友人の家族葬には香典を渡すべき?相場やマナーも解説します!

友人の家族葬には香典を渡すべき?相場やマナーも解説します!

親しくされている友人や友人のご家族が亡くなった場合、家族葬で葬儀を行うことがあります。葬儀では香典を渡すことが一般的ですが、友人の家族葬でも香典は渡すべきなのでしょうか。今回の記事では、友人の家族葬には香典を渡すべきなのかご紹介します。

最終更新日: 2020年03月07日

友人の家族葬への香典について

葬儀

近年の日本では一般的な葬儀形式である一般葬だけでなく、家族葬など様々な葬儀形式で葬儀が執り行われています。
そのため友人の方や友人のご家族が亡くなった場合に、家族葬にて葬儀を執り行う可能性もあります。

一般的な葬儀であれば、基本的にご遺族の方に香典をお渡しします。
もし友人のご家庭が家族葬を選択された場合、香典はお渡しするべきなのでしょうか。
今回「終活ねっと」では友人の家族葬への香典について、以下の内容を中心にご紹介します。

  • 一般的な家族葬での香典の取り扱いは?

  • 友人の家族葬では香典を渡すの?

  • 友人の家族葬で渡す香典の相場は?

  • 友人への香典で注意することは?

家族葬で香典を渡すべきかという点は、多くの方が悩まれるポイントとなっています。
いざという時でもしっかりと対応できるように、今回の記事を最後まで読んで知識をつけておきましょう。

家族葬の香典とは

葬儀

一般的な家族葬の場合、香典はどのように取り扱われているのでしょうか。
家族葬は故人の家族や親族、特に親しくしていた人のみが参列して行う葬儀となっています。

参列者の人数を抑えることで、ご遺族にかかる負担を抑える意味などがあります。
一般的な葬儀では、参列者の方は故人へのお供え物として香典をご遺族の方にお渡しします。

しかし家族葬の場合には、香典を辞退するというケースが多くみられます。
香典をいただくと後日香典返しをしなければいけないので、ご遺族の方の負担となってしまうからです。

ご遺族の方の考え方によっては香典を通常通り受け取ることもあります。
香典の取り扱いに関しては故人やご遺族の意思で決定されるので、参列者の方はその意思を尊重しなければいけません。

友人の家族葬への香典は渡すべきか

葬儀

一般的な家族葬での香典の取り扱いについてご紹介をしてきました。
では友人の家族葬の場合には、香典は渡すべきなのでしょうか。

ここでは友人の家族葬への香典は渡すべきなのか、状況別にご紹介をしていきます。
しっかりと内容を確認して、覚えておきましょう。

友人の家族葬に参列する場合

友人の方と特に親しくしていた場合、訃報を受けて家族葬に参列することがあります。
もし友人の家族葬に参列する場合、香典は渡すべきなのでしょうか。
以下に友人の家族葬に参列する場合についてご紹介します。

ご遺族側が香典を辞退していたら渡さない

訃報を受けた際に、ご遺族の方から香典を辞退している旨を伝えられることがあります。
もし香典を辞退している旨を伝えられたのであれば、ご遺族の意思を尊重して香典は渡さないようにしなければいけません。

無理に香典を渡してしまうとご遺族の方の負担となってしまいますし、香典の受け取りを拒否されることもあります。
香典を辞退されている場合には、別の方法で弔意を伝えるようにしましょう。

何も言われなければ香典の用意を

訃報を受けた際に、香典を辞退している旨を伝えられないこともあります。
もし香典を辞退している旨を伝えられていないのであれば、香典は用意しなければいけません。
これは友人の家族葬に限らず、その他の家族葬の場合でも同じことが言えます。

家族葬の案内を受けて香典辞退の旨を伝えられなかったのであれば、基本的には香典を用意して葬儀へ参列するようにしましょう。

周りの様子を見て渡すかどうかの判断をする

香典辞退の旨を伝えていない場合でも、ご遺族の方が負担を軽減するために香典を辞退していることがあります。
そのため香典を渡すかどうかは、葬儀会場にて周りの様子を見て判断しなければいけません。

香典辞退の旨を伝えられていないのであれば香典を用意して葬儀会場に行き、他の方が香典を渡しているようであれば自分も香典をお渡しするといいでしょう。
もし誰も香典を渡していないのであれば、香典を用意していたとしても渡さずに持ち帰るようにしましょう。

友人の家族葬に参列しない場合

家族葬は故人の家族や親族のみで行われることが多いので、葬儀に案内されないこともあります。
もし友人の家族葬に参列しない場合には、香典は渡すべきなのでしょうか。
以下に、友人の家族葬に参列しない場合についてご紹介をします。

家族葬に案内されなければ香典は必要ない

友人の家族葬に案内されていない場合、香典は必要ありません。
ご遺族の方が家族葬を選択されている背景として、葬儀費用を抑えているなど負担を軽減したいという考えがあります。

香典をお渡ししてしまえばご遺族の方は香典返しを用意しなければいけないので、負担となってしまいます。
そのため友人の家族葬に案内されていないのであれば、香典を用意してお渡しする必要はありません。

香典の代わりに弔問がふさわしい

友人の家族葬に案内されていない場合、香典をお渡しする代わりに弔問をするといいでしょう。
弔問とは葬儀後にご遺族の方の自宅に伺い、弔意をお伝えする方法です。
弔問に関してもご遺族の方の負担となるので、ご家庭によっては辞退されていることがあります。

臨終の知らせの中に弔問を辞退する旨が記載されている場合には、弔問も控えなければいけません。
また記載がない場合でも、突然自宅に伺うとご遺族の方の負担となってしまいます。
事前にご遺族の方に連絡を取り、弔問の許可を得てから伺うようにしましょう。

友人の家族葬の香典の相場

葬儀

ここまでは、友人の家族葬で香典を渡すべきなのかご紹介をしてきました。
もし香典を渡すのであれば、香典に包む金額を決めなければいけません。

友人の家族葬で渡す香典の金額相場はいくらなのでしょうか。
ここでは友人の家族葬の香典の相場をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

親友などの親しい関係の場合

友人の方が親友など特に親しい関係の場合、香典の金額相場は以下のようになっています。

年齢 相場
20代 5,000円程度
30~40代 5,000~
1万円程度
50代以上 1万円以上

親友など親しい関係の方が亡くなった場合、香典の相場は一般的な友人の方と比べて高めになっています。
ご遺族の方の負担を軽減してあげるという意味で、相場より多めに香典を包むことも可能です。
香典の金額が高くなると香典返しの負担も大きくなるので、その場合は香典返しを辞退するといいでしょう。

クラスメイトや顔見知り程度の場合

故人の方がクラスメイトや顔見知り程度の知人の場合、香典の金額相場は5,000~1万円程度となっています。
親しい友人の方が故人の場合のように、年代によって香典の相場が違うということはありません。

クラスメイトの場合などですと、他の友人の方と連名で香典を用意することもあります。
不安になった場合には、他の友人の方と話し合って金額を決めるといいでしょう。

その他の関係性の香典の相場

故人の方が友人のご家族という場合もあります。
もし故人が友人のご家族の場合、香典の相場はいくらになるのでしょうか。
以下に、その他の関係性の香典の相場をご紹介します。

友人の父や母

故人の方が友人のお父様やお母様の場合、香典の金額相場は3,000~5,000円程度といわれています。
友人の方と親しい関係の場合、お父様やお母様と面識がなくても葬儀に参列をして弔意を示す必要があります。

もし友人の方から家族葬の案内を受けたのであれば、葬儀に参列するようにしてください。

友人の配偶者

友人の配偶者の方が故人の場合、香典の金額相場は3,000~5,000円程度となっています。
家族ぐるみの付き合いがあり友人の配偶者の方とも親しくされていたのであれば、相場より多めに香典を包むことも可能です。
普段のお付き合いなどを考慮して、香典の金額を考えるようにしてみましょう。

友人の子供

友人のお子様が故人の場合、香典の相場は3,000~5,000円程度とされています。
友人のお子様の葬儀に参列する場合、自分の子供は連れて行かないようにしなければいけません。

自分の子供を連れて葬儀に参列すると、友人の方がより悲しむ原因となってしまうからです。
友人がお子様を思い出してしまう原因にもなるので、自分の子供は葬儀に参列させないようにしましょう。

友人への香典の注意点

困った人々

ここまでは、友人の家族葬で渡す香典の金額相場をご紹介してきました。
香典に関しては、金額以外にも気にかけておかなければいけないポイントがあります。

香典に関してどういったことを注意するといいのでしょうか。
ここでは友人への香典に関する注意点をご紹介します。

香典はできれば通夜の時に渡す

特に親しくしていた友人の方が故人の場合、お通夜にも参列をすることがあります。
もし葬儀だけでなくお通夜にも参列するのであれば、お通夜の時に香典を渡すようにしましょう。

お通夜で香典を渡したのであれば、葬儀でもう一度香典を渡す必要はありません。
2度香典を渡すとご遺族の方が迷う原因となってしまいます。
また同じことを繰り返すことから、不幸が繰り返されることを連想させて失礼な行為となるので注意しましょう。

4と9がつく額は香典として避ける

4や9という数字は死や苦を連想させるため、葬儀ではタブー視されている数字です。
そのため、4や9がつく金額の香典は避けなければいけません。
4,000円や9,000円といった金額にならないように、香典の額を調整するようにしましょう。

連名で香典を用意する場合、一人一人が注意していても合計すると4や9がついてしまうことがあります。
連名で香典を包むのであれば、最後に金額をよく確認するようにしておきましょう。

新札は使わない

香典では新札を使用するとマナー違反となってしまいます。
新札を香典に包んでいると、故人が亡くなることを予想して香典を前もって用意していたと思われてしまうからです。

香典には状態の良い旧札を包むか、新札を一度折り曲げで折り目を付けたものを包むようにしてください。
旧札だからといってボロボロなお札を包むこともマナー違反になるので、気をつけましょう。

友人の家族葬への香典のまとめ

葬儀

今回「終活ねっと」では、友人の家族葬への香典についてご紹介をしてきました。
以下に今回の記事の内容をまとめていきます。

  • 家族葬は、遺族の負担を軽減する意味などがある葬儀形式である。
    そのため遺族の意思によって香典を辞退されているケースも多い。
    香典の取り扱いは故人や遺族の意思で決定されるので、参列者は遺志を尊重しなければいけない。

  • 友人の家族葬に参列する場合、香典辞退の旨を伝えられているのであれば香典は渡さない。
    香典辞退を伝えられていない場合は香典は用意しておき、会場で他の人が香典を渡していれば自分も渡すようにする。
    葬儀の案内をされていない場合は、香典は必要ない。

  • 友人の家族葬で渡す香典の相場は、関係性などによって変わる。
    相場はあくまで目安なので、相場より多めに香典を包んでも問題はない。

  • お通夜にも参列するのであれば、お通夜で香典を渡すようにする。
    お通夜で香典を渡したのであれば、葬儀では香典は渡さない。
    4や9はタブー視されている数字なので、香典の金額につかないようにする。
    香典に新札は使用できないので、旧札または一度折り曲げた新札を使用する。

いかがでしたでしょうか。
友人の家族葬で香典を渡すべきなのか、お分かりいただけましたでしょうか。
家族葬で、ご遺族の方が負担を軽減するために香典を辞退することはよくあります。

香典で弔意を伝えたい所ではありますが、辞退されているのであれば香典を渡すのではなく、別の方法で弔意をお伝えするようにしましょう。
香典に関する注意点はいくつかあるので、香典を渡すのであればマナー違反をしないように気をつけておきましょう。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。
「終活ねっと」では、この他にも香典に関する記事を多数掲載しています。
香典に関して困ったことや疑問がある場合には、他の記事も参考にしてください。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事