家族が亡くなったら、一体どういう事をするのでしょうか?

家族が亡くなったら、非常に多くの手続きが必要になります。実際に自分がそれらを行う立場になった場合に慌てない為に、少しでも早く、それらについて知っておく事が必要です。当記事では、家族が亡くなったら行うべき手続きについて紹介します。

目次

  1. 家族が亡くなったら、やる事は膨大
  2. 家族が亡くなったら、葬儀の手続き
  3. 会社へ休みの手続き
  4. 家族の死亡届
  5. 家族の遺産相続の手続き
  6. 家族が亡くなったら行う、その他の手続き
  7. おわりに

家族が亡くなったら、やる事は膨大

家族が亡くなったら、非常に多くの手続きや作業が伴います。
それは、葬儀だけにとどまりません。
例えば、死亡届や年金受給停止の手続き、遺産相続等々が挙げられ、これらにいきなり対応していくのは、なかなか難しいものです。
そこで、本記事では、家族が亡くなったら行うべき手続きについてまとめます。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

終活ねっとのお葬式ではご希望・状況にあわせて、低価格葬儀から豪華葬儀までわかりやすいセットプランをご用意しております。追加費用がかかる場合は、丁寧に詳細を説明させていただきます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

家族が亡くなったら、葬儀の手続き

家族が亡くなったら、葬儀屋の手配を行うのですが、その前に、あらかじめ話し合い等を経て喪主を決めておきます。
優先順位は故人の配偶者が最優先で、配偶者がいない場合には、故人の子供や同居の者が行います。
子供が行う場合は、生まれが早い者が行うのが一般的です。
ただし、これらは厳格な決まりでは無い為、故人の遺志等によって決め方が変わってくる場合も有ります。
その後に葬儀屋を手配します。
病院から葬儀屋を紹介される事も有りますが、それらが必ずしも最善の業者であるとは限りません。
それこそ、紹介手数料と合わさって葬儀の料金が割高となってしまう事も少なくないのです。
その為、なるべく早い段階で自分達で情報を集め、どのような葬儀屋が良いのか、あらかじめ目星をつけておく必要が有ります。

会社へ休みの手続き

家族が亡くなったら、葬儀を行うのにあたり、会社を休む必要が出てくる為、なるべく早期に会社に連絡をします。
連絡の手段はメールと電話等が有りますが、通常は電話を掛けるのが一般的です。
休みの形式は、忌引きや慶弔休暇となりますが、慶弔休暇に関してはあらかじめ就業規則を確認しておく必要が有ります。
会社が慶弔休暇の制度を取るかどうかは任意で有るからです。
休暇の日数は配偶者が10日、両親が7日、京大や祖父母が2日間程となりますが、具体的にどのぐらいの日数を休むかは、最終的には会社との相談で決めていくようにします。

家族の死亡届

家族が亡くなったら7日以内に役所に提出する必要が有る書類です。
その記入には死亡診断書が必要になりますが、これは主治医から発行してもらいます。
主治医がおらず、他の医者をあたっても死因が分からない場合には警察に連絡する必要が有り、この場合は警察による調査が終わってから発行されます。
死亡届を出すと、死体火葬許可証が発行されます。
これが、火葬の際に必要になるので、これが発行された後に葬儀を行います。
また、これは家族を埋葬する際にも必要になりますので、無くさないようにしっかりとっておきましょう。

家族の遺産相続の手続き

家族が亡くなったら、故人がもっていた財産、いわゆる遺産相続に関する手続きが必要になります。
これは、なるべく早期に行わないと、口座が凍結してしまったり、もっている資産の価値が無くなってしまうおそれが有ります。
また、故人が借金をしていた場合には、時間が経つだけ金利が膨れ上がってしまう為、やはり同様に早期の手続きが必要になります。
故人の遺産が全面的にプラスの者である場合には単純相続を行い、マイナスの要素が遺産に含まれている場合には、限定相続や相続放棄を行います。
ただ、これら2つの手続きは故人が亡くなってから3か月以内に行わなければいけません。
遺産相続に関しては諸々のものに期間が設けられている為、それらの打合せについては、親族一同が集まる機会である葬儀の直後に行うのが一般的です。

家族が亡くなったら行う、その他の手続き

前述のもの以外にも、家族が亡くなったら行うべき手続きが有ります。
以下に例を挙げていきます。

家族の年金関係の手続き

年金を受けている家族が亡くなったら、年金を受ける権利が亡くなる為、早期に手続きをしなければなりません。
この場合は、年金受給権者死亡届を日本年金機構にまで提出しなければなりません。
ただ、平成23年7月以降に日本年金機構に住民票コードを登録していれば、この手続きは省略、つまり、やる必要がなくなります。
また、一定の条件を満たすと見支給年金や遺族年金等を受けられる為、それらの諸条件の確認を早期に行うようにしましょう。

住民票の末梢届

家族が亡くなったら、その14日以内に提出する必要のある届け出です。
これにより、住民票から個人が抹消されます。

おわりに

以上、家族が亡くなったら行う手続きについてまとめていきました。
非常にやる事が膨大で、プレッシャーも伴いますが、その際に当記事が少しでも役に立てばと思います。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

シェアする

「家族・亡くなったら」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像

    葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「家族・亡くなったら」についてさらに知りたい方へ

葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!のサムネイル画像

葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!

お葬式のやり方とは?葬儀社・喪主の決め方、種類とともに解説!のサムネイル画像

お葬式のやり方とは?葬儀社・喪主の決め方、種類とともに解説!

身内が亡くなったらどうする?すべき対応や手続きについて解説!のサムネイル画像

身内が亡くなったらどうする?すべき対応や手続きについて解説!

葬式の準備とは何か?葬儀までの手順や事後に準備をすることも紹介のサムネイル画像

葬式の準備とは何か?葬儀までの手順や事後に準備をすることも紹介

死亡時の手続きとは?相続や年金・保険に関する手続きまで解説!のサムネイル画像

死亡時の手続きとは?相続や年金・保険に関する手続きまで解説!

葬儀の手続きの流れは?葬儀の費用相場や生活保護受給者の場合も解説のサムネイル画像

葬儀の手続きの流れは?葬儀の費用相場や生活保護受給者の場合も解説

葬儀が終わったら行う手続きをご紹介!費用支払いのタイミングも解説のサムネイル画像

葬儀が終わったら行う手続きをご紹介!費用支払いのタイミングも解説

逝去から葬儀までかかる日数は?葬儀までの流れや忌引の日数も解説のサムネイル画像

逝去から葬儀までかかる日数は?葬儀までの流れや忌引の日数も解説

葬儀終了後にするお礼や手続きを解説!挨拶回りのマナーや例文も紹介のサムネイル画像

葬儀終了後にするお礼や手続きを解説!挨拶回りのマナーや例文も紹介

葬儀後に早急にすべき諸手続きとは?給付金や解約などの手続きを紹介のサムネイル画像

葬儀後に早急にすべき諸手続きとは?給付金や解約などの手続きを紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!のサムネイル画像

葬儀にかかる費用はいくら?内訳や費用を安く抑える方法も解説!

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「家族・亡くなったら」についてさらに知りたい方へ

葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!のサムネイル画像

葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!

お葬式のやり方とは?葬儀社・喪主の決め方、種類とともに解説!のサムネイル画像

お葬式のやり方とは?葬儀社・喪主の決め方、種類とともに解説!

身内が亡くなったらどうする?すべき対応や手続きについて解説!のサムネイル画像

身内が亡くなったらどうする?すべき対応や手続きについて解説!

葬式の準備とは何か?葬儀までの手順や事後に準備をすることも紹介のサムネイル画像

葬式の準備とは何か?葬儀までの手順や事後に準備をすることも紹介

死亡時の手続きとは?相続や年金・保険に関する手続きまで解説!のサムネイル画像

死亡時の手続きとは?相続や年金・保険に関する手続きまで解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと

女性オペレーターの画像

事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引

call 0120-403-556
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料
事前相談・資料請求で葬儀費用が5000円割引