お葬式の準備は結構忙しい!何をすればいいのでしょうか?

身内が亡くなると、お葬式をする必要が有りますが、その準備でやるべき事はかなり多く、いきなりそれらを完璧にやれ、と言われてもなかなか出来ないものです。そこで、本記事では、お葬式の準備をどうすればいいか、等についてまとめました。

目次

  1. 身内のお葬式の準備は忙しい!
  2. 故人の死亡届の提出をする
  3. お葬式をする葬儀屋の選定
  4. お葬式の喪主を選ぶ
  5. お葬式の形式を決める
  6. お葬式の案内状を出す
  7. 服装で間違いが無いように準備する
  8. まとめ

身内のお葬式の準備は忙しい!

葬儀

身内が亡くなると、お葬式をする必要が生じますが、その準備は悲しむ暇が無い位に忙しいものです。
その為、お葬式をするべき状況になった時に1から情報収集を行っていると予定が大幅に狂ってしまうおそれが有ります。
その為、本記事では、お葬式の準備の仕方等についてまとめていきます。
この記事が、皆様の情報収集に役立てばと思います。

終活ねっとでは、状況やご要望に合わせて選べる豊富なプランを安心の定額でご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

故人の死亡届の提出をする

市役所

身内が亡くなったら、死亡届の提出を行う必要が有ります。
この届出を行わなければ、火葬許可証が手に入らない為、故人の供養が出来なくなります。
ただ、この届出に関しては病院が代行してくれる場合が多く、家族本人が行わなければいけない事は稀です。
ただ、火葬許可証は、火葬時に火葬場のスタッフに提出しなければいけない為、しっかりと保存しておく必要が有ります。

お葬式をする葬儀屋の選定

保険・相続

お葬式を行う為の葬儀屋を選定します。
これに関しては、病院が紹介してくれますが必ずしもこれがベストなものとは限らない為、ご遺族自身でも情報収集をしっかりしておく必要が有ります。
葬儀屋ごとの見積もりやサービスを比較し、その中で1番良いと感じた所で葬儀を行うのが定番の流れとなります。

お葬式の喪主を選ぶ

お葬式の準備の時には、その喪主を選定しておく必要が有ります。
優先順位は配偶者、御両親、子供達、同居人、というものが一般的ですが、必ずしもこの優先順位を守る必要は有りません。
それこそ、故人が「喪主をやって欲しい」という希望を出していた相手がいたら、それを極力尊重するように努めます。

お葬式の形式を決める

お葬式を行う際は、その形式によって、準備等において考慮すべき点が大きく変わります。
本項では、お葬式の形式にどういったものが有るか、について紹介していきます。

家族葬(密葬)

家族や近しい身内のみで行うしめやかなお葬式であり、いわゆる密葬とも呼ばれます。
近しい人達のみでお葬式を行う為、参加者のスケジュール確保が容易であり、小規模である分、費用が安くなるのもその利点です。
全体として準備の手間が減るのは大きなメリットと言えます。
ただ、参列者が少ない分、香典収入は下がる為、その点まで計算に入れてプランを立てる必要が有ります。
また、周囲の人達に対しても「何故お葬式に呼んでくれなかったんだ」と言われてトラブルにならないよう、あらかじめ家族葬を行う旨を周知しておく必要が有ります。
また、彼等の弔問を辞退する場合も、早めに伝えておく必要が有ります。

通常のお葬式

いわゆる、故人の友人や親戚一同を集めてお葬式を行う方法です。
参加人数が多くなる為、周知や、スケジュール調整等、準備に手間がかかりますが、その分、多くの人々に弔問の機会を与えられ、尚且つ香典収入が多くなるのがメリットです。

直葬

告別式や通夜を行わずに、直接火葬等で遺体を供養する方法です。
亡くなってから24時間の間、遺体を安置した後に、直接御遺体を火葬場へ搬送し、そのまま火葬を行うのが一般的です。
この場合、告別式や通夜を行わない為、そもそもそれらに関する準備をする必要が無くなります。
また、これらの行事を行わなくなる分、葬儀の費用が大きく削減出来るのもその大きなメリットです。
ただ、この場合も家族葬と同様に、周囲の理解を得る為の準備は必要となります。
直葬の旨をしっかりと伝え、弔問辞退を希望の場合はしっかりとそれを周知させます。

お葬式の案内状を出す

お葬式の準備の際には、その周知や案内が必要となります。
お葬式のやり方が決まったら、速やかに案内状を出します。
案内状には、亡くなった人の名前、日時、場所、形式、喪主等を記入します。

参列できない人を把握する

お葬式は必ずしも全員が出られるとは限りません。
予定がどうしても空かず、参列できない人も出てきます。
彼等の中には、後日弔問を行い、別れを告げたい、という人や、香典・弔電を送りたい、という人もいる可能性が有ります。
その際には遺族側の対応が必要になる為、参列できない人の事もしっかりと把握しておく必要が有ります。

服装で間違いが無いように準備する

お葬式の際に着る喪服については、注意点が有ります。
それは、いわゆるビジネススーツと喪服は違う、という事です。
ビジネススーツは、喪服よりも光沢が出てしまい、厳密にはお葬式の服装としては不適切であると言われています。
その為、予め喪服を別に準備しておく必要が有ります。

レンタルサービスで準備の手間を省く

喪服の準備が間に合わない、もしくはあまり着る機会がないのでわざわざ買わなくてもいい、という場合は、レンタルサービスがおすすめです。
実店舗をもってサービスを行っている所と、インターネットでサービスを行っている所とに分かれますが、どれが良いかは事前の情報収集による比較検討で決めていきます。

まとめ

葬儀

以上、お葬式の準備等についてまとめていきました。
この記事が、円滑なお葬式の準備に役立てばとても幸いに存じます。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

シェアする

「葬式・準備」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬式・準備」についてさらに知りたい方へ

家族が亡くなったら、一体どういう事をするのでしょうか?のサムネイル画像

家族が亡くなったら、一体どういう事をするのでしょうか?

通夜に行けない場合どうすればいいの?弔電の送り方は?のサムネイル画像

通夜に行けない場合どうすればいいの?弔電の送り方は?

お葬式のやり方を解説!手続きや種類、喪主の決め方とともにご紹介のサムネイル画像

お葬式のやり方を解説!手続きや種類、喪主の決め方とともにご紹介

最後のお別れだからこそ、丁寧に。お葬式のマナーについてのサムネイル画像

最後のお別れだからこそ、丁寧に。お葬式のマナーについて

葬儀屋の仕事内容とは?仕事を知るメリットやペットの葬儀屋も解説のサムネイル画像

葬儀屋の仕事内容とは?仕事を知るメリットやペットの葬儀屋も解説

お葬式の受付のマナーとは?誰が受付をするかも合わせて解説します。のサムネイル画像

お葬式の受付のマナーとは?誰が受付をするかも合わせて解説します。

葬式での引き出物は何が最適か?品物や相場、のし紙の包み方も紹介のサムネイル画像

葬式での引き出物は何が最適か?品物や相場、のし紙の包み方も紹介

お葬式に参列する時などに知っておきたいことのサムネイル画像

お葬式に参列する時などに知っておきたいこと

お葬式の費用には、何が含まれていて相場はどんなもの?のサムネイル画像

お葬式の費用には、何が含まれていて相場はどんなもの?

葬儀後の弔問時の服装は?持ち物や香典、時間帯など弔問マナーを解説のサムネイル画像

葬儀後の弔問時の服装は?持ち物や香典、時間帯など弔問マナーを解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬式・準備」についてさらに知りたい方へ

家族が亡くなったら、一体どういう事をするのでしょうか?のサムネイル画像

家族が亡くなったら、一体どういう事をするのでしょうか?

通夜に行けない場合どうすればいいの?弔電の送り方は?のサムネイル画像

通夜に行けない場合どうすればいいの?弔電の送り方は?

お葬式のやり方を解説!手続きや種類、喪主の決め方とともにご紹介のサムネイル画像

お葬式のやり方を解説!手続きや種類、喪主の決め方とともにご紹介

最後のお別れだからこそ、丁寧に。お葬式のマナーについてのサムネイル画像

最後のお別れだからこそ、丁寧に。お葬式のマナーについて

葬儀屋の仕事内容とは?仕事を知るメリットやペットの葬儀屋も解説のサムネイル画像

葬儀屋の仕事内容とは?仕事を知るメリットやペットの葬儀屋も解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと