葬儀日程の決め方とは?確認することや日程のお知らせについても解説

身近な人が亡くなったとき、葬儀の日程を決めなくてはなりません。急いで決めなくてはならない状況で、どのようなことに気を付けて決めればよいのでしょうか?この記事では、葬儀日程を決めるうえで押さえておくべき項目や、決まった日程のお知らせについてを紹介しております。

目次

  1. 葬儀の日程について
  2. 日程の決め方・確認すること
  3. 逝去から葬儀までの日程
  4. 初七日、四十九日の日程について
  5. 葬儀日程のお知らせ
  6. 葬儀の日程の聞き方
  7. 葬儀の日程についてまとめ

葬儀の日程について

葬儀

大切な方が亡くなられると行うことのひとつとして、葬儀がありますよね。
いざ葬儀を決めるときがくるなると、何から確認していけばいいか分からないという方も多いのではないでしょうか。
けれども、スムーズに決めなくてはならないのが葬儀の日程です。
そのため日程の選択については、今のうちにどんなことに気を付ければいいのか知っておくことが大切です。

そこで今回終活ねっとでは、葬儀の日程について以下の項目を解説していきます。

  • 何に気をつけて日程を決めるの?
  • 具体的にどのような日程になるの?
  • 初七日、四十九日の日程は?
  • 葬儀日程は、誰にどう伝える?
  • 葬儀日程はどうやって聞けばいいの?

大切な方を快く送り出すためにも、この記事を読んで葬儀の日程について学んでおきましょう。
ぜひ最後までお読みください。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる安心のセットプランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

日程の決め方・確認すること

葬儀

大切な人が亡くなられ、精神的にも苦しいときに、時間にせまられながらも進めていかなくてはいけないのが、葬儀の準備です。
一体日程を決めるときは、どのようなことを確認していけばいいのでしょうか?

ここでは葬儀の日程の決め方について解説していきます。

一般的な葬儀の日程

一般的には、故人が亡くなられた日の次の日に通夜を行うことが多いです。
そして、そのまた次の日に葬儀と告別式を行います

けれども、一部ではそれに先立ち、ご遺族のみで亡くなられた当日に行う仮通夜というものもあります。

葬儀の形式

まず最初に決めなくてはいけないのが、葬儀の形式です。
最近では、一般葬、家族葬、直葬、一日葬など様々な形があります。

故人の方の遺志や、ご遺族様の考え方次第で葬儀の形態も変わってくると思います。
信仰している宗教や宗派を大事にした葬儀の形態を選ぶということも大切なことですし、葬儀にはなるべく費用をかけたくない、親族や深い親交のあった人のみを葬儀にお呼びしたいなど様々な考え方があるでしょう。

葬儀の形式をどうするのか、ご遺族や葬儀社と相談しながら決定しましょう。

宗教者の都合

葬儀は宗教的な儀式になりますので、執り行う際に宗教者(お寺など)の存在を無視することはできません。
いまお付き合いがある宗教者がいらっしゃるならばその人に、いなければ葬儀社にその旨を伝えることによって適当な宗教者を紹介してもらい、都合を確認しましょう。

また菩提寺(先祖の位牌を預けているお寺)があるならば、まずそちらに一報入れる必要があります。
菩提寺の住職に無断で葬儀を行うと納骨を断られてしまう場合があるそうです。
これは、たとえ葬儀を行いたい場所が菩提寺の住所から遠くともやっておくべきことです。

火葬場の空き状況

最近の傾向として、特に都市部の火葬場はどこも予約が混みあっており、一週間以上空きがないこともあるそうです。
特に年末年始に差し掛かると大抵の火葬場は12/30~1/3までの間休業しています。
長期間火葬場の予約が取れない場合、一度密葬を済ませ、後日改めて本葬を行うことを考えてもよいでしょう。

ご遺族・ご親族の希望

余裕があれば、ご遺族やご親族のスケジュールの希望も聞いておきましょう。
なるべくたくさんの人が見送ることができるようにしたいものです。
けれども、宗教者の都合であったり、火葬場の空き状況も関連してくるため、最優先にすることはなかなか難しいことであると思われます。

六曜の友引や仏滅について

六曜の友引や仏滅に葬儀を行ってはいけないという話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
実際にはどうなのでしょうか。

友引に葬儀を行ってもいい?

実をいうと、本来は「共に引き分ける」という意味を持つ友引に葬儀を行うことは、凶事ではありません。
けれども、六曜の考え方として、友を引くという意味として捉えられるようになっていきました。
その考え方が、民間信仰として広まった結果、地域によっては友引を休みにしている火葬場が散見されます。

そのために火葬場の予約は友引の次の日が混みあうことも多いのだそうです。
したがって、もしも友引に葬儀を行いたい場合はまず、火葬場の予約が取れるかどうかを確認した方がよいでしょう。
休業日であれば、お住まいの地方の人口密度が高ければ高いほど、その翌日の予約が取りにくいことも視野に入れておくべきです。

仏滅に葬儀を行ってもいい?

仏滅は六曜の中でも仏が滅んでしまうほど、縁起が悪い日とされていて、結婚式などのお祝い事が避けられることが多い日です。
しかし、葬儀の場合には仏滅に葬儀を行うことには何の問題もありません

葬儀はお祝い事ではなく、故人の冥福を祈るための儀式なので、宗教的にも問題ありません。

年末年始について

上年末年始は火葬場が休業中なのも相まって葬儀日程がずれてしまうことが多いです。
一般的には1/4から年始の葬儀は行われますが、他の方達の予約状況によっては更に遅れることも考えられるでしょう。

また、年始のお祝いムードの中葬儀に人を呼ぶのは憚られると感じる方もおられるかもしれません。
そういった場合、密葬を先に行って後から葬儀や告別式を開くという選択肢もあります。
そのような方法をとるときは、松の内を避けて1/8以降に葬儀を開くのが一般的なようです。

ここで、ご遺体の状態については気を付けなければなりません。
日程が延びれば延びるほどご遺体の状態は悪くなっていきます。
年始の様に寒い時期であれば2~3日程度はドライアイスなどの保冷材のみで対応可能です。
しかしながら、それよりも長くなる場合は追加の処置が必要なことがありますので、葬儀社に確認しましょう。

逝去から葬儀までの日程

葬儀

今まで、日程を決めるう上での注意点や確認することについて確認してきましたが、実際にはどのような日程になるのでしょうか。
一般的には以下のリストで示したような葬儀までの日程になることが多いです。

基本的にはこれが2〜3日の間に行われることが多いです。
しかし、葬儀の種類によってはお通夜を行わない場合などがあるので注意が必要です。

  • 逝去
  • 安置場所へ移動
  • 安置
  • 葬儀会社などと打ち合わせ
  • 親族や関係者に連絡
  • 納棺
  • お通夜
  • 葬儀・告別式
  • 火葬

地域によってはお葬式の前に火葬を行う前火葬を行うこともあります。
その場合には、お通夜の前に火葬が行われることになります。

しかし、大まかには以上のような日程になります。
しっかりと把握しておきましょう。

また以下の記事では、葬儀の日程表について詳しく解説しているので、ぜひご覧になって参考にしてみてください。

こちらも読まれています

葬儀の日程表を解説!葬儀までの流れや法要の日程の決め方もご紹介

身内に不幸があったら葬儀を執り行うまでにはさまざまな段取りが必要になります。取り急ぎ葬儀日程を立てますが、日程表はどのように決めていくのでしょうか?ここでは葬儀の日程表の内容と日程の立て方、臨終から葬儀までの流れと葬儀後の法要の日程の決め方も紹介しています。

初七日、四十九日の日程について

葬儀

葬儀が無事終了すると、その後は法要を行います。
今のうちに、葬儀後の法要について学んでおきましょう。

初七日

初七日とは、亡くなった日である命日を含めて数えて7日目に営む法要のことです。
故人があの世へ旅立つまでの期間とされ、三途の川のほとりに到着するといわれているのが初七日となります。

最近では、生活のスタイルの変化や、ご親族が集まるのがなかなか難しいといったことから、繰り上げ初七日法要というものが確立されています。
また、葬儀・告別式・初七日法要という流れで行われる繰り込み初七日法要というものもあるようです。

四十九日

四十九日とは、満中陰法要、忌明け、七七日とも呼ばれ、亡くなった日から49日間故人が極楽浄土に行けるように供養することを指します。

亡くなられた日を1日目として考えるのが通例です。
法要後には忌明けの会食が開かれ、喪に服していた期間が終わり日常生活に戻ります。
四十九日のあとは一周忌が行われます。

また、法要の日は先延ばしにしてはならないといわれています。
そのため、都合の合わない場合は前倒しの日程を取る必要があるので、覚えておきましょう。

以下の記事では、葬儀後行うべき法要、行事について詳しく紹介しております。
ぜひあわせてご覧ください。

こちらも読まれています

葬儀後の行事にはなにがある?仏式・神式別や法要の営み方もご紹介

家族が亡くなると、葬儀が終了するまではあわただしく時間が過ぎてしまいます。しかし、葬儀後も故人のための行事は数多くあります。今回は葬儀後の行事に関して行事の意味や内容、さらには実際の行い方などに関しても詳しくご説明します。

葬儀日程のお知らせ

葬儀

葬儀日程が決まったら、次に親族や関係者にお知らせをしなければなりません。

遠方から来なければならない方もいるでしょうから、可能な限り葬儀の一日前には連絡が行き届くようにしましょう。
最近は情報伝達の速さを重視して、メール、LINEやSNSで通知することが多くなっているようです。

誰に知らせたらいいの?

まず、連絡する相手を分類することで当日の混乱を防ぎましょう。
予算や場所の関係で、本通夜や葬儀に参列してほしい人、訃報だけお知らせしたい人などが出てくるはずです。
大まかに、以下のような分け方ができるでしょう。

  • ご臨終後、すぐに知らせて仮通夜に来てもらいたい人
  • 通夜や葬儀に参列してもらいたい人
  • 訃報だけお知らせしたい人

このうち、上2つは葬儀前の連絡が必要ですが、3つ目は必ずしもそうではありません。
混乱を避けるためにも、訃報だけ知らせたい場合は葬儀の後でもよいでしょう。
また、これらの分類(特に仕事関係の知人)は本人でなければ判断しづらいことが多いです。

終活の一環としてあらかじめ関係者リストを作り、近親者に渡しておくとよいかもしれません。

訃報のお知らせに必要な情報

様式というのは一般葬、家族葬など葬儀の種類のことです。
これを記載しておくことによって家族葬に近親者以外の方が来る、といった問題を未然に防ぐことができます。
メールの場合であれば、斉場の地図やそのアドレスを記載すると親切でしょう。

  • 故人の氏名
  • 死亡日時
  • 死因(簡単に)
  • 故人と自分の関係性

次に、葬儀日程が決まったあと連絡する人に対しては、以下のような内容でお知らせしましょう。

  • 故人の氏名
  • 死亡日時
  • 喪主の氏名と故人のと間柄
  • 通夜、葬儀の日時、場所及び様式
  • 連絡先(斎場や葬儀社)

葬儀の日程の聞き方

葬儀

情報の行き違いやミスなどによって、葬儀の日程や場所などをご遺族に確認しなければいけないというときもあるかもしれません。
ここでは、そんな葬儀の日程を聞くときに注意すべきことについて解説します。

聞くときはお悔やみを忘れずに

葬儀の日程を聞くときに、こちらも頭がいっぱいになってしまって、いつどこで葬儀が行われるのかを単刀直入に聞いてしまうことは失礼にあたります。
このように気が動転してしまっているときにも、ご遺族に対してお悔やみの言葉を忘れずに言ってから本題に入るようにしましょう。

どんなときでも、大切な故人を失ってしまったご遺族の気持ちに配慮するようにしましょう。

メールで聞いても大丈夫?

葬儀の日程を聞くときには、電話で聞くことが一番無難でしょう。
しかし、訃報がメールで届いた場合などでは、メールで聞くことも失礼にはあたりません

メールで葬儀の日程を聞くときにも、最初にはお悔やみの言葉を忘れずに言うようにしましょう。

葬儀の日程についてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
今回、終活ねっとでは葬儀の日程について以下の項目を解説してきました。

  • 一般的には通夜は亡くなられた日の次の日に行い、葬儀・告別式はそのまた次の日に行うことが多い。また、宗教者や火葬場、ご遺族・ご親族の都合、六曜、年末年始などについて注意して葬儀の日程を決めるといい。
  • 逝去から葬儀までに日程は一般的には、2〜3日の間に行われることが多い。しかし、葬儀の種類にによっては、お通夜などを行わない場合がある。
  • 初七日や四十九日などの法要では、都合がつかない場合などは日程を先に延ばさないようにして、前倒しで行う。
  • 葬儀日程を知らせる人は、ご臨終後にすぎにきて欲しい人や、通夜・葬儀に参列して欲しい人などには知らせる必要があるが、訃報だけを知らせたい人には葬儀の後に知らせてもいい。
  • 葬儀の日程をご遺族に聞くときには、必ずお悔やみの言葉を述べるようにする。また、メールで訃報が届いた場合などには、メールで葬儀の日程を聞くことも問題はない。

人がなくなるタイミングはいつか分からないものですから、いざというときでも対応できるように色々な状況に備えておきたいですね。

終活ねっとではこのほかにも葬儀にかかる費用についての記事も公開しておりますのでぜひそちらもお読みください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

シェアする

「葬儀・日程」に関連する記事

  • 家族葬の日程はどう決める?葬儀の流れや遺体の安置方法も解説!のサムネイル画像

    家族葬の日程はどう決める?葬儀の流れや遺体の安置方法も解説!

    最近、家族葬という葬儀の形が増えています。小さなお葬式なので費用が安くなりやすく、近親者のみで故人をゆっくりと送れるため、人気を集めているようです。では家族葬の日程はどうやって決めたらよいでしょうか?今回は家族葬の日程・流れや遺体の安置方法について解説します。

  • 葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説のサムネイル画像

    葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説

    誰にでも必ず最期の時は訪れます。その際に葬儀を行うわけですが、葬儀をいつやるべきなのかというのは事前に予定を組めないため、わかりにくいものです。そこで、今回は葬儀をいつ行うのかについてご紹介するとともに、お布施の手渡しや香典返しのタイミングも解説いきます。

  • 葬儀までの準備とは?ご臨終からの流れ、葬儀直前の準備やポイントのサムネイル画像

    葬儀までの準備とは?ご臨終からの流れ、葬儀直前の準備やポイント

    葬儀に参列したことはあっても、葬儀を行うにはどんなことを準備すればいいのわからない方が多いと思います。この記事では、葬儀までの準備や準備を行う際のポイント、終活についてもご紹介します。ぜひ一緒に確認し、いざというときに焦らないよう準備しましょう。

  • 葬儀と暦の関係とは?葬儀の日程マナーや六曜との関係についても解説のサムネイル画像

    葬儀と暦の関係とは?葬儀の日程マナーや六曜との関係についても解説

    葬儀についてはさまざましきたりがあります。友引や仏滅といった暦は葬儀の日程とどのような関係があるのでしょうか。このほかに葬儀の日程を決める時に気をつけたいのはどのようなマナーでしょうか。葬儀と暦の切っても切れない関係についてわかりやすくご説明いたします。

  • 葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説のサムネイル画像

    葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説

    人はいつか亡くなります。身近な方が亡くなったときにどう対応したらいいのでしょうか。通夜・葬儀の日程を決めるには?通夜・葬儀・告別式はどういった流れですすめていくのか?など、今回はいつか必ずやってくる葬儀の日程の決め方やマナー、流れについて解説をしていきます。

  • 葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについて解説!のサムネイル画像

    葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについて解説!

    人生の中では参列する側としての葬儀だけでなく、喪主側としての葬儀を経験する日が来ることもあるかもしれません。そんなとき、一体どんな準備をすれば良いのか知りたい方もいるのではないでしょうか?今回はそんな葬儀の準備や流れ、また服装マナーについても解説していきます。

  • 通夜・葬儀当日のスケジュールをご紹介!神式のスケジュールも解説!のサムネイル画像

    通夜・葬儀当日のスケジュールをご紹介!神式のスケジュールも解説!

    葬儀を執り行う立場になると、段取りに戸惑う方も多いと思います。 葬儀は大切な故人を見送る儀式ですからスケジュールをきちんと頭に入れ、間違いのないように取り運びたいものです。 この記事では、通夜・葬儀当日のスケジュールについて、神式のスケジュールも含めて解説します。

  • 故人の死亡から葬儀までの日数とは?形式別の日数や決め方を解説!のサムネイル画像

    故人の死亡から葬儀までの日数とは?形式別の日数や決め方を解説!

    故人が亡くなることで、死亡届の提出から葬儀を執り行うまでの準備等で日数がかかります。またほとんどの場合、喪主を経験されたことが無い方が多いのではないでしょうか?ここでは故人の死亡から葬儀までにかかる日数、及び葬儀日程の決め方について詳しく解説します。

  • 亡くなってから葬儀までは何日かかる?通夜・火葬までの日数も解説!のサムネイル画像

    亡くなってから葬儀までは何日かかる?通夜・火葬までの日数も解説!

    亡くなってから葬儀まで何日かかるのでしょうか。喪主をされる方、仕事の都合でいつ休みを取ればいいのか、分からない方もいらっしゃるかと思います。通夜から葬儀までの何日かかるのか、火葬はいつか、ペットの場合、忌引休暇の日数なども解説しています。

  • 葬儀と通夜の日程の決め方とは?六曜との関係や葬儀の流れも解説のサムネイル画像

    葬儀と通夜の日程の決め方とは?六曜との関係や葬儀の流れも解説

    突然の死に伴い、遺族は慌てて葬儀・通夜の準備をするものです。では、その日程の決め方にマナーはあるのでしょうか。そこで、今回は葬儀・通夜の日程を決める際に重視する点、友引の日といった六曜との関係について解説していきます。加えて、葬儀の流れも紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、手続きなどをはじめ何にどのくらいの費用がかかるのかをご存知でしょうか。全国の費用相場や、香典・相続・誰が費用を負担するのかなど、よくある疑問を中心に、葬儀にかかる費用について、全てをご紹介します。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

    お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

    お葬式への参列、黒い服であれば何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで、人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・日程」についてさらに知りたい方へ

家族葬の日程はどう決める?葬儀の流れや遺体の安置方法も解説!のサムネイル画像

家族葬の日程はどう決める?葬儀の流れや遺体の安置方法も解説!

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説のサムネイル画像

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説

葬儀までの準備とは?ご臨終からの流れ、葬儀直前の準備やポイントのサムネイル画像

葬儀までの準備とは?ご臨終からの流れ、葬儀直前の準備やポイント

葬儀と暦の関係とは?葬儀の日程マナーや六曜との関係についても解説のサムネイル画像

葬儀と暦の関係とは?葬儀の日程マナーや六曜との関係についても解説

葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説のサムネイル画像

葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説

葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについて解説!のサムネイル画像

葬儀の準備には何をする?葬儀の流れや服装のマナーについて解説!

通夜・葬儀当日のスケジュールをご紹介!神式のスケジュールも解説!のサムネイル画像

通夜・葬儀当日のスケジュールをご紹介!神式のスケジュールも解説!

故人の死亡から葬儀までの日数とは?形式別の日数や決め方を解説!のサムネイル画像

故人の死亡から葬儀までの日数とは?形式別の日数や決め方を解説!

亡くなってから葬儀までは何日かかる?通夜・火葬までの日数も解説!のサムネイル画像

亡くなってから葬儀までは何日かかる?通夜・火葬までの日数も解説!

葬儀と通夜の日程の決め方とは?六曜との関係や葬儀の流れも解説のサムネイル画像

葬儀と通夜の日程の決め方とは?六曜との関係や葬儀の流れも解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説のサムネイル画像

お葬式で着る礼服とは?種類やマナーについて解説

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説!

6

関連する記事

「葬儀・日程」についてさらに知りたい方へ

家族葬の日程はどう決める?葬儀の流れや遺体の安置方法も解説!のサムネイル画像

家族葬の日程はどう決める?葬儀の流れや遺体の安置方法も解説!

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説のサムネイル画像

葬儀はいつ行う?参列者や喪主が注意するべき時間についても解説

葬儀までの準備とは?ご臨終からの流れ、葬儀直前の準備やポイントのサムネイル画像

葬儀までの準備とは?ご臨終からの流れ、葬儀直前の準備やポイント

葬儀と暦の関係とは?葬儀の日程マナーや六曜との関係についても解説のサムネイル画像

葬儀と暦の関係とは?葬儀の日程マナーや六曜との関係についても解説

葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説のサムネイル画像

葬儀・通夜の日程の決め方を紹介!葬儀の流れやマナーも解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと