お通夜にふさわしい格好とは?男女別に詳しく解説!

最近は遺族以外の方のお通夜への参列が当たり前になりましたが、お通夜の参列にふさわしい格好は、告別式と変わらないのでしょうか?今回は、お通夜にふさわしい格好や必要な持ち物を男女別、立場別に詳しく解説します。

目次

  1. お通夜にふさわしい格好とは?
  2. 男女別のお通夜にふさわしい格好
  3. お通夜の服装に関する疑問
  4. お通夜の持ち物とは?
  5. お通夜にふさわしい格好まとめ

お通夜にふさわしい格好とは?

葬儀

かつてお通夜は遺族のみで行われるものでしたが、近年は遺族以外の参列が当たり前になりました。
お通夜に参列にふさわしい格好は、告別式と変わらないのでしょうか?
今回終活ねっとでは、お通夜にふさわしい格好やお通夜で必要な持ち物について解説します。

  • お通夜にふさわしい男性の服装は?
  • 服装以外で男性が気をつけなければいけないことは?
  • お通夜にふさわしい女性の服装は?
  • 服装以外で女性が気をつけなければいけないことは?
  • お通夜にふさわしい子供や学生の格好は?
  • 急な訃報の場合、お通夜で私服を着てもいいの?
  • お通夜で必要な持ち物は?

以上の項目について解説します。
お通夜にふさわしい格好について詳しく知りたい方は、ぜひ最後までお読みください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

男女別のお通夜にふさわしい格好

葬儀

ほとんどの人はお通夜の服装というと喪服を思い浮かべます。
しかし、一口に喪服と言っても、さまざまな種類があります。
さらに参列者の立場によっては、喪服でなくとも構わない場合もあるので、注意が必要です。
以下でお通夜にふさわしい格好を男女別、立場別に解説します。

男性のお通夜にふさわしい格好

まずは男性のお通夜にふさわしい格好について解説します。
基本的には喪服を着用しますが、立場によってふさわしい格好が変わります

服装

男性のお通夜の服装は準喪服か略喪服です。
準喪服とは、最も格式の高い喪服である正喪服に準ずる喪服です。
準喪服は最も一般的な喪服であり、葬儀に関連するさまざまな場面で着用されています。

略喪服とは、喪服ではありませんが、故人への弔意を示すために着用する服です。
略喪服は平服とも呼ばれています。

男性の準喪服はブラックスーツ(スーツ店の礼服売り場などに置いてあるスーツ)・白シャツ黒ネクタイ、略喪服は黒基調の地味な色のスーツ(ビジネススーツが無難)・白シャツ地味な色のネクタイの組み合わせです。

準喪服、略喪服共に光沢のあるものは避けます
どちらを着るべきかは、葬儀における立場によって変わります。

親族

親族は準喪服を着用します。
血縁者は正喪服を着用すると思われがちですが、お通夜では準喪服で構いません。
正喪服は告別式で着用します。

ただし、近年はたとえ喪主や遺族であっても、お通夜から告別式まで準喪服で通す場合が多く、正喪服の着用機会は少なくなっています。

参列者

一般参列者は準喪服か略喪服を着用します。
以前は一般参列者は略喪服の着用が一般的でした。
お通夜で一般参列者が準喪服を着用すると、「死を予期していた」と思われてしまうためです。

ただし、近年は一般参列者がお通夜に準喪服を着用して参列することも珍しくなく、一概にどちらがよいとは言えません。

アクセサリー

男性は基本的にアクセサリーを外します
時計や結婚指輪は付けても構いませんが、金のような派手な色であれば外した方がよいでしょう。

靴・ベルト

靴・ベルトは黒を基調にした地味な色のものを選びます
素材は皮革が一般的です。
本来は、革のように殺生を想起させるものの着用は慎むべきですが、靴・ベルトは革製品がほとんどで避けるのが難しいためです。

靴は金具が付いているものや、つま先が尖っているデザインは避けます。
ベルトのバックルはできるだけ地味なデザインで光を反射しないものを選びましょう。

女性のお通夜にふさわしい格好

続いて女性のお通夜にふさわしい格好です。
基本は男性と変わりませんが、女性は男性よりも気を付けなければならないことが多くあります

服装

女性も男性同様、準喪服か略喪服を着用します。
女性の準喪服はブラックフォーマル(ワンピース・アンサンブル・スーツなど)、略喪服は黒を基調にした地味な色のワンピース・アンサンブル・スーツなどです。

近年は、準喪服、略喪服共にアンサンブルの着用が多く見られます。
スカートは最低でも膝が隠れる程度の長さ、できれば膝下までが隠れるものを選びましょう。

親族

男性同様、女性の親族も準喪服を着用します。
お通夜で正喪服を着用する必要はありません。

参列者

男性同様、女性の一般参列者も準喪服か略喪服を着用します。
近年は、準喪服の着用が多くなっっています。

アクセサリー

女性の場合は、必要最低限のアクセサリーを身につけます
かつては女性もアクセサリーを全て外していましたが、現在では結婚指輪、イヤリング・ピアス、ネックレスはつけても問題ないとされています。

男性同様、結婚指輪は派手な色やデザインであれば外しましょう。
ネックレスは真珠(涙の象徴とされる)のものを選びます。
大きさは小さめで色は白が無難です。
二連以上のネックレスは不幸を重ねると解釈されるので、避けましょう。

イヤリング・ピアスは小さめであまり揺れないものが無難です。
金のような目立つ色は避けます。

靴・バッグについて

女性の靴は、黒の飾り気のないパンプスが無難です。
金具などが付いておらず、つま先が丸みを帯びたデザインがよいでしょう。
ハイヒールは避けた方がよいですが、全くヒールがないとカジュアルになってしまうので、低く太いヒール(高さ3cm程度)がある靴を選びます。

バッグは黒い布製のバッグを選びます。
型くずれしないような素材で光沢のない地味なデザインがよいでしょう。
必要最低限の持ち物が入る程度の大きさで構いません。

ストッキングについて

女性は肌の露出を避けるために黒のストッキングを着用します。
やや肌が透ける程度がよいとされているので、30デニール程度のストッキングを選びましょう。
タイツやレギンスの着用は避けます。

髪型・化粧について

女性で髪の長さがロングやセミロングの人は、耳の下あたりの高さでまとめます
髪留めはできるだけシンプルなデザインで目立たない色を選びましょう。
色は黒が無難ですが、最近は多少茶色い程度であれば問題ないとされます。
派手な色にしている人は黒に染めた方がよいですが、時間がなければスプレーでごまかしましょう。

化粧はナチュラルメイクが基本です。
ラメやパールの入ったものは避けましょう。

子供・学生の場合

子供の場合は就学しているかどうかで服装が変わります
小学生から高校生までの子供であれば、制服を持っている人がほとんどなので、制服を着用します。
制服を持っていない場合は、ケース・バイ・ケースで対応します。

赤ちゃん

赤ちゃんの服装には特に決まりはありません
赤ちゃんの場合、服装以前に葬儀に連れていくべきかどうかという問題があります。
故人と近い関係であれば赤ちゃんを連れていってもよいですが、そうでなければ一時的に預けるなどして無理に連れていかない方がよいでしょう。

連れていく場合は、あまり派手な色のものを身につけさせないなど、最低限の配慮をしておけば問題ありません。

幼稚園・保育園〜小学生

幼稚園・保育園・小学生は、制服があれば制服を着用します
子供は制服が正装と見なされるので、制服を規則通りに着用しておけば問題ありません。
靴下の色は黒が無難ですが、幼い子供であれば白でも構いません。

制服がない場合は、黒を基調にした地味な色で落ち着いたデザインの私服を着せます。
最近は子供用の喪服も売られていますが、成長期の子供の喪服を購入することは、サイズの問題があって難しいので、無理に着せる必要はありません。

中学・高校生

中学生・高校生も制服が正装なので、お通夜では制服を着用します。
制服がない場合は、中学生ぐらいであれば地味な私服でも構いませんが、高校生になると将来を見据えて準喪服や略喪服を着用させる場合もあります。

大学生

大学生は学生ではありますが、立場としては大人と見なされることが多いため、準喪服や略喪服を着用します。
細かい点は先に解説した大人のマナーと同じです。

お通夜の服装に関する疑問

困った人々

お通夜にふさわしい格好は先に解説した通りですが、他にも多くの人が抱く疑問があります。
以下でお通夜の服装に関する疑問を取り上げて解説します。

急な訃報の場合は私服でもいいの?

急な訃報で喪服を準備する余裕がない場合、私服でも構わないのでしょうか?
以下で急な訃報の場合の服装について解説します。

地味な平服でも大丈夫

急な訃報の場合は、地味な平服(略喪服)でも大丈夫です。
先に解説した通り、かつては一般参列者はお通夜に喪服を着ていくべきではないとされていました。
現在は一般参列者も準喪服を着用することが多いですが、無理に着用する必要はありません。

急な訃報であったことを伝える

お通夜に地味な平服を着ていっても問題ありませんが、念のために急な訃報であったことを遺族側に伝えておくとよいでしょう
最近は一般参列者も準喪服を着用することが多いため、平服だと浮いてしまう可能性もあります。
急な訃報で喪服が準備できなかったという形にしておけば、マナーとしては問題ありません。

冬のコートはどうすればいいの?

お通夜用・葬儀用の冬のコートはありませんが、慶弔どちらにも使える礼装のコートはあります。
ただし、かなり格式の高い服装になるので、準喪服や略喪服と組み合わせるとアンバランスになってしまいます。

無理に専用のコートにせずに黒を基調にした地味な色のコートにするか、移動中だけコートを着用して葬儀場に預けておくとよいでしょう。

お通夜の持ち物とは?

葬儀

お通夜で気を付けなければいけないことは、格好だけではありません。
参列者が持参しなければいけない持ち物がいくつかあります。
以下でお通夜の持ち物について解説します。

必要なもの

まずはお通夜で必ず必要になるものです。
以下で挙げる持ち物を忘れると恥をかいたり相手に失礼になったりするので、忘れないようにしましょう。

  • 香典

    香典はお通夜か告別式のどちらかで渡す。お通夜にしか参列しない場合は当然お通夜に渡すが、どちらにも参列する場合でもお通夜に渡すことが多い。

  • 袱紗

    袱紗(ふくさ)とは、香典を包むための布のこと。香典は袱紗に包んで持参することがマナーとされる。

  • 数珠

    仏式のお通夜であれば数珠もあった方がよい。宗派別に作りが違うが、どのような葬儀にも使える略式の数珠もある。

  • ハンカチ

    色は白が基本だが、最近は黒のハンカチも多い。デザインは無地がよいが、多少刺繍があっても構わない。

ハンカチは最悪なくとも構いませんが、それ以外は仏式の葬儀であれば必要です。
ただし、家族葬では香典を断る場合もあります。

あると便利なもの

続いて必ずしも必要なわけではないですが、あると便利なものを紹介します。

  • 天気が悪ければ雨傘、夏であれば日傘などを持参するとよい。弔事用の傘はないが、黒などの地味な色が無難。折りたたみでもよい。

  • 扇子

    扇子を持っていく必要はないが、和装であれば持っていく人もいる。葬儀用の黒扇子も売られている。

  • マフラー・手袋

    冬であればマフラー・手袋などの防寒具が必要。ただし、斎場内では外した方がよい。黒を基調にした地味な色であまり目立たないデザインを選ぶ。

  • 黒ストッキング

    女性は余裕があれば黒ストッキングの予備を持っていくとよい。万が一伝線しても対応できる。

お通夜で必要な持ち物について詳しく知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

こちらも読まれています

お通夜に必要な持ち物は?男女での違いや数珠・香典のマナーも解説!

急に参列する事が決まり、その日のうちに急いで持ち物を用意しなければいけないのがお通夜です。でもいざという時、どこからどう準備して良いかわからないときがあるのではないでしょうか。今回はお通夜における持ち物について詳しく解説していきます。

お通夜にふさわしい格好まとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、お通夜にふさわしい格好について解説しました。
最後に記事の要点をまとめておきます。

  • お通夜にふさわしい男性の服装は準喪服(ブラックスーツ)か略喪服(黒を基調にしたスーツ)である。親族であれば略喪服、一般参列者であれば略喪服か準喪服を選ぶ。
  • 男性は基本的にアクセサリーを外し、靴・ベルトは黒を基調にした地味なものを選ぶ。
  • お通夜にふさわしい女性の服装は準喪服(ブラックフォーマル)か略喪服(黒を基調にしたワンピース・アンサンブル・スーツなど)である。スカート丈はひざ下まで隠れるのが理想。親族であれば略喪服、一般参列者であれば略喪服か準喪服を選ぶ。
  • 女性はネックレスやイヤリング以外のアクセサリーは外す。靴はややヒールのあるパンプス、バッグは黒で布製が無難。黒のストッキングを着用する。
  • 子供や学生は学校の制服を着用する。制服がなければ地味な私服で構わない。大学生は大人のマナーに準ずる。
  • 急な訃報の場合、一般参列者は平服(略喪服)でも構わない。急な訃報で余裕がなかったことを遺族側に一言伝えておくとよい。
  • お通夜に参列する場合は、香典、袱紗、数珠、ハンカチなどが必ず必要である。

最近は家族葬が多くなっており、お通夜はもちろん、告別式も親族のみで行うというケースが増えています。
とはいえ、訃報は突然やってくることもあるので、いつお通夜や告別式に参列してもきちんと振る舞えるように日頃から準備しておきましょう。

終活ねっとでは、他にもお通夜や葬儀に関する記事を多数掲載しています。
そちらもぜひご覧ください。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

お通夜に数珠は必要?男性・女性の違いや忘れた場合の対処法も解説!

多くの人は、数珠を日常生活では使わないかと思いますが、お通夜や葬儀に参列する際に数珠は欠かせないものの一つです。今回はお通夜に数珠は必要か解説します。また、男性・女性の使用すべき数珠の違いや、数珠を忘れた場合の対処法も解説します。

シェアする

「通夜・格好」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「通夜・格好」についてさらに知りたい方へ

喪服用のバックはどんなもの?喪服をはじめ持ち物のマナーを解説のサムネイル画像

喪服用のバックはどんなもの?喪服をはじめ持ち物のマナーを解説

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!のサムネイル画像

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?靴やバッグの選び方も紹介しますのサムネイル画像

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?靴やバッグの選び方も紹介します

お通夜でのハンカチはどう選ぶ?お通夜での持ち物も解説します!のサムネイル画像

お通夜でのハンカチはどう選ぶ?お通夜での持ち物も解説します!

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!のサムネイル画像

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!

お通夜でのネクタイは何色を選ぶ?選び方やマナーを解説します!のサムネイル画像

お通夜でのネクタイは何色を選ぶ?選び方やマナーを解説します!

お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!のサムネイル画像

お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話のサムネイル画像

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物までのサムネイル画像

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物まで

お通夜とお葬式に関するマナーを全て解説します!香典や喪服も解説!のサムネイル画像

お通夜とお葬式に関するマナーを全て解説します!香典や喪服も解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「通夜・格好」についてさらに知りたい方へ

喪服用のバックはどんなもの?喪服をはじめ持ち物のマナーを解説のサムネイル画像

喪服用のバックはどんなもの?喪服をはじめ持ち物のマナーを解説

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!のサムネイル画像

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?靴やバッグの選び方も紹介しますのサムネイル画像

女性の喪服にパンツスーツは大丈夫?靴やバッグの選び方も紹介します

お通夜でのハンカチはどう選ぶ?お通夜での持ち物も解説します!のサムネイル画像

お通夜でのハンカチはどう選ぶ?お通夜での持ち物も解説します!

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!のサムネイル画像

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと