香典袋にのしはつけるの?書き方や香典返しののしについても解説!

弔事の際にやり取りされる贈答品の包装にはのし紙をつけますが、香典を包む香典袋にもつけた方がよいのでしょうか?今回は、香典袋にのしをつけた方がよいのかどうか、また香典袋の書き方や選び方について詳しく解説します。

目次

  1. 香典袋ののしはつけるの?
  2. 熨斗(のし)って何?
  3. 香典袋にのしは付けるのか
  4. 香典袋の書き方について
  5. 香典袋の種類について
  6. 香典返しののしについて
  7. 香典袋ののしについてまとめ

香典袋ののしはつけるの?

葬儀

弔事の際にやり取りされる贈答品の包装は非常に気を遣うものであり、のし紙をつけて丁寧に包装することが一般的です。
こののしは、香典を包む香典袋にもつけた方がよいのでしょうか?

今回終活ねっとでは、香典袋にのしは必要なのかについて香典袋の書き方や選び方と合わせて詳しく解説します。

  • そもそも熨斗(のし)って何?
  • 香典袋にのしは必要なの?
  • 香典袋の書き方について
  • 香典袋の種類について
  • 香典返しののしの表書きについて

以上の項目について解説します。
香典袋にのしをつけた方がよいのかどうかや香典袋の書き方・選び方について詳しく知りたい方は、ぜひ最後までお読みください。

熨斗(のし)って何?

困った人々

熨斗(のし)とは、主に慶事の贈答品に付ける飾りのことで、正確には熨斗鮑(のしあわび)と言います。
もともとは縁起物であるアワビの肉を干し、飾りとして贈答品に付けていました。
現在では実際にアワビが使われることはまずなく、のし紙に印刷したものが熨斗と呼ばれています。

しばしば熨斗が付いているのし紙全体がのしと呼ばれる場合がありますが、厳密には間違いです。
熨斗はあくまでのし紙中央よりやや右上に付いている飾りのことであり、贈答品を包む紙のことではありません。

香典袋にのしは付けるのか

葬儀

香典袋は故人の霊前に供える香典を包むための大事なものです。
のしをつけてできるだけ丁寧に包んだ方がよさそうに思えますが、実際はどうなのでしょうか?
以下で香典袋にのしをつけるべきかどうかについて、詳しく解説します。

不祝の場合には熨斗飾りはつけない

先に解説した通り、熨斗飾りは基本的に慶事の贈答品に付けるものであり、香典のような弔事の不祝儀には付けません。
アワビは昔から長生きの象徴とされていたため、弔事に熨斗飾りはふさわしくないのです。

ただし、供物などの不祝儀に弔事用ののし紙を付けることはあります。
弔事用ののし紙は熨斗飾りが付いておらず、水引も慶事とは違う結び方のものが用いられます。
弔事用ののし紙や水引については、後ほど詳しく解説します。

香典袋にはのし紙は付けない

供物などの不祝儀に熨斗飾りのないのし紙を付けることはありますが、香典には熨斗飾りだけでなく、のし紙も付けません。
香典のような現金の供え物は、香典袋に入れるだけで十分です。

香典袋とは、香典のような現金の不祝儀を入れるための袋で不祝儀袋とも呼ばれます。
香典袋には水引や表書きなどの不祝儀に必要な要素が全てそろっているため、のし紙まで付ける必要はありません。

香典袋の書き方について

葬儀

香典袋の準備はそれほど難しくはありません。
現在はほとんどの種類の不祝儀袋が市販されており、コンビニなどで簡単に購入できます。
ただし、香典はただ香典袋に入れればよいというものではなく、表書きや名前などの書き方に気を遣う必要があります。

以下で香典袋の書き方について解説します。

表書きについて

表書きとは、香典や供物などの表に書く文字のことです。
表書きは香典袋の水引の上側中央に書きます。
御仏前や御霊前などの表書きがよく知られていますが、宗教によって適した表書きが違うので、注意が必要です。

仏式

一般的な仏式の葬儀の場合は、御霊前や御仏前と書きます。
仏教では四十九日が明けるまでの間は、故人の魂が現世にとどまっていると考えるため、霊前という言葉が使われます。

浄土真宗

仏式の葬儀でも浄土真宗の場合は、御仏前と書くことが一般的であり、御霊前と書いてはいけないとされています。
浄土真宗には故人の魂が現世にとどまらず、すぐに成仏する、往生即成仏という教義があるため、御霊前という言葉は使えません。

ただし、実際には葬儀に参列しないと宗派が分からない場合もあるため、一般の参列者は御霊前と書いてしまっても問題はありません。
事前に浄土真宗の葬儀だと分かるようであれば、御仏前と書くようにしましょう。

事前に宗派が分からない場合は、仏式の葬儀であればどの宗派でも使える御香典という表書きにしてもよいでしょう。

神式

香典は本来は仏教の風習ですが、神式の葬儀でも香典に相当する不祝儀を送ることが一般的です。
神式の葬儀の場合は、御榊料・御玉串料・神饌料・御霊前などと書きます。
仏式で一般的な表書きである御仏前は、神式の葬儀では当然使えません。

また、御香典も基本的に使えません。
神式では葬儀で香を焚く習慣がないからです。

キリスト教式

キリスト教式の葬儀には、香典に相当する風習はありません。
ただし、現在は日本社会の慣習にしたがって行う場合もあります。
キリスト教式の葬儀では、一般的には御花料と書きますが、事前に教派が分かるようであれば、教派に合わせて書く場合もあります。

カトリック(ローマ教皇を中心とした世界最大の教派)の場合は、御花料や御ミサ料、御霊前と書きます。
プロテスタント(カトリック以外の主な教派の総称)の場合は、御花料や献花料、忌慰料と書きます。

キリスト教式の葬儀では、御仏前はもちろん、御香典も使えません。
神式と同じく、キリスト教式でも葬儀で香を焚く習慣はありません。
また、御霊前はカトリックでは使えますが、プロテスタントでは使えない点にも注意しましょう。

名前の書き方

名前は香典袋の表にある水引の下の中央に書きます。
個人名であればフルネームを書くだけです。

連名の場合は、右から左へ目上の人から順に書きます。
ただし、4人以上の連名になるとスペースが狭く書きづらいため、「株式会社〇〇一同」のように「一同」という言葉を活用します。

夫婦の場合は、連名にせずに夫の名前のみを書くことが一般的です。
ただし、最近は夫婦で参列する場合や夫婦共に故人と親しい関係だった場合に、夫婦連名で書くこともあります。
夫婦連名の場合は、夫の名前を右に書きます。

中袋の書き方

中袋とは、表書きや名前を書く上包みの中に入っている袋のことで、香典は上包みではなく、中袋に入れます。
一部地域では中袋を使用しないところもありますが、一般的には中袋を使用します。
上包みだけでなく、中袋にも書かなければならないことがあるので、以下で解説します。

金額

香典の金額は、中袋の表面中央に旧漢字(正字)や大字(画数の多い漢数字)で書きます。
まず「金」という字で始めて金額を大字で記し、最後に円の旧漢字「圓」を付けます。
ただし、「圓」は新漢字の「円」と書いても構いません。
書き方の例は以下の通りです。

  • 五千円

    金伍仟圓・金伍阡圓

  • 一万円

    金壱萬圓

  • 二万円

    金弐萬圓

  • 三万円

    金参萬圓

  • 十万円

    金拾萬圓・金什萬圓

ちなみに、七の大字は漆・質ですが、一般的にはほとんど使われていたため、「金七仟圓」「金七萬圓」などと書いて構いません。
また、四・九の大字は肆・玖ですが、四や九は縁起の悪い数字であるため、香典の金額に使うことはまずありません。

住所・氏名

中袋には、住所・氏名を書く必要があります。
一般的な封筒と同じように、裏面の左下に書きます。
住所は遺族側が香典返しを送る際に必要になるため、詳しく書きましょう。

連名の場合は目上の人から順に左から書きますが、人数が多い場合は、別紙に記入して香典袋に入れておきます。

封の糊付けは不要

香典袋の封を糊付けする必要はありません。
水引がかけられている上包みはもちろん、中袋にも糊付けは不要です。
ただし、香典の金額が高く中身がかさばる場合は、糊付けをする場合もあります。

薄墨で書く

香典袋の表書きは、基本的に薄墨で書きます。
薄墨で書くようになった理由ははっきりしていませんが、「悲しみのあまり流した涙で墨が薄くなったから」「突然の訃報で墨をする時間がなかったから」などと言われています。

ただし、現在では墨を常備している家庭は少ないため、薄墨を模した筆ペンで書く人がほとんどです。
また中袋は薄墨で書く必要はなく、普通の筆ペンやサインペン、黒のボールペンでもよいとされています。

短冊つきの場合の貼り方

市販の香典袋によく付いている短冊は、基本的に表書きや名前を書くために使います。
短冊を使うのであれば、基本的に糊付けした方がよいでしょう。
万が一短冊が外れてしまうと、遺族側が誰からもらった香典なのか、確認に手間取ってしまうからです。

短冊が外れても中袋を確認すれば、誰からもらった香典なのかを確認できますが、遺族に余計な負担をかけないためにもしっかりと糊付けすべきです。
なお、香典袋に短冊が付いているからといって無理に使う必要はなく、表書きや名前を香典袋に直接書いても構いません。

香典袋の種類について

葬儀

先に解説した通り、香典袋は市販のものを購入すれば問題ありませんが、実際に販売されている香典袋には、いくつか種類があります。
以下で香典袋の種類について解説します。

表書きが印刷されている場合

香典袋の表書きは、無地のものと印刷されているものが市販されています。
かつては表書きは手書きが一般的でしたが、現在は印刷でも特に失礼にはなりません。
ただし、神式やキリスト教の場合には、適切な表書きが売られていない場合もあるので注意しましょう。

また、表書きは印刷が一般的になっていますが、名前は現在でも手書きにすることが一般的です。
最近はプリンターが一般家庭に普及しているため、名前も印刷する人が徐々に増えていますが、今のところは手書きの方が無難でしょう。

水引

香典袋に付ける水引にもいくつか種類がありますが、仏式、および神式の葬儀では、黒白で結び切りか淡路(あわじ)結びのものが一般的です。

ただし、関西では一周忌以降の法事などに黄白の水引を使うところもあります。
キリスト教式では水引の付いた香典袋ではなく、十字架やユリの花の模様が入った香典袋を用います。

水引は実際に香典にかけられているものと、印刷されているものがあります。
印刷でも失礼ではありませんが、1万円以上の香典を包む場合は、実際に水引がかけられている香典袋を選んだ方がよいでしょう。
3万円を超える高額の香典を包む場合は、双銀の水引にする場合もあります。

模様

香典袋には基本的に模様は入っていません。
ただし、仏式の場合は蓮の花、キリスト教式の場合は十字架などの模様が入っていることもあります。
また高額の香典を包むのに用いる金封には、何らかの模様が薄く施されている場合もあります。

ただし、よほど高額の香典(5万円~10万円)でない限りは、無理に模様の付いた香典袋を選ぶ必要はなく、一般的な白無地の香典袋で構いません。

香典袋本体の色は、どのような場合でも白色です。
先に解説した通り、香典袋の色で注意しなければならないのは、本体ではなく水引です。
市販されている香典袋は全て白色なので、色で迷うことはまずないでしょう。

香典返しののしについて

葬儀

香典に熨斗飾りやのし紙をつける必要はありませんが、香典に対するお返しである、香典返しにはのしが必要です。
以下で香典返しののしについて解説します。

表書きについて

香典返しの表書きは、仏式では志、神式やキリスト教式では偲び草(偲草)が一般的です。
ただし、関西や西日本では満中陰志と書くところもあります。
のし紙は香典袋と同じく、熨斗飾りの付いていないもの、水引は白黒で結び切りか淡路結びのものを選びます。

インターネットのテンプレートが活用できる

香典返しのように弔事で使うのし紙を印刷する場合は、インターネットのテンプレートを活用するとよいでしょう。
「のし紙 テンプレート」などの言葉で検索すると、のし紙印刷用のテンプレートを無料で公開しているサイトが大量に見つかります。

テンプレートには慶事用と弔事用があるので、間違えて慶事用を印刷しないように注意しましょう。
パソコンとプリンターがあれば簡単に印刷できるので、のし紙を購入する手間を省きたい人におすすめです。
香典返しののしについて詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

こちらも読まれています

香典返しの熨斗(のし)とは?選び方や書き方、マナーを解説!

香典を頂いた方には香典返しをしますが、香典返しにつける熨斗(のし)はどうすればよいのでしょうか?今回は沢山ある香典返しのマナーの中で、香典返しに使うのしの書き方や選び方、包み方などについて解説していきます。

香典袋ののしについてまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、香典袋ののしについて解説しました。
最後に記事の要点をまとめておきます。

  • 熨斗(のし)とは、慶事の贈答品に付ける飾りのことで、正確には熨斗鮑(のしあわび)と呼ばれている。
    もともとは縁起物であるアワビの肉が使われていたが、現在ではのし紙に印刷することがほとんどである。
  • 香典袋に熨斗はつけない。
    熨斗飾りは慶事の祝儀につけるものであり、弔事の不祝儀につけない。
    また不祝儀でも供物などにはのし紙をつけるが、香典袋にはのし紙もつけない。
  • 香典袋の表書きは、仏式は御霊前・御仏前など、神式は御榊料・御玉串料・神饌料など、キリスト教式は御花料・御霊前などと書く。
    ただし、仏式の浄土真宗、及びキリスト教式のプロテスタントは御霊前は使えないので注意する。
  • 香典袋の名前は水引の下にフルネームで書く。
    連名の場合は目上から順に右から左へ書いていく。
    ただし、4名以上の連名は「~一同」などと書く。
  • 香典袋についている中袋には、金額と住所・名前を書く。
    金額は中袋の表に旧漢字・大字(画数の多い数字)で書く。
    住所・名前は中袋の裏に書くが、連名で人数が多い場合は、別紙に書いた方がよい。
    香典袋の封を糊付けする必要はない。
    ただし、高額の香典で中身がかさばる場合は糊付けしてもよい。
  • 香典袋の表書きは薄墨で書くことがマナーとされているが、現在では薄墨の筆ペンでもよい。中袋は黒のボールペンなどでもよい。
    香典袋に付いている短冊は、表書きや名前を書いてはがれないように表に糊付けする。
    ただし、無理に短冊を使う必要はない。
  • 香典袋の表書きは印刷でも問題ない。
    市販の香典袋には印刷されているものも多くある。
    ただし、名前の印刷は一般的ではない。
    自宅にプリンターがあれば名前を印刷してもよいが、手書きの方が無難である。
  • 香典袋の水引は、黒白の結び切りか淡路結びが一般的である。
    ただし、関西などの一部地域では黄白の水引を用いることもある。
    香典袋は白無地が一般的であり、色や模様はついていない。
    ただし、一部模様が入っている香典袋もある。
  • 香典返しののし紙の表書きは、仏式は志、神式・キリスト教式は偲び草(偲草)が一般的である。
    ただし、関西や西日本の仏式では満中陰志とするところもある。
    香典返しなどに使うのし紙を自分で印刷したい場合は、インターネットの無料テンプレートを活用すると、楽に印刷できる。

最近は家族葬などの小規模な葬儀で遺族側が香典を断るケースも増えています。
しかし、一般的には香典が必要な葬儀がまだまだ多いため、いざというときに失礼にならないようにマナーを学んでおきましょう。

終活ねっとでは、他にも香典や葬儀全般に関する記事を多数掲載しています。
ぜひそちらもご覧ください。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

シェアする

「香典・のし」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「香典・のし」についてさらに知りたい方へ

仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!のサムネイル画像

仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーから金額相場についても解説のサムネイル画像

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーから金額相場についても解説

葬儀後の香典の渡し方は?香典の金額相場や表書きからお返しまで解説のサムネイル画像

葬儀後の香典の渡し方は?香典の金額相場や表書きからお返しまで解説

香典の表書きはどう書くの?宗教・宗派別に解説のサムネイル画像

香典の表書きはどう書くの?宗教・宗派別に解説

友人の葬儀で香典に包むべき金額とは?香典の包み方とともに解説!のサムネイル画像

友人の葬儀で香典に包むべき金額とは?香典の包み方とともに解説!

葬儀の香典の金額相場は?包み方や書き方、渡し方のマナーもご紹介!のサムネイル画像

葬儀の香典の金額相場は?包み方や書き方、渡し方のマナーもご紹介!

葬儀で渡す香典の表書きは御霊前?御仏前との違いや金額相場も解説!のサムネイル画像

葬儀で渡す香典の表書きは御霊前?御仏前との違いや金額相場も解説!

葬儀での香典の金額相場は?故人との関係性別の相場やマナーも解説!のサムネイル画像

葬儀での香典の金額相場は?故人との関係性別の相場やマナーも解説!

香典を渡すのは葬儀?通夜?渡すタイミングと金額相場についても解説のサムネイル画像

香典を渡すのは葬儀?通夜?渡すタイミングと金額相場についても解説

お通夜と葬儀両方に参列する場合香典はいつ渡す?香典マナーを紹介!のサムネイル画像

お通夜と葬儀両方に参列する場合香典はいつ渡す?香典マナーを紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「香典・のし」についてさらに知りたい方へ

仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!のサムネイル画像

仏式葬儀の香典について包み方や書き方、費用相場などをご紹介!

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーから金額相場についても解説のサムネイル画像

葬儀で渡す香典とは?書き方やマナーから金額相場についても解説

葬儀後の香典の渡し方は?香典の金額相場や表書きからお返しまで解説のサムネイル画像

葬儀後の香典の渡し方は?香典の金額相場や表書きからお返しまで解説

香典の表書きはどう書くの?宗教・宗派別に解説のサムネイル画像

香典の表書きはどう書くの?宗教・宗派別に解説

友人の葬儀で香典に包むべき金額とは?香典の包み方とともに解説!のサムネイル画像

友人の葬儀で香典に包むべき金額とは?香典の包み方とともに解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと