葬儀後にやるべき手続きとは?年金や相続の手続きについても解説!

お葬式が終わった後にも、残されたご家族にはたくさんにやらなければならない葬儀後の手続きがあります。葬儀後の手続きをしっかりと行わないと、損をしてしまう場合があるので注意が必要です。今回はそんな葬儀後の手続きについて、年金や相続の手続きとともに解説します。

目次

  1. 葬儀後の手続きについて
  2. 市町村役場に関する葬儀後の手続き
  3. 年金事務所に関する葬儀後の手続き
  4. 生命保険会社に関する葬儀後の手続き
  5. 相続に関する葬儀後の手続き
  6. 空き家に関する葬儀後の手続き
  7. 葬儀後の手続きについてまとめ

葬儀後の手続きについて

葬儀

お葬式が終わってからの手続きを知っている方は、意外と少ないと思います。
ここでは、葬儀後にやらなければならない5つの手続きについて紹介します。

葬儀の前にもやらなければいけない手続きはありますが、葬儀の後にも多くの手続きをする必要があります。
この葬儀後の手続きについて知っているという方は、意外と少ないと思います。

葬儀が終わってからどのような手続きをすればいいのか知らないと、損をしてしまう場合があります。
そのため、葬儀後の手続きについて確認しておくことはとても大切です。

そこで今回終活ねっとでは、葬儀の後の手続きについて、以下の項目を中心に解説していきます。

  • 市町村役場に関する手続きは?
  • 年金に関する手続きは?
  • 生命保険会社に関する手続きは?
  • 相続に関する手続きは?
  • 空き家に関する手続きは?

それぞれの手続きについて、早くやらなければならないものから順番に解説しておりますので、ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

市町村役場に関する葬儀後の手続き

困った人々

葬儀後にまず行かなければならないのが、市町村役場です。
葬儀が終わった後、速やかに、14日以内、2年以内にやらなければならないことを説明していきます。

〈速やかに〉

市町村役場で、速やかにやらなければならないが2つあります。
まず、亡くなった方の健康保険証を返却しなければなりません。

もう1つは、亡くなった方が夫で、厚生年金・健康保険に加入していて、残された妻が扶養に入っていた場合は、新たに国民年金・国民健康保険に加入しなければなりません。

〈14日以内〉

世帯主の方が亡くなった場合は、14日以内に世帯主変更届けをしなければなりません。
また、介護保険・医療などの手続きも14日以内にしなければなりません。

〈2年以内〉

亡くなった方が国民健康保険に加入していた場合は、葬祭費(1~7万円)の支給を申請することができます。
亡くなった方が健康保険に加入していた場合は、埋葬費(一律5万円)の支給を申請することができます。
これらの支給申請は2年以内に行わなければなりません。

速やかにやらなければならないもの以外は、もちろん死亡後速やかにやらなくても問題ありません。
しかし、全ての手続きを同日に行ってしまった方が、市町村役場に行く手間が省けてよいでしょう。

年金事務所に関する葬儀後の手続き

保険・相続

葬儀後にやらなければならないことの2つ目は、年金関係です。
これは故人が年金を受給していた場合に、年金に関する手続きを行う必要があります。

ここでは、年金に関する手続きについて紹介いたします。

〈速やかに〉

年金事務所では、速やかに厚生年金に関する手続きを行わなければなりません。

〈10日以内〉

さらに、10日以内に、年金受給権者死亡届も行わなければなりません。

最近、テレビや新聞で年金の不正受給という言葉をよく目にすると思います。
例えば、40歳を過ぎたニートが自分の父親が亡くなったことを隠して、年金をもらい続けて生活していたという事件がありました。

年金受給権者死亡届を行わなければ、このような問題を起こしてしまうことになりかねませんので確実に行ってください。

〈2年以内〉

国民年金に加入していた場合は、死亡一時金として、保険料の納付期間に応じて、12万円から最大32万円まで受け取ることができます。

しかし、2年以内に死亡一時金の請求をしない限り受け取ることができませんので、注意してください。

〈5年以内〉

さらに、5年以内に、遺族基礎年金・遺族厚生年金の請求手続きも行わなければなりません。

遺族基礎年金は国民年金の被保険者が亡くなったときに、一定の要件を満たした対象者が年金を受給できるシステムです。
遺族厚生年金は厚生年金の被保険者が亡くなったときに、一定の要件を満たした対象者が年金を受給できるシステムです。

生命保険会社に関する葬儀後の手続き

困った人々

うっかり忘れてて損をする人が多い、生命保険金の支払い請求についてです。
この生命保険金の支払い請求は3年以内に行う必要があります。

亡くなった方が生命保険契約者であった場合、死亡によって生命保険金を受け取る権利が発生します。
しかし、亡くなると自動的に生命保険金が支払われるわけではなく、3年以内に保険金を請求しなければなりません。

もし3年が経過してしまうと、保険金支払請求権は時効によって消滅してしまいますので、これも注意してください。

相続に関する葬儀後の手続き

保険・相続

葬儀後の手続きの中で一番重要なのが、相続手続きです。
相続は、亡くなった方が遺言を遺していたか、遺していないかで手続内容が大きく異なってきます。

以下では、遺言を遺していた場合と遺していなかった場合に分けて解説します。

遺言がある場合

遺言には、通常、自分で作成する自筆証書遺言と、公証人役場に行って公証人の先生に作成してもらう公正証書遺言の2つがあります。

公正証書遺言の場合は、自動的に、遺言書に書かれたとおりに遺産が配分されます。
そして、公正証書遺言であれば、遺言書を持って行けば銀行での口座変更手続き、法務局での不動産の名義変更をスムーズに行えます。

他方、自筆証書遺言の場合だと、遺言書を発見したら、すぐに家庭裁判所に行って、検認の申立てをしなければなりません。
検認とは、家庭裁判所の裁判官が、この遺言書が本当に亡くなった方が書いたものかどうか、他の人が偽造していないかどうかを確認する作業です。

この検認作業を経て初めて、遺言書に書かれたとおりに遺産が配分されます。
また、銀行での口座変更手続きや法務局での不動産名義変更手続きは、公正証書遺言と異なり、検認を経なければすることができません。

遺言がない場合

遺言がない場合は、まず、相続財産を確定するところから始まります。
亡くなった方が相続時に所有していたプラスの財産(土地、建物、預貯金等)とマイナスの財産(借金)を調査します。

次に、相続人を確定します。
配偶者は必ず相続人になります。

配偶者以外の人は、まず子がいれば、子が相続人になります(この場合の相続人は、配偶者と子)。
子がいなければ、亡くなった方の父母などが相続人になります(配偶者と父母)。
子も父母もいなければ、亡くなった方の兄弟姉妹が相続人になります(配偶者と兄弟姉妹)。

相続人たちは、相続時から3カ月以内に、以下のいずれかを選択します。

  • プラス財産もマイナス財産も受け継ぐという「承認」
  • プラス財産の範囲でマイナス財産を返済するという「限定承認」
  • プラス財産もマイナス財産も受け継がないという「相続放棄」

最後に、各相続人はどれくらい遺産を受け取ることにするかという相続分の確定があります。

原則として、相続人全員で話し合うことになりますが、通常、話し合いでまとまらないため、家庭裁判所での遺産分割調停・遺産分割審判によって決定することになります。

空き家に関する葬儀後の手続き

困った人々

人が住まない住宅は早くに傷んでしまいます。
また、行政により特定空き家に認定されると、更地と同様の固定資産税(現在の税額の約6倍)を負担しなければならなくなります。

まずは、空き家を現状のまま維持する必要があります。
それには定期的なメンテナンスが必要です。
遠方にお住まいの場合や、高齢者施設に入所する場合は、空き家管理サービスを利用するなど、空き家を適切に管理できるようにしておくことが望ましいです。

最終的には、空き家を売却するか人に貸し出すのが一般的です。
不動産業者に仲介を依頼するとよいでしょう。

以下の記事では、葬儀の後にやらなければならないことについて手続きの他にも解説しております。
ぜひご覧になって、参考にしてください。

こちらも読まれています

通夜・葬儀のその後やるべきこととは?葬儀後の手続きについても紹介

家族の誰かが亡くなった場合、通夜や葬儀を執り行う必要があります。しかしその通夜・葬儀で終わりではなく、その後にもいくつか手続き等を行わなければならないことをご存知でしょうか。今回はそんな通夜・葬儀のその後にやるべきことや、手続きなどを解説していきます。

葬儀後の手続きについてまとめ

人々

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、葬儀後の手続きについて解説してきました。

  • 市町村役場には葬儀後、速やかに故人の健康保険証を返却しなければいけない。また、世帯主変更届けなどを14日以内に、葬祭費支給の申請などを2年以内にする必要がある。
  • 年金事務所には葬儀後、速やかに厚生年金に関する手続きを行う必要がある。また、10日以内に年金受給者死亡届をも行わなければならない。
  • 生命保険会社には、生命保険金の支払い請求を3年以内にしなければならない。
  • 相続に関しては、遺言がある場合には自筆証書遺言と公正証書遺言の2つに分かれる。遺言がない場合は、相続財産を確定してから相続人を確定させ、相続人が承認、限定承認、相続放棄のいずれかを選択する。
  • 空き家に関する手続きは、特定空き家に指定されると高額の税金を取られてしまうので、空き家管理サービスを利用するなど、空き家を適切に管理することが必要である。

葬儀の後には多くの手続きを行う必要があります。
この記事を参考に、手続きの漏れがないようにしていただけたら幸いです。

終活ねっとでは、他にも葬儀やお墓に関する記事を多数掲載しております。
以下の記事では、葬儀の費用相場について詳しく解説しているので、ぜひこちらもご覧ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

シェアする

「葬儀・後・手続き」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・後・手続き」についてさらに知りたい方へ

家族が亡くなったら、一体どういう事をするのでしょうか?のサムネイル画像

家族が亡くなったら、一体どういう事をするのでしょうか?

死亡時の手続きとは?相続や年金・保険に関する手続きまで解説!のサムネイル画像

死亡時の手続きとは?相続や年金・保険に関する手続きまで解説!

葬儀が終わったら行う手続きをご紹介!費用支払いのタイミングも解説のサムネイル画像

葬儀が終わったら行う手続きをご紹介!費用支払いのタイミングも解説

葬儀終了後にするお礼や手続きを解説!挨拶回りのマナーや例文も紹介のサムネイル画像

葬儀終了後にするお礼や手続きを解説!挨拶回りのマナーや例文も紹介

葬儀後に早急にすべき諸手続きとは?給付金や解約などの手続きを紹介のサムネイル画像

葬儀後に早急にすべき諸手続きとは?給付金や解約などの手続きを紹介

故人の死亡後の手続きって?臨終直後から葬儀後の手続きまで全て解説のサムネイル画像

故人の死亡後の手続きって?臨終直後から葬儀後の手続きまで全て解説

葬儀後にすることとは?時期ごとにするべき手続き・準備を解説のサムネイル画像

葬儀後にすることとは?時期ごとにするべき手続き・準備を解説

親が亡くなる際の対応とは?葬儀までの流れや手続き・訃報も解説!のサムネイル画像

親が亡くなる際の対応とは?葬儀までの流れや手続き・訃報も解説!

通夜・葬儀のその後やるべきこととは?葬儀後の手続きについても紹介のサムネイル画像

通夜・葬儀のその後やるべきこととは?葬儀後の手続きについても紹介

葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説のサムネイル画像

葬儀の種類を【全て】紹介!費用や宗教などあらゆる観点から徹底解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀・後・手続き」についてさらに知りたい方へ

家族が亡くなったら、一体どういう事をするのでしょうか?のサムネイル画像

家族が亡くなったら、一体どういう事をするのでしょうか?

死亡時の手続きとは?相続や年金・保険に関する手続きまで解説!のサムネイル画像

死亡時の手続きとは?相続や年金・保険に関する手続きまで解説!

葬儀が終わったら行う手続きをご紹介!費用支払いのタイミングも解説のサムネイル画像

葬儀が終わったら行う手続きをご紹介!費用支払いのタイミングも解説

葬儀終了後にするお礼や手続きを解説!挨拶回りのマナーや例文も紹介のサムネイル画像

葬儀終了後にするお礼や手続きを解説!挨拶回りのマナーや例文も紹介

葬儀後に早急にすべき諸手続きとは?給付金や解約などの手続きを紹介のサムネイル画像

葬儀後に早急にすべき諸手続きとは?給付金や解約などの手続きを紹介

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと