家族葬の段取りはどうするの?家族葬にかかる時間についても解説!

家族葬の段取りはどうするの?家族葬にかかる時間についても解説!

最近では家族葬を選ばれるご家庭も多くなってきています。もし家族葬を行うのであれば、段取りはどのようにおこなうといいのでしょうか。今回の記事では、家族葬の段取りについてご紹介します。家族葬にかかる時間についても解説しますので、参考にしてください。

最終更新日: 2020年03月07日

家族葬の段取りについて

葬儀

近年の日本では一般葬だけでなく、家族葬を執り行うご家庭も多くなってきています。
もし身内の方に不幸があり家族葬にて葬儀を執り行う場合、段取りはどのように行うといいのでしょうか。
今回「終活ねっと」では、家族葬の段取りについて以下の内容を中心にご紹介をしていきます。

  • 家族葬はどんな葬儀形式なの?

  • 家族葬の段取りはどうなっているの?

  • 家族葬には、どの程度時間がかかるの?

  • 家族葬のメリットは?

葬儀の段取りを経験したことがある方は多くないので、いざという時に困る方は少なくありません。
ぜひ今回の記事を最後まで読んで、スムーズに家族葬の段取りが行えるようにしておきましょう。

家族葬とは?

葬儀

そもそも家族葬とは、どういった葬儀形式になるのでしょうか。
家族葬とは故人のご家族、親族、特に親しい友人など、少人数で行う葬儀形式となります。
一般の方もお呼びして行う一般葬と比べると、参列者に人数が少なくコンパクトな葬儀となっています。

参列者の人数は少ないのですが葬儀の内容自体は一般葬と同じで、お通夜を行い翌日に葬儀、告別式を行うことが基本となっています。

近年の日本は生活環境や家族構成などが変化してきており多くの方を葬儀にお呼びする一般葬より、親しい少人数で行う家族葬がニーズに合っているため家族葬の割合が増えてきていると考えられます。

家族葬の段取りはどうする?

困った人々

ここまでは、家族葬がどういった葬儀形式なのかご紹介をしてきました。
もし家族葬にて葬儀を執り行うことになった場合、どのように段取りをするといいのでしょうか。
ここでは家族葬の段取りをご紹介していきますので、内容を確認して覚えておきましょう。

葬儀前

一般的には身内の方が亡くなってから、葬儀の段取りを行うことが多いです。
しかし亡くなってから葬儀の段取りを始めると、満足できる葬儀が行えない可能性があります。

満足のいく葬儀を行うためには、事前に葬儀会社と相談をして葬儀の計画を立てるといいでしょう。
以下に葬儀前に行う段取りをご紹介しますので、参考にしてください。

葬儀会社を決める

葬儀を行う場合、まず葬儀会社を決めなければいけません。
葬儀会社によって葬儀のプラン内容や葬儀費用に違いがあるので、しっかりと内容を比較して葬儀儀者を決めなければいけません。

事前に葬儀会社ごとの特徴や葬儀費用を調べておき、家族全員で比較をしながら葬儀会社を決定するといいでしょう。
見積もりを取る場合には、同じ内容で見積もりをしないと比較ができないので注意しましょう。

訃報・参列者の決定

葬儀社を決定できたら、参列者の方を決定して訃報連絡をしなければいけません。
家族葬に招待する範囲に関しては明確な決まりはありません。
ただ先程もご紹介した通り、一般的には故人の家族や親族、特に親しかった友人をお呼びすることになります。

招待する方をリストアップしてから、訃報連絡をするようにしましょう。
生前に葬儀へお呼びしたい方をリストアップしておくと、残された家族の方が訃報連絡をする際に負担が軽減されます。

訃報連絡をする場合には、誰がいつ亡くなったのか、どこでいつ葬儀を行うのかお伝えしなければいけません。
また香典や供花を辞退するのであれば、訃報連絡をする際に相手の方にお伝えするようにしましょう。

安置

故人の方のご遺体は、葬儀を行うまでは安置しておかなければいけません。
病院で亡くなったのであれば、ご遺体をお迎えに行く必要もあります。
ご遺体をご自宅で安置するのか、葬儀社に保有している安置施設で安置するのか事前に決めておくようにしましょう。

納棺

故人のご遺体は安置場所で枕経をあげた後、棺に納めることになります。
納棺を行う場合、故人のご遺体を清めて白装飾に着替えさせてから棺に納めます。
地域によっては白装束に着替えさせずに、白い布を被せるだけということもあります。

納棺の際に故人が生前好きだったものを一緒に棺に入れてあげたいのであれば、事前に用意しておくようにしましょう。

通夜・葬儀

お通夜や葬儀については、事前に決定した葬儀会社と打ち合わせをして内容を決めることになります。
家族葬を希望しているのであれば、早い段階で葬儀社に家族葬で葬儀を執り行うことを伝えるようにしましょう。

以下にお通夜や葬儀、告別式の段取りについてご紹介します。

お通夜

葬儀と告別式の前日にお通夜を行うことが一般的です。
お通夜や葬儀会場だけでなく、自宅で行うことも可能です。
自宅でお通夜を行えば故人の方とゆっくりとお別れをすることができます。

もし自宅でお通夜を行いたいのであれば、葬儀会社と打ち合わせをする段階で伝えるようにしておきましょう。

家族葬の場合、お通夜を省略することもあります。
お通夜を省略する場合も、必ず葬儀会社にその旨を伝えるようにしてください。

葬儀・告別式

お通夜の翌日には、葬儀と告別式を行います。
葬儀や告別式の流れについても、しっかりと葬儀会社と打ち合わせをして事前に決めておきましょう。

出棺の準備の際に、棺の中に副葬品として故人へのお別れの手紙や思い出の品を入れることができます。
もし副葬品として棺に入れたいものがあるのであれば、事前に用意をするようにしましょう。

副葬品にできないものもあるので、棺に入れることができるのか葬儀会社に確認をしておくようにしましょう。

葬儀後

葬儀が終了した後も、ご遺族の方は行うべきことがいくつかあります。
葬儀での負担があるので無理をしない程度に、徐々に段取りを行うといいでしょう。
以下に葬儀後に行うことをご紹介しますので、こちらも覚えておきましょう。

返礼品の準備

葬儀後には、香典や供花などに対する返礼品を用意する必要があります。
香典や供花をいただいた方をリストアップして、金額に合わせて返礼品を用意しましょう。

家族葬ではお呼びする方が限られるため、参列できなかった方が葬儀後に弔問することがあります。
また香典や供花を辞退していても渡してくる方もいるので、こういった方に対して返礼品が必要になります。

突然用意するとなると慌ててしまうので、前もってこういった方に対しての返礼品も用意しておくといいでしょう。

喪中欠礼の連絡

ご遺族の方は喪中となり年賀状のやり取りができなくなります。
葬儀にお呼びしていた方は喪中であることが分かるのですが、お呼びしていない方は分からないので喪中欠礼の連絡をしなければいけません。

喪中欠礼の連絡は11月中旬から12月初旬に行います。
連絡が遅れると年賀状を用意してしまうので、なるべく早めに喪中欠礼の連絡をしましょう。

葬儀にお呼びしていない方には、家族葬にて葬儀を終えた事後報告もしなければいけません。
事後報告をするのであれば、葬儀が終わって1週間後から四十九日までの間に連絡をするといいでしょう。

法要の確認

葬儀後は、忌日法要を行うことになります。
仏教の場合ですと、故人が亡くなってから七日ごとに法要が行われ四十九日目に四十九日法要を行い忌明けとなります。

法要に関しても葬儀同様に僧侶の方に来ていただく必要があるので、菩提寺に連絡をして事前に確認するようにしましょう。

家族葬にかかる時間

葬儀

ここまでは、家族葬の段取りについてご紹介をしてきました。
もし家族葬で葬儀を執り行う場合、葬儀にはどの程度の時間がかかるのでしょうか。

家族葬ではお通夜に40分程度、葬儀と告別式で50分程度、火葬で1時間~1時間半程度時間がかかるといわれています。

一般葬の場合はお通夜に1時間~1時間半程度、葬儀と告別式に1時間程度、火葬に1時間~1時間半程度時間がかかるといわれています。

大きな違いはないのですが、若干お通夜の方が葬儀にかかる時間が短くなっています。
火葬に関しては家族葬と一般葬で違いはありません。

家族葬のメリット

葬儀

家族葬にかかる時間をご紹介してきました。
家族葬にて葬儀を執り行う場合、どういったメリットがあるのでしょうか。
ここでは家族葬のメリットをご紹介しますので、家族葬を検討されている方はぜひ参考にしてください。

自由な葬儀

家族葬では葬儀形式に決まりがないので、故人やご遺族の方の希望する葬儀を行うことができるというメリットがあります。
例えば故人の方が生前好んでいた音楽をかけながら、お別れをする葬儀を行うこともできます。

一般葬の場合には、基本的に宗教毎に決まった葬儀形式で葬儀を行わなければいけません。
一般的な葬儀形式に捉われず、自由に葬儀を行いたい方にもおすすめとなっています。

ゆっくりとお別れができる

家族葬は、故人の方とゆっくりとお別れをすることができるというメリットがあります。
一般葬の場合ですと参列者の人数が多く、ご遺族の方は参列者の対応に時間を取られてしまいます。

家族葬の場合は参列者の人数が少ないのでご遺族の方が参列者の対応をする必要がなくなり、故人の方とお別れをする時間を多くとることが可能です。

葬儀中には時間が取れるのですが、葬儀終了後に葬儀にお呼びしていない方から弔問を希望されることがあります。
弔問を希望された場合、個別に対応することになり時間が取られてしまうことがあるので覚えておきましょう。

費用を抑えられる

家族葬は葬儀費用を抑えることができるというメリットもあります。
家族葬は参列者の人数が少ないので小さな会場で葬儀が行えるので会場費が抑えられますし、返礼品などの費用も一般葬と比べて少額で済みます。

相場で比べてみても一般葬の費用相場は約190万円程度といわれているのに対して、家族葬は約100万円程度といわれているのでリーズナブルであることが分かります。
葬儀内容によっては家族葬であっても一般葬に近い費用が発生することもあるので、注意しましょう。

家族葬の段取りについてまとめ

葬儀

今回「終活ねっと」では、家族葬の段取りについてご紹介をしてきました。
以下に今回の記事の内容をまとめていきます。

  • 家族葬は故人の家族や親族など、少人数で行う葬儀形式である。
    葬儀内容自体は一般葬と大きな違いはない。

  • 家族葬を行う場合、まず葬儀前に葬儀社の決定や遺体の安置をしなければいけない。
    お通夜や葬儀に葬儀社と打ち合わせをして内容を決める。

    家族葬を希望するのであれば、打ち合わせの段階で伝えなければいけない。
    葬儀後には返礼品の準備や喪中欠礼の連絡、法要の確認をする必要がある。

  • 家族葬にかかる時間はお通夜に40分程度、葬儀と告別式で50分程度、火葬で1時間~1時間半程度時間とされている。
    一般葬と比べると若干時間が短くなっているが、火葬に関しては違いはない。

  • 家族葬には自由な葬儀形式で葬儀が行えるというメリットがある。
    その他に故人とゆっくりとお別れができる、費用が一般葬と比べて安いといったメリットもある。

いかがでしたでしょうか。
家族葬を執り行う場合の段取りについてお分かりいただけましたでしょうか。

家族葬で葬儀を執り行う場合でも、基本的には一般葬の段取りと違いはありません。
葬儀にお呼びする人の範囲などに違いがあるので、事前によく理解しておくとスムーズに段取りを行えます。

家族葬には多くのメリットがあるのですが、逆にデメリットも若干ですがあります。
家族葬を希望されるのであれば、メリットだけでなくデメリットも考慮して検討するようにしてみましょう。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。
「終活ねっと」では、この他にも家族葬に関する記事を多数掲載しています。
家族葬に関して疑問や困ったことがある場合には、他の記事も参考にしてください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事