大安の日にお葬式をできるの?通夜・葬儀の日取りマナーをご紹介

大安の日にお葬式をできるの?通夜・葬儀の日取りマナーをご紹介

吉日とされ、お祝い事には重宝される大安ですが、お葬式を執り行う日としてはどうなのでしょうか?ここでは、大安の日にお葬式をやってもいいか、葬儀の日取りについて紹介していきます。また、友引や仏滅などの六曜と葬儀の日にちの関係についても詳しく紹介します。

最終更新日: 2020年12月17日

大安のお葬式について

葬儀

六曜のひとつで、一般的に吉日とされ万事に良いとされる「大安」ですがお葬式を行なってもいいのでしょうか?
また、お葬式をやってはいけない日があるのでしょうか?

今回「終活ねっと」では、大安の日のお葬式について以下の項目を中心に紹介していきたいと思います。

  • 六曜とは

  • 大安にお葬式を行ってもいい?

  • お葬式を行ってはダメな日はある?

  • お通夜もお葬式と同じ扱いなの?

  • 大安の日のお葬式のまとめ

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

大安の日のお葬式以外にも、六曜で避けるべきお葬式の日程や葬儀の六曜について詳しく紹介しております。

お葬式は突然やってくるものなので、事前に知識を得ておくことが重要になります。
ここでは、もしものときのために役立つ情報をたくさん紹介しておりますので、ぜひ最後までご覧ください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place DMMのお葬式でお近くの斎場を探す
エリアを選択してください

大安とは?中国の暦「六曜」について

葬儀

結婚式などのお祝いごとの日取りを決める時に活躍するのが、カレンダーなどに記載されている「六曜」と呼ばれる暦です。
「六曜」は、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の六種類があり、中国で生まれた考えです。

ここでは、意外と知られていない六曜について紹介します。

  • 先勝(せんしょう)

    先勝には「先んずれば即ち勝つ」という意味が込められており、何事にも急ぐことが良いとされています。
    時間帯としては、「午前中は吉で、午後二時より六時までは凶」となっています。
    読み方としては一般的に「せんしょう」や「せんかち」です。「さきがち」「さきかち」と読まれることもあります。

  • 友引(ともびき)

    友引の元々は、「勝負事では引き分けになる日」という意味です。
    「共引」と記されていましたが、陰陽道に事を行うと、友に災いが及ぶ「友引日」というのがあり、それが六曜の「友引」と混同されて現在の、凶事に友を引き込むという考え方になったようです。
    時間帯としては「朝は吉で昼は凶、夕は大吉」となっています。

  • 先負(せんぶ)

    先負は「先んずれば即ち負ける」の意味が込められていて、全てにおいて平静で過ごしましょう、ということです。
    先勝の反対です。
    時間帯としては「午前中は凶で、午後は吉」となっています。
    読み方は、「せんぶ」や「せんぷ」です。「せんまけ」や「さきまけ」と読む事もあります。

  • 仏滅(ぶつめつ)

    仏滅は「仏も滅するような大凶日」という意味が込められています。
    皆さんよくご存じのように六曜の中で最もよくない日で、何事においても行動を控え、病気になったら長引くとまで言われています。
    ただ、「物滅」と書くことで、物事が一旦滅びて、新たに始まるという解釈もあり、何か新しい事を始めるのには、大安よりも良い、という考えもあるようです。

  • 大安(たいあん)

    大安は、「大いに安し」の意味が込められています。
    六曜の中で非常に良い日とされていて、結婚式は大安を選ぶことが多く、結婚式以外でも、車の納車日や登録日も大安が選ばれることが多いです。
    また、建築関係では建前や引き渡しも大安に行われることが多いです。
    読み方としては一般的に「たいあん」ですが、「だいあん」と読む事もあるようです。

  • 赤口(しゃっこう)

    赤口は、6匹の鬼を牛耳っている赤舌神が由来になった日です。
    鬼が彷徨い歩く日なので縁起の悪い日だと言われています。
    しかし、鬼たちが休憩に入る正午だけは吉日だと言われています。
    時間は、11時から午後の1時までが吉であると言われています。
    読み方は「しゃっこう」や「しゃっく」です。「じゃっく」や「じゃっこう」「せきぐち」などと読む事もあります。

以上、六つが六曜の種類です。
それぞれの違いがお分かりいただけたでしょうか。

大安はお葬式を行ってもよい日?

困った人々

大安のお葬式は問題ない

縁起が良いとされる大安にお葬式を行うのはマナー違反なのでしょうか。
人とのお別れは突然にやって来るものです。
結婚式のように予定を組めないのがお葬式などの不祝儀ですね。

全ての事をするのに大変いい日である、という意味の四字熟語が「大安吉日」ですが、結論から申し上げますと、お葬式は大安に行ってもマナー違反ではありません

基本的に不祝儀に関しては、お祝いごとに比べるとお日柄にこだわる事は少ないのです。

なぜ大安はマナー違反だと言われるのか

多くの人は大安はおめでたい日だという認識があります。
そのような日にお葬式を行うのはあまりにも不謹慎であると考える人がいるのです。

大安にお葬式を行うにあたっての注意

六曜は本来仏教に何の関係もなく、大安は何をするのにもよい日であるため、大安にお葬式をやることは全く問題ありません。

ですが、参列者の中にはそれを知らずにおめでたい日にお葬式をやるのは非常識だと考えてしまう人がいる可能性があるのも事実です。

そのような人たちにいちいち大安にお葬式を行うことは問題ないのだと説明して回るのも面倒です。
これを避けるために大安にお葬式を避ける人も一部いるようです。

お葬式をやってはダメな日は?

葬儀

それでは、お葬式をやってはいけない日はないのでしょうか。
ここでは縁起が悪い六曜においてお葬式をやってもよいのかについて解説していきます。

仏滅はOK!

六曜の中で最も縁起が悪いとされる仏滅ですが、仏事は大丈夫のようです。
仏滅は、その縁起の悪いイメージから結婚式を避ける傾向にあり、結婚式場では仏滅の割引を行っているところもあるようです。

しかし、先ほども言いましたが、不祝儀に関してはお日柄のこだわりが少ないため大丈夫なのでしょうね。

友引はNG!

唯一の例外が友引です。
友引は友を引くと書き、友が道連れになるという考えから友引の日にお葬式は行いません

この理由から友引の日には火葬場が休業していることが多く、友引の日にお葬式を行いたくても物理的にできない可能性が高いのです。
多くの火葬場では、この休みを職員の休日や機械のメンテナンスに充てているようです。

しかし、もともと六曜は仏教とは関係がないので、浄土真宗などは、日の吉凶を選ぶことを良くないとしているため友引でも葬式を行っているようです。

また、最近は友引が休業の火葬場を減らしていく考えの自治体も増えているので、今後この状況が変わってくるかもしれません。

「終活ねっと」の以下の記事では葬儀場がどの時期に混雑しているかについて解説しています。
興味がある方はぜひ読んでみてください。

お通夜もお葬式と同様?

葬儀

ここまで、お葬式の日に六曜がどう影響しているのかについて解説してきました。
では、お通夜の場合はどうなのでしょうか。

大安はもちろん大丈夫!

お通夜が大安になってしまっても問題はありません
元々大安は何事を行ってもよい日とされている事から、お通夜もお葬式も大丈夫なのですね。

しかし、先ほども説明した通り友引の日に火葬場が空いていない場合が多いので、友引の前日に通夜を行うことを避けたほうがいいかもしれません

友引も大丈夫!

火葬を行うお葬式の日には友引は避けられていますが、お通夜が友引になることは問題ないようです。

ただし、友引の日にお葬式を行うことを避けた場合、友引の日にお通夜をして翌日にお葬式をする人が多くなります。
このような理由で友引の翌日に火葬場が混雑することを友引明けといいます。

お葬式の日程は火葬場の予約日程を基準として決めることが多いので、友引の翌日は特に空き状況に注意が必要です。

「終活ねっと」の以下の記事では、葬儀の日程の決め方について紹介しています。
ぜひあわせてご覧ください。

大安はお葬式をやってはダメな日?まとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。
今回「終活ねっと」では、大安の日のお葬式について以下の通り解説してきました。

  • 六曜は中国の暦であり、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の六種類がある。

  • 大安は万事において縁起が良いとされ、お葬式を行なっても問題はない。

  • 六曜と仏教は関係がないが、友が道連れになるという言い伝えから友引の日にはお葬式をやらないことも多い。

  • 友引の日のお葬式は避けることから、火葬場の休業日が友引なことが多い。

  • 通夜も同様に、大安の日に葬儀を行なっても問題はない。
    通夜では友引の日も行ってもよい。

結論は、大安でも何の問題もなくお葬式を執り行えるという事がお分かりいただけたと思います。
一方で、友引の日に葬儀を行うことは避ける場合が多いことがわかりました。

もし、突然の葬儀が訪れても慌てずに対応し、故人を見送っていただきたいです。
この記事が、お困りの方の助けになれば幸いです。
最後までご覧いただきありがとうございました。

「終活ねっと」では、この他にも葬儀に関する記事を多数紹介しております。
以下の記事では、葬儀の費用について内訳や安く抑える方法と合わせて紹介しておりますのでぜひあわせてご覧ください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place DMMのお葬式で斎場を探す
DMMのお葬式で斎場を探す