お通夜に持参する香典の金額相場は?|入れ方・書き方・渡し方

お通夜に持参する香典の金額相場は?|入れ方・書き方・渡し方

お通夜には香典を持参するのがマナーです。香典を包む場合、金額はいくらにするか、どのように包めば良いか、どうやって渡すかなど悩みはつきません。今回、お通夜の香典の金額相場だけでなく、包み方や渡し方のマナーなどについて詳しく解説をしていきます。

最終更新日: 2019年09月28日

お通夜に持っていく香典について

葬儀

お通夜には付き物の香典ですが、いざ香典を包む場合には様々なマナーがあります。
香典をいくら包めば良いか、どうやって渡すかなど疑問に思う方も多いのではないでしょうか?

今回「終活ねっと」では、お通夜に持参する香典について下記の内容を中心に解説をしていきます。

  • お通夜に香典は持参した方がいいの?

  • お通夜に持参する香典の金額相場は?

  • 香典袋の書き方はどうする?

  • 香典袋の包み方はどうする?

  • 香典袋の渡し方は?

  • お通夜に参列する場合の服装は?

お通夜は訃報の連絡を受けてから、参列するまでに時間がない場合が多いです。
今回の記事を最後までお読みいただき、突然のお通夜の際にお役に立てれば幸いです。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

お通夜に香典は持参すべきか

葬儀

お通夜と葬式・告別式はそれぞれ目的が違います。
お通夜は故人の遺体に夜通し付き添い、思い出話などをしながら故人を偲ぶのが目的です。
葬式・告別式は故人の成仏を願って祈りをささげ、最後のお別れをするのが目的です。

では実際に、お通夜の際にも香典は必要でしょうか?

告別式や葬式に参列しない場合は持参する

親族や身内の葬儀であれば、お通夜と葬式・告別式の両方に参列しますが、一般の参列者であればどちらかに参列する場合が多いです。

近年では葬式・告別式に参列する場合よりもお通夜のみに参列するケースが多いです。
葬式・告別式に参列せずに、お通夜のみ参列する場合も香典を持参します。
ちなみに、葬式・告別式のみに参列する場合は、その際に香典を持参します。

つまり、お通夜であっても、葬式・告別式であっても参列する方に香典を持っていくのがしきたりです。

告別式に参列する時はどちらで渡すか

では、お通夜も葬式・告別式も両方に参列する場合は、どちらで渡すべきなのでしょうか。
両方に参列する場合、一般的にはお通夜で渡す場合が多いですが、地域によって違いもあります。
ただし、両方に包む必要はありません。

遺族に気を使って、香典を2回包んでしまうと遺族を困惑させることになり、また「不幸が重なる」ことを連想させますので、マナー違反となります。

お通夜と葬式・告別式に両方参列する場合については、こちらの記事で詳しく解説をしていますので、ぜひ合わせてお読みください。

香典を持参しないこともある

香典とは、古来より葬儀を開催する側の負担を軽くするため、食料などを親族やご近所さんが持ちよっていた事に由来します。
そして、香典をもらった家に不幸があれば、香典を持っていくという相互扶助の考え方が基本となっています。

相互扶助に基づいて、お互い香典を出し合うのであれば、そもそも初めから香典を出さない方が合理的ともいえます。
近年では、こういった考え方に基づいて香典を辞退するケースも多くなっています。

正式に香典辞退の申し出を受けた場合は、その意思を尊重するのがマナーです。
気を使って香典を持参してしまうことはかえってマナー違反になってしまいます。

香典を辞退する場合の詳しい解説についてはこちらの記事で詳しく解説しています。
興味のある方はぜひお読みください。

お通夜に持っていく香典の金額相場

お金

香典を包む場合、一体いくら包めば失礼にあたらないのか、多くの方が悩んでいることでしょう。
香典は、多すぎても少なすぎてもマナー違反になりますし、香典返しなどの面で遺族に迷惑をかけてしまう場合もありますので、適切な金額を包むことが大切です。

お通夜に持参する際の香典の相場について説明します。

故人との関係性や自身の年齢で変わる

香典の相場は、故人との関係と包む側の年齢によって決まっています。
具体的には、故人との関係が深いほど香典相場は高く、また包む側の年齢が高いほど香典相場は高くなります。

故人との関係が深いほど、つまり親族であれば3親等より2親等、2親等より1親等と近い親族ほど相場は高くなります。
おじやおばよりも、兄弟姉妹や祖父母、祖父母よりも父母といった具合です。

そして、包む側の年代によって相場も上がっていきます。
未成年であれば香典は包まなくてもよいとされており、20代、30代、40代と年齢が高くなればなるほど相場は上がっていきます。

親族の場合

それでは具体的に故人との関係別に、香典の相場を説明していきます。
これから説明する通り、香典相場にも幅があります。
例えば、祖父母でも同居や別居などによって、同じ続柄でも生前の関係性には大きな違いがあります。

大体の相場を確認したうえで、具体的な金額は生前の故人との関係の深さによって決めましょう。
相場があるにはありますが、最後は故人への気持ちによって具体的な金額が決まるところが、香典の難しいところでもあります。

両親

香典は関係性が深い親族ほど高額になりますから、両親は一番高額になります。
相場としては、香典を包む側の年齢が20代の場合3~5万円、30代で3~10万円、40代以降であれば10万円~と高額になります。

ここで気を付けたいのは、両親の葬儀の場合は喪主になる場合もあることです。
喪主は故人に代わって、葬儀を主催する立場になりますので、喪主を務めるお通夜の場合は香典は不要です。

義父・義母

香典の相場には、実の親族と義理の親族による違いはありません。
つまり、義父母であっても実の両親と相場は変わりません。

香典は「家」単位で出すものとして考えられていますから、配偶者の父母は自分の父母と同じように対応する必要があります。

兄弟

2親等にあたる兄弟姉妹の相場は、両親に次いで高額な相場になります。
20代で3万~、30代では3~5万円、40代以降では5万円以上が相場です。
兄や弟、姉や妹による相場の違いはありません。

祖父母

兄弟と同じ2親等の祖父母ですが、兄弟よりは若干相場は安いです。
20代では1~3万円、30代で1~5万円、40代以降で3万円以上が相場です。
同じ2親等の兄弟姉妹と比べると、祖父母は関係が薄い場合も多く、孫の立場になりますから低めとなっています。

祖父母の場合は、同居で生前とてもお世話になっていたケースもあれば、結婚式以降会っていないというケースもあるでしょう。
香典の相場に幅があるように、生前の関係性によって香典の金額は大きく変わります。
故人との関係性によって、具体的な金額を決めましょう。

義祖父・義祖母

義理の祖父母の場合も、相場は実の祖父母と違いありません。
義父母の場合と同じように、香典の金額には親族も姻族も関係ありません。
ですので、生前どれだけお世話になったかで具体的な金額を決めましょう。

親戚の場合

大体の香典金額の相場としては、20代で5千~3万円、30代で1~5万円、40代以上であれば3万円~程度が相場です。

親戚とはいえ、遠方に住んでいたりする場合は生前ほとんど関係のない場合もあるでしょう。
場合によっては、お通夜や葬式・告別式に参列しない場合もあるでしょうが、親族であれば香典は郵送などで包む場合も多いです。

相場もかなり幅広いですが、祖父母の場合と同じように生前どれだけ交流があったかで、具体的な金額を決めましょう。
どうしても迷うのであれば、周囲の親族に相談するのも大切です。

友人・知り合いや会社関係の場合

友人や知人、職場関係の方の場合も、お通夜へ参列して香典を包む場合も多いです。
この場合の相場はそれほど高くはなく、5千~1万円程度の場合が多いです。
この相場は個人として包む場合の相場で、会社関係などの場合は複数名で連名で包む場合もあります。

例えば、○○課一同のように何名かが香典を出し合って連名で香典を包む場合です。
この場合、5千円を超える場合は個人的に包む場合が多いため、一人当たり1~3千円程度と少額です。

香典袋の書き方について

葬儀

香典に包む金額が決まったら、次は香典袋を作成します。
近年では香典袋はスーパーやコンビニでも売っているため、手早く作成できると考える方もいらっしゃるかもしれません。
ですが表書き一つをとってみても宗教や宗派によって書き方が違ったりと、実は様々なマナーがあります。

お通夜に参列する場合は、マナーを守った香典袋を作成し、故人へのお悔みの気持ちを伝えましょう

薄墨で書く

まず、香典袋に文字を書く場合は薄墨で書くのがマナーとされています。
薄墨で書くことの意味は、故人を亡くした悲しみの涙で墨が薄くなってしまったことを表しています。
また、突然の訃報に驚き墨をしっかりと擦る時間もなかったという意味もあります。

薄墨のペンはコンビニなどでも売っていますので、無い場合は活用しましょう。
気を付けたいのが、薄墨を使うのは四十九日までがマナーです。
四十九日以降の法要に包む香典には、通常の墨を使いましょう。

表書きの書き方

香典袋の表書きと言えば御霊前などが一般的です。
しかし、表書きは故人の宗教や宗派によって実は書き方が違います。
仏教であれば御霊前と書いておけば問題ない場合も多いですが、最大宗派である浄土真宗の場合は、御仏前と書きます。

これは、浄土真宗では故人は亡くなってすぐに成仏すると考えられているためです。
ちなみに浄土真宗以外の宗派でも、四十九日を境に故人は成仏すると考えられていますから、四十九日以降の表書きは御仏前となります。

他にも、神式の場合は御玉串料や御榊料、キリスト教の場合は御花代や御ミサ代などと書きます。

名前の書き方

表書きの下には、香典を包んだ方の名前を書きます。
名前はフルネームで書くのが一般的です。
注意点としては、お通夜に夫婦で参列する場合でも香典の名前は夫のみの名前を書きます。

香典は「家」単位で包むものと言われていますので、夫婦で参列する場合でも代表して夫の名前のみをフルネームで書くのが一般的です。

中袋・内袋には何を書くか

香典袋は、中袋(内袋)と外包みの二つから出来ています。
外包みには、これまで説明してきた通り、表書きや香典を包む方の名前を書きます。
同じように中袋にも、書くべき事柄が決まっており、マナーがあります

表面:金額を旧字体の漢数字で書く

中袋には、お金を入れます。
そして、入れた金額を中袋の表面に書くのがマナーです。
中袋に金額を書くのは、香典を記録する遺族が整理しやすくするための気配りです。

金額を書く際には、旧字体で書くのがマナーです。
旧字体とは、1であれば壱のように漢数字を使って書きます。
旧字体を使う事によって数字の間違いや改ざんを防ぐ効果があるため、手形や小切手の金額欄は現在も旧字体で書かれます。

裏面:住所氏名

裏面には住所と氏名を書きます。
これによって、香典を受け取った遺族は誰からいくらもらったかを記録しやすくなります。

中袋なしの場合

香典袋は、外包みと中袋の二つから出来ているのが一般的ですが、地域によっては「不幸が重なる」との考え方から中袋を使わない地域もあります。
中袋を使わない場合は、外包みの裏面に包んだ金額や住所・名前を記入しておきましょう。
以下の記事で香典袋の書き方について詳しく説明していますので合わせてお読みください。

連名で出す場合

香典は、個人名義でなく職場や同窓生などのグループで包む場合や、夫婦連名で包む場合もあります。
グループで包んだ場合や夫婦で包んだ場合、名前はどのように書けば良いでしょうか

職場やグループ

香典は、職場やグループなどの複数名でお金を出し合って包む場合も多いです。
複数名で出し合った場合、表書きの下に書く名前は、3名までならそれぞれの名前を書き、4名以上の場合はまとめて書くのがマナーです。

「○○高校同級生」や「○○株式会社経理課一同」のように書きます。
有志の場合は、「○○中学校有志」などのように書きます。
そして、香典袋の中袋の中に香典を包んだ方に名前のリストを入れておきます。

夫婦連名

先ほども少し触れましたが、香典は「家」単位で包むものですから夫婦でお通夜に参列する場合であっても、名前は家を代表して夫の名前のみを書くのが一般的です。
ただし、故人に夫婦ともにお世話になっていた場合や、夫婦ともに仲の良かった友人などの場合は連名で包む場合もあります。

夫婦連名で包む場合の名前の書き方は、まず夫の名前をフルネームで真ん中に書き、その横に妻の名前のみを夫の名前に並べて書くようにしましょう。

香典を連名で包む場合について以下の記事で解説をしています。
ぜひ合わせてお読みください。

香典の包み方について

葬儀

香典袋の記入が終わったら、次は香典袋にお金を入れて包みます。
お金は中袋に入れ、中袋を上包みで包みますがここにも細かいマナーがあります
香典袋の包み方について解説をします。

水引の色や種類の選び方

水引とは、香典袋についている帯紐のことを言います。
香典袋だけでなく、ご祝儀袋などにも水引がついています。
この水引には、封をあけていないという証拠という意味と、魔除けの効果もあるとされています。

お通夜などの弔事の場合の水引は、黒・白もしくは青・白の組み合わせが一般的であり全国のどの地域でも問題なく使えます。
一部の地域では黄・白の組み合わせの水引が使われているところもあります。

また、5万円を超えるような高額な香典を包む場合には、銀色の水引を使います。
このように地域や金額によって水引の色にもマナーがありますので、香典を包む際には気をつけましょう。

お札の向き・入れ方

お金は中袋に直接入れます。
この時注意をしたいのが、お札の向きです。
普段生活をしていて、お札の向きをあまり気にすることはないですが、お札には向きがあります。

お札は人物の描いてある方が表になります。
そして人物の左側の数字が書いてある方が上、人物の右側が下になります。
中袋のお札を入れる際には、中袋の表にお札の裏が来るように、つまり人物の顔を下を向くようにして入れます。
悲しみで顔をふせている様子を表していると言われています。

上下についてはあまり気にする必要はありませんが、複数枚のお札をいれる際向きを揃えていれるようにしましょう。

新札や偶数を避ける

香典に使うお札は、新札はマナー違反とされています。
これは、不幸を予想して準備していたと考えられているためです。
どうしても新札しかない場合は、折り目をつけるなどして包みましょう。

そして、お札の枚数は奇数にするのがマナーです。
偶数は割り切れる数字ですから、縁が切れると考えられています。
香典袋へのお札の入れ方や、お札の枚数などの解説はこちらの記事で詳しく紹介していますので、ぜひ合わせてお読みください。

香典の渡し方と渡すタイミング

葬儀

香典袋を作成したら、遺族へと渡します。
お通夜に参列する場合は、香典袋を会場まで持参し、会場で渡します。
お通夜で香典を渡す際、どのようにして渡せばよいでしょうか。
香典の渡し方に関するマナーを紹介します。

袱紗(ふくさ)に包んで持参する

まず、香典袋を会場に持参する際には、袱紗(ふくさ)に包んで持参します。
香典袋をそのまま会場まで持参するのはマナー違反です。
渡す直前まで、香典袋は袱紗に包んでおきます。

袱紗とは、貴重品などを収めていた箱を汚れや日焼けを防ぐ目的として使われていた風呂敷が由来です。
これが転じて、香典袋の水引がくずれるのを防いだり、香典袋をさらに包むことで遺族の心中を共にするという意味で使われています。

袱紗に関する詳しいマナーについてはこちらの記事で詳しく説明をしています。
興味のある方はぜひお読みください。

渡す時は袱紗から取り出して一言添えて渡す

香典袋を渡す直前に、袱紗から取り出します。
袱紗に入れたまま渡してしまわないよう気をつけましょう。
渡す際には、名刺を渡すときとおなじように、香典袋を相手に方に向け袱紗の上において渡すのがマナーです。

また、香典を渡す際に一言お悔みの言葉を添えます。
「この度はご愁傷さまでございます。

のように一言で問題ありません。

ここで遺族を元気づけようと思って長々と話し込んでしまうのは、お通夜の準備で忙しい相手にとってかえって迷惑になってしまいますから注意しましょう。

お通夜ではいつ香典を渡すか

初めてのお通夜だと、どのタイミングで香典を遺族へ渡せば良いか迷ってしまいます。
香典を渡すタイミングは、お通夜の会場に受付がある場合と、ない場合で違います
それぞれの場合での香典の渡し方を説明します。

受付で渡す

葬儀場などでのお通夜の場合は、受付がある場合がほとんどです。
お通夜の会場に到着したら、まずは受付へ行き香典を渡します。
同時に、芳名帳に住所や名前なども記載します。

受付がない場合は

小規模なお通夜や、家族葬の場合だと受付がない場合もあります。
その際、最初に遺族にあったタイミングでお悔みの言葉と同時に香典を渡します。
受付がなくとも、遺族へ渡すときは受付で渡すときと同じように、袱紗を台にして渡すようにしましょう。

香典を渡すタイミングについて以下の記事で詳しく解説していますので合わせてお読みください。

お通夜に参列する時の服装について

葬儀

お通夜に参列する場合は服装にも注意が必要です。
まず、服装は一般の参列者であっても喪服が基本です。
男性であればブラックスーツやブラックフォーマル、女性もブラックフォーマルや黒のワンピースなどです。

例外的にお通夜の場合は、平服でも良いとされています。
突然の訃報に驚いて、喪服の準備も間に合わずに駆け付ける事もあるからです。
平服といってもカジュアルな恰好はNGで、黒やダークスーツに黒のネクタイを着用します。

また服装以外にも、できるだけ光物のアクセサリーは避けたり、肌の露出を控えるなどのマナーがあります。
お通夜の服装についてはこちらの記事でまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

お通夜に持っていく香典についてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。

今回「終活ねっと」では、お通夜に持参する香典について下記の内容を中心に解説をしてきました。

  • お通夜には香典を持参するのがマナーであり、お通夜と葬式・告別式の両方に参列する場合は香典はどちらか一回だけ包めばよい。
    両方参列する場合は、お通夜で渡す場合が多いが地域によっても違う。
    香典辞退の申し出があった場合は、香典は包まないのがマナーである。

  • 香典相場は故人との関係と、包む側の年代によって相場が決まっており、血縁関係の深い親族ほど相場は高く、また包む側の年代が高いほど相場は高くなる。
    具体的な金額は故人との生前の交流の深さによって決める。

  • 香典袋の表書きは宗教や宗派によって違いがある。
    香典袋へ書く際には四十九日までは薄墨を使うのがマナーである。
    また、中袋には包んだ金額と住所名前を書くことや連名で包む場合は、○○一同と記載する。

  • 香典を包む場合、水引の色や種類に気をつける。
    お札の向きは表面を裏側にして全て向きを揃えて入れる。
    新札は避けるのがマナーである。

  • 香典の渡し方は、袱紗に包んで持参して、渡す直前に袱紗から出す。
    香典を渡す際にはお悔みの言葉を一言添える。
    また香典を渡すタイミングは受付がある場合とない場合で違う。

  • お通夜に参列する場合、喪服を着用するのがマナーである。
    やむを得ず平服で駆け付ける場合も、ブラックスーツに黒のネクタイを着用する。

お通夜に参列する場合、香典を持参するのがマナーですが、香典には気をつけるべき点がいくつかあります。
マナーを守って香典を包んで参列することで、丁寧にお悔みの気持ちを伝えることにつながります。

今回の記事を参考にして、正しくお通夜に参列し香典を渡しましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事