葬儀の受付ってだれがするの?受付の仕事内容や注意点も解説!

葬儀の受付ってだれがするの?受付の仕事内容や注意点も解説!

葬儀に参列する際に最初に目にするのが、葬儀の受付係です。この受付係、実は葬儀場のスタッフではありません。自分が葬儀の受付係をお願いされる可能性もあります。今回はそんな葬儀の受付係について、受付の仕事内容や注意点などとともに解説します。

2019-09-28

葬儀の受付について

葬儀

葬儀を行うにあたって必ず必要になるのが、葬儀の受付係です。
葬儀に参列する際には必ず受付をしてから参列しますよね。

この葬儀の受付係は葬儀場のスタッフではなく、主催者側からお願いされて親族などが引き受けている場合が多いです。
そのため、自分が葬儀の受付係をやるという可能性もあります。
葬儀の受付係がどのような仕事をするのかということについてしっかりと理解してきましょう。

そこで、今回終活ねっとでは葬儀の受付について、以下の項目を中心に解説していきます。

  • 葬儀の受付って誰がするの?

  • 葬儀の受付はどんな仕事をするのか

  • 受付ではどんな挨拶をしたらいいの?

  • 受付の服装のマナーって?

  • 受付で気をつけるべきこととは?

葬儀の受付係がどんな仕事をするのかの他に、マナーや挨拶についても詳しく紹介しております。

葬儀の受付選びについてお困りの方や、受付をお願いされた方など多くの方に役に立つ情報を掲載しておりますので、ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀の受付って誰がするもの?

葬儀

葬儀の受付は葬儀スタッフが行うものだと思っている方も多いと思います。
しかし、実は葬儀の受付は自分たちでお願いして、してもらわなければならないのです。

受付をするのは、親族?友達?

受付は誰がするもの、してはいけないものという決まりはありません。
しかし一般的には、喪主の友人や会社関係、自宅のご近所さんなどや従兄弟や少し遠い親戚に頼むというケースが一般的です。

受付は誰がしなければいけないという決まりはありませんが、基本的に亡くなった故人と関係が近い方は受付を行いません。

受付はだいたい何人?

受付係は最低3人は必要です。
芳名帳に書いてもらう係、返礼品を渡す係、会計係といった形です。
多くの弔問客が訪れる場合は、芳名帳が一部では足りないため、基本的に芳名帳は2つ用意します。
そのため受付係は5人は必要となってきます。

また、会計係は基本的には1人です。
手の空いた人が会計係を手伝うといったスタイルで問題ありません。

受付の仕事をする=主催者側

受付の仕事をする方は、遺族に寄り添う主催者側になります。
そのため遺族のためにも失礼のないようしっかり努めなければなりません。

遺族の方も、大変な仕事を任せることになりますので、葬儀の後はしっかり御礼をするようにしましょう。


葬儀の受付の仕事って?

葬儀

いったい受付の仕事とは具体的にどのようなことをするのでしょうか。
ここでは、葬儀の受付の仕事について紹介いたします。

まずは受付の準備から

受付の仕事は、受付を作ることから始まります。
受付には、参列者の名前を書いてもらう芳名帳、芳名帳に記入する時に必要な筆記用具(一般的に黒のボールペン、またサインペン)、香典受けを用意し受付台に並べておきます。

受付準備は葬儀が始まる時間の30分前には完了していなければなりません。
そのため受付係は、早めに来て時間までに準備を終わらせるようにします。

受付の仕事

主な受付の仕事は、主に以下の通りです。

  • 弔問客に芳名帳に名前を書いてもらう

  • 香典を受け取る

  • 返礼品を渡す

芳名帳に名前を書いてもらう際にはきちんとフルネームで住所もしっかりと書いてもらうようにしましょう。
香典袋に苗字のみしか書かれていない方は名前も聞き、フルネームで分かるように名前を書き足しておきましょう。

香典の扱いは会計係が

香典はお金であるため、取り扱いには十分に注意する必要があります。
事前に受付の中で会計係を一人決めておき、弔問客がいなくなったときに会計係が香典を集めます。
ここで香典を開け金額を確認するかしないかは喪主によります。

葬儀の場では、忙しく遺族がお金を数えチェックするのはなかなか大変です。
そのため会計係にお金を数え、名前と金額を書いた一覧を作ってもらう場合もあります。

また、会計係は信頼できる親族に任せるといったケースもあります。
以下では会計係についてより詳しく解説しておりますので、ぜひこちらもお読みください。

返礼品とは

返礼品とは、香典返し、会葬礼状のことをいいます。
香典を受け取ったら「ありがとうございます」といい返礼品を渡します。
渡した後に、「葬儀場はあちらでございます」と案内すると、スムーズな流れで分かりやすいですね。

会場のことを知っておこう

受付係は、受付はもちろん案内役としても仕事をしないといけない場合があります。
葬儀が始まる前に来て準備を行う受付係は、先に葬儀場の入り口やトイレの場所、喫煙場所などを頭に入れておきましょう。
するとどこにあるの?と聞かれた時でも慌てず教えることができます。

受付の場での挨拶とは

葬儀

受付係は、主催者側に立ちますので、しっかり弔問客に対して来てくださってありがとうございますということを伝えなければなりません。
ここでは、葬儀での受付の挨拶について紹介いたします。

挨拶例

以下が一般的な挨拶例です。

  • 一般的な挨拶例

    本日はお忙しい中お越し下さいましてありがとうございます。

  • 雨が降った日の挨拶

    本日は足元の悪い中いらしていただいてありがとうございます。

失礼のないように、しっかりと感謝の気持ちを伝えましょう。
また、遺族の方がいらっしゃった場合にはお悔やみの言葉をかけるようにしましょう。

香典を受け取った時の挨拶例

香典を受け取った際には以下のような挨拶をしましょう。

ありがとうございます。
お預かりいたします。

受付の服装のマナー

葬儀

葬儀の受付をするときの服装のマナーはどのようなものなのでしょうか。

基本的には受付の服装は参列者と同じ服装です。
喪服か略礼服がよいでしょう。

男性の場合

男性は黒のブラックスーツに白のワイシャツという服装が一番適しています。
またネクタイや靴下、靴も黒で揃えましょう。
靴はエナメルや光沢のあるものは控え、カバンも革製品は避けましょう。

女性の場合

女性は黒のワンピースかスーツを着用しましょう。
靴やカバンも男性の場合同様、エナメルや光沢があるもの、革製品は避けるようにしましょう。
ストッキングは肌色か黒のものを選びます。
化粧も派手な化粧ではなく、控えめにして髪を整えることが望ましいです。

学生の場合

学生の場合は学校の制服を着用すれば問題ありません。
制服がない場合は黒や紺、グレーのブレザーに白いシャツ、同じような色のズボンやスカートを着用しましょう。
靴は黒のローファーなどが望ましいです。

冬は防寒をしっかりと

受付は葬儀場の入り口から一番近いところで行われます。
そのため、冬などでは非常に寒くなります。
受付をされる方は貼るカイロを貼るなどして防寒対策をしっかり行いましょう。

以下の記事では、葬儀での喪服のマナーについて紹介しておりますのであわせてご覧ください。

葬儀で受付をする時に気を付けるべきこと

葬儀

葬儀の受付をする際には仕事内容の他に気をつけることがあります。
ここではそんな注意点について確認しておきましょう。

焼香は先に済ませておきましょう

受付をする方は、葬儀が始まると焼香ができなくなってしまいます。
そのため葬儀が始まる前に焼香を先にしておきましょう。
受付の準備をするために、受付係は先に葬儀場に入ると思います。

準備の前に、「お先に焼香をあげさせてもらいます」と一言喪主に挨拶し、先に焼香を上げておきましょう
うっかり焼香をあげていなかった…なんてことにならないように。

届け物が届くことも

葬儀中には弔電やお花などの届け物が届くこともあります。
この届け物は、受付に届けられます。

届いたらまず相手の名前を確認し記入し、葬儀場の方に渡しましょう。

葬儀の受付についてまとめ

葬儀

いかがでしたか?

今回終活ねっとでは、葬儀の受付について解説してきました。

  • 受付係は葬儀場のスタッフではなく、喪主の友人や会社関係、自宅のご近所さんや遠い親戚に頼むのが一般的である。そのため亡くなった故人と関係が深いが受付を行うことは基本的にない。

  • 受付係の仕事には受付の準備、参列者に芳名帳に記入してもらうこと、香典を受け取り返礼品を返すことなどがある。また、案内役としての仕事もあるためトイレがどこにあるかなど会場の構造を把握しておく必要がある。

  • 葬儀の受付係は基本的に参列者に「本日はお忙しい中お越し下さいましてありがとうございます」と挨拶する。

  • 受付係の服装は基本的に参列者の服装と同じでよい。

  • 受付係を行うにあたって、焼香を先にすませたり、届け物がきた場合の対応などをしなければいけないので注意が必要である。

葬儀に出席すると名前を書いたり香典を渡したりする受付。
この受付は大変だということが分かっていただけたでしょうか?

もしかすると、いつかどこかで受付係を頼まれることがあるかもしれません。
一度この記事をしっかり読んで、頭に入れておきましょう。

また終活ねっとでは、他にも葬儀やお墓に関する記事を多数掲載しております。
以下では、葬儀の費用相場について詳しく解説しているので、ぜひこちらもご覧ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「葬儀・受付」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像 1
    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像 2
    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像 3
    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像 4
    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像 5
    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像 6
    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料