葬式の受付係に必要なマナーとは?事前にやることや仕事内容も解説

葬式の受付係に必要なマナーとは?事前にやることや仕事内容も解説

葬式に参列すると式場の入り口に受付があり、受付係は故人の関係者が務めています。もし、あなたが受付を任された場合に、マナーを守り、仕事をこなせるでしょうか。そこで、今回は受付係に必要なマナー、葬式の前にやっておくことや仕事内容についても解説していきます。

最終更新日: 2020年02月19日

葬式の受付係に求められるマナーとは

困った人々

あなたは葬式に参列したことがありますか。
斎場に到着すると、まずは受付に行き、手続きをします。
その受付係の方は、葬儀社のスタッフの方ではなく、故人の関係者が務めています。

自分の知り合いが亡くなって、葬儀の受付係を任されることもあるかもしれません。
その時に、マナー違反するような行動をしてしまうと、自分だけでなく遺族の方たちのイメージも悪くなってしまうこともあります。

そういったことは、ぜひとも避けたいものです。
そこで、今回「終活ねっと」では、葬式の受付に必要とされるマナーについて解説していきます。
その内容と順番としては以下のようになります。

  • 葬式の前に必要なマナーがある?

  • 葬式の受付係に必要なマナーの紹介

  • 葬式の受付係の仕事内容とは

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

受付係に必要なマナーだけでなく、仕事の内容についても解説していきます。
この記事の内容は、葬式の受付を任され困っている方に適したものになっていますので、ぜひ最後までお読みください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

また、「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

葬式前に必要なマナー

葬儀

葬儀の受付を任された方は、一般の参列者よりも早く式場に到着する必要があります。
目安としては式開始1時間前に着くようにしましょう。

では、早く着いて何をすればよいのでしょうか。
受付の方は参列者に葬儀会場やお手洗いの場所を尋ねられることが多いです。
その際に困らないように、あらかじめ式場の構図を覚えておきましょう

また、受付の方は葬式が始まっても仕事をしていることがあります。
そのため、葬儀の前に焼香を済ませてしまうことがあります。
ただ、葬式の途中で斎場スタッフの指示で焼香をすることもあります。

葬式の受付係に必要なマナー

葬儀

受付係に必要なマナーは大きく2つに分けることができます。
それが、服装のマナーと言葉遣いのマナーです。

この段落では、両者を分けて解説していきます。

服装のマナー

葬式での服装というと喪服のイメージが浮かびます。
その中で、葬儀の受付係の方はどのような服装をするのが最適なのでしょうか。

知らずに場違いな服装をするのは避けたいものです。
では、具体的な服装について見ていきましょう。

男性の場合

服装は黒のスーツ、白のワイシャツを着用しましょう。
また光沢のある素材は不適切なので、エナメル素材などの靴はご法度です。

ネクタイは黒色のもので、ポリエステルなど光沢のある素材を避けるのがいいでしょう。
ネクタイピンやアクセサリー等は外して、ゴールドの時計等も身に付けないようにします。
髪はきちんと整えて、長髪の場合は束ねる等してだらしのない格好は控えます。

女性の場合

服装は黒いワンピースか黒いスーツを着用します。
ワンピースでも過度な露出は控えましょう。
靴やバッグ等は男性と同様に、光沢のあるものは避けましょう。

女性が履く靴は黒のパンプスが多いです。
パンプスのヒールは3cm〜5cm程度の高くないものを選ぶのがおすすめです。
受付係は斎場の案内をするために動くことが多いためです。

また、ヒールが高いと華美に見え、参列者からよく見られないのも理由の1つです。
アクセサリーも男性と同様に、外しましょう。
髪型や化粧に関しても、控えめにするのが望ましいです。

挨拶や言葉遣いのマナー

人と会ったときには、挨拶をするのが常識です。
もちろん、受付係の方も参列者に対して挨拶をします。

葬儀の厳粛の場で、普通の挨拶のように明るく笑顔で挨拶をして良いでしょうか。
葬式では、こんにちはのような通常の挨拶は行いません。

挨拶の代わりとして、お忙しい中、お越しいただきありがとうございますといった言葉を掛けましょう。

また、芳名帳への記入などの相手に何かをお願いする際には、言葉の前に「恐れ入りますが」という言葉を付けると、相手に失礼にならないでしょう。
その時々の言葉遣いについては以下の段落で詳しく解説しています。

遣うべき言葉がある一方で使ってはいけない言葉があり、それが忌み言葉です。
これを使用することはマナー違反で相手に失礼になります。
以下の記事では、忌み言葉について紹介しています。
ぜひ、ご覧ください。

葬式の受付係の仕事内容

葬儀

受付係の方はどんな仕事をしているのでしょうか。
特別なスキルやが必要なのでしょうか。

ここでは、どんな仕事をするのか具体的に紹介していきます。

香典を受け取る

受付係の大きな役割の一つに参列者から香典を預かるということがあります。
参列者がお悔やみの言葉を述べながら、香典を渡してきます。

そこで、お礼の言葉を掛けてから、「お預かりします」と述べ、必ず両手で受け取り一礼するようにしましょう。
受付は遺族に代わる立場なので、言葉遣いには気を付けましょう。

ただ、中には香典の受け取りを辞退しているケースもあります。
その場合は、葬儀式場等にも分かりやすい所に「香典辞退」の説明が記載されている張り紙をしておきましょう。

それでも、香典を渡してくる方がいる場合には「大変恐縮ですが、故人の遺志で香典をご辞退しております。
お気持ちだけ有難く頂戴致しますので、どうかそのままお収め下さい。
」と伝えるといいでしょう。

受けとった香典は、葬儀後に会計係に手渡して香典に関わる仕事は終わりになります。

芳名帳への記入を依頼する

葬式に参列して頂いた方には必ずやってもらいたいことがあります。
それが、芳名帳への氏名、住所の記入です。

芳名帳とは、参列者の氏名と住所を書いてもらうものです。
これに基づいて、喪主側はお礼を伝えたり、品物を送ることができます。
また、会社関係の参列者の場合には会社名を記入してもらうようにします。

葬儀の終了後、喪主に芳名帳を手渡して、芳名帳に関わる仕事は終わります。

会葬礼状を渡す

会葬礼状とは、葬儀の参列者にお礼の意味を込めて渡す手紙や品のことです。
忌明けに送る香典返しとは別のものなので注意しましょう。

受付では、参列者全員に会葬礼状を渡します
参列者に芳名帳の記入をしてもらったのちに、記入へのお礼の言葉を述べ、「どうぞ、お受け取りください」などの言葉を添えてお渡しします。

葬儀式場へ誘導する

参列者に会葬礼状を渡した後に、必要であれば参列者を葬儀の会場まで誘導しましょう
式場が小さい場合には、式場の場所を伝え、斎場が大きい場合には案内係がいることもあるので、そちらに任せましょう。

参列者全員の案内までが終わると、受付としての仕事は終わりです。
葬式が始まったとしても、斎場のスタッフの指示があるまではその場にいるようにしましょう。

葬儀の受付を誰に任せればいいのか分からない方は以下の「終活ねっと」の記事を見ると参考になります。
ぜひ、ご覧ください。

葬式の受付に求められるマナーまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
今回「終活ねっと」では葬式の受付係に求められるマナーについて解説してきました。
その内容をまとめると以下のようになります。

  • 受付係は葬儀開始の1時間前に式場に着き、式場の構図を覚えたり、焼香を済ませる。

  • 受付係の服装のマナーとしては、男性は黒のスーツに白のワイシャツで黒の光沢のない靴、女性は黒のワンピースかスーツを身に付け、黒のパンプスを身に付ける。

  • 受付係の言葉遣いのマナーとしては、参列者に対し「お忙しい中、お越しいただきありがとうございます」、相手にお願いするときは、「恐れ入りますが」などと付け加え、忌み言葉は使わないようにする。

  • 受付係の仕事としては、参列者から香典を受けとり、芳名帳への氏名や住所の記入を依頼する。
    記入後、会葬礼状を手渡し会場の場所を案内する。

葬儀の参列者としての経験があり、ある程度のマナーを知っている方でも受付係のマナーまで知っていた方はかなり少ないのではないでしょうか。
ただ、そのマナーや仕事内容を確認すると責任のあるものですが、そこまで難しい仕事ではありません。

喪主の方はやらなくてはいけない仕事に追われています。
もし、受付を依頼されたならば断わらずに、快く引き受けるのがいいでしょう。
この記事を読んで少しでも、受付係の知識が身についたならば幸いです。

「終活ねっと」では、他にも多数の記事を掲載しております。
また、下記の記事では葬儀の費用や内訳、安くする方法について解説しています。
ぜひこちらの記事もご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事