お通夜の意味ってなに?お通夜ですることについても解説!

訃報を受けて駆けつけるお通夜。お通夜という言葉は聞いたものはあるものの、喪主や参列の経験がない方は、なぜお通夜を行なうのかご存じない場合があります。今回終活ねっとでは、お通夜の意味について解説をしていきます。お通夜を行なう意味を覚えておきましょう。

目次

  1. お通夜の意味ってなに?
  2. お通夜の意味について
  3. お通夜ってなにをするの?
  4. お通夜に関する疑問
  5. お通夜の意味についてまとめ

お通夜の意味ってなに?

葬儀

葬儀の前日に行われるお通夜。
訃報を受けた際に駆けつけるものですが、皆さんはお通夜の意味をご存知でしょうか。
喪主の経験や、お通夜にあまり参列をしたことがない方ですとお通夜の意味を知らないという方も少なくありません。

今回終活ねっとでは、お通夜の意味について以下の内容を中心に解説をしていきます。

  • お通夜にはどう意味があるの?
  • お通夜では、どういったことをするの?
  • お通夜についてよくある疑問

お通夜という言葉はよく耳にすると思いますが、お通夜の本来の意味やどういったことをするのかということを知らない方もいらっしゃいます。
今回はお通夜について詳しくご紹介していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

お通夜の意味について

葬儀

葬儀の前日に行われるお通夜には、どういった意味が込められているのでしょうか。
ここでは、お通夜の意味について詳しく解説をしていきます。
お通夜の正しい意味を覚えておくようにしましょう。

お通夜の由来とは?

お通夜は、故人とのお別れを惜しむ儀式であり、故人に付き添い夜通し行なわれたことが由来とされています。
お通夜は夜伽とも呼ばれることがあり、故人の家族や親族、親しくされていた方が集まり一晩中故人の霊を慰める儀式となります。

釈迦が入滅をした際に、弟子が一晩中説法をといたことが由来でもあるといわれています。

現在のお通夜

先程もご紹介しましたが、本来お通夜には故人の家族や親族、親しくされていた方のみが参列をし故人との別れを惜しむ儀式となっていました。
しかし、最近では一般の方も参列をすることが増えてきました

理由としては、お通夜の翌日に行なわれるお葬式や告別式は日中に行われます。
そのため、仕事をされている方などは日中には参列が難しい場合があります。
そういった方のために、夜行なわれるお通夜に一般の方も参列をできるようにしているご家庭が増えてきています。

お通夜と告別式・お葬式はどう違うの?

お通夜と告別式やお葬式、どれも故人の方のために行なう儀式ですが違いはあるのでしょうか。
ここでは、お通夜と告別式、お葬式の違いについて解説をしていきます。

お通夜と告別式・お葬式の違いについて

お通夜は故人の方との別れを惜しむ儀式であるとご紹介しました。
また参列される方も、本来は故人の家族や親族、親しくされていた方となっています。
お葬式に関しても、参列される方は故人の家族や親族、親しくされていた方となっています。

お葬式を行なう意味は、故人を弔う儀式となっており僧侶の読経や焼香に始まり、納棺をし最終的には火葬を行なうようになります。

告別式は一般の方が参列をすることができる式であり、故人とのお別れをする式典となっています。
最近では、お葬式と告別式を同日に行なうパターンが多いですが、お葬式は家族のみでひっそりと行い後日告別式を行なうというご家庭もあります。

どうしてお通夜と告別式・お葬式を行うの?

お通夜を前日に行い、翌日に告別式やお葬式を行うのはなぜなのでしょうか。
お通夜を前日に行なうことで、故人を送り出す心の準備をするという意味があります。
故人と縁の深い方のみが集まり、故人との思い出などを語り合い別れを惜しみます。

心の準備ができた翌日には、お葬式を行い故人の霊を弔います
また告別式を開き、一般の方にも故人との最後のお別れをしていただき故人を送り出します。
お通夜を前日に開くことで、葬儀の際に故人の冥福をしっかりとお祈りできるように準備をすることができます。

お通夜ってなにをするの?

葬儀

ここまでは、お通夜の意味について詳しくご紹介をしてきました。
では、お通夜ではどういったことを行なうのでしょうか。
ここでは、実際にお通夜で行なわれることについて解説をしていきます。

お通夜の大まかな流れ

まず始めに、お通夜の大まかな流れをご紹介していきます。

  • 受付
  • 参列者着席後、僧侶の入場
  • 僧侶による読経
  • 焼香
  • 僧侶による説教
  • 僧侶退場、喪主による挨拶
  • 通夜振る舞い

お通夜の流れとしては上記のようになります。
焼香のタイミングに関しては、僧侶による読経の途中に行なわれることもあります。
僧侶か葬儀社スタッフによる案内がありますので、そちらにしたがって行なうようにしましょう。

お通夜は一般的に1時間程度かかるといわれていますが、場合によっては2時間程度行なわれる事もあります。
お通夜後に行なわれる通夜振る舞いまで合わせると、2時間~3時間程度必要となりますので覚えておきましょう。

以下の記事では、お通夜の流れについてより詳しくご紹介をしています。
焼香の手順や通夜振る舞いの流れについても解説をしていますので、ぜひ一度ご覧ください。

こちらも読まれています

お通夜の流れとは?焼香の手順や通夜振る舞いの流れ、マナーも解説!

大切な方が亡くなった際に行われる葬儀にはお通夜と告別式があります。このうちお通夜には告別式に参列できない場合などに出向くことも多いでしょう。このためお通夜の全体的な流れやマナーを知っておくと、いざというときに便利です。お通夜について、流れを中心に見ていきます。

夜通し線香の火を絶やさない必要はある?

お通夜の際には、夜通し線香火を絶やさず灯かりをともし続ける寝ずの番をする必要があります
先程もご紹介しましたが、お通夜では夜通し故人の側にいて故人との別れを惜しむ儀式です。
その際に、故人を偲びながら線香の火を絶やさず灯かりをともし続けたといわれています。

また線香をともし続けることで、故人の遺体に虫がつかないようにする、灯かりをともし続けて野犬が近づいてこないようにしていたともいわれています。

近年では葬儀会場に宿泊ができない場合や宿泊をできたとしても消防法の関係上、夜通し火をともし続けることができなくなってきています。

お通夜のマナー

お通夜の際にはマナーが決まっているため、参列をする際にはマナーについて事前に学んでおく必要があります。
ここでは、お通夜のマナーについていくつかご紹介していきますので、覚えておくようにしましょう。

服装について

お通夜は訃報を受けてからすぐに駆けつけるため、服の準備ができない場合があります。
そのため、お通夜の際の服装はそこまで重要視されていないとされています。
しかし、最低限のマナーを守った服装で参列をしないと相手の方に対して大変失礼です。

男性の方ですとブラックスーツやブラックフォーマル、女性の方はブラックスーツやワンピースなどがお通夜に適している服装といわれています。
男性の方は、白色無地のシンプルなシャツに黒色無地のネクタイを着用しましょう。
靴に関しては、黒色の紐靴がお通夜の際には適しています。

お通夜では、肌が見えているとマナー違反となるので足が出る服装をする際には注意しなければいけません。
女性の方でスカートを履かれる方は、薄手の黒ストッキングを必ず着用しましょう。

以下の記事では、お通夜に参列する際の服装について詳しく解説をしています。
男性、女性別に適切な服装をご紹介していますのでぜひ参考にして下さい。

こちらも読まれています

お通夜に参列する時の服装とは?男性・女性別に適切な喪服をご紹介!

お通夜は告別式と並び、葬儀の中で故人の冥福を祈りお見送りするための場です。このためお通夜の場にはふさわしい服装で臨む必要があります。そして立場によってお通夜に適しているとされる服装はさまざまです。今回はお通夜にふさわしい服装について見ていきましょう。

香典について

お通夜に参列をする際には、香典を持参する必要があります
香典とは故人にお供えする金銭で、遺族の方の出費を助ける意味も込めてお渡しします。
香典を持参する際には、袱紗に包んでおく必要があります。

香典は受付でお渡ししますが、この際には袱紗から取り出してお渡しします。
袱紗ごと渡すと、不幸を渡すという意味になり大変失礼ですので注意しましょう。

以下の記事では、香典の金額相場についてご紹介します。
故人との関係別、法要別の香典の金額相場についても解説をしています。
香典を用意される際には、ぜひ参考にしてみてください。

こちらも読まれています

香典の金額相場を関係別・法要別に紹介!書き方や入れ方マナーも解説

香典はいくら包めばいいのでしょうか?お葬式や法要に参列する際に必要になる香典ですが、故人との関係性や法要によって金額の相場が変わり、いくら包めばよいのか悩んでいる人も多いと思います。今回は香典の金額相場を香典の書き方・入れ方等のマナーも併せて解説いたします。

焼香の作法について

焼香の作法については、宗派により若干の違いがあります
基本的な流れは同じなのですが、焼香をする回数の違いや、抹香を額におしいただかない場合もあります。

宗派毎の違いについては、参列をされる前に確認をしておくか自分より先に焼香をされている方の作法を見ておくといいでしょう。

焼香の作法については以下の記事で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

こちらも読まれています

焼香の作法ってどんなもの?宗派ごとの作法についても解説!

だんだんと年齢を重ねて葬儀に参列することが増えてきたら、焼香の作法について知っておくべきです。焼香の作法は故人ではなく自分の宗派によって決まり、回数や細かい作法も宗派ごとに異なります。そこで今回は焼香の作法について宗派ごとの作法とともに解説します。

お通夜に関する疑問

困った人々

ここまでは、お通夜の意味やマナーに関してご紹介をしてきました。
ここでは、お通夜に関しするよくみられる疑問について解説をしていきます。
お通夜に関して、さまざまな疑問をお持ちの方はぜひ参考にしてください。

お通夜は宗教によって違いはあるの?

日本では、仏教だけでなく神道やキリスト教を信仰されているかたもいらっしゃいます。
宗教ごとにお通夜に違いはあるのでしょうか。
ここでは、宗教ごとのお通夜の違いについて解説をしていきます。

仏教

仏教には宗派があり、同じ仏教であっても宗派によって考え方が違います。
そのため、お通夜の進行や焼香の方法などに違いがあります。
しかし、僧侶が読経を行なうことや、参列者が焼香を行うことなど基本的な点は同じとなります。

神道

仏教では亡くなった方は釈迦の元で弟子になるとされています。
神道では亡くなった方は、守り神になると考えられています。
神道では死は穢れとされていますので神社でお通夜を行なうことはありません

仏教ではお寺でお通夜を行なうこともあるのですが、神道では神社は神聖な場とされており穢れを持ち込めないのでお通夜は行なえません。

神道では、焼香ではなく玉串奉奠と呼ばれる儀式を行ないます
また仏教との違いとして、成仏という言葉は使用しません。

キリスト教

キリスト教では、本来お通夜は行ないません。
日本の習慣でお通夜があるため、日本独自でカトリックでは通夜の祈り、プロテスタントでは前夜式という式を行なっています。
キリスト教のお通夜では賛美歌や聖歌の斉唱、神父の説教、献花などが行なわれます。

数珠に意味はあるの?

仏教のお通夜では、数珠は必ず必要になります。
数珠は法具とされており、仏に礼拝をする際に必要な道具です。
数珠を持たずに、仏に礼拝をすると大変失礼な行為になってしまいます。

お通夜の最後に配られる塩の意味とは?

お通夜の最後に配られる塩は、お清めの塩と呼ばれています。
お通夜から帰宅をして、自宅に入る前に塩を身体にふりかけ、身体を清めるために使います
清めの塩は本来神道で使用されているものでした。

先程もご紹介しましたが、神道では死は穢れとされていますので穢れを払うために塩を使用します。
仏式では死は穢れとしていないため、お清めの塩は必要ないとされています。

お通夜は英語でどう表現すればいいの?

お通夜は日本独自の文化のため、英語ではお通夜を意味する単語はありません。
では、お通夜は英語でどのように表現するといいのでしょうか。

英語で表現をする際には、All night vigil over a bodyが近い意味となります。
vigilには寝ずの番という意味があり、一晩中寝ずの番をしていたとなりお通夜の意味合いに近い表現となります。

ネット上で使われる「お通夜」の意味とは?

ネット上でお通夜状態といった表現を見たことがあると思います。
このお通夜状態とは突然の出来事に対して、悲しみに包まれて静まり返るといった状況を表しています。

お通夜の意味についてまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、お通夜の意味についてご紹介をしてきました。
以下に今回の記事の内容をまとめていきます。

  • お通夜は夜伽とも呼ばれることがある。
    故人の家族や親族、親しくされていた方が集まり一晩中、故人の霊を慰める儀式である。
    最近では、葬儀に参列できない一般の方もお通夜に参列するようになってきている。
  • お通夜は故人の家族や親族、親しくされていた方が故人を送り出す心の準備をする場である。
    お葬式は故人の家族や親族、親しくされていた方を弔う儀式、告別式は一般の方が故人とお別れをする式典である。
  • お通夜の流れとしては、受付、着席、僧侶入場、読経、焼香、説教、喪主挨拶となる。
    焼香のタイミングに関しては、僧侶や会場スタッフから案内があるのでそちらに従う。
  • 昔はお通夜の際には、故人を偲びながら線香の火を一晩中絶やさず過ごした。
    線香の火を絶やさないことで、虫や野犬を遠ざけていたと考えられている。
    現在では、消防法などの関係で一晩中線香の火をつけておくことは難しくなっている。
  • お通夜は宗教や宗派により違いがあるので、事前に確認をしておく必要がある。
    お通夜で配られる塩は、お清めの塩と呼ばれており身体を清める意味がある。

お通夜についてさまざまな情報をご紹介してきました。
お通夜に参列される際や喪主をされる際には、ぜひ今回の記事の内容を思い出してみてください。

終活ねっとでは、この他にも葬儀に関する記事を多数掲載しております。
以下の記事では、お通夜に必要な持ち物をご紹介しています。
お通夜に参列される前には、以下の記事を参考に持ち物の確認をしてみましょう。

こちらも読まれています

お通夜に必要な持ち物は?男女での違いや数珠・香典のマナーも解説!

急に参列する事が決まり、その日のうちに急いで持ち物を用意しなければいけないのがお通夜です。でもいざという時、どこからどう準備して良いかわからないときがあるのではないでしょうか。今回はお通夜における持ち物について詳しく解説していきます。

シェアする

「通夜・意味」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「通夜・意味」についてさらに知りたい方へ

葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!のサムネイル画像

葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!

告別式と通夜・葬儀・葬式の違いって?それぞれの流れをご紹介のサムネイル画像

告別式と通夜・葬儀・葬式の違いって?それぞれの流れをご紹介

お通夜に焼香のみ参加しても良いの?訪問する時間や焼香の作法も解説のサムネイル画像

お通夜に焼香のみ参加しても良いの?訪問する時間や焼香の作法も解説

お通夜に遅れるのは大丈夫なの?遅れる場合のマナーについても解説!のサムネイル画像

お通夜に遅れるのは大丈夫なの?遅れる場合のマナーについても解説!

お通夜の食事は参加するべき?通夜振る舞いのマナーについて解説!のサムネイル画像

お通夜の食事は参加するべき?通夜振る舞いのマナーについて解説!

亡くなった当日は通夜をしていい?通夜までの準備や当日の流れも解説のサムネイル画像

亡くなった当日は通夜をしていい?通夜までの準備や当日の流れも解説

家族葬での通夜の挨拶の例文や参列されない一般客への挨拶を紹介!のサムネイル画像

家族葬での通夜の挨拶の例文や参列されない一般客への挨拶を紹介!

通夜と葬儀の違いとは?日程や挨拶マナー、参列時の持ち物をご紹介!のサムネイル画像

通夜と葬儀の違いとは?日程や挨拶マナー、参列時の持ち物をご紹介!

通夜と葬儀・告別式の流れを解説!葬儀にかかる時間もご紹介しますのサムネイル画像

通夜と葬儀・告別式の流れを解説!葬儀にかかる時間もご紹介します

お通夜と葬儀の違いとは?服装や挨拶の違いなどについても解説!のサムネイル画像

お通夜と葬儀の違いとは?服装や挨拶の違いなどについても解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「通夜・意味」についてさらに知りたい方へ

葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!のサムネイル画像

葬儀はどんな場所で行われるの?場所を選ぶ基準についても解説!

告別式と通夜・葬儀・葬式の違いって?それぞれの流れをご紹介のサムネイル画像

告別式と通夜・葬儀・葬式の違いって?それぞれの流れをご紹介

お通夜に焼香のみ参加しても良いの?訪問する時間や焼香の作法も解説のサムネイル画像

お通夜に焼香のみ参加しても良いの?訪問する時間や焼香の作法も解説

お通夜に遅れるのは大丈夫なの?遅れる場合のマナーについても解説!のサムネイル画像

お通夜に遅れるのは大丈夫なの?遅れる場合のマナーについても解説!

お通夜の食事は参加するべき?通夜振る舞いのマナーについて解説!のサムネイル画像

お通夜の食事は参加するべき?通夜振る舞いのマナーについて解説!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと