花のこと徹底解説します!プリザーブドフラワーって?

「プリザーブドフラワー」って普通の花と何が違うんだろう?と思いませんか?プリザーブドフラワーについて解説します。これで花の加工もばっちりです!

目次

  1. プリザーブドフラワーとは
  2. ドライフラワーとの違い
  3. プリザーブドフラワーの作り方
  4. プリザーブドフラワーの加工向きな花
  5. まとめ

プリザーブドフラワーとは

まず、プリザーブドフラワーについて説明していきます。

プリザーブドフラワーとは、花や葉を特殊な液体の中に沈めて、水分を抜いた物のことです。
「プリザーブド」とは英語のpreservedのことです。
意味は、「保存された」です。

生花の一番美しい時期につみとった物を使います。
そこから色素を抜き取り、特殊な加工をします。
プリザーブドフラワーは枯れることがなく水やりの必要もないというメリットがあります。
特別な染料を使って染めるため、ダークブルー、スカイブルー、ラベンダーパープルなど実際の生け花には無い色合いの花を作る事ができます。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

ドライフラワーとの違い

同じ花を加工したドライフラワーと何が違うんでしょうか?

違いを見ていきましょう。

加工方法の違い

両方とも、水分を抜いて作りますがその加工方法が違います。

ドライフラワーは、水分を抜くだけなのでカサカサして乾燥しています。

プリザーブドフラワーは、水分を抜くだけではなく水分の代わりにグリセリンを吸収させます。
なのでドライフラワーより水々しくなります。
そして、それだけではなく、特殊な液を用いて脱色したり着色したりします。

色の違い

上記でいったように、プリザーブドフラワーは着色します。
実際にない花の色をつけることが可能です。

一方ドライフラワーは、色落ちするので鮮やかさはありませんが、茶色っぽくアンティーク調になります。

寿命の違い

ドライフラワーは乾燥させただけなので、あまりもたず、2ヶ月~半年程度です。

プリザーブドフラワーは正しい保存状態であれば2~5年もちます。

手入れの違い

プリザーブドフラワーとドライフラワーは共通して、高温多湿をさけるという特徴があります。

ですが、ドライフラワーはプリザーブドフラワーと違って、徐々にポロポロ崩れていきます。
崩れていくのを掃除していく手間があります。
また、触ると型崩れしやすいです。
ですが、ホコリを丁寧にとらないと、劣化がはやくなってしまいます。

ドライフラワーの方が、手入れに手間がかかってしまいます。

プリザーブドフラワーの作り方

プリザーブドフラワーって自宅でできるってしってましたか?

ここで簡単な作り方を紹介します

用意する物

・生花:なるべく新鮮で6~7分咲き

・消毒用エタノール

・精製グリセリン

・水

・万年筆用のインク
 または、プリンター用の補充インク(100均可)

・乾燥剤(シリカゲル)

・フタ付きの容器

・お好きな花瓶

・切れ味のよいハサミ
 または、カッター

手順

1 水あげする

茎を水の中につけます。
つけた状態のまま、ハサミでななめに切ります。
このとき、切れ味のいいはさみを使ってください。
カッターでも構いません。

その後、水にさらして大体30分放置します。

水の中で斜めに切る事でよく水分を吸収するようになります。
水を吸わせて、花を元気な状態にしてから加工することでより綺麗な仕上がりになります。

2 脱色する

用意した容器に、お花と消毒用エタノールを入れ、お花を完全に浸します。
完全に浸らずに、浮かんでしまう場合は、少しクシャっとさせたアルミホイルで蓋をすると便利です。

このまま約1日放置します。

色の濃い花ほど脱色に時間がかかり、薄いほど早く終わります。
花の色に合わせて、脱色具合を見ながら微調整してください。

3 着色

グリセリン:水を2:1で混ぜます。

万年筆のインク、またはプリンターのインクを2滴前後この液に混ぜます。

電子レンジで35度位に温めます。
ぬるく感じる程度で大丈夫です。

茎の部分を液に付けて、お花が液を吸い上げるのを待ちます。
日の当たらない場所で、1日置きます。

4 乾燥

乾燥剤と一緒に容器にいれて、乾燥させます。
大体、2日ほどで完全に乾燥します。

このとき、直射日光やドライヤーは避けてください。
花弁がひび割れたり、散ったりしてしまいます。

プリザーブドフラワーの加工向きな花

全ての花がプリザーブドフラワーにできるわけではありません。
加工しやすい花・しづらい花があります。

プリザーブドフラワーに加工しやすい条件

・花びらが厚い
・花びらが散りにくい
・花びらの枚数が多い
・花弁やがくに傷がついていない
・大きすぎない
・6分~7分咲きの状態

プリザーブドフラワーの加工に向いている花

バラ
カーネーション
ラン
アジサイ
ピンポンマム
アイビー
チューリップ
ガーベラ
ダリア
トルコキキョウ
ヒマワリ(小さい物に限る)
スカビオサ
菊(花弁がしっかりしている物に限る)

プリザーブドフラワー

まとめ

いかがだったでしょうか?

これで、プリザーブドフラワーについてバッチリですね。

ドライフラワーより長持ちして手入れが楽で、おうちに飾ったり、プレゼントにとても最適ですね!
母の日や誕生日になどにいいですね。

是非、おうちでプリザーブドフラワーを作ってみてはいかがでしょうか?

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

シェアする

「花・プリザーブドフラワー」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「花・プリザーブドフラワー」についてさらに知りたい方へ

プリザーブドフラワーの供花でもいいの?特徴や贈る際の注意点も紹介のサムネイル画像

プリザーブドフラワーの供花でもいいの?特徴や贈る際の注意点も紹介

プリザーブドフラワーの供花でもいいの?特徴や贈る際の注意点も紹介のサムネイル画像

プリザーブドフラワーの供花でもいいの?特徴や贈る際の注意点も紹介

お悔やみの気持ちを込めてプリザーブドフラワーを贈ろう のサムネイル画像

お悔やみの気持ちを込めてプリザーブドフラワーを贈ろう 

お葬式ではどんなお花をお供えするの?送り方や種類・相場を解説!のサムネイル画像

お葬式ではどんなお花をお供えするの?送り方や種類・相場を解説!

葬儀の花の手配方法とは?供花の金額や種類、送る際の注意点も解説!のサムネイル画像

葬儀の花の手配方法とは?供花の金額や種類、送る際の注意点も解説!

お葬式に使われる花とは?意外と知らない花の種類について解説のサムネイル画像

お葬式に使われる花とは?意外と知らない花の種類について解説

葬儀用のお花の種類とは?値段相場や宗教別の種類から送り方まで解説のサムネイル画像

葬儀用のお花の種類とは?値段相場や宗教別の種類から送り方まで解説

葬儀の花の手配方法について解説!花の種類や値段相場までご紹介のサムネイル画像

葬儀の花の手配方法について解説!花の種類や値段相場までご紹介

葬儀での供花のお礼の仕方や期限は?礼状の書き方から送る品物までのサムネイル画像

葬儀での供花のお礼の仕方や期限は?礼状の書き方から送る品物まで

葬儀の花祭壇とは?飾る花の種類は?金額相場や献花の作法をご紹介!のサムネイル画像

葬儀の花祭壇とは?飾る花の種類は?金額相場や献花の作法をご紹介!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「花・プリザーブドフラワー」についてさらに知りたい方へ

プリザーブドフラワーの供花でもいいの?特徴や贈る際の注意点も紹介のサムネイル画像

プリザーブドフラワーの供花でもいいの?特徴や贈る際の注意点も紹介

プリザーブドフラワーの供花でもいいの?特徴や贈る際の注意点も紹介のサムネイル画像

プリザーブドフラワーの供花でもいいの?特徴や贈る際の注意点も紹介

お悔やみの気持ちを込めてプリザーブドフラワーを贈ろう のサムネイル画像

お悔やみの気持ちを込めてプリザーブドフラワーを贈ろう 

お葬式ではどんなお花をお供えするの?送り方や種類・相場を解説!のサムネイル画像

お葬式ではどんなお花をお供えするの?送り方や種類・相場を解説!

葬儀の花の手配方法とは?供花の金額や種類、送る際の注意点も解説!のサムネイル画像

葬儀の花の手配方法とは?供花の金額や種類、送る際の注意点も解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと