お通夜でのハンカチはどう選ぶ?|女性・男性・持ち物・服装

お通夜でのハンカチはどう選ぶ?|女性・男性・持ち物・服装

お通夜に持参することが多いハンカチですが、ハンカチにもマナーがあるのはご存知でしょうか?実は色や模様にも細かい慣習があるのです。今回終活ねっとではお通夜でのハンカチやその他の持ち物について詳しく解説いたします。ぜひ最後までお読みください。

2019-10-11

お通夜のハンカチはどう選んだら良い?

葬儀

訃報の連絡を受けた際、まず最初に行われるのがお通夜です。
ですが、お通夜は決して数多く執り行われるわけではありません。
お通夜に参列する際に何を持参すればよいのか分からない方も多くいらっしゃると思います。

では実際に、様々な種類があるハンカチはどうやって選べばよいのでしょうか。
今回終活ねっとでは、お通夜でのハンカチについて以下の項目を中心に解説いたします。

  • お通夜のハンカチの選び方

  • お通夜の持ち物について

  • お通夜での服装について

  • お通夜と告別式の持ち物は違う?

この記事が、お役に立てれば幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

お通夜のハンカチの選び方

葬儀

涙をぬぐったり、汗を拭いたりなど、お通夜にハンカチはかかせません。
お通夜や告別式で使用するハンカチを持っておくことは大人としてのマナーです。
お通夜などはいつ出席しなければならないか分かりませんので、持っていないという人は購入しておくことをおすすめします。

ハンカチには、喪服と同様に様々なマナーがあります。
以下でお通夜でのハンカチについて解説いたします。

女性の場合

白か黒のハンカチが基本となっています。
もし正座をしなければならない場合、女性は黒いハンカチで膝を隠すというマナーがありますので、黒いハンカチを用意しておくことをおすすめします。

レースや刺繍が入ってても問題ありませんが、できるだけデザインが控えめのものを選ぶようにしましょう。

男性の場合

お通夜に持っていくハンカチは白、もしくは黒色となっています。
少しレースがついている程度のハンカチなら問題ありませんが、極力柄がない無地のものを選びましょう。
カラフルなものや奇抜なものは持ってこないように注意しましょう。
もし無地のハンカチを持っていない場合、コンビニでも無地のハンカチは販売されていますので、購入することをおすすめします。

子供の場合は?

小さな子供の場合でも、ハンカチは持たせた方がいいでしょう。
ハンカチを持たせる時は、同様に白や黒の無地が好ましいです。
派手なものや、キャラクターがデザインされたものはマナー違反に当たるため注意が必要です。

ハンカチは袱紗の代わりになる?

葬儀

このように、ハンカチには模様や色など様々なマナーがあります。
以下では、ハンカチは用意してきたものの、袱紗を忘れてしまった場合について解説いたします。

袱紗(ふくさ)とは

袱紗とは、香典袋を包むためのものです。
香典袋を持参する際には必ず必要になります。
お悔やみごとの場合は、グレーや紺などの寒色系、お祝い事の場合は赤やオレンジを選びましょう。
紫色はどちらの場合にも使うことができるため、おすすめです。

袱紗をハンカチで代用するのはマナー違反?

袱紗をハンカチで代用することは問題ありません。
ですが、ハンカチで代用する場合、白色のハンカチは使えませんので注意しましょう。

お通夜での袱紗については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

お通夜の持ち物について

葬儀

では、ハンカチ以外にお通夜にはどういったものを持参すればよいのでしょうか。
以下では、お通夜での持ち物について解説いたします。

香典

お通夜に参列する際には香典が必要です。
香典袋の表書きには、故人の宗派によって様々なマナーがありますので、注意しましょう。
仏教の場合、御仏前か御霊前と書く場合が多いです。
ですが、浄土真宗の場合は御霊前はマナー違反にあたりますので、注意しましょう。

お札は新札ではなく折り目のついたお札を入れるのがマナーです。
新札しか手元にない場合は、一度半分に折り畳み、折り目を付けて入れることをおすすめします。

香典の表書きについては、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

数珠

数珠の貸し借りはマナー違反とされていますので、自分のものを持っていくようにして下さい。
コンビニでも数珠は売っていますので、もしもの時はコンビニで用意するのも手です。
本式数珠と略式数珠の二種類がありますので、自分に合った数珠を選ぶようにしましょう。

お通夜での数珠については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

お通夜での服装について

葬儀

男性の場合、お通夜に出席する場合はブラックフォーマルやブラックスーツが基本です。
ネクタイやベルト、靴下やシューズなども無地の黒色を選ぶようにしましょう。
シューズは素材や金具の有無によっても向き不向きがあります。

女性の場合も、ブラックフォーマルが基本です。
黒のワンピース・黒のジャケットを選ぶようにしましょう。
アクセサリーは結婚指輪と真珠のアクセサリー以外はマナー違反に当たります。
真珠のアクセサリーも、二連のものは選ばないようにしましょう。
二連のものは「死が重なる」といった意味を持つとされており、お通夜ではマナー違反に当たります。

学生の場合は学生服が基本です。
学生服のない子供の場合は黒や紺などの無地などのシンプルな服装で出席するようにしましょう。

お通夜での服装については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

お通夜と告別式の持ち物は違う?

葬儀

お通夜での服装や持ち物は、次の日に行われる告別式でも同じです。
お通夜、告別式と出席される方は、喪服はそのまま同じでも問題ありません。

黒や白の無地などの冠婚葬祭用のハンカチなどは洗い替えも含め2~3枚は持っておくと良いでしょう。

お通夜のハンカチについてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。
今回終活ねっとでは、お通夜でのハンカチについて解説いたしました。
今回のポイントをまとめると、以下のようになります。

  • お通夜でのハンカチは白色か黒色が好ましい。
    あまり華美なものは選ばず、無地のものを持参する。

  • ハンカチは袱紗の代用として使うことができる。
    白色のハンカチは使わないようにする。

  • ハンカチ以外の持ち物として、香典と数珠が挙げられる。
    香典の表書きは宗教によって違う。

  • 服装は男女ともにブラックフォーマルが基本である。
    他の小物も黒で統一するのが好ましい。
    また、結婚指輪以外に真珠のアクセサリーもつけることができる。

  • お通夜も告別式も持ち物は変わらない。

なにかとマナーの多いお通夜には、服装はもちろんハンカチまで細かいマナーがあります。
この記事が、マナーを守って故人を見送ることができる手助けとなれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

「お通夜・ハンカチ」に関連する記事

  • お通夜に参列する時の服装マナー|親族・参列者・男性・女性のサムネイル画像
    お通夜に参列する時の服装マナー|親族・参列者・男性・女性

    お通夜は告別式と並び、葬儀の中で故人の冥福を祈りお見送りするための場です。このためお通夜の場にはふさわしい服装で臨む必要があります。そして立場によってお通夜に適しているとされる服装はさまざまです。今回はお通夜にふさわしい服装について見ていきましょう。

  • お通夜にふさわしい格好とは?男女別に詳しく解説!のサムネイル画像
    お通夜にふさわしい格好とは?男女別に詳しく解説!

    最近は遺族以外の方のお通夜への参列が当たり前になりましたが、お通夜の参列にふさわしい格好は、告別式と変わらないのでしょうか?今回は、お通夜にふさわしい格好や必要な持ち物を男女別、立場別に詳しく解説します。

  • お通夜はどのような流れで進む?焼香や参列のマナーについても解説!のサムネイル画像
    お通夜はどのような流れで進む?焼香や参列のマナーについても解説!

    大切な方が亡くなった際に行われる葬儀にはお通夜と告別式があります。このうちお通夜には告別式に参列できない場合などに出向くことも多いでしょう。このためお通夜の全体的な流れやマナーを知っておくと、いざというときに便利です。お通夜について、流れを中心に見ていきます。

  • お通夜の手伝いは何をするの?仕事内容や心構えについて解説!のサムネイル画像
    お通夜の手伝いは何をするの?仕事内容や心構えについて解説!

    お通夜のお手伝いを頼まれたとき、どんなことをすればいいのか気になりますよね。地域によっては近隣の方や会社で手伝うこともあります。今回終活ねっとでは、お通夜のお手伝いを頼まれたときの仕事内容や心構えなどについて解説しています。

  • 突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?のサムネイル画像
    突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?

    突如入ってくるお通夜の知らせには、いろいろと準備も必要で慌ててしまいがちですが、いざ参列となると「お通夜ってどうすればいいんだっけ?」や「参列した時のマナーって?」と不安になるものです。そんな時に慌てないよう、今回はお通夜に参列する時のマナーをご紹介します。

  • 告別式の持ち物リスト|香典・数珠・ハンカチ・マナーのサムネイル画像
    告別式の持ち物リスト|香典・数珠・ハンカチ・マナー

    告別式はなんの前触れもなく急に訪れます。そのために、必要な持ち物を日頃から知っておくことは、いざという時にとても役に立ちます。今回の終活ねっとでは、告別式に必要な持ち物リストを紹介していきます。あわせて、持ち物のマナーも紹介しているのでぜひご覧ください。

  • お通夜のネクタイマナー|選び方・色・ネクタイピン・購入場所のサムネイル画像
    お通夜のネクタイマナー|選び方・色・ネクタイピン・購入場所

    お通夜や告別式といった法事には、香典や服装など多くのマナーが存在します。では、ネクタイはどんなマナーがあるのでしょうか。黒以外にも着用してよいのでしょうか。今回終活ねっとでは、お通夜でのネクタイに関して詳しく解説いたします。ぜひお読みください。

  • お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!のサムネイル画像
    お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!

    訃報を受けてお通夜に駆けつけるとき、格好と持ち物が気になります。お葬式ももちろんですが、お通夜での格好も、意外と人から厳しく見られているものです。恥ずかしくない格好で行けるように準備しましょう。

  • お葬式に適したハンカチとは?色や柄や素材、購入場所についても解説のサムネイル画像
    お葬式に適したハンカチとは?色や柄や素材、購入場所についても解説

    葬式にハンカチを持参する方は多いのではないでしょうか。では、あなたはどういった基準で葬式用のハンカチを選んでますか。それとも、普段使いしているものと同じでしょうか。今回は、どんな色や柄のもの選べばいいのか、その素材から購入できる場所まで解説していきます。

  • 何色が正しいの?お葬式に持っていくハンカチのサムネイル画像
    何色が正しいの?お葬式に持っていくハンカチ

    この記事では、お葬式に持っていくハンカチについてまとめています。お葬式に持っていくハンカチを選ぶポイントを押さえて、普段のハンカチとは別に、お葬式のためのハンカチを用意しましょう。

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像 1
    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像 2
    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像 3
    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像 4
    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像 5
    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像 6
    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 終活ねっとでお近くの斎場を探す
終活ねっとで斎場を探す
女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-641-026
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料