神道のお葬式と仏葬との違いとは?神道のお葬式マナーなどを解説

神道のお葬式と仏葬との違いとは?神道のお葬式マナーなどを解説

仏教のお葬式はイメージし易いですが、神道のお葬式と聞いて皆さんはイメージが沸くでしょうか?日本ではほとんど仏式で葬儀が行われるため神道の葬儀は珍しいものです。今回は、もし参列するお葬式が神道の形式だった場合の基礎知識や、仏式との違いなどをご紹介します。

2019-07-29

神道のお葬式(神葬祭)とは

神棚

日本で行うお葬式は、そのほとんどが仏教の形式であり、神式でお葬式を行うことはかなり珍しい様子です。
更には、神道にお葬式があったの?と驚く人もいるほど、一般にはあまり知られていないようです。
そこで今回終活ねっとでは、神道のお葬式について詳しく解説していきます。

  • 神道のお葬式の歴史について

  • 神道におけるお葬式の意味

  • 神道のお葬式の流れ

  • 神式と仏式のお葬式の違い

今回の記事を読んで、神道で行うお葬式はどんなものか学んでいきましょう。
もし初めて神道のお葬式に参列する場合でも流れを掴んでおけば、きっと戸惑うことはないでしょう。

ぜひ最後までご覧ください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

神道の葬式の歴史と意味

神棚

そもそも、神葬祭と呼ばれる神道のお葬式とはどのようなものなのでしょうか。
お葬式の内容をみていく前に、神葬祭についての歴史的な背景や神葬祭がどのような意味を持つのかを確認していきます。

神道の歴史、意味についてみていきましょう。

国学により復活?新葬祭の歴史

古来より日本では、神道の形式に則ったお葬式をしていましたが、仏教が伝来した以降は、急速に仏式が普及していきます。

江戸時代にはキリスト教への信仰を防止するために、誰でも必ず寺に所属することが義務付けられる寺請(てらうけ)制度の実施があり、ますます神葬祭は衰退しつつありました。
ところが、国学の興隆により日本古来の文化を復活させようという思想が広まったので、仏教のお葬式は強制されることはなくなり、神葬祭も再び行われるようになります。

その後、明治時代では神葬祭が奨励されますが、信教の自由により、これは強制ではないものでした。
現在ではやはり仏式が多いものの、極稀に神道のお葬式を行うご家庭もあるようです。

神道におけるお葬式の意味は?

仏教では亡くなった方は仏様となりますが、神葬祭は故人の御霊(みたま)を氏神様、つまりその家の守護神として送り出すための儀式です。

神道では死とは穢れ(不浄の意味だけでなく生命力の減退)とされており、そのため神葬祭は神聖な場所である神社ではなく、斎場や故人の自宅で執り行います。

神道のお葬式はどんな流れ?

神棚

神道のお葬式で、最も気になるのがその流れではないでしょうか。
では、神葬祭の基本的な流れを見てみましょう。
ちなみに、細かい祭式は神職や地域の風習によって差異があります。

ここからは、神式のお葬式がどのような流れで行われるかについて詳しくみていきます。

帰幽奉告(きゆうほうこく)

神道において帰幽とは亡くなることを意味します。
すなわちこの帰幽奉告とは、神棚に祀る神様に、亡くなったことをお知らせすること。
この後、神棚には白い紙を下げて、神棚封じをします。

枕直しの儀

故人のご遺体には白い小袖を着せ、北枕に寝かせます
枕元には守り刀を置き、祭壇を設置して、米、塩、水、酒と故人が好きだった食べ物をお供えします。

納棺の儀

ご遺体を棺に納め、場合によっては榊の葉に付けた水を飲ませる末期の水を行います。
そして、神衣(かむい)という狩衣(かりぎぬ)のような装束を着せ、故人が男性ならば烏帽子を被せて笏を持たせ、女性ならば扇を持たせます。

その後は棺に蓋をして白い布で覆ったら、出席者全員で拝礼をします。

通夜祭および遷霊祭

仏式でのお通夜に相当するのがこの通夜祭(つやさい)です。
神職により祭詞奏上(さいしそうじょう)が行われ、遺族は玉串奉奠(たまぐしほうてん)という紙垂(しで)の付いた榊の小枝を奉り拝礼します。

これは仏式でいうところのお焼香に当たります。
遷霊祭(せんれいさい)は、夜を象徴するために室内を暗くし神職によって、霊璽(れいじ)に遺体から故人の御霊を移す儀式。

夜伽(よとぎ)

通夜祭から葬儀当日まで、近親者が安置されている棺のそばで、夜通しロウソクを絶やさないで守ること。

葬場祭(そうじょうさい)

いわゆる告別式のこと。

神葬祭で最も重要な儀式であり、内容としては弔辞の奉呈と弔電の奉読、そして神職による祭詞奏上と、遺族や参列者による玉串奉奠を行います。

玉串奉奠の作法に関しては以下のリンクで詳しく説明しておりますので、興味のある方はぜひご覧ください。

火葬祭(かそうさい)

火葬直前の儀式
火葬場で神職が祝詞をあげ、遺族や参列者は玉串を奉って拝礼します。

埋葬祭(まいそうさい)

墓地に遺骨を埋葬する儀式がこの埋葬祭
神道のお葬式では、火葬場から直接遺骨を墓地に移していましたが、最近では一旦自宅へ持ち帰り、忌明けとなる五十日祭(ごじゅうにちさい)に埋葬するようです。

帰家祭および直会

帰家祭(きかさい)では埋葬、もしくは火葬を終えて自宅へ帰り、塩と手水で祓い清め、家の門戸にも塩を撒きます。

そして霊前に葬儀が滞りなく終了した奉告をしたら、次に行うのは直会(なおらい)。
神職や世話役の方々に、労いを込めて宴を開いてもてなすのがこの直会で、精進落としに当たるものです。
この直会をもって、神葬祭は終了となります。

霊祭(れいさい)

仏教において、法要にあたるものが霊祭で、別名は御霊祭(みたままつり)。
命日から数えて十日ごとに行い、初七日に相当するのが十日祭です。
神道の四十九日である五十日祭は盛大に行われ、斎場などで祝詞をあげ、玉串や供物をお供えします。

その後は百日祭、一年祭と続き、一年以降は祖霊祭(それいさい)となっていきます。

仏式のお葬式との違いについて

仏壇

神道のお葬式についてわかってきたでしょうか?

お葬式に関して常識だと思ってきたことが、実は仏式にしか当てはまらないというケースがあります。
宗教を混同してしまうことはマナー違反に繋がることになるので、仏式との違いについてはしっかりと知っておく必要があります。

ここからは神式と仏式のお葬式の違いに注目して解説していきます。

神道では数珠は不要?服装や持ち物について

服装に関しては神式であっても仏式と同様喪服を着用します。
その他靴や鞄についても仏式と同様と考えて差支えないでしょう。

ただし、仏教のお葬式ではないので数珠は不要となります。

お葬式の依頼について

神葬祭の依頼を受け付けていない神社もあるので、もし神道でのお葬式を希望する場合は、執り行う神職や、手配する葬儀会社などを事前に調べておくと良いでしょう。

僧侶によるお経でなく神主による祭詞奏上

仏式では僧侶にお願いをしてお経を読んでもらい故人を供養しますが、神式では神主(神職)に祭詞を奏上してもらいます。

玉串料(お香典)について

神道のお葬式では、お香典をことを玉串料といいます。
表書きは御霊前もしくは御玉串料と記入。

不祝儀袋を選ぶ際には注意が必要です。
もし蓮の花が描かれている場合、それは仏式の不祝儀袋となるため蓮の絵柄のないものを選ぶようにしましょう。

戒名

神道のお葬式では戒名に当たるものを諡(おくりな)といい、これが死後に付けられる名前です。
仏式とは違い、基本的にはこの諡を付けるのには費用が掛かりません。

神道のお葬式した場合のお墓

神道の場合、お墓はお寺や神社の境内ではなく、公営か民営の霊園に建てることになります。
ただし、場所によっては神道のお墓が建てられない場合もあるそうなので、やはり確認が必要となります。
お墓の形状は、近年では特に自由化されており、個性的な墓石をしたものもあるようです。

神道のお墓について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

線香や仏花はNG?お供えもののマナー

当然、神道のお葬式ですからいわゆる仏花ではなく、お供えには白い花のアレンジメントが良いでしょう。
またお線香も仏教のものなので、神葬祭では焚くことはありません。
もしも、故人宅に訪問してお参りする際は、音をたてない拍手で拝礼をするのが作法です。

塩でのお清めは神道特有?

初めに述べたように神道において死は穢れとして考えられています。
そのため帰家祭でお塩でお清めを行いますが、これは神道特有といえます。

日本で行われるほとんどのお葬式は仏式であるにも関わらず、お葬式から帰るときにお塩を撒くという場面を目にしたことがある人も少なくないのではないでしょうか。
仏教では死を穢れとしては考えていないため、本来必要のないものが神仏習合によって行われるようになったようです。

神道のお葬式のまとめ

神棚

いかがだったでしょうか。
今回終活ねっとでは、神道のお葬式について解説してきました。

  • 神道のお葬式は昔はよく行われてきたが仏教の伝来により急速に減少、その後国学により再び行われるようになった。

  • 神道におけるお葬式は死者の魂を家を守る神になるよう送り出す儀式。

  • 神道におけるお葬式は仏式と似た儀式が多いが、玉串奉奠や祭詞奏上など神道特有の儀式もある。

  • 数珠やお線香などは仏教のものであるため神式のお葬式では使わない。

  • 神式の場合香典は玉串料としてお渡しする。

宗教が違うだけに、仏式と相違点はかなりありますね。
もし神葬祭に参列する時は、改めて仏葬との違いを確認しておくと良いでしょう。

終活ねっとではこの他にも葬儀にまつわる記事を多数掲載しています。
以下の記事では、葬儀の費用について詳しく紹介しておりますので、ご興味がある方はぜひご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「神道・葬式」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像 1
    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像 2
    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像 3
    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像 4
    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像 5
    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像 6
    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料