お通夜での遺族側の作法は?通夜の流れや喪主側の服装についても解説

お通夜での遺族側の作法をご存知ですか?お通夜は突然やってきます。悲しみの中でやらなければいけないことが多くあるので、悩まれる方が多いと思います。今回はお通夜での遺族側の作法について、お通夜の流れや喪主側の服装についても解説します。

目次

  1. お通夜での遺族側の作法について
  2. お通夜の前に遺族がやるべきこと
  3. お通夜の流れ
  4. お通夜当日の遺族側の服装について
  5. お通夜での喪主挨拶について
  6. お通夜後の通夜振る舞いについて
  7. お通夜での遺族側の作法についてのまとめ

お通夜での遺族側の作法について

葬儀

お通夜や葬儀に参列した経験がある方は、参列者側のマナーをご存知の方は多いと思います。
それではお通夜でのご遺族側の作法についてはどうでしょうか?

今回終活ねっとでは、お通夜での遺族側の作法について、下記の点を中心に解説します。

  • お通夜の前に遺族がやるべきことについて
  • お通夜の流れについて
  • お通夜当日の遺族側の服装について
  • お通夜での喪主挨拶について
  • お通夜後の通夜振る舞いについて

お通夜は突然やってくるもので、悲しみの中でやらなければいけないことが多く、戸惑われることと思います。
しかし、事前にお通夜でのご遺族側の流れを知っていることで、慌てず対応することができるかもしれません。

この記事ではお通夜での遺族側の作法について詳しく解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

お通夜の前に遺族がやるべきこと

葬儀

お通夜の前に遺族がやるべきことには、どんなことがあるのでしょうか?

ご臨終からお通夜までの間にご遺族がやるべきことは多く、ご臨終の確認後にご遺体のお迎えやご遺体の安置、葬儀社との打ち合わせや納棺などがあります。
また、ご臨終後には訃報の連絡を行い、葬儀社との打ち合わせではお通夜の日程を決める・供物や供花の順番を確認する必要もあります。

ここでは、お通夜の前に遺族がやるべきこととして、訃報の連絡・お通夜の日程を決める・供物や供花の順番を確認することについて見ていきましょう。

訃報の連絡をする

訃報とは、誰かが亡くなったというお知らせのことをいいます。
訃報の連絡のタイミングとしては、親族など故人と生前親しかった関係の人には、取り急ぎ訃報を伝えて、お通夜や葬儀の日程が分かり次第別途連絡します。
それ以外の人には、お通夜や葬儀の日程が決まってから、日程とあわせて連絡するのが一般的です。

お通夜の日程を決める

葬儀社と相談してお通夜の日程を決めましょう。
お通夜の日程に関する明確なルールはありませんが、ご臨終の翌日の夕方にお通夜を行うことが多いようです。

お通夜の日程を決める時に気を付けるポイントとしては、お通夜の翌日に葬儀・告別式~火葬が行われることが多いという点です。

お通夜の日程を決めるときは、翌日の火葬場の空き状況を確認するようにしましょう。
また、六曜の友引に葬儀を行うことは「弔事に友を引く」と考えて避ける方も多いので、お通夜の翌日が友引かどうかを確認しましょう。

供物・供花の順番を確認する

供物・供花には並べる順番が決まっています。
並べる順番は近親者などの血縁関係が深い順から並べて、友人・知人から仕事関係の順で付き合いの度合によって並べます。

ただし、供物・供花の並べ方は地域によっても異なりますので、葬儀社の担当者に相談されるといいでしょう。

お通夜の流れ

葬儀

先程は、お通夜の前に遺族がやるべきことについてお話してきました。
続いては、お通夜の流れについてご紹介します。

お通夜の流れは以下の通りです

  • 受付

    受付はお通夜開始の30分前を目安にします。
    受付では芳名帳への記入をしていただき、香典を受け取ります。
    ご遺族や親族は準備で慌ただしいので、親しい友人や知人に受付を頼みましょう。

  • 読経、法話

    僧侶が読経・焼香を行いますので、続いて喪主→家族→親族→一般参列者の順で焼香を行います。
    焼香の後は、僧侶から故人を悼んでの法話があります。

  • 喪主挨拶

    喪主が故人に代わって挨拶・謝辞をします。

  • 通夜振る舞い

    通夜振る舞い(つやぶるまい)とは、お通夜後に振る舞われる食事になります。

お通夜の流れは以上になります。

お通夜当日の遺族側の服装について

葬儀

お通夜や葬儀に参列する時の服装のマナーは多くの方が悩まれるポイントではないでしょうか。
ここではお通夜当日の遺族側の服装について男性・女性別に解説します。

男性

お通夜での服装は喪服が基本ですが、喪服も格式によって3つ(正喪服・準喪服・略喪服)の種類があります。
葬儀での遺族側の服装であれば正喪服の着用になりますが、お通夜では正喪服・準喪服どちらでも問題ありません。

お通夜当日の遺族側の男性の服装は以下の通りです。

  • 男性の正喪服

    正喪服は和装かモーニングコートになります。
    和装の場合は、紋付羽織袴で羽織は羽二重で五つ紋(両腕・両胸・背中)になります。
    モーニングコートはネクタイ・ベスト・靴下は黒色のもので統一します。

  • 男性の準喪服

    一般の喪服は準喪服のことをいいます。
    準喪服はブラックスーツで白の無地のシャツに黒のネクタイ、ベルトや靴も黒色で光沢のないものを選びます。

女性

女性の場合も喪主側の服装は正喪服・準喪服になります。

お通夜当日の遺族側の女性の服装は以下の通りです

  • 女性の正喪服

    正喪服は和装かブラックフォーマルになります。
    和装の場合は、染め抜き五つ紋の黒色で無地の着物になります。
    ブラックフォーマルは、ワインピースやアンサンブルになります。

  • 女性の準喪服

    女性の場合は準喪服でもワンピースやアンサンブルなどのブラックフォーマルを着用します。
    ストッキングは柄が無い黒色で、靴もヒールの高すぎない黒色を選びましょう。
    スカート丈や袖丈は短いものを避けて、極力肌が露出しないものを選びましょう。

お通夜での喪主挨拶について

葬儀

お通夜では、通夜振る舞いの前やお通夜の終了後に喪主挨拶があります。
喪主挨拶ではどのような内容を伝えたらいいのでしょうか?

喪主挨拶で伝える内容は以下の通りです。

  • 自己紹介(故人との関係性)
  • 弔問のお礼(参列者への感謝)
  • 故人の生前へのお礼(生前のご厚意に関するお礼)
  • 故人のエピソード(故人の人柄が分かるようなエピソード)
  • 今後のこと(葬儀・告別式の日程や家族へのお願いなど)

喪主挨拶で伝える内容は以上のようになります。

下記の記事では、葬儀における遺族の挨拶の例文について、場面ごとの例文や挨拶周りをご紹介しています。
ぜひ、あわせてご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀における遺族の挨拶の例文って?場面ごとの例文や挨拶周りまで!

葬儀では色々なシーンがあります。ご遺族としてどのように挨拶すればよいのかわからなくなってしまうこともあると思います。今回終活ねっとでは、葬儀においてのご遺族としての挨拶の例文や、挨拶周りの時のマナー等についてまとめていきます。

お通夜後の通夜振る舞いについて

困った人々

お通夜後には、通夜振る舞いと呼ばれる食事が振る舞われることがあります。
この食事は火葬後や四十九日の法要後に振る舞われる精進落としとは異なります。

それでは、お通夜後の通夜振る舞いについて見ていきましょう。

通夜振る舞いとは

通夜振る舞いとは、お通夜後に振る舞われる食事のことです。
通夜振る舞いには故人の供養とお清め、参列していただいた弔問客をもてなす意味があります。

通夜振る舞いは、故人を偲んで思い出話をしながら料理を食べたりお酒を飲んだりする場ですが、料理は軽く口にする程度で長居をしないのが一般的です。

どんな料理を用意するのか

通夜振る舞いにはどんな料理を用意したらいいのでしょうか?

先述しましたが、通夜振る舞いは料理は軽く口にする程度で長居する場ではありません。
そのため、料理を参列者分を個別に用意する必要はありません。
参列者の人数の2分の1~3分の2程度の量が目安といわれています。

用意する料理としてはオードブルなどの大皿料理が中心で、サンドイッチや和食や中華などが用意されます。
金額相場としては、1人あたり2,000円~4,000円を目安にするといいでしょう。

お通夜での遺族側の作法についてのまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?

今回終活ねっとでは、お通夜での遺族側の作法について解説してきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • お通夜の前に遺族がやるべきことについては、訃報の連絡・お通夜の日程を決める・供物や供花の順番を確認するなどがあります。
    近親者や親しい人たちへは取り急ぎ訃報の連絡をして、その他の人への連絡はお通夜や葬儀の日程が決まってから連絡します。
  • お通夜の日程については、翌日以降に執り行う葬儀の日の六曜や火葬場の定休日を考慮して決めるようにしましょう。
    供物や供花の順番は決まっているので、分からない場合は葬儀社へ相談しましょう。
  • お通夜の流れについては、①受付②読経、法話③喪主挨拶④通夜振る舞いの流れになります。
    読経の後には、僧侶→喪主→家族→親族→一般参列者の順で焼香が行われます。
  • お通夜当日の遺族側の服装については、喪服(正喪服・準喪服)になります。
    男性の正喪服は和装・モーニングコートで、準喪服はブラックスーツになります。
    女性の正喪服は和装・ブラックフォーマルで、準喪服はブラックフォーマルになります。
  • お通夜での喪主挨拶については、自己紹介・弔問のお礼・故人の生前へのお礼・故人のエピソード・今後のことなどを話しましょう。
  • お通夜後の通夜振る舞いについてはお通夜後に振る舞われる食事のことで、故人の供養とお清め、弔問客への感謝の気持ちが込められています。
    通夜振る舞いの料理は、軽く口にできるような料理を大皿で用意することが多いです。

以上の内容について解説してきました。

一般の弔問客としてお通夜や葬儀に参列した経験をお持ちの方は多いと思いますが、お通夜や葬儀を執り行う遺族側としての経験をお持ちの方は少ないかもしれません。
故人を大切に思い、故人を偲んで弔問に訪れる方に失礼のないように、遺族側の作法を確認しておくことも大切だと思います。

終活ねっとでは、この他にも葬儀に関する記事を多数記載しています。
ぜひ、あわせてご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

シェアする

「通夜・遺族」に関連する記事

  • お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!のサムネイル画像

    お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!

    お通夜は告別式と並び、葬儀の中で故人の冥福を祈りお見送りするための場です。このためお通夜の場にはふさわしい服装で臨む必要があります。そして立場によってお通夜に適しているとされる服装はさまざまです。今回はお通夜にふさわしい服装について見ていきましょう。

  • お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!のサムネイル画像

    お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!

    大切な方が亡くなった際に行われる葬儀にはお通夜と告別式があります。このうちお通夜には告別式に参列できない場合などに出向くことも多いでしょう。このためお通夜の全体的な流れやマナーを知っておくと、いざというときに便利です。お通夜について、流れを中心に見ていきます。

  • お通夜に焼香のみ参加しても良いの?訪問する時間や焼香の作法も解説のサムネイル画像

    お通夜に焼香のみ参加しても良いの?訪問する時間や焼香の作法も解説

    何かと忙しい現代人の中には仕事などを理由に葬儀に参列できないこともあります。中にはお通夜で焼香のみで帰ろうと考える方もいるでしょう。たしかに最低限焼香のみやっておけば故人に弔意を示すことになるように見えますが、はたしてお通夜で焼香のみ参加は良いのでしょうか。

  • 突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?のサムネイル画像

    突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?

    突如入ってくるお通夜の知らせには、いろいろと準備も必要で慌ててしまいがちですが、いざ参列となると「お通夜ってどうすればいいんだっけ?」や「参列した時のマナーって?」と不安になるものです。そんな時に慌てないよう、今回はお通夜に参列する時のマナーをご紹介します。

  • お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!のサムネイル画像

    お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!

    訃報を受けてお通夜に駆けつけるとき、格好と持ち物が気になります。お葬式ももちろんですが、お通夜での格好も、意外と人から厳しく見られているものです。恥ずかしくない格好で行けるように準備しましょう。

  • お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話のサムネイル画像

    お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話

    喪服といっても格の違いや和装・洋装の違いなどがあります。お通夜に喪服を着ても大丈夫なのか、そもそも喪服とはいったいどのような物を指すのかなど、お通夜と喪服に関する様々な事柄についてご紹介します。

  • 葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物までのサムネイル画像

    葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物まで

    葬儀の際には、どんな服装でいくのが正式なのか、はっきりと答えられますか?そこで、いまさら聞けない葬儀に着ていく服装について調べてみました。親族や身内、知り合い、会社関係など立場によっても変わってくる服装のことをしっかりと確認しときましょう。

  • 葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説のサムネイル画像

    葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説

    葬儀は故人の一生の最後の大切な儀式です。 故人は勿論、参列者にも失礼のないよう振る舞わなければなりません。 でも聞き慣れない言葉や慣習もあり、葬儀の流れは分かり難いことが多く、心配になりますね。 葬儀はどんな儀式か、段取りや注意点など納骨までの流れを解説します。

  • お通夜とお葬式に関するマナーを全て解説します!香典や喪服も解説!のサムネイル画像

    お通夜とお葬式に関するマナーを全て解説します!香典や喪服も解説!

    お通夜やお葬式というものは、厳粛な場ですしマナーを知らないと恥ずかしい思いをしてしまいますよね。人に聞きにくい話題ですので、マナーを知らないままになっている方もいるのではありませんか?そこでお通夜とお葬式に関するマナーを解説しますので、ぜひ参考にしてください。

  • 家族葬のお通夜は行うべき?参列すべき?お通夜の流れも解説します!のサムネイル画像

    家族葬のお通夜は行うべき?参列すべき?お通夜の流れも解説します!

    近年では、親族とごく親しい知人のみで済ませる家族葬も増えてきました。お通夜も時代に合わせた形式となっていますが、初めての方は対応に困る事が多いです。今回の記事では、家族葬のお通夜について、開くべきか参列すべきか、そして実際の流れに至ついても要点をまとめました。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、何にどのくらいの費用がかかるのかご存知でしょうか。今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用の相場や内訳、費用を安く抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「通夜・遺族」についてさらに知りたい方へ

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!のサムネイル画像

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!のサムネイル画像

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!

お通夜に焼香のみ参加しても良いの?訪問する時間や焼香の作法も解説のサムネイル画像

お通夜に焼香のみ参加しても良いの?訪問する時間や焼香の作法も解説

突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?のサムネイル画像

突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?

お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!のサムネイル画像

お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話のサムネイル画像

お通夜に着ても大丈夫? 喪服とマナーのお話

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物までのサムネイル画像

葬儀の服装マナーを男女別・会葬者別に解説!外国の服装や持ち物まで

葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説のサムネイル画像

葬儀の流れとは?日時の決め方や宗派別の違いから葬儀マナーまで解説

お通夜とお葬式に関するマナーを全て解説します!香典や喪服も解説!のサムネイル画像

お通夜とお葬式に関するマナーを全て解説します!香典や喪服も解説!

家族葬のお通夜は行うべき?参列すべき?お通夜の流れも解説します!のサムネイル画像

家族葬のお通夜は行うべき?参列すべき?お通夜の流れも解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「通夜・遺族」についてさらに知りたい方へ

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!のサムネイル画像

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!のサムネイル画像

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!

お通夜に焼香のみ参加しても良いの?訪問する時間や焼香の作法も解説のサムネイル画像

お通夜に焼香のみ参加しても良いの?訪問する時間や焼香の作法も解説

突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?のサムネイル画像

突然の知らせで慌てない!お通夜への参列マナー、あなたは大丈夫?

お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!のサムネイル画像

お通夜の格好はスーツじゃだめ?男女別に紹介します!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと