目的は違いますが、儀式全体の流れはお通夜ととても似ています。

  • 受付

  • 僧侶入場

  • 読経

  • 弔辞・弔電の紹介

  • 読経再開・焼香

  • 僧侶退場

  • 喪主挨拶

  • 出棺・火葬

僧侶が入場した後、読経と焼香が行われるのです。
僧侶が退場したら喪主が挨拶を行い、出棺・火葬となります。

以下の記事では、葬儀、告別式の流れについてより詳しく説明しています。
ぜひご参照ください。

お通夜や葬儀の日程についてまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回「終活ねっと」では、お通夜や葬儀の日程について、以下のことをご説明しました。

  • お通夜とは、葬儀の前日に行われる、故人との別れを偲ぶ儀式のことを指す。
    葬儀は読経などの宗教的な儀式、告別式は焼香などの社会的な儀式で、葬儀と告別式を総称したものをお葬式とよぶ。

  • 基本的にはお通夜は亡くなった翌日の夕方、葬儀と告別式はお通夜の翌日のお昼に行われる。

  • 葬儀の日程は、ご遺族と僧侶のスケジュール、斎場や火葬場の空き具合を考慮して決める。

  • お通夜は葬儀の前日に行うが、お通夜を行わない場合もある。
    お通夜を行わなずに、一日で済ます葬儀を「一日葬」という。

  • 葬儀は友引を避けたほうが無難であるが、基本的にお葬式と六曜は関係しない。

  • お通夜は受付→読経→焼香→喪主挨拶→通夜振る舞いという流れで行われ、葬儀・告別式は受付→読経→弔辞・弔電の紹介→焼香→喪主挨拶→出棺・火葬という流れで行われる。

葬儀日程を決める際のポイントをご理解いただけたでしょうか。
ご自身が喪主になった際にこの記事がお役に立てたなら幸いです。

「終活ねっと」ではこの他にも、葬儀やお墓について詳しくまとめて掲載しています。
こちらの記事は、葬儀の費用相場や内訳、安くする方法について分かりやすくまとめていますので、ぜひお読みください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説のサムネイル画像
    大安の日に葬儀を行ってもいい?友引などの六曜と葬儀の関係を解説

    冠婚葬祭には、行っていい日取りと、行ってはいけない日取りがあります。結婚式は大安にあげると良いとされているのは知ってる方も多いと思いますが、葬儀の日取りは六曜と関係があるのでしょうか。大安の日に葬儀を行ってもいいのかについてや、六曜の意味なども解説します。

  • 葬儀の流れ|ご臨終から告別式まで・必要な手続きや日数も解説!のサムネイル画像
    葬儀の流れ|ご臨終から告別式まで・必要な手続きや日数も解説!

    親しい方が亡くなると、一般的には葬儀を行って故人をお見送りします。喪主の場合も、また参列者の場合も葬儀に関わるのであれば、葬儀の流れについて知っておくと、準備や当日の動きでいろいろと役立ちます。この記事では葬儀の流れの全てをわかりやすく解説します!

  • 多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介しますのサムネイル画像
    多様になる葬儀の種類を徹底解説!費用や宗教による違いも紹介します

    多くの方がイメージする葬儀とはお通夜と告別式を1日ずつ行い、かつ、お経を唱えるものではないでしょうか。しかし、現代では社会の変化に伴ってさまざまな葬儀のあり方が現れ、その影響で葬儀の種類も増えてきています。今回は増えてきている葬儀の種類の事情を見ていきます。

  • 葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説のサムネイル画像
    葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説

    誰にでも必ず最期の時は訪れます。その際に葬儀を行うわけですが、葬儀をいつやるべきなのかというのは事前に予定を組めないため、わかりにくいものです。そこで、今回は葬儀をいつ行うのかについてご紹介するとともに、お布施の手渡しや香典返しのタイミングも解説いきます。

  • 葬儀と暦の関係とは?葬儀の日程マナーや六曜との関係についても解説のサムネイル画像
    葬儀と暦の関係とは?葬儀の日程マナーや六曜との関係についても解説

    葬儀についてはさまざましきたりがあります。友引や仏滅といった暦は葬儀の日程とどのような関係があるのでしょうか。このほかに葬儀の日程を決める時に気をつけたいのはどのようなマナーでしょうか。葬儀と暦の切っても切れない関係についてわかりやすくご説明いたします。

  • 一般葬や家族葬の葬儀の手順って?宗教別・国別の葬儀手順もご紹介!のサムネイル画像
    一般葬や家族葬の葬儀の手順って?宗教別・国別の葬儀手順もご紹介!

    葬儀を行うことになると、一般葬か家族葬かで悩まれると思います。さらに葬儀の手順はどうなっているのか、あらためて考えると分からないこともあるでしょう。そこで今回の記事では、一般葬や家族葬を行う際の手順について詳しく解説していきます。宗教別や国別でもご紹介します。

  • 葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説のサムネイル画像
    葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説

    人はいつか亡くなります。身近な方が亡くなったときにどう対応したらいいのでしょうか。通夜・葬儀の日程を決めるには?通夜・葬儀・告別式はどういった流れですすめていくのか?など、今回はいつか必ずやってくる葬儀の日程の決め方やマナー、流れについて解説をしていきます。

  • お通夜と葬儀の流れとは?|所要時間・遺族・マナー・香典についてのサムネイル画像
    お通夜と葬儀の流れとは?|所要時間・遺族・マナー・香典について

    お通夜・葬儀に慣れている方はあまりいないでしょう。しかし身近な方が亡くなられると、すぐにお通夜と葬儀のことを考えなければいけません。その際に具体的な流れを知っておくといざという時に慌てることもありません。今回は、通夜と葬儀の流れについて詳しく解説します。

  • 避けるべき葬儀の日取りって?六曜カレンダーと葬儀の日程をご紹介のサムネイル画像
    避けるべき葬儀の日取りって?六曜カレンダーと葬儀の日程をご紹介

    冠婚葬祭の日取りを決める場合は六曜カレンダーを気にすることがよくあります。六曜と葬儀の日程はどう関係あるのでしょうか。葬儀を行うべきではない日取りもあると聞きます。この記事では避けるべき葬儀の日取りを、六曜カレンダーと照らし合わせて解説します。

  • 葬儀と通夜の違いを徹底解説!参列マナーや香典についてもご紹介!のサムネイル画像
    葬儀と通夜の違いを徹底解説!参列マナーや香典についてもご紹介!

    通夜と葬儀の違いはご存知でしょうか。通夜と葬儀では、行う内容だけでなく服装マナーなども少し異なります。またどちらにも参加する場合、香典はいつ渡せばよいのでしょうか。今回は、葬儀と通夜の違いから葬儀に関して気になる疑問について解説していきます。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place DMMのお葬式で斎場を探す
DMMのお葬式で斎場を探す