普通のお悔やみとは少し違うキリスト教式のお悔やみの方法

普通のお悔やみとは少し違うキリスト教式のお悔やみの方法

日本では多くの人が仏教式で葬儀を行い、その際のお悔やみも仏教の考え方に則ったものとなっています。しかし、日本で行われる葬式やお悔やみは仏教式だけでなく、キリスト教式や神道式、自由葬などもあります。今回はその中でもキリスト教式のお悔やみについてみていきます。

2020-02-09

仏教式だけではない日本の葬儀

キリスト教

人はいつか必ず亡くなります。
そして人が亡くなれば、その人をしのび弔うために葬儀を執り行うというのは、世界中どこに行っても見られる光景です。

ところで、日本人の葬儀は多くの場合、亡くなった人の戒名が記された位牌や故人の遺影が祭壇にあり、僧侶の読経の中でお通夜や葬儀が進みます。
弔問客から遺族の方へのお悔やみの言葉も「ご愁傷様です」といった、遺族の方の心をなぐさめるような言葉が一般的です。

しかし、日本人の葬儀は仏教式のものだけではありません。
神道の様式で行うところもあれば、キリスト教式で行うところもあります。
そしてその場合、お悔やみの言葉にも変化は生じるのでしょうか。

今回はキリスト教式の葬儀で交わされるお悔やみについてみていきたいと思います。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

今回「終活ねっと」ではキリスト教式の葬儀に関して以下のような事柄を中心に説明していきます。

  • キリスト教式の葬儀について
  • キリスト教式のお悔やみは仏教と違う?
  • キリスト教式の香典袋

時間がないという方やお急ぎの方も、知りたい情報をピックアップしてお読みいただけます。
ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

キリスト教式の葬儀とは

キリスト教式の冠婚葬祭といえば多くの人はチャペルでの結婚式をイメージすると思います。
神父や牧師の人が儀式をリードし、新郎新婦が結婚指輪を交換したり、誓いのキスをしたりするといったおなじみの風景のものです。

さて、キリスト教式の結婚式もあればもちろん葬儀もあります。
キリスト教の中にもカトリックやプロテスタントなど様々な宗派があるため、葬儀の内容もそれぞれの宗派によって違いは見られますが、ここでは基本的な部分だけ見ていきましょう。

讃美歌も聖書も献花もある葬儀

まず、キリスト教式の葬儀には、お通夜というものが基本的にありません。
正確にはお通夜をやる場合もありますが、これは日本のキリスト教式の葬儀独自の習わしです。

ちなみにお通夜をやる場合は前夜式や通夜の祈りなどと呼ばれ、讃美歌を歌い、神父や牧師の聖書に基づいた説教が行われ、献花もされます。

カトリックはしめやかな儀礼

葬儀そのものは教会で行われるケースが多いのですが、斎場や故人の自宅で行われることもあります。

カトリックの場合、まず神父や司祭が故人の棺に聖水をかけて、祭壇と棺にお香を捧げて葬儀の始まりを宣言します。
故人の生前の罪が赦され、永遠の命が得られるように祈りを捧げます。

そののち、神父や司祭によって聖書に基づいた説教(言葉の典礼)が行われ、その後パンと葡萄酒(キリストの肉体と血を象徴するもの)を祭壇に奉納します(感謝の典礼)。
最後に参列者一同で讃美歌の斉唱を行い、そのあとで参列者が全員で故人の棺に献花を行います。

プロテスタントは喜びと感謝の要素が強い

プロテスタントの場合はもう少し悲しみの要素が薄れるといえます。
というのも、プロテスタントの場合はどちらかといえば神に祈りをささげることに意識を置くからです。

葬儀そのものの性格も、故人が生を全うできたことと神のもとに召されたことを感謝するものとなります。
聖書の朗読と牧師による説教、讃美歌の斉唱といったところはカトリックと違いはほとんどありませんが、カトリックに比べるとシンプルなプログラムであるといえます。

キリスト教式のお悔やみとは

実はキリスト教にお悔やみはない?

お悔やみと聞くと「本日はご愁傷様です」や「ご冥福をお祈りいたします」といった文言がよく聞かれます。
このように、故人を失って悲しみに暮れる遺族の方を慰める性格がお悔やみにはあります。

さて、キリスト教におけるお悔やみですが、実はお悔やみそのものがありません。
突然このように言われて驚く方も多いかもしれませんが、これには理由があるのです。
その理由を知るには、キリスト教における「死」についての考え方を理解する必要があります。

キリスト教では死はその命の終わりの瞬間を意味していないのです。
むしろ、この世での生を終えて、それまでの罪が赦されたうえで、神様のいる天国での新しい生活を始めるという希望に満ちたライフイベントとして捉えているのです。

極端な言い方をすれば、この世での生涯を卒業し、天国でセカンドライフを始めること、ともいえるのです。

そのため、キリスト教においては死というものは一般的に考えられるような暗いものではなく、明るく前向きなものとみなされるのです。

結論を言えば、キリスト教の中でお悔やみというものは不似合いということにもなるのです。

遺族の方への「お悔やみ」の言葉の文例は?

さて、キリスト教における死というものは明るいものということはわかりましたが、とはいっても、愛する人を失った遺族の方の悲しみはどうしても深いものです。

そこで遺族の方にはどのような「お悔やみ」の言葉をかければよいかをみてみましょう。
故人がクリスチャンであることを考慮してキリスト教の考え方に基づきつつ、遺族の方の悲しみにもよるようなお悔やみの言葉をかけるのがベストです。

特に遺族の方の中にはクリスチャンではない方もいる可能性もあり、キリスト教における死の考え方を理解していないケースもあります。

お悔やみの文言の例として2種類が挙げられます。
1つめは「〇〇(故人の方の名前)様の魂の平安をお祈りします」や、「神様の平安がありますように」といった神様による平安を祈るものです。

2つめは「お知らせいただきありがとうございました」や、「安らかに眠られますようお祈りいたします」といった遺族の方の心情に配慮したというものです。

キリスト教式の香典袋について

キリスト教式の葬儀ではお悔やみについての考え方も一般とは異なりますが、葬儀に捧げる香典の文言も注意する必要があります。

まず、間違えても「御仏前」の香典袋を持って行ってはいけません。
「御仏前」はあくまでも仏教式の葬儀用の香典袋なので、キリスト教式の葬儀では使うことができないのです。

一番使いやすい文言の例が「御霊前」です。
故人の霊の前に捧げるという意味合いですので、こちらならばほぼ間違いないでしょう。

さて、キリスト教式の葬儀で使われる香典袋の文言にはほかにも「御花料」というものがあります。
これは「献花するためのお金」という意味合いがあり、キリスト教式の葬儀ではいずれの宗派でも献花を行うためこちらも持っていく香典袋としては無難です。

「御ミサ料」という文言の香典袋もありますが、こちらは注意が必要です。
なぜなら、ミサを行っているのはキリスト教の中でもカトリックだけだからです。
そのため「御ミサ料」と書かれた袋を持って行ってよいのはカトリックの葬儀だけとなります。

まとめ

キリスト教の葬儀におけるお悔やみについてみてきましたが、いかがでしたか?
キリスト教の葬儀は宗派にもよりますが、亡くなった人が天国で新生活を始めるための儀式であるためか、一般の葬儀に比べるとやや前向きな雰囲気があります。

そのため、お悔やみそのものが建前上はないという点はキリスト教式の葬儀に参列する際にはよく理解しておく必要があります。

それでも、残された遺族の方は故人を失った悲しみのうちにありますので、キリスト教における死のとらえ方やお悔やみに対する考え方を理解したうえで、遺族の方に温かい言葉をかけるようにしてください。

「終活ねっと」では終活に関する様々な記事を紹介しています。
キリスト教葬儀の香典袋についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「キリスト教・お悔やみ」に関連する記事

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料